よれよれ日記

谷晃うろうろ雑記

一人二足歩行散歩、いつか遍路道

2007年11月19日 | Weblog

日曜の午後、自宅から歩いて岡豊城趾にある高知県立歴史民俗博物館に行くことにする。

最近、時間を作っては五台山に登るなどして歩くことを心がけているが、せいぜい一時間程度の運動にしかならない。一日がかりで歩く、ということをしてみたいが、休日にも雑用がありそうもいかない。半日やっと体が空いたので試運転のつもりで出かけた。

片道二時間くらいの心算で、風は強いが天気晴朗で往路はうっすら汗をかく程度。最初卸団地北の産業道路を東にまっすく車道脇の歩道を歩き、国分川に出会ってからは、川岸の土手を高知大学医学部の前まで進んだ。

国分川にかかっている橋の元に酒屋があり、そこに遍路道の立て札がある。二十九番国分寺から、三十番善楽寺へと。私は運動のつもりだったが、いつのまにか遍路道を歩いている。

実家の五台山でも山を歩くといつのまにか遍路道を歩いている。昔たくさんの人がいろいろな用向きでこの土地を歩き回ったに違いないが、遍路道がその道から分かれたりつながったりする。人の縁か道の縁か、時の縁なのか。

幕末の志士たちの活動をどう評価していいのか知らないが、熱い心持ちで日本中を歩き回り、走り周りしたことは間違いない。今の時代に「日本を洗濯」などは出来そうもないが、歩き回ることは出来そうに思う。歩いて歩いて、何かに出会うか、何か出来ることがあるか。

日本の戦国時代に長宗我部氏の居城だった岡豊山にある、高知県立歴史民俗博物館、略して「歴民」。車道脇の立て看板で「四国のみち」というコースの一部に含まれていることを知る。ここから土佐山田の谷秦山の墓まで10キロの道のりとのこと。ここからさらに10キロは難しいが、次の機会には試してみたい。帰り道はJRでもいい。車中の缶ビールがうまそうだ。

「四国のみち」は、こんなにたくさんある、と後で知る。
http://www.skr.mlit.go.jp/road/smiti/smitigai.html

博物館の特別展示は、高知県の発掘調査の歴史について。大森貝塚発見が近代日本の考古学の契機だった。

休憩室においてあるパンフレットで「自転車展」というのを知るが、とても行けそうにない。
http://www.be.city.nantan.kyoto.jp/hiyoshi-shiryokan/jitensya/jitensya.htm

帰り道、岡豊城趾の城山をぐるりと一回りし、また国分川の川岸に出た。

城山の南側に石組みをした土手のような構築物が川に突き出ていたが、昔の船着き場だったろうか。「土佐日記」の紀貫之も国司としてこの前をとおり、国分寺に入ったのだろうか。

などなど思いながら川の右岸をまた二時間弱かけて歩いて帰った。西日に向かって川面の渡り鳥を見ながら。思い立った「半日旅」がもう終わる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5万年前、このとき人類の壮大な旅が始まった。

2007年11月15日 | Weblog
武田鉄矢のラジオ番組で紹介された本。

遺伝子の解析によって、現代人のルーツは5万年前のある女性「ミトコンドリア・イヴ」に遡る。

彼女のいた集団は東アフリカの土地を離れ、東進しアジア大陸に広がっていく。

北のヨーロッパにはクロマニヨン人がいて、数万年にわたって殺し合い、相手を食い合う時代が続く。

現代人が生き残ることが出来たのは、体の構造が言葉を持つことに適していたからだという。言葉をもつこと、言葉を交わすこと、さらに物を贈り物として与えること、物と物を交換すること、衣服を着ることなどが彼我の差となった。

さらに興味深いのは、食人つまり共食いをしていた過去が我々の遺伝子に組み込まれていて、最近狂牛病が発生した折、狂牛病を発症しない遺伝子を持つ現代人が発見されたという。

かいつまんだ話を聞いただけだが、ううう、とうなってしまった。
言葉を失うとは、これだ。

高知県の図書館には、まだこの本はない。
--------------------------------------
出版社: イースト・プレス (2007/09)
著者: ニコラス・ウェイド 監修/安田喜憲 訳/沼尻由起子
このとき人類の壮大な旅が始まった
定価 1785円(本体1700円+税5%)
ISBN 9784872578287
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝シャンで、しゃんとする。

2007年11月07日 | Weblog
夜飲み過ぎて、風呂に入っても髪を洗うのがめんどくさくなる。

今朝もそのようにして起きたが、どうにもむずがゆくて、思い切って残り湯で髪だけ洗った。

前週末から微熱と下痢に発作的なくしゃみが続いていて、髪なんか洗って外出したら本式の風邪になりやせぬか心配したが、予想外に快調。

仕事場に来たら、インフルエンザのワクチン接種をするというのも、普段ならしりごみするところを調子に乗って注射してもらった。熱が出なければいいが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加