今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

聖書マニアになる

2014-02-28 00:00:39 | 箴言

 

(聖書箇所:箴言8:34-35)

[ 幸いなことよ。日々わたしの戸口のかたわらで見張り、わたしの戸口の柱のわきで見守って、わたしの言うことを聞く人は。なぜなら、わたしを見いだす者は、いのちを見いだし、主から恵みをいただくからだ。]

 

特定の事柄ばかりに熱狂的な情熱を注ぐ者を「マニア」と呼びます。

サッカーマニア、自動車マニア、ゲームマニアなど、有名な小説マニアたちは 本を買うために書店の前で徹夜をしながら並んでいます。

何日も前から並んでいる人たちは マニアに間違いないですね。

 

私たちが神様を信じる時に、神の知恵の言葉を熱心に聞くために、また悟るために聖書マニアになることを勧めます。

 

本文に出てくる人は聖書マニアですね。

神の言葉を熱心に求める人に みことばの戸が開かれ、その人たちは悟りを得、また知恵を受けます。

 

みことばを悟る人たちには霊肉の祝福が臨みます。

クリスチャンは ほかのもののマニアになる以前に、聖書マニアになるのが良いです。

 

詩篇19:8 -- 主の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、主の仰せはきよくて、人の目を明るくする )

 

 


----- 関連ブログ -----

からし種の信仰と成長

すべての事について…感謝


この記事をはてなブックマークに追加

熱心に捜すなら見つける

2014-02-27 00:05:11 | 箴言

 

(聖書箇所:箴言8:17)

[ わたしを愛する者を、わたしは愛する。わたしを熱心に捜す者は、わたしを見つける。]

 

もし子供が行方不明になったならば、家族はどれほど その子を見つけるために捜しまわるでしょうか。

見つかるまで何年でも捜し続けると思います。

 

神様をそれほど探し求める人がいるでしょうか。

神様は「私を熱心に捜す者は、わたしを見つける。」と語っておられます。

 

聖書では 神に出会う人はこういう人だと教えています。

 

エレミヤ書29:13 -- もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを探し求めるなら、わたしを見つけるだろう )

 

アモス書4:12 -- あなたはあなたの神に会う備えをせよ

神に会う備えをする人が神に会うことができます。

 

マタイの福音書5:8 -- 心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。 )

私たちが心から神様を愛することほど、神を喜ばせるものはありません。

また、もし私たちが心から神を求めるなら、私たちは必ず神を見つけることができると 神は約束してくださいました。

 

マタイの福音書7:7-8 -- 求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。 )

 

 


----- 関連ブログ -----

からし種の信仰と成長

すべての事について…感謝


この記事をはてなブックマークに追加

謙遜な態度で

2014-02-26 00:04:51 | 箴言

 

(聖書箇所:箴言8:13)

[ 主を恐れることは悪を憎むことである。わたしは高ぶりと、おごりと、悪の道と、ねじれたことばを憎む。]

 

才能もあり、とても熱心に働く人たちの中には、人から注目されることを喜び、また功績の報いを独り占めしようとする人たちがいます。

 

こういう人は、最初はその仕事ぶりで注目されますが、高慢な態度によってだんだん人が離れていきます。

 

私たちが、もし褒められたい思いで 神様の働きをするならば、それは間違った動機で働いている姿です。

 

私たちは自分の才能や賜物をよく使って働きをしなければなりません。

それは神様が喜ぶことです。

 

人から尊敬を受け、褒められたいから才能や賜物を発揮するのではありません。

人から注目されなくても、褒められなくても、そういうことには気を使わず、神様に仕えることだけに自分が持っているものを使うのが重要です。

 

報いを求めず 主に仕えることが大切です。

 

第1ペテロ5:5 -- みな互いに謙遜を身に着けなさい。神は高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。 )

 

 


----- 関連ブログ -----

からし種の信仰と成長

すべての事について…感謝


この記事をはてなブックマークに追加

叱責と非難を聞き入れる

2014-02-25 00:03:42 | 箴言

 

(聖書箇所:箴言8:9-10)

[ これはみな、識別する者には、正直(せいちょく)。知識を見いだす者には、正しい。銀を受けるよりも、わたしの懲らしめを受けよ。えり抜きの黄金よりも知識を。]

 

親に叱られただけで家出をする子や 反抗して口答えする子。先生に叱られただけで暴れたり不登校になったり。

また、上司に叱られたからと会社を辞める社員。

 

非難の言葉や叱責に対して とても弱い人たちが以前よりも増えました。

 

他の人たちが自分の間違いを指摘し 忠告する言葉を黙って聞くことはとても辛いです。

しかし私たちが成長を願うならば、厳しい忠告や非難も聞き入れなければなりません。

自分の足りなさや 間違いを認めることが しんどい時は もちろんありますが、私たちを正しく導こうとする人たちを信じて受け入れることは とても大切です。

 

神様も私たちに厳しく叱責する時がありますが、そのすべては私たちを深く愛する神の愛から出た言葉なので、それを喜んで受け入れましょう。

 

そして、それによって変わり 成長し 神様に栄光を捧げましょう。

 

へブル12:5-7 -- 「わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。主に責められて弱り果ててはならない。主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。」 訓戒と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。 )

 

 


----- 関連ブログ -----

からし種の信仰と成長

すべての事について…感謝


この記事をはてなブックマークに追加

あなたの口から出ることばは

2014-02-24 00:02:48 | 箴言

 

(聖書箇所:箴言8:6-8)

[ 聞け。わたしは高貴なことについて語り、わたしのくちびるは正しいことを述べよう。わたしの口は真実を告げ、わたしのくちびるは悪を忌みきらうからだ。わたしの言うことはみな正しい。そのうちには曲がったことやよこしまはない。]

 

すべての人からとても愛される女性がいました。

彼女と共に時間を過ごしたいと思っている人たちが彼女の所に集まってきました。

ですから いつも多くの人たちに囲まれていました。

 

彼女と話をする人たちは みんなが気持ちよくなりました。

彼女は人を褒める言葉をよく使いました。

しかし、それはお世辞ではなく 心から出てくる言葉でしたし、親切な言葉、知恵ある言葉、時に適う言葉を使うので人々は慰めを受け、平安になり、笑いに満たされていきました。

 

良い言葉を使うことは高貴なことです。言葉には責任が伴います。

 

クリスチャンは愚かな言葉、非難する言葉、悪い言葉を言わず、親切な言葉、人に恵みを与える言葉を語るように命令されています。

 

私たちの言葉は、私たちのうちに神様がおられることを反映しなければなりません。

良い言葉、正しい言葉が出なければなりません。

 

箴言23:15-16 -- わが子よ。もし、あなたの心に知恵があれば、私の心も喜び、あなたのくちびるが正しいことを語るなら、私の心はおどる )

 

 


----- 関連ブログ -----

からし種の信仰と成長

すべての事について…感謝


この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106