日々是図書館

或る図書館司書(リハビリ中)の日常

15417

2017-11-10 12:27:00 | 小道具
2017年11月10日現在のODD メーターは、15417km。



多少のずれはあるけど、最低これだけは自分の足で走ったということだ。

今からサイコンの電池を交換するから、リセット前の記録である。手元にodd メーターの再セット方法の説明書がないから、セットアップは後日だな。
コメント

ツールボトルの中身をチェック

2017-09-24 14:28:00 | 小道具
「煤けてんなあ」
久しぶりにツールボトルの中身を点検してみた感想である。

出たい出たいと思いながら、結局出走する目処も立てられなかった今年のBRM。
来年と再来年の仕事はもっとハードな局面に入っていく・・・しかし、ネガティブな気持ちになる前にいつでも行ける体制を維持してこそ、と無理やりモチベーションを保つよう心がける。

そのひとつの方法がツールボトルの中身の点検。
通勤でしか乗っていないとはいえ、この中身がサバイバルキットの基本だ。
現状は下記のとおり。



・23Cチューブ ×1本(ラップ巻き、輪ゴム止め)
・ビニールテープ×1巻き
・携帯工具(アーレンキーセット、チェーン切り付き)×1
・タイヤレバー(ボントレガー)×3
・CO2インフレーター×1
・CO2ボンベ用スポンジ×1
・CR2032×2
・単4電池×3
・ワイヤーロック×1
・チューブ用パンク修理パッチ×4
・パッチ用ゴムのり×1
・ケーブルタイ(短)×5
・クリアケースの切れ端(タイヤブートの代わり)×1
・5mmアーレンキー×1
・非常連絡用カード×1

うーん、通勤用として考えても少し追加や交換したほうがいいものがある。

まず、チューブを巻いているラップが、ボトルの中でこすれて穴が開いている。
このままだと、換えのチューブのほうにダメージがいくから交換しておこう。
それから、CR2032と単4電池だけど、最後にボトルの中身を交換したのっていつだったっけ?
通勤用にライト類を使うから、電池交換は結構頻繁にしてるけど、手元のストックを使って交換してしまうことのほうが多い。
ケーブルタイは短いのしか準備していないけど、長いやつも少しはあったほうがいいもんな。収納方法は考えるとしよう。
それからパッチ用のゴムのりは、アルミチューブに傷が入っている。しばらくしたら乾いてしまうから、ときどきチェックが必要だ。
最後に、10S用のコネクトリンクを切らしてしまっている。夏にチェーンを換えたとき以来、欠かしたままだった。これだと、携帯工具にチェーンカッターがあっても意味がないや。

たまにはチェックしてみるものである。
コメント

知る限り最も安いCR2032

2017-08-17 00:06:00 | 小道具
トピークのミニポンプ、バイクガイのトライスターリア、キャットアイのサイクリングコンピュータ・・・

自転車に乗り出してから、電装系が要求する電池CR2032を切らさないように、ときどき百均で購入するのを忘れないようにしていた。

その場合、普通は2個で100円を買う。どうしてもなければ、やむを得ず1個で100円を買うが負けた気がする。
知り合いには、百均で買った電池は持ちが悪いから、と言ってDIYなどで買う人もいるが、トータルで見たら1個50円だし、百均で充分である。
さらに、アストロで2個で98円を見かけたときは、残り少なかったこともあって買い占めた。

最安発見に、密かな勝利感(笑 であった。



ところが、ところがである。福岡のIKEAでなにげに発見。
『PLATTBOJ』リチウム電池 199 円で8 ピース
割り戻せば、1個25円である。
うおいっ、なんだこの値段は!!

問答無用でお買い上げである。うーむ、イケアおそるべし。
コメント

やっぱり電池?

2017-05-16 08:05:00 | 小道具
今朝はおかしい。明らかにおかしい。



サイコンがスピードを一切表示しなくなった。メーターが常に0である。

この前、電池を交換したばっかりのはずなのに、電池交換マークが表示されている。

前回の電池交換は2017.5.2、つい2週間前だ。本当に電池なんだろうか?

備忘録として…
電池交換日:20170516
odd:12634km
コメント

GENTOS閃SG325のご機嫌とり

2017-04-24 18:05:00 | 小道具
なだめすかしてやらないと、きちんと仕事をしてくれないコルク号の電装系たち。テールランプとして使っているトライスターリアは、電池をはめる金具の弾性低下と判断して簡単な処置をした。



では、メインライトのSG325が走行中に消えるのも、同じく電池ボックスまわりと走行振動が原因ではないか?



確かに、一ヶ所怪しいところがある。それが、ここのスプリング部分である。



下手をすると、完全に電池ボックス側に埋まって引っ掛かってしまう。明らかな弾性の低下もみられる。



そこで、その事態を回避するために、金属製のシムを噛ませて、スプリングと端子が接触し通電を維持するように工夫してみた。



20km程度走ったが、一応大丈夫のようだ。あとまだミニポンプが残っているな。次はそれをやっつけようか
コメント

テールランプもご機嫌悪くて…

2017-04-21 08:12:00 | 小道具
最近、コルク号の電装系小物たちのご機嫌がすこぶる悪い。



サイクルコンピュータの速度表示が乱れるのもまだ治っていない。ほかにも、SG-325が走ってると消えているというのもよくあるが…

バイクガイのトライスターリアまでも、点灯させて走っているうちにいつの間にか消えてしまう、という症状に見舞われだした。

癪にさわって、取り敢えず分解。
家の中のテーブルの上のように、振動がない環境だといつまでもピカピカ光っている。



CR2032電池を固定する接触端子の弾力が弱って、電池が緩んだときに消えてるんじゃないだろうか?

ということで、ケース内に厚紙をカットして端子と電池を圧着させるように工夫してみた。お試し結果が良好だといいな。


コメント

電波事故?

2017-04-18 08:04:00 | 小道具
コルク号のサイコン表示は、通常oddメーター表示に固定しているために気付かなかったけど…
調子が悪いから、取り外して調べていて気付いた。



最高時速が69.2km?
これはなんだ?誤動作か(笑)
コメント

ディスプレイスタンドの相性

2017-03-06 08:16:00 | 小道具
最近感じていた違和感の正体がわかった。
コルク号のリアホイールをALEXRIMからDURAのWH-7900に変えたあと、なかなかうまいこと自転車をスタンドに立てられずに手こずっていた。
いつも帰宅が深夜のため、暗くてよく見えてないせいかと思っていたんだけど…



よく見ると、ミノウラのディスプレイスタンドの切り欠きに対し、コルク号のリアエンドとWH-7900のクイックを組み合わせた形状は干渉している!

厄介だ、なんかいい解決方法はないんかなあ?
コメント

夜駆けの心得

2017-01-04 00:32:00 | 小道具
夜駆けの心得。
照明の電池は弱ったら変えるべし!



自転車通勤だと、帰宅時は必ず真っ暗だし、明日からのジテツーに備えて、ライト類の電池を新品に交換する。
左から、
【メイン照明】
・ Gentos閃 SG-325・・・単4×3
【右シートステイ用リアライト】
・Topeak MiniPonpIGrow・・・CR2032×2
【ヘルメット ライト】
・ユニコ トライスターリア・・・CR2032×2

Gentosは電池の減りが早いし、乾電池ではなくエネループが欲しいところだ。(今度、物欲リストを作ってみようかな)
コメント

【魅惑の百均シリーズ】ダイソー 自転車用 反射ワンタッチバンド2P

2016-10-17 08:13:00 | 小道具
【魅惑の百均シリーズ】ダイソー 自転車用 反射ワンタッチバンド2P 不定期連載第52弾



なんだかんだで身の回りでの評価が高いこの一品。バネの力で巻き付くベルトに、反射材がついている。特に、夜間に市街地を走ることが多い自転車通勤者にとっては、使ってみて損はないアイテムだと思う。



一番、利用が想定される装着場所は足首だと思う。警察官の知り合いによると、いつも動いている部分が反射する方が目立つらしいので、足首で正解だろう。格好悪いけど、ハブにもどうだろうか
コメント

電池買い占め

2016-08-24 16:11:00 | 小道具
今年は暑い。
むちゃくちゃ暑い。

ただ暑いだけではなく、雨が降らない。
8月に入って、自宅周辺で雨が降ったのはたった一瞬、15分くらいらしい。

雨が降らないということは、飲み会でもない限りジテツーが増える、すなわち夜間走行が増える。
ちょこちょこ電池が消耗して、ちょいちょい出費が必要になるから、安い電池が入手できるならそれにこしたことはない。

愛車の電装品でCR-2032を使っているのは、サイコンとテールランプ類である。
テールランプは、バイクガイのトライスター・リアをヘルメットとシートポストに、トピークのiグロウをシートステーにそれぞれ装着している。
照明関係だけで3セットあるから、予備のCR2032はいくつあっても困らない。

普段は、百均で2個セットを購入するところだが、今回は別件で立ち寄ったアストロプロダクツで掘出物だった。
なんと、ダイソーを下回る、ひとつ92円である。思わず在庫を買占め。




2個しかなかったけどw
コメント

MINOURA SGS-400 スペースグリップ

2016-08-23 20:08:00 | 小道具
MINOURA(ミノウラ)SGS-400 スペースグリップ




こちらのお買い物は、BRM919に向けた準備のために購入したもの。
ハンドルまわりにどうやってブルベ用のキューシートを固定するか、ずっと前から決定打はないままにも考えていたが、とりあえずアクセサリホルダを装着し、そこにとりつける方向で検討することにした。
店頭でいくつか見たけど、ハンドルにがっちり固定できそうだったのがこれだったのでチョイス。
本当はシルバーが良かったんだけど、ほかに選択肢がなかった・・・



パッケージからはずして、装着前の状況にしたのがこれ。取り付けにはアーレンキーが必要。
クランプを貫通しているボルトを抜くと、直径の異なるサイズのハンドルバーに対応させるためのゴム製スペーサーが二重になって挟まっている。初期状態では、T字部分はセンター揃えだけど、サイコンを取り付けようと思っているからどちらかにオフセットしようっと。


ハンドルバーの中央部分、ステムに一番寄せて取り付けることにした。ねらったポジションにはめて、あとはボルトを通してアーレンキーで締めていく。締めきってしまう前に、角度を水平に調節して置くことも忘れずに。



取り付けが終わったら、サイコンをハンドルから移設してみる。ハンドルより前のセンターにあると、視線を前に向けたままでまっすぐ目を落とせば、表示が見えるので精神衛生上、非常によろしい。アクセサリホルダは大ぶりなんでちょっとかっこ悪いんけど、便利でよろしい。
コメント

バーエンドキャップの原材料(コルク号の場合)

2016-05-03 08:13:00 | 小道具
我が愛車に装備しているバーエンドキャップの紹介である。
昨年の8月の末に先代が破損してしまい、今のキャップは昨年の暮れに付け替えた。



このバーエンドキャップ、実は輸入物である。
原材料費も、左右両方ともそろえようとしたら、3000円オーバーになってしまう、自分としては贅沢品である。
まあ、大事なアイテムだし、ちょっとした出費はやむをえないか。
おまけに、子どもは法律で調達が禁止されている、ちょっとアダルトなアイテムでもある。



メイド・イン・イタリア。そのブランドは・・・Asti FONTANAFREDDA(アスティ フォンタナフレッダ)という。



お酒は二十歳になってから。


コメント

ニューボトルケージ、装着!

2016-04-15 23:17:00 | 小道具
この前、さかきんさんにもらったボトルケージ、色は「黒」。

さかきんさんのバイクは、レーシーなデザインだから引き締まった黒がよく似合う。

ひるがえってわが愛車は・・・ツーリングや街乗り想定のひょろひょろデザインである。
フレームの色はともかく、完成車にアッセンブルしてあるパーツも基本的に銀メッキ。
だから、以前ボトルケージを追加したときは、シルバー系の色からセレクトした。



実は今回、さかきんさんからいただいたのは、もともとコルク号に装着しているMINOURAのデュラケージの色違い。
このなまじっか色違い、というのがまた微妙なところで、工夫もなにもなく付け替えたら非常に目だってしまう。

じゃあ、どうする?
・・・どうもしない(笑)

実はわざわざ検討(何を?)するまでもないのだ。
ボトルケージの色は黒、そして現在使用中のエリートのツールボトルの色は黒である。
と、いうことは背景色と同じで問題なし。
さらに、CO2ボンベも追加装着で、カッコイイ!



どや!

ん、しもた。


ツールボトルの方が煤けとるやんけ(汗

コメント

ニューボトルケージ!

2016-04-02 22:34:00 | 小道具
先日、愛読ブログの著者、さかきんさんのボトルケージ交換の記事にコメントをつけさせていただいた。




さかきんさんが使っていたボトルケージ。
勝手にコピペさせてもらった写真を見ると、CO2インフレータのボンベを2本セット出来るみたいだ。

ボンベは一本であっても、ツールボトルの中の少なくない容積を喰ってしまう。それを外出しにして、2本携行出来るなら…
興味があるに決まってる。


昨年の落車の際に、前方向への慣性で歪んでしまった先代のボトルケージの後釜を、まだ確保していなかった。

ここは、我が持ち前の厚かましさを発揮するに限る!
勇気を振り絞って、さかきんさんに連絡をとってみた。

「ボトルケージ、譲ってくれませんか?」

すると…
  …なんということでしょう!

初めての連絡が、このクソ厚かましい電話だというのに…本来は自分が取りに伺うのが筋だというのに…私の職場まで、手ずから持ってきてくださるという。

m(__)m ありがとうございます m(__)m

恐縮のあまり、そのときはすっかり失念していたけど、さかきんさんがお越しになる日は休館日だった…
重ね重ね、ご無礼を働いて申し訳ありませんでした。

おまけに、お代は不要とおっしゃるわ、ボンベホルダに2本のボンベをつけたままで譲っていただけるやら…なんとも太っ腹なおはなしで、本当にありがとうございました。

頂いたのはこちら。ほら、ボンベ2本付き。

ところがこれ、分離するんだ!!気付かなかった。なるほど、ミノウラのDURAケージとボンベホルダの組み合わせなんだね。

極端な話、このボンベホルダだけをフレームにつけても大丈夫なのな。


早いとこ装備しよう。
さかきんさん、ありがとうございました。
コメント