よれよれ日記

谷晃うろうろ雑記

砂場の下にいて

2010年02月06日 | Weblog
NHKラジオで内橋克人氏の「FEC自給圏」という構想を聞いた。

ものつくりから、いのちつくりへ、ということかと思う。

気がついたら公園の砂場にいて、
振り返ると後ろに滑り台がある。

あの滑り台をいま真っ逆さまに滑り落ちてきたのに違いない。

滑り台には、登るのにはしごがついていて、
たくさんの子どもがかきついている。

はしごを登りきり、螺旋状の滑り台に嬉々として手をかけている東洋人がいる。

砂場の下にいて、もう二度とあの高みに登ることはない。

どうしてこうなったか。
のぞんでこうなったのか。
思いあたることなきにしもあらずだが、
あの同じ場所にはもどれない。

さ、これからは、、、

くいもの      F、
たきぎ       E、
年寄り子どもの世話 C、

を自分の手で、か。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加