日々是図書館

或る図書館司書(リハビリ中)の日常

建築家よ、奢るなかれ

2016-08-28 12:24:22 | 図書館
硝子幻想。

紫外線カットフィルムの無惨。



こうなったらペンキの出番か。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯飛び発生

2016-08-27 14:21:00 | 自転車
先月の終わりごろから突然、チェーンがリアのトップのさらに外に落ちてエンドに噛んでしまって、クイックを弛めないと外せないという事態が頻発しだした。



原因は、伸びたチェーン。現在のサイコンのODDメーターの値が9800km越してるから、それぐらいは同じチェーンだったということだ。



今、10sチェーン交換の選択肢は、数少ない。CN6701にしたけど、Wレバーに11速対応ってないんだよな…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイデンティティーの喪失

2016-08-26 10:24:00 | 自転車
右ハンドルのバーエンド…




コルクが、ない!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

電池買い占め

2016-08-24 16:11:00 | 小道具
今年は暑い。
むちゃくちゃ暑い。

ただ暑いだけではなく、雨が降らない。
8月に入って、自宅周辺で雨が降ったのはたった一瞬、15分くらいらしい。

雨が降らないということは、飲み会でもない限りジテツーが増える、すなわち夜間走行が増える。
ちょこちょこ電池が消耗して、ちょいちょい出費が必要になるから、安い電池が入手できるならそれにこしたことはない。

愛車の電装品でCR-2032を使っているのは、サイコンとテールランプ類である。
テールランプは、バイクガイのトライスター・リアをヘルメットとシートポストに、トピークのiグロウをシートステーにそれぞれ装着している。
照明関係だけで3セットあるから、予備のCR2032はいくつあっても困らない。

普段は、百均で2個セットを購入するところだが、今回は別件で立ち寄ったアストロプロダクツで掘出物だった。
なんと、ダイソーを下回る、ひとつ92円である。思わず在庫を買占め。




2個しかなかったけどw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MINOURA SGS-400 スペースグリップ

2016-08-23 20:08:00 | 小道具
MINOURA(ミノウラ)SGS-400 スペースグリップ




こちらのお買い物は、BRM919に向けた準備のために購入したもの。
ハンドルまわりにどうやってブルベ用のキューシートを固定するか、ずっと前から決定打はないままにも考えていたが、とりあえずアクセサリホルダを装着し、そこにとりつける方向で検討することにした。
店頭でいくつか見たけど、ハンドルにがっちり固定できそうだったのがこれだったのでチョイス。
本当はシルバーが良かったんだけど、ほかに選択肢がなかった・・・



パッケージからはずして、装着前の状況にしたのがこれ。取り付けにはアーレンキーが必要。
クランプを貫通しているボルトを抜くと、直径の異なるサイズのハンドルバーに対応させるためのゴム製スペーサーが二重になって挟まっている。初期状態では、T字部分はセンター揃えだけど、サイコンを取り付けようと思っているからどちらかにオフセットしようっと。


ハンドルバーの中央部分、ステムに一番寄せて取り付けることにした。ねらったポジションにはめて、あとはボルトを通してアーレンキーで締めていく。締めきってしまう前に、角度を水平に調節して置くことも忘れずに。



取り付けが終わったら、サイコンをハンドルから移設してみる。ハンドルより前のセンターにあると、視線を前に向けたままでまっすぐ目を落とせば、表示が見えるので精神衛生上、非常によろしい。アクセサリホルダは大ぶりなんでちょっとかっこ悪いんけど、便利でよろしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シン・ゴジラ

2016-08-22 10:32:18 | 観劇
シン・ゴジラ



映画を観に行く前に、ゴジラに興味があったのか、と聞かれたら大してなかった。ジャングルブックとどっちがいいか検討するときに、「なんで『シン・』なんだ?」と思って調べて、結局わからなかったけど、それで興味が湧いた。
ネタバレ防止のため、ストーリーには触れないけど、観に行った感想は、非常に面白かった。あえてのわざとらしいぐらいの特撮感と、逆にTVのドラマばりに色んな意味でのリアルな映像とで、なんとも日本映画らしい、いい映画だった。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

琴ひら温泉 「ゆめ山水」(大分県日田市)

2016-08-21 23:53:55 | 湯治
琴ひら温泉 「ゆめ山水」(大分県日田市)




阿蘇や湯布院方面に遊びに行くとなると、高速道路は日田近くで出入りする。
ここは日田の市街地に近くてアクセスもそんなに悪くはないし、露天は本格的で、なにより雰囲気がよい。
男女それぞれ二つの露天風呂があって渓流に面しており、せせらぎや滝の音が聞こえる。自然の中だから当然、アブやら蜂が飛んでくるのもいい。
湯はやわらかく、おまけにほどほどの野趣もある。
女湯はどうか知らんが(笑)、男湯側から見ると、渓流の反対側の崖のほうがこちら側よりも高く、そこにはガードレールっぽい白いものが見える。「その気」がある人が本気出せば、男湯は意外と無防備かも。
さらに、男湯側は2つの露天風呂の間に目隠しがないから、真っ裸で移動したら駐車場側から丸見えという、なかなかの配置である。
それぞれの露天風呂に更衣室があるんだが、移動するたびに着替えないといけないのはめんどくさい。
しかし、着替えて移動してでも、両方の風呂を堪能したいところだ。




川上側の湯船は、渓流の上流側に開けており、落ち着いた雰囲気でくつろいですごせる。
温泉旅館にありそうな湯で、「のらり湯」と名づけられているが、それもなんとなく分かる。



一方、川下側の露天風呂は「あうんの湯」と名づけられている。そのネーミング、湯船が2つあるからかな?
全体が川下側に向かって開けており、上段の湯船の方が少し広めである。ここからは、開けた眺望に滝があるのだ。
そして、この写真の奥手には川べりへと下る階段があって・・・



それを下ったところには、渓流の水面すぐそばのところに少し小さめの湯船。湯温もあまり高くないから、熱い湯が少し苦手な人も傍らを流れる渓流の音をききながらゆっくり過ごせるだろう。
しかも、ここから渓流のすぐ反対側には、上段から見た滝が落ちている。そう、ここは滝見湯なのだ。


女湯のほうは知らないけど、男湯は来る価値あるよ。


【琴ひら温泉 ゆめ山水】
住所/〒877-0054 大分県日田市琴平町1571-1
電話/TEL 0973-23-8827(露天風呂)、0973-23-7726(家族風呂)
営業時間/平日AM12:00~PM10:00・ 土日祝AM11:00~PM10:00
料金/大人600円、小学生300円
URL/http://www.kotohira-onsen.com/index.html
(H28.8.21現在)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねこのとけい

2016-08-20 15:55:00 | 
岩合光昭さんのミニ写真展、「ねこのとけい」を覗きに行った。
ほんとに小さな写真展。
どこかで見たことがある写真とかもそこそこあったけど、まあ、それもいい。



撮影OKのパネルの子、ぼへーっとしてて、鼻ちょうちん。こういったシーンをよく捉えられるよなあって感心する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BRM919エントリー完了

2016-08-19 10:16:00 | ブルベ
昨日、スポーツエントリーで出走エントリーしようとしていて、一つ引っ掛かった。

「※2014以降に、AJコードを取得した人は入力しなさい。」



前回、初めて出走したときに、地元のAJのコードをもらったが、困ったことに職場の手帳にメモっていた。
そこで、職場で昼休みに再度入力。名前、所属、そしてAJコードを…AJコードを…

あれれ、テキストボックスをセレクトできないぞ!

もしかして、入力しろっていうのは全国組織の方のAJのコードのことだったのか?それなら昨日、自宅で入力できてたじゃんか!
昼休みを一回、無駄にしちゃったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BRM919、エントリー見送り?

2016-08-18 23:49:00 | ブルベ
BRM919に出走するためやっておくべき手続き。社会的なことはなんだかんだとあるけど、そもそも出走手続きしなくっちゃいけない。

昨日、スポーツエントリーにログインして、必要な情報を入力していく。
氏名やら年齢やらは全然問題なく入力できるし、次のPBPへの出走意志もない。



ん、AJの会員コード?はて、どっかにメモっていたはずだけど、前回入力したのはなんせ2年前だったしなー。
返送されてきたブルベカードにも、AJのコードは書いてなかった。うーむ。

間違いなく、職場においてる手帳にはメモってる。仕方ないので、エントリー作業は先送りだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サングラスを使ってみた

2016-08-17 21:46:00 | 装束
俺の現状。高価なサングラスとかを買う金があったら、アウターの歯が欠けたチェーンリングを買い換える方が優先。

しかし、いくらサングラスが嫌いとはいえ、アストロパーツの保護メガネ(クリア)をアイウェアに使いつづけるのはみすぼらしい。
その保護メガネも、弦が緩んでどっかに落としてしまったし、ここで奮発して、どうせ買うならば、と自転車乗りっぽいサングラスを買ってみた。

君はオークレイというブランドを知っているか?
それって新品で基本的に2諭吉くらいはするみたい。
そりゃあ、俺がチェーンリングを交換するほうを優先するっていうのも分かってもらえるお値段だろう。

そんなものは買えん!



で、俺が今回買ったのは.....このサングラス、FaceTrickというやつ。
そんなに高くなかった。
クリアやイエローの交換レンズはないけど、お値段(1漱石だしw)を考えたらしかたない。
実際に使ってみると、風の巻き込みは少しだけ、日中でもトンネル突入時とかは俺の嫌いな暗がり感がある。
夜は使えないなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016BRM919ハラジョウ200k準備の考察

2016-08-16 00:01:00 | ブルベ
まずは傾向と対策。

大村の頂上スタートゴールで、出発が早朝。走行距離200kmでミッションネームがハラジョウとくれば・・・
基本的に照明は不要な時間帯に走ることになる。
ということは、灯火類についてヘッドライトは携行しなくていい。
自転車に取り付けた電装品の電池を新品に更新すれば予備電池の携行も不要だな。

天候が崩れた場合、雨具をどうするかという問題があるけど、それ以外は普段の延長線上のサイクリングとして200km程度だったら走れる。
さかきんさんにいただいたボトルケージのおかげで、CO2ボンベをツールボトルの外に出せたから収納もすっきりしてる。



携行品収納の主力、ツールボトルの中身は・・・
 ・ワイヤロック×1
 ・5mmのアーレンキー×1
 予備チューブ(ラップ包装)×1
 ・タイヤレバー×3
 ・携帯マルチツール×1
 ・CO2インフレーター + ボンベカバー
 ・ガムテープ少々
 ・インシュロック中×4
 ・パンク修理用ゴムのりチューブ×1
 ・パンク修理用パッチ×4
 ・CR2032×2
 ・ミッシングリンク×1
 ・クリアファイルの切れ端×1
 これに、緊急用のツールとして献血手帳を追加する。
日中の走行には充分だろう。

このほか、トップチューブバックを装着予定だ。
天気がよければ、コンパクトデジカメとスマホ用の予備バッテリを収納するつもりである。
現金やブルベカード、スマホなどはビニルネットケースに入れて、首からぶら下げて運ぶ予定。
補給食は、ジャージのポケットかなあ。

全然、検討もしていないのがキューシートの装着方法。また、全コース丸暗記しようかともちょろっと考えたりしてる。
それ以前に、まだルートも調べてなかったな、俺w
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

パトレイバー

2016-08-15 09:30:00 | 行楽
どんどん、どんどんオランダ色が薄くなっていくHTB。
最近はそれにもすっかり慣れて、そんなもんだとしか思わなくなった。
そんなHTBの一角に、すこし懐かしい作品、パトレイバーのオブジェ。
このコミック、とても面白かったから繰り返し読んだものだ。




このオブジェは、どうやら実写の映画で使ったヤツらしい。足元に、その映画の設定集がある。あれれ、登場人物たちの名前がコミックと違う。
なんでだろうな?と思ったが、そのときは誤植かも、と大して気にしなかった。




あとで、この映画をフールーで見た。
原作を楽しく読んだ自分としては、実に変な感じがする。ずっとずっと昔から、どちらかというと原作主義な自分。
違和感がとてつもない。



そう、レンガの町並みのHTBに、イングラムが立ち尽くすように・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンホール・コレクション HASAMI 2

2016-08-14 14:33:00 | 献上品目録
採集場所は、長崎県東彼杵郡波佐見町。
先日、温泉施設の湯治楼に行ったとき、その出入口の前にあったん撮影。
「下水」とか「汚水」表記は普通に見かけるけど「温泉」はそれなりにレア(な気がする)。



あとで写真を見直して気づいたけど、ただの亀甲文様の蓋じゃなくて、中央のマークは波佐見の町章だな。
ついでにしらべてて分かったんだが、以前、見つけた波佐見町のマンホールに描かれていたキャラクターは、佐賀県のキャラクターではなく波佐見町のハサミックというキャラらしい。

・・・違いがまったく分からんが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

波佐見温泉 湯治楼(長崎県波佐見町)

2016-08-13 14:35:00 | 湯治
はさみ温泉 湯治楼(長崎県波佐見町)



いままで何度か近くを通っていたけど、立ち寄ったのは今回が初めて。
波佐見町の温泉入浴施設、「湯治楼」。
建物自体は平屋で目立たない。
ここのオーナーは、近くにある建設会社で、社長のニックネームは「マツケン」さん、結構キャラが濃い人らしい。
宣伝文句も「マツケンがユウジロウを造った」。
しかし、温泉施設としては堅実。温泉のお湯そのものを推してる(それで正解だと思う。)



充分な広さの露天風呂と、内湯も熱めとぬるめ、二つの浴槽。
さらにぬるめは、もともとの温泉に炭酸を追加して濃度を上げてある。
また、湯船も寝ることができるぐらい浅めと、しっかり座って首まで疲れる深さと半々になっていて、結構自由なポジションが取れてすごしやすい。
けっこうお客さんが入っている。
大きくはないけど、新しくていい施設だと思う。このシンプルさ、
俺は好きだな。


【はさみ温泉 湯治楼】
住所/〒859-3725 長崎県東彼杵郡波佐見町長野郷558-3
電話/0956-76-9008
営業時間/AM9:30~PM22:30
料金/大人600円/小人300円/幼児200円
URL/http://seisyunnosato.jp/onsen/
(H28.8.21現在)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加