今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

主を知ることを求める

2014-03-31 00:05:44 | 箴言

 

( 聖書箇所:箴言12:1 )

[ 訓戒を愛する人は知識を愛する。叱責を憎む者はまぬけ者だ。 ]

 

学校に合格したり、試合で勝ったり、いい結果を出したりするのは

ただ運が良かったからでしょうか。そうではないです。

 

その人たちは与えられた機会に最前を尽くし努力したから そのような結果を得ることができました。

誰でも自分が好きなことに対して最善の力を出します。

そして自分が好きと思うことに対しては、自分が持ってあるものを それにそそぎます。

 

イエス・キリストはご自身が私たちの人生の目的になることを願っています。

そして私たちが得たすべてを主に仕えることに用いることを願っています。

そうするならば もっともっと主を知ることができますが、主以外のものに従っていくならば 決して主を知ることはできません。

 

神のことばに耳を傾け、聖書を通して神を求めることは正しいことです。

神を知ることで、神が与えて下さるすべての祝福を所有することができますし、

永遠の喜びの中にとどまることもできます。

 

 コロサイ2:2-4--それはこの人たちが心に励ましを受け、愛によって結び合わされ、

理解をもって豊かな全き確信に達し、神の奥義であるキリストを真に知るようになるためです。

このキリストのうちに知恵と知識との宝が すべて隠されているのです。

私がこう言うのは、だれもまことしやかな議論によって、あなたがたをあやまちに導くことのないためです。 


この記事をはてなブックマークに追加

祝福を蒔く

2014-03-30 00:04:34 | 箴言

 

( 聖書箇所:箴言11:29 )

[ 自分の家族を煩わせる者は風を相続し、愚かな者は心に知恵のある者のしもべとなる。 ]

 

まわりの人につらく当たり、特に家族を煩わせる者が得る利益は何もありません。

私たちは まわりに良いものを与えた分だけを受けます。

 

特に若い時に ほかの人々に愛や親切を与えることをしなければなりません。

心から人に良くしてあげる人は、人々から愛されます。

その人たちの人生は喜びで満たされます。

 

自分の人生を利己的に生きる人は愚かな人です。

私たちの人生は、自分が生きてきたように死にますが、

誰からもあたたかい世話を受けることもなく死ぬことほど不幸なことはありません。

 

自分の関係のある人、接する人たちの祝福を祈って下さい。そうするならば 自分にも祝福がきます。

 

 ローマ12:17-18--だれに対しても悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい。

あなたがたは自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。 


この記事をはてなブックマークに追加

熱心に善を行なう

2014-03-29 00:03:49 | 箴言

 

 

( 聖書箇所:箴言11:27 )

[ 熱心に善を捜し求める者は恵みを見つけるが、悪を求める者には悪が来る。 ]

 

日々 残酷な事件や悪いニュースにふれられ知らぬ間にそういう事に人々はなれてしまいます。

またか!と驚きはしますが、またすぐ忘れてしまいます。

 

なかなか聞けない良い話ににふれられると 本当にほっとしてうれしくなります。

世の中で一番すばらしいことは 報いを求めず愛を分かち合うことだと思います。

 

愛の心で人に良いことをすると自分の心も喜びに満たされます。

 その喜びが すなわち良い行いに対する報いであるのに、それを忘れがちです。

 それで良い行いをした時に、それを認めてほしいという思いが働きます。

私たちが喜びを持って善を行なうならば、神の愛を受けるようになります。

 

イエス・キリストは神から与えられるまことの自由を私たちに与えるために 地上に来て下さいました。

私たちはそれを当然のこととして受けるのではなく、神からのプレゼントを心から感謝して受けなければなりません。

 

神は私たちに何かの報いを期待して与えたのではなく、ただ恵みによって与えて下さいました。

それを知る人達は機会がある度に、報いを求めず人々に善を行なう者になりましょう。

 

 第1テモテ6:18--また人の益を計り、良い行ないに富み、惜しまずに施し、喜んで分け与えるように。 


この記事をはてなブックマークに追加

聖書の黄金律

2014-03-28 00:00:50 | 箴言

 

(聖書箇所:箴言11:25)

[ おおらかな人は肥え、人を潤す者は自分も潤される。 ]

 

神様は良い時も、悪い時も私たちが分け与え、愛を与える人になることを願います。

自分にとって得になる時だけ、親切な人になる条件つきの人になることは喜びません。

 

先に愛を与える人が愛されます。受けることばかり願う人は愛されることがないです。

与える人生を生きた方はキリストです。愛に満ちた姿でした。

 

聖書の黄金律を知っていますか。 

マタイ7:12です。「 それで何事でも、自分にしてもらいたいことは ほかの人にもそのようにしなさい。

これが律法であり預言者です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ささげる喜び

2014-03-27 00:05:52 | 箴言

 

(聖書箇所:箴言11:24)

[ ばらまいても、なお富む人があり、正当な支払を惜しんでも かえって乏しくなる者がある。 ]

 

クリスチャンになってから救いに対する喜びがあまりにも大きくて本当に喜んで

主にささげました。自分が持ってあるものを全部ささげても惜しくないという

思いが自分の中に出てきたので喜んでささげました。

 

ある聖会に参加した時のことでした。(30年前)

3日間の聖会に参加し、毎回喜んで献金をささげました。それも通常の金額ではなく

多めの献金を一日3回ささげました。

 

封筒に名前を記入すると講師先生が幾人かの封筒を取り上げて

預言して下さいましたが、私の名前が呼ばれその時に箴言11:24の今日の

ことばが与えられました。それが自分に与えられた神からのことばでした。

 

今もしっかり覚えています。神に対して惜しむ心はありません。

今もいつでもささげたい心でいっぱいであり、人に対しても惜しむ心がありません。

 

それから30年間をふりかえってみると すべてが守られて与えられて

生きてきました。何とすばらしい神の恵みでしょうか。

 

 使徒の働き:20:35--このように労苦して弱い者を助けなければならないこと。

また、主イエスご自身が『受けるよりも与えるほうが幸いである。』と言われたみことばを

思い出すべきことを 私は万事につけ、あなたがたに示して来たのです。 

 


この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106