風の里  庄兵衛

身近に起こった小さな事の語らい。
趣味の手織り、草木染の事など。

一人の時間

2016-05-28 05:10:39 | 日常


町の家にいます。

一人の気ままな暮らしは時には涙することも。


今夜の話し相手はこの方です。


恒例の「私たちの祭り」が始まっています。


その会場から我が家にご同行いただきました。


Y口さん作。


食事しながら語りかけ、テレビの合間に問いかける・・・


自問自答の一人の時間


気がつくと独り言を・・・


大通りが近い町の家   車の音もしない  無音


まもなく夜明けです。


喧騒が戻る前の静かな一人の時間







この記事をはてなブックマークに追加

お山の新茶

2016-05-23 09:13:37 | 工房便り


お待たせしました。

お山の工房(庄兵衛)の茶畑から生まれた新茶。

標高が高く町場のお茶より少し時期が遅れます。

でも、味は抜群と思います。

力強い山のお茶を今年もお届けします。

じっくりと味わってください。


昨年からほうじ茶も作り、こちらも好評です。

香ばしいかおりを放つ琥珀色のお茶に和みます。

一服しましょうか。




この記事をはてなブックマークに追加

山小屋の電気事情

2016-05-09 09:26:53 | 工房便り



お山の工房からさらに山奥の小さな山小屋(作業小屋)には電気がありません。


食事のしたくはカセットコンロや薪でも大丈夫、

水も沢から引いていますが電気は無理です。


もちろん、ここの場所はお日様が山に沈む頃には退散しているので


今までは必要ありませんでした。


友人が画像のランプを届けてくれたので

試験的に夕暮れまで小屋に留まる事にしました。

ちょっとワクワクです。


山の日暮れは早い。

山の稜線をお日様が越し終わるとあっという間に真っ暗です。


さあ いよいよ点灯です。

スイッチオンしました・・・・・


画像がなくて残念でした。

小さな小屋ですがちょっと役不足のようです。

でも、テントなら使えそうなので小屋に保管します。


そして発見!!!

暗闇には沢山の光が動いていました。

生き物たちの活動が始まります。


光に送られて山小屋を後にしました。



この記事をはてなブックマークに追加

晴耕雨読?

2016-05-07 06:06:43 | 工房便り


雨が降り出しました。

お茶の刈り取り作業はお休みに。

お山の工房からさらに山奥の作業小屋に向かいました。

たった一人の山小屋?

いえいえ猿の番をしているモモコ(番犬)が待っています。

この小屋でこんなもの作ってみました。

シャツのコースターです。

ここでは読書をしたり、古着の解体作業、糸紡ぎなどして過ごします。

小さな畑も耕しますが作物は獣たちの提供品となってしまいます。


でも、この場所は捨てがたい

庄兵衛のささやかな晴耕雨読です。





この記事をはてなブックマークに追加

新茶の頃

2016-05-06 08:42:08 | 工房便り
お山の工房は新茶の時期に入りました。

男衆も女衆も走り回っています。

一番の賑わいの頃です。

大きな声が山々にこだまして・・・

い~い季節になりました。


この記事をはてなブックマークに追加