風の里  庄兵衛

身近に起こった小さな事の語らい。
趣味の手織り、草木染の事など。

改めて・・・一人になった・・・

2017-10-21 04:04:51 | 日常
投票用紙が届いて・・・

選挙を間じかに控えて改めて知らされました 一人になったな

いつもは二枚届くのに今回は一枚です

これから先も一枚のみ

パートナーは選挙を棄権したことはありませんでした

明日の選挙は?


本当にいなくなっちゃった

解ってはいるもののやっぱり寂しい・・・


もうすぐ囲炉裏に火をおこします

一人ぼっちの囲炉裏辺はどんなだろうか



寡黙な夜が続きます


この記事をはてなブックマークに追加

楽しい、幸せな週末 

2017-10-02 07:12:08 | 日常
いつも週末は誰も来ません

友人たちは家族との時間があり、私のところまでは・・・

静かで無口な週末

でも、最高に嬉しいそして思いがけない楽しい時間をいただきました

織り友たちが糸を求めながら訪ねてくれました

病人の介護が続いたから染糸のストックなんてないのは承知のことです

私の気持ちが落ち着くのを待っての訪問でした

沢山の語らい、おいしい手作りパンのお土産(おいしかったよ)

そしてほしかった栃の実 それも両手からこぼれるほどに

栃の実はどんな作品につけようか

使い切れないほど沢山、沢山  大切に使わせていただきます

ありがとうございました


いつの間にか大きな笑い声で時間はあっという間に過ぎて行きました



そして一人の友がそっと般若信教写経の額入れ供えてくれました

仏壇の傍らがぐっと引き締まり思わず手を合わせました

なんという思いやりでしょうか

感謝、感動の一瞬でした

ありがとうございました


追伸・県立美術館の裂き織り織展にも行ってきました

   素晴らしい作品ばかりでした

充実した週末感謝です  ありがとうございました


この記事をはてなブックマークに追加

これからの亊

2017-09-28 08:54:12 | 日常

パートナーがいなくなってひときわ家が広くなりました

一人の生活に中々なじめません

自然に互いの役割が阿吽で決まっていたように思います

私は今迄電球を取り換えたことがありませんでした

斎背の高い相手方の仕事になっていたのです

廊下の電球が切れてはじめてそのことを知りました

昨年一年は入退院を繰り返し、それでも回復を信じていました

家に戻ると様々な箇所の点検を始めます

不具合を見つけるとさっそく修理に取り掛かります

なんでも器用にこなしていたのに・・・・

今年に入ってからはもう何もできませんでした


さて、私もいつまでも悲しんでいられません

これから先どうして暮らしていこう

迷うことだらけですが今の私にできることは糸を染めて、織って作品にする事です

幸い良き友人たちに恵まれました

叱咤激励がありがたいです

それから、はまりつつある糸紡ぎで紡いだ糸で山の家を守っている

母に何か作って送ろうか


この記事をはてなブックマークに追加

時の流れ

2017-09-20 05:20:29 | 日常
パートナーが逝って三ヶ月がたちました。


毎日が忙しく過ぎ、悲しみなんて感じている暇もない

そんなのはうそです

一日が終わり遺影に向かうと今でも涙が止まりません

時間は流れているのに私の記憶の中の時間は止まったままです



でも、いろいろな行事は迫ってきます

私がしなければ進んで行きません

今しなければならないことをとりあえず・・・・











この記事をはてなブックマークに追加

さようならから~

2017-07-31 06:14:01 | 日常
悲しいさようならから立ち直れないまま49日を迎えます。

遺影を見て涙・・・・

ペンを触って涙・・・

どこを見ても思い出ばかりです

十分な事ができなかった   してあげなかった


後悔だらけです

でも、98歳母からの言葉にはっとしました


「しっかりしなさい、伴侶を失って喜ぶ人はいない

泣いてばかりいたらこの人は前に進めないよ

もう違う世界に修行のたびに出なければならない

引き止めてはいけないよ」



つらいけど寂しいけどもう一度さようならだね



ここでもう少しがんばるね




この記事をはてなブックマークに追加

さようならの朝

2017-06-29 03:19:13 | 日常
普段、日常あまりにも当たり前になっているつながり

お茶を飲む


果物の皮をむく


いつの間に空っぽのお皿


居間から聞こえてくる笑い声


あ~あ~


こんなあたり前のことが幸せだったんだ


ずっと長い間一緒にすごしたパートナーが逝ってしまいました


刻一刻と東の空が明けてくる・・・


病室の窓の外のベランダに小さな小鳥がとまりました


動きません・・・待っている?


もう  さよならだね


小鳥と一緒に飛び立ちました



このさようならの朝を忘れない


あの日からあっという間に9日が過ぎました・・・まだ9日


それでも私の日常は当たり前のように流れています



導いてくれ守ってもらえたことに感謝します













この記事をはてなブックマークに追加

幸せを温存

2017-06-06 06:08:19 | 日常

明日もがんばれる  でも、無理はよそう

自分に言い聞かせている自分がいる



幸せを温存?


私のつたないブログを訪ねてくださる先生。

いつもさり気ない気遣いで接してくださいます。

このところ、様々なことがあり悩ましい日々の連続でした。

そんな日常をちゃんと気に留めて下さいました。


帯状疱疹のこと、一人で過ごす生活のこと



先生のお見舞いの品と添えられていた手紙

手に取った瞬間涙が出て止まりません。

肩を怒らせて踏ん張ってきたけど先生のお気持ちに触れ

上記のような気持ちになりました

山の家で癒される、見ていてくださる先生のような方もいる。

一人ではないとの思いの安心感。

先生ありがとうございました。

昨日からじっとお心遣いを抱きしめて過ごしました。

静養して又前に進みます。

嬉しかったです、感謝、感謝。




この記事をはてなブックマークに追加

生家に癒される

2017-06-05 06:03:43 | 日常
思いがけない帯状疱疹は私を弱気にさせました

痛さに部屋をウロウロ


愚痴を言うのは苦手だけど

屋上から見える富士山にぶつぶつ、くだくだ言ってみる


少し症状も落ち着いたので山の家へ母見舞い

風邪を引いてこちらも一人で休んでいました

98才  99歳?

自然に任せて暮らしています


私の置かれている日常は何も話していないのに


顔を見るなり「神様が決めてくれるよ」と一言

母の優しさに触れた一日のほんの一瞬


見舞ったつもりが慰められた・・


いつも微笑んでいる父の遺影を見つめていると

何故か涙が止まらない


古い家、・・・山の家・・・広い空間   癒しの場所



この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとダウン~~

2017-05-30 17:05:13 | 日常
なんと・・・元気印の庄兵衛が・・・


近所のお医者さんを訪ねました。


お見立ては帯状疱疹・・だそうです


首の後ろに一つかゆいかゆいができました


ダニにかまれたかなと塗り薬をつけました


でも、かゆいのが収まらないどころかぽつぽつが次々に増えて


痛みも出てきて、これは何か異常?


そしてドクターから言われたがどこかで聞いた病名です


薬と塗り薬をいただいて一人悶々としています


誰もいない家で痛いよ  痒いよ  独り言一杯


そうね  誰も慰めてくれない 誰も薬を塗ってくれない


何年ぶりかの病院通い


今まで元気過ぎた自分を過信していました


少しいたわらなければ・・・・

この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに山の家

2017-05-04 07:14:31 | 日常
もう5月

ずっと行けなかった山の家

母が待っていました



山々の緑がまぶしい


古い家がぽつん・・・


又、空き家が増えました



近所のおばちゃんが次々と亡くなって


ますます静かになった山の家の周辺


母は静かに暮らしていました


今の私には最高の癒しの場




耳の不自由になった母と会話にならない会話をして


元気になった・・・


又、がんばろう













この記事をはてなブックマークに追加