風の里  庄兵衛

身近に起こった小さな事の語らい。
趣味の手織り、草木染の事など。

靴下に挑戦

2017-12-10 14:40:52 | Weblog


今日は日曜日。

いつも誰も来ません、というより人様を拒否しています。

友人たちは家族との団欒があります。

私に気を使ってほしくないので日曜日は本当にお休みの日です。


朝から靴下編みをしています。

何回か挑戦するのですが大きさが違っていつも失敗です。

今回は手紡ぎの糸で編んでみました。

スラブのような糸なので編み難いです。

その昔踵のない寸胴の靴下を編んで

パートナーにはいてもらったことを思い出しました。

すぐに却下されてしまいました。懐かしい思い出。

今度はしっかり踵も編みました。

何とか形になりましたがやはり大きさが微妙に違います。

自分用だからいいとしましょう。




この記事をはてなブックマークに追加

糸展二日目です

2017-03-11 21:39:37 | Weblog
今日も朝から沢山の風見鶏ファンのご来場でした。

織り談義 糸談義で賑やかな幕開けです。

和気あいあいの時間はあっという間に過ぎて行きます。
今日も楽しく有意義な1日ありがとうございました。

そして、沢山のご来場の皆さまありがとうございました

素敵に作家さん達との出会いにも感謝です。

明日3/12(日)も宜しくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

糸展始まりました

2017-03-10 20:16:35 | Weblog
お天気にも恵まれて、糸展オープンです。

沢山の方がおいで下さいました。
ありがとうございました。

糸談義も楽しくて初日は無事に終了しました。

男性の方にも草木染めの糸
を子銀刺繍に使いたいと求めていただきました。

素敵な作品にしてください

3/11(土)も宜しくお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

庄兵衛のあそび糸染

2017-02-01 14:19:05 | Weblog





ずいぶんと長い間のんびりしました。


長期のリハビリ期間だった



3月に染め展があります。


やっと重い腰を上げて染め始めました。


庄兵衛のあそび糸染とは気ままな多色染めのことです



近所に住む女の子が命名してくれました。


無心に染める

心地よい時間の中で・・・・

この記事をはてなブックマークに追加

遠州森町「町並みと蔵展」御礼

2016-11-28 06:07:50 | Weblog
「町並みと蔵展」無事終了しました。

今回は残念ながら参加できませんでしたが

沢山の方々が来場してくださいました。

と、友人からの報告がありました。

わざわざ、お見舞いに来てくださった方もいらして恐縮です。

次回の再会を楽しみにしております。

ありがとうございました。




この記事をはてなブックマークに追加

メリノを紡いでみました

2016-09-05 09:36:21 | Weblog


思うように紡げない糸紡ぎ。

ですがメリノを紡いでみました。

柔らかい糸ができました。

双糸にしてみましょう。

いつの間にか無我の境地に入り日常を忘れます。

いいストレス解消にもなっています。

時間を気にしないで糸車の調子を見ながらゆっくり、のんびりと。



この記事をはてなブックマークに追加

御礼 「町並みと蔵展」

2016-04-04 14:00:09 | Weblog
お天気にも恵まれて「町並みと蔵展」無事終了しました。

沢山の方々が訪ねて下さいました。

本当にありがとうございました。

協力してくださいました商店街の皆様、スタッフの皆様

出展者の仲間たち。

お世話になりました。

又、秋もよろしくお願いいたします。


この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2016-03-31 06:35:39 | Weblog
遠州町の「町並みと蔵展」は4月2日と3日です。

桜も咲き始めました。

お待ちしていますね。

4月23日ではありませんからお間違えのないように。

昨日きちんとお知らせしなくてすみません。

この記事をはてなブックマークに追加

遠州森町「町並みと蔵展」

2016-03-30 16:36:52 | Weblog
お知らせです

4月2 3日  遠州森町「町並みと蔵」参加します。

場所は森町商店街です。

庄兵衛は松尾酒店前にいます。

お訪ねくださいね。

お知らせが遅くなりましたがいつもの場所にいます。

今回は若い袋物作家さんも初出展します。

かわいい小袋が並びます。

お楽しみに。


この記事をはてなブックマークに追加

雪が積もった廃校

2016-01-27 21:39:53 | Weblog
お山の工房は限界集落の中にあります。

わずか数ヵ月の間に4件の家が無人になりました。

一人暮らしのお年寄りは町に住む子供の所に引き取られて行きました。

何か寂しいね........

廃校舎を訪ねたら数日前に降った雪が残っていました。

こちらもたった一人の幼い子供が遊んでいました。

寂しいけど微笑ましい風景。

この記事をはてなブックマークに追加