日々是図書館

或る図書館司書(リハビリ中)の日常

入院させてきた

2017-06-23 12:09:19 | 自転車
決戦用として、もっと労ってやらんといかんかったか…


一昨日の帰宅中、家まで5kmくらいのところでパキーン、パリパリパリっという音がして、リアの回りがいきなり渋くなった。

あーあ、スポークが折れやがった

真っ暗な夜道だから、写真は撮れなかったけど、ジテツー中はヘッドライトを標準装備しており、状況確認さえ出来れば、応急処置作業そのものはそう手間取らない。

…折れたスポークが干渉しないように結束バンドで結んで、振れてるホイールが支障する側のブレーキシューを船ごと外し、リアブレーキのアーチを開放してしまう。
ブレーキはフロントだけしかないから、家までゆっくり帰ることにする。

明るくなってから状況を確認すると、ハブに近いあたりでスポークが1本折れてしまったようだ。


スポークの張り直しになるから、プロに頼まないといけないや。

ということで、 WH-7900を 入院させてきた。養生するんだよ~

取り敢えず、先代のALEXRIMを再装着して梅雨を乗りきろう。
ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
« 骨を鍛えろ! | トップ | 霧の湧く谷を登る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事