よれよれ日記

谷晃うろうろ雑記

仕事用の卓上器更新

2016年04月19日 | 道具箱

仕事場で使っているパソコンの動きがどうしようもなく悪くなり、ついにあきらめて新しい道具を買うことにしました。

ところが、最近よく iiyama 製の機材を購入していた「パソコン工房」が高知店を撤退していてビックリ。高松に行かないとない。

仕方なく他の店を3軒まわり、程度のよい中古機とデカくて安い画面を購入。

OSしか入っておらず、いまのところ動きも軽快。

今まで不機嫌なパソコンの前でどれだけ待たされてきたことか。

用事がはかどりますように、お祈り申し上げます。

 

 

.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腹式呼吸とライフログ

2016年04月06日 | 道具箱

土曜日の午後、裏山の五台山に登り、桜の咲き具合を確かめてから、五台山小学校のほうへ早足で階段を下りた。

 

車があまり来ない下田川の土手を軽く走り始め、下腹を3回締め付けるようにして息を吐き、吸うときは腹を突き出すだけ。

と、腹式呼吸というより、ハラ式呼吸みたいにしてみたら、全然息が乱れず早くはないがなんぼでも走れてしまい、稲生を過ぎてしまった。

 

そこへ電話がかかり、用件をひとつ忘れていたことを思い出し、また走って引き返すことに。

あわてると息が乱れそうなので、はくはくはくすう、はくはくはくすう、を守って今度は下田川の反対の土手。

 

後日、スマホについているライフログの記録を見たら、帰りのほうがピッチが速いが、歩幅はほとんど同じだった。

便利な機能に感心するが、道具に踊らされる日々の予感もする。

http://www.sonymobile.co.jp/myxperia/app/lifelog/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

svchost.exe 余話

2016年03月12日 | 道具箱

仕事場の Windows7機で、windowsupdate に関与する svchost.exe というプログラムが、cpu を100%占有してしまう現象を修正プログラムを適用して解消することできた。

まるで憑き物が落ちたように、普通に動いてくれるようになった。

病気から回復する、というのはこういうことかしら。

快気祝いをしなくちゃ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

svchost.exe 問題、なんとか解消。

2016年03月10日 | 道具箱

 仕事場の古いWindows7機が、永らく svchost.exe という Windowsupdate に関係するソフトが勝手に動作し、cpu の動作を占領してしまう現象に悩まされてきた。

 Micrsoft のページにも明確な記載がなく困っていたが、検索するキーワードを代えて、昨日二つの記事に行き着いた。

 東海フィールドサービス http://www.tokai-fs.jp/index.php?QBlog-20150626-1

  ZacoDesign http://zacodesign.net/blog/?p=1334

この記事から Microsoft の修正プログラム2本、

  http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47352

  https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/949104

これを実行しようとするが、それすらも svchost.exe が走ってなかなか動作しない。

 朝からずっとそれをやっていて、15時頃、管理者権限でログインしなおしてすぐに修正プログラムを開くと、なんとか展開することが出来て、Windowsupdate も svchost.exe が動きながらもなんとか完了することが出来た。

 いったい今まで、パソコンの前でどれくらい時間を失ったかわからないが、これで少しは改善するかしら。 返してくれるなら失った時間の山を返してもらいたい。

 けちなこと言わず、さっさと新し機械にすればよかったのかもしれない。

 悪いのは私の頭だったのか。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風景動画

2016年01月04日 | 道具箱

 

昭和30年代後半、小学校に入った私は体が弱く、しょっちゅう風をひいては学校を休んでいた。

午後になって退屈して、テレビをつけると、

当時の民放は番組が提供されていない時間帯があり、

テストパターンの画面に音楽が流れていたり、

漁村や農村の風景のなかにお年寄りが日向ぼっこしている様子を、

ただただ眺めている、というようなことがよくあった。

 

最近のつまらない番組よりは、ずっとそのような風景動画のほうがありがたい。

ありがたいことに Youtyube に好みに合うチャンネルがいくつかある。

 

egawauemon
https://www.youtube.com/channel/UCIeTp7i1wqRZYiPoNXN2XHg

kees Colijn
https://www.youtube.com/user/keeezi

living for today
https://www.youtube.com/channel/UCRaDshOEt4ccNxua8J-luBQ

delon1935
https://www.youtube.com/channel/UCKJwArZBhE5CM9VFoi6QJlw

 

風景動画のたゆたう景色の中に、
背中の曲がった自分の姿を見つけたら、
それを見ている私は、雲の上、なのかも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事務は現場で起こす !

2015年12月23日 | 道具箱

 

MetaMoji 社を知った。(ダイアモンドの記事)
http://diamond.jp/articles/-/83636

1. まず、タッチ画面での手書き文字入力アプリ、MAZEC。 http://mazec.jp/

 スタイラスペンで画面に手書きすると、認識変換してテキスト文字を入力できる。

 スペースに余裕のあるiPad だと、画面上のキイボードを操作した方が早いかもしれないが、余裕のないスマホでは「手書き入力返還」のほうがはるかにスムーズに感じられる。

 これさえあれば老眼の身でも、まだ電子機器をさわり続けるのに、ささやかな希望が持てる。

2.次に手書きノート、MetaMojiNote。 http://product.metamoji.com/ja/anytime/

 さわっていて懐かしい感じがしたのは、以前に使ったことがあったAnytimeNote の後継版らしく、それで作ったノートをちゃんと読み書きできる。
 紙のノートにさらさら書きつけるように、ペンで図柄や文字を書きつけ、それをクラウドで共有できる。

3.そして、「現場note」 という構想。 http://metamoji.com/jp/

 オフィスという言葉に含まれている、事務は事務所でという思い込みが、上のような技術によって、「現場で事務を起こす」 という転換をもたらす。

 医療の現場では、医師が診察し患者の愁訴を診療録(カルテ)に記載する。
医師は、検査箋、処方箋などの指示書を出し、支持された方は結果を記録する。
これらの現場での記録に基づき、医事課は会計票を起こし、保険者に請求書(レセプト)を送る。
この流れが、手書きで始まると、一から十まで「転記、転記、転記」になり、ひとつの医療行為に対して転記が三重四重に発生する。
つまり医療現場での仕事量が、患者さん本人への医療行為より、報酬の請求にいたる事務のための転記に費やされているように見える。

 最近見学した電子カルテのシステムには、往診先のタブレットで直接入力し、データを通信で送れるものが出てきた。

 事務は現場で起こすものに。人が人にサービスする高齢化社会に不可欠な基盤になっていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

svchost.exe 対応

2015年08月12日 | 道具箱

仕事場で使う Windows7機が重い。

タスクマネージャーで何が動いているのか調べると、svchost.exe というものがいくつも動いて、CPU を占拠している。

 

ネットで対策を調べた中に、

① スタート>プログラムとファイルの検索 の窓に、

② %TEMP% と入力し、

③ TEMPフォルダーを削除する

という方法が紹介されていた。

ところが「他のプログラムで使用中」で、削除できない。

 

・・・・・・

TEMPフォルダーは一度削除しても、また生成されることを、経験済みなので、

中身だけ削除すればいいか、と思い立ち実行。

 

同じ一時ファイルが複数のプログラムと「共有」されていると、

削除できないが、1000個を超える一時ファイルを削除できた。

 

以後、いまのところ、svchost.exe による CPU 独占は発生していない。

 

定期的に、TEMP フォルダーを掃除することにします。

 

該当しない方には、関係ないお話。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルバーシングル

2015年06月04日 | 道具箱

地元新聞の投書欄に、76歳の友人が自室で亡くなっていた話。

家庭はあったが、最近はシングルで生活していた。

一人で死ぬことを孤独死と、凄絶な色合いをつけて呼ぶ場面と、

病院で管につながれ抗生物質漬けになるのと対比して、

自然死と呼ぶ場面がある。

シルバーシングルは孤独だが、自然死する楽しみもある、

という言い方もあるように思える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然電子書籍突入

2012年10月26日 | 道具箱
なんだかんだにぎやかななか

そばにいる友人から、
あまぞん流域の本屋さんが、
にほんでも電子書籍の取り扱いを始め、
専用の端末でなくても、
あぷりを搭載すれば、
すまほでも、たぶれでも、
本が読めると聞いた。

ためしに
使わなくなったすまほで、
あぷりを搭載し、
見本を「立ち読み」してから、
田中長徳先生の「カメラは詩的な遊びなのだ」を購入。

買った本は、
端末に格納するほか、
雲の上にも置いておける。

解説によれば、
家のたぶれで読みかけの本、
出先のすまほであぷりを開くと、
続きが読める、と。

ありゃりゃあ
知らなんだ。

便利でもあるが、
うれしいのは、
使わなくなったすまほが
また役に立つこと。

おやじにも
何かあぷりをかけたら
再生せぬものか。

すこぶるもののあはれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗の上塗り、重ね塗り。雲(クラウド)の中にて。 

2011年12月25日 | 道具箱
春先に入手したスマートフォンの電池が、実用に耐えないので、携帯電話としての使用は諦めた。

余っていた通信端末のカードを挿して、「アンドロイド端末」にしたが、出先でメールを読み書きするくらいで、あまり活用出来てない。

スマートフォン装置も、通信カードももったいないけど、「2年契約」が残っている。

 端末にアプリをいろいろ入れすぎて、メモリーが不足、の表示が出たので使わないものは削除。その替りに、Skipe を入れてみた。
 登録はパソコンでして、アンドロイド端末にアプリを入れて、通話料金をクレジットで前払いし、何か事故でもあったときに使えるように、のつもり。

 その手順を済ませた数日後、元の「携帯電話」機が行方不明。
置き忘れたと思しき飲食店に引き返したが、閉店後。しかも翌日は天皇誕生日で休み。

 休日は平日より着信も少なかったろうし、携帯メールを「アンドロイド端末」でも読めるようにしてあったので、不便は起こらないつもりだった。

 ところが昼頃に急用が発生し、出先から電話をする必要に迫られた。
仕方なく「アンドロイド端末」の Skipe から通話発信をした。
 ネットを介しての通話なので、やはり音声がずれる。
しかし音質は心配したほど劣化せず、ちゃんと通話できる。

 意外だったのは、通話終了後に発生した料金が表示されるが、それが3円とか6円とか、端数のついた細かい数字で、公衆電話より安い。

 着信番号を取得するサービスもあり、常時使用する「電話」としての利用も可能ではあるが、なんとなくまだ「坂の上の雲」の感じがした。意味が違うけど。

 全体として、やはり失敗の連続。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加