風の里  庄兵衛

身近に起こった小さな事の語らい。
趣味の手織り、草木染の事など。

さようならの朝

2017-06-29 03:19:13 | 日常
普段、日常あまりにも当たり前になっているつながり

お茶を飲む


果物の皮をむく


いつの間に空っぽのお皿


居間から聞こえてくる笑い声


あ~あ~


こんなあたり前のことが幸せだったんだ


ずっと長い間一緒にすごしたパートナーが逝ってしまいました


刻一刻と東の空が明けてくる・・・


病室の窓の外のベランダに小さな小鳥がとまりました


動きません・・・待っている?


もう  さよならだね


小鳥と一緒に飛び立ちました



このさようならの朝を忘れない


あの日からあっという間に9日が過ぎました・・・まだ9日


それでも私の日常は当たり前のように流れています



導いてくれ守ってもらえたことに感謝します













この記事をはてなブックマークに追加

庄兵衛の遊び糸って何?

2017-06-18 08:24:12 | 工房便り


昨日おり絵さんの手織り工房さんのブログで紹介された「庄兵衛の遊び糸」は

気ままに染めた多色染めのことです。

以前、近所に住んでいた(李 すもも)ちゃんが名づけ親です。

大人気のおり絵先生のブログに登場させていただいた事で

こちらも人気者(?)になりました。

二度と同じに染めることのできない染めは気まま染めとも言えますね。


誰もいないお山の工房で一人でわくわくと染めます。

BGMは小鳥の声、木々を揺らす葉音であったり・・・



でも、今は染めも、織りもできません

ほかにしなければいけない事ができましたので

今はこちらに専念します。

又、いつか新しい染めを見てください




この記事をはてなブックマークに追加

幸せを温存

2017-06-06 06:08:19 | 日常

明日もがんばれる  でも、無理はよそう

自分に言い聞かせている自分がいる



幸せを温存?


私のつたないブログを訪ねてくださる先生。

いつもさり気ない気遣いで接してくださいます。

このところ、様々なことがあり悩ましい日々の連続でした。

そんな日常をちゃんと気に留めて下さいました。


帯状疱疹のこと、一人で過ごす生活のこと



先生のお見舞いの品と添えられていた手紙

手に取った瞬間涙が出て止まりません。

肩を怒らせて踏ん張ってきたけど先生のお気持ちに触れ

上記のような気持ちになりました

山の家で癒される、見ていてくださる先生のような方もいる。

一人ではないとの思いの安心感。

先生ありがとうございました。

昨日からじっとお心遣いを抱きしめて過ごしました。

静養して又前に進みます。

嬉しかったです、感謝、感謝。




この記事をはてなブックマークに追加

生家に癒される

2017-06-05 06:03:43 | 日常
思いがけない帯状疱疹は私を弱気にさせました

痛さに部屋をウロウロ


愚痴を言うのは苦手だけど

屋上から見える富士山にぶつぶつ、くだくだ言ってみる


少し症状も落ち着いたので山の家へ母見舞い

風邪を引いてこちらも一人で休んでいました

98才  99歳?

自然に任せて暮らしています


私の置かれている日常は何も話していないのに


顔を見るなり「神様が決めてくれるよ」と一言

母の優しさに触れた一日のほんの一瞬


見舞ったつもりが慰められた・・


いつも微笑んでいる父の遺影を見つめていると

何故か涙が止まらない


古い家、・・・山の家・・・広い空間   癒しの場所



この記事をはてなブックマークに追加