今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

神を怒らせた民

2017-04-26 00:03:51 | 士師記



士師記10:13-14

しかし、あなたがたはわたしを捨てて、ほかの神々に仕えた。だから、わたしはこれ以上あなたがたを救わない。

行け。そして、あなたがたが選んだ神々に叫べ。あなたがたの苦難の時には、彼らが救うがよい。」

 

愛する者から受ける裏切りほど、心が辛くなることはありません。

耐えられない痛みは人間だけが感じるものではなく神も感じています。

 

神は罪人たちを愛してあわれみの心で赦し助けました。

神が罪を犯す人間をすぐに裁いたならば、人類は誰一人残されていません。

 

いまこんなにたくさんの人類が生きているのは、他でもなく神の憐れみです。

 

しかし人間は神のあわれみに対してまったくの無関心で好き勝手に振舞っています。

その中でも一番神を失望させ、神を苦しめているのは真の神を捨てて、神でもないものを神として崇め仕えることです。

 

自分を愛し、助け、救って下さる真の神は捨てて、自分を破滅に陥れ、何の益ももたらさない偽りの神を信じて悪を行っています。

 

それを続ける人に対しては、神もその人が苦しい時も助けないと宣言しています。

 

日本には八百万の偶像の神々がいます。

 

その神があなたの創造主ですか?

あなたの罪を贖うために何かをしてくれましたか?

あなたを愛していますか?

 

エレミヤ書51:17-18

すべての人間は愚かで無知だ。すべての金細工人は、偶像のために恥を見る。その鋳た像は偽りで、その中に息がないからだ。

それは、むなしいもの、物笑いの種だ。刑罰の時に、それらは滅びる。

 

【祈り】

主よ。神をあまく見る愚かな者になりませんように。いつも恐れる心でいたいです。


【聖句をノートに書きましょう】

-神への罪-

  • 出エジプト記32:4-6
  • 民数記14:2
  • 第1列王記14:9

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



この記事をはてなブックマークに追加

悪循環の原因は

2015-12-19 00:02:50 | 士師記




士師記2:13-14

彼らが主を捨てて、バアルとアシュタロテに仕えたので、

主の怒りがイスラエルに向かって燃え上がり、主は彼らを略奪者の手に渡して、彼らを略奪させた。主は回りの敵の手に彼らを売り渡した。それで、彼らはもはや、敵の前に立ち向かうことができなかった。

 

イスラエルの民が、神の言葉に従っていた時は繁栄があり、平安があり、神の守りがありました。

しかし彼らが主の前に悪を行い、神を捨てて他の神々に仕えた時から、さまざまな災いが襲うようになりました。

すべてが悪循環でした。

 

ISとの戦いは宗教の戦いではありません。

ヨーロッパにはキリスト教の文化は残ってありますが、彼らが真剣にキリストを信じているとは言えないです。

堕落した姿のほうが多いです。教会の建物は多いですが、礼拝をささげる者はとても少ないです。

 

しかしイスラム教の人たちはどうでしょうか。真剣に信じています。

過激派の人たちは自分の命までも惜しまないです。

 

キリスト教徒の若者が今、キリストのために果敢にいのちを捨てているでしょうか。

あまり聞かないです。形だけの信仰で、主を捨てた生活をしているかも知れません。

 

主に立ち返らないと何をしても悪循環が続くと思います。

 

【祈り】

主よ。主が私に命じたことを私が従順しているか疑問です。不従順の方がもっと多いと思います。赦して下さい。主の命令に従う者になります。


【聖句をノートに書きましょう】

-従順-

  • レビ記19:36-37
  • 申命記5:29
  • 申命記8:2-3


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



この記事をはてなブックマークに追加

妥協する信仰

2015-12-18 00:05:19 | 士師記




士師記1:28

イスラエルは、強くなってから、カナン人を苦役に服させたが、彼らを追い払ってしまうことはなかった。

 

神は、神の民たちへ戒めに対して絶対的な従順を要求します。

これは絶対的従順が、すなわち民にとって祝福の道であり、繁栄の道であるからです。

 

しかし人間は、神の御心に従うことより、自分の知恵や計画や欲に従い、神の命令に背き、この世と妥協します。

 

楽な道、広い道を選びますが、これは神への不従順の道となり、人間自身の滅びの道になります。

カナン人を追い出さないといけないのに残したために、イスラエルの民は堕落し、結果的には自分たちに滅びを招いてしまいました。

 

これは私たちへの警告です。

 

【祈り】

主よ。日々妥協したら楽になることが多く、誘惑も多いです。それに立ち向かう力が足りないです。助けて下さい。妥協ではなく、主のことばに従順出来ますように。


【聖句をノートに書きましょう】

-妥協しない-

  • 第1列王記18:21
  • マタイの福音書7:13-14
  • ルカの福音書13:24


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



この記事をはてなブックマークに追加

不平不満が多い人

2014-07-10 00:00:44 | 士師記


 

士師記8:1

『 そのとき、エフライム人はギデオンに言った。「あなたは、私たちに何ということをしたのですか。

ミデヤン人と戦いに行ったとき、私たちに呼びかけなかったとは。」こうして彼らはギデオンを激しく責めた。 』


イスラエル12部族の中で一番不平不満が多かった部族はこのエフライム部族でした。


不平不満は謙遜な心から出るのではなく、高慢から出てきます。


エフライム部族はヨセフの子孫であり、その部族出身にはヨシュアがいます。

 


この背景があるので、エフライム部族はいつも自分たちは特別待遇を受けて当然と思っていました。


優越意識がありました。これこそが高慢ですね。

不平不満は公私を区別出来ない時に出てきます。


公的なことであるので、自分たちの対面を先に意識していました。

 


不平不満は比較意識から出てきます。

私のものは小さく見え、相手のものが大きく見えます。

 

私の働きは小さく見え、相手の働きは大きく見えます。

 

エペソ4:29 

『 悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。

ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。 


 

◆当教会よりお知らせ◆

こちらも併せてお読みください(PC/スマホ対応)

  

----- 関連ブログ -----

からし種の信仰と成長

すべての事について…感謝

 



この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106