風の里  庄兵衛

身近に起こった小さな事の語らい。
趣味の手織り、草木染の事など。

藍の花

2006-09-27 06:41:01 | 趣味
藍の花が満開(?)です。
清楚な花は満開でも自己主張をしません。
ある手織り工房から種を送っていただいたものを
畑に蒔き、そして庭の片隅にも。 

有難う御座いました。
おかげ様で楽しい作業も一緒に経験する事ができました。

絹糸や着物の胴裏、白生地等沢山染め、素材によって藍色の違い
に 又 感動でした。(画像がないのが残念)

庭の花は押し花にしたり通りすがりの方に差し上げたりと
活躍中です。
畑の藍は種を捕り、来年の楽しみにしたいと思います。

沢山種の収穫ができたら希望の方に差し上げたいと考えています。
濃いグリーンから空気に触れると澄んだブルーに変化する
瞬間がたまりません。

植物の持っている不思議な力にいつの間にか癒されている事に
気がついた季節でもありました  です

この記事をはてなブックマークに追加

絹の布団の表地

2006-09-23 16:31:37 | 趣味
骨董屋の奥さんが絹の布団の表地を2組を
届けてくれました
年代物ですよ。

嫁入り支度の一品だったそうです。
綺麗な朱色はいまだ色あせず、とてもしなやかです。
そしてもう一組は茶系の繊細な格子柄のこちらも布団地です。
ところどころ穴が開いています。
何を作ろうか古布を前にいつも悩みます。
本当に織の知恵袋がほしいと思うこの頃です。
織も草木染も初心者なのに材料だけはどんどん集まってきます。
ありがたい事と感謝、感謝ですが
それらを生かしきれない事が情けない・・・です

捨ててしまえばザ・エンドですが
新たな命を吹き込めば、又、活躍の場を与えてあげると思い
ぞー。

窓の外では片付け忘れた風鈴が忙しく音立てています。
夏の頃より元気そうです。

この記事をはてなブックマークに追加

7年越しのログハウス

2006-09-21 05:59:06 | 日常
滝の飛沫が飛んできます。
同級生のター君の小さなかわいいログハウスで同級会です。
ター君が休日を利用してお父さんと7年かかって作り上げたここは
滝の真向かいにあり、ログのすぐ下を轟々と渓流が音を立てて流れています。

山女をさばくかっちゃん。串焼きにします
野菜をきざむよっこ。
永久事務局長のひろちゃん。
仕切りやの庄兵衛。
皆 それぞれの持ち味発揮しています。

そうそう岩魚の骨酒も完成です。恩師はもうご機嫌です。
とりあえず乾杯
飲むは食べるは話はつきません。

若くして体が不自由になったくに君。
努力して陶芸家になっていました。
つらかったね・・・でも がんばったね。
作品の大きな壷はログハウスの正面に飾られました。
この壷に似つかわしい敷物を織りましょう 次回までには。

もないも届かない山奥の一日でした。

小学校時代の同級会は雷鳴を合図にお開きとなりました。

  そして またね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

裂き織バック

2006-09-16 13:36:12 | 趣味
古い着物を裂いた布は思いがけない表情に変化する。
この三個のバックはぼろぼろの布の変身です。
喪服、縮緬、モスリンは小さなショルダーになり
お嫁入りです。
縦糸をかけ、裂いた横糸を織り込んでゆく行程が
心地よい。

この記事をはてなブックマークに追加

私たちの祭り

2006-09-16 06:22:46 | 趣味
初日の私たちの祭りは開店前からお客さんが並ぶ。
定着してきた証拠かも。
朝の雫を含んだ朝採り野菜は会員たちの家庭菜園から
届きました。
あっと言うまに売れきれです。
天然酵母の焼きたてパン、にんじんのケーキ。
こちらももう在庫なし。
初日はこんな形で幕開けです。

私の裂き織はどうだったでしょうか。

タペストリーが気に入っていただいてお嫁入りです。
玄関ホールに飾られるそうです。

手作りの木のボタンも完売です。
素材は茶の木と桜の小枝です。形は不揃いだけど手作りはには
たまらない一品との事です。

楽しい一日でした。
二日目はどうなりますか。

この記事をはてなブックマークに追加

私たちの祭り

2006-09-15 05:40:12 | 趣味
今日から2週間の予定で友人の店で手作り展が始まる。
織、パッチワーク、手紡ぎ糸等などいわゆる素人の発表の
場です。私たちの祭りと銘うっています。
参加も4回目となった。
いつも思う事だけど、皆さん本当に様々の物作りをしている
のですね。
ひとつと同じものがない。前回と同じなんて事は絶対ないのです。
私も・・・という事で今回も裂き織作品を数点出品
しました。
草木染のショールもと思いましたが、十月に後期が始まるので
次回にという事で
前期の今回はタペストリーとバックのみにしました。

いただいた着物の裂き糸は想像以上の表情を表し、作り手を
喜ばせてくれています。

今日から始まる私たちの祭り楽しみと不安半々・・・です。

この記事をはてなブックマークに追加

茗荷の花

2006-09-14 06:31:42 | Weblog
ここ数日はいただいた着物をひたすら裂いた。
まだ使える綺麗な所を残して。
この作業はストレス解消にはもってこいです。

久しぶりに畑に行ってビックリです
茗荷の花が満開です!一面黄色に盛り上がっています。
真夏には冷麦やてんぷらにして良く食べたのに
近頃はとんとご無沙汰だったなあ。
久しぶりにいただく事にしましょう。
そして残りは甘酢漬けにしようかな。

この記事をはてなブックマークに追加