風の里  庄兵衛

身近に起こった小さな事の語らい。
趣味の手織り、草木染の事など。

藍の色・ミントの色

2011-07-23 13:01:05 | 工房便り
藍の生葉染めのスカーフ3枚は液につける時間差で

微妙に色に違いが出ました。

この時期しか染められない生葉染め。

そして、もう2枚はミントで染めました。

こちらも同じ染液ですがやはり色が違います。

植物からいただく自然の色は一期一会・・・

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

これは何でしょう???

2011-07-22 13:23:41 | 工房便り
この緑色のホワホワなものは何でしょうか。

とてもいい香りがしています。

これはお茶の木の皮部分です。

棒茶を作る時に分離する皮を沢山いただきました。

染めに使ってねと玄関にどっさりと・・

早速一掴みいただいて飲んでみると~~~おっいし~いっ!

夏茶なのでさっぱりしていて後味爽やかです。

これを全部染めに使うのは勿体無いから飲用に

少し分けてもらいます。

新茶と夏茶の色の違いも興味が一杯ですね。



この記事をはてなブックマークに追加

藍の生葉染め

2011-07-14 13:42:04 | Weblog
大きく育った藍を少し刈りました。

小さな飛蝗が葉を食べて葉っぱは穴だらけです。

これから生葉染めの準備をします。

素材はシルクのスカーフを用意しました。

今回は生葉染めしたものにキハダの染め液で

かさねぞめをしようと思います。

火を使わない生葉染めはこの時期はありがたい。


この記事をはてなブックマークに追加

染め素材のミントを抱えて・・・

2011-07-11 13:32:47 | 工房便り
気温上昇中。

春に植えたミントが大きくなり、雑草状態になりました。

久しぶりに染めてみようと思います。

これらのミントを抱えて

お山の工房からさらに山奥の小さな掘っ建て小屋に行きます。

ここは標高860メートルほどの山の中。

さらに上から山の水を呼んできて小さな生簀も作り

山女も育てています。

小さな稚魚がいっぱいいますよ。

小屋横には畑も作り、ジャガイモも植えましたが

野ネズミ?イノシシ?シカ?・・・・・全滅です


でも。ここの場所とても気持ちがいい

晴れた日には海も彼方にみる事が出来ます。


さあ  染め準備に入りますか

たった一人の作業場で。


この記事をはてなブックマークに追加

母のアンギン織り

2011-07-08 15:01:07 | 日常
連日の猛暑で母も私も涼しい所を探して移動。

お山の中とはいえ空気が澄んでいるだけに暑く感じます。



先日「おり絵さんの手織り工房」のなかにアンギン織りのことが

語られていました。

母と一緒に拝見していたら「これなら私作れるわ」と母が言いました。

何でもその昔ススキで何枚も作ったそうです。

それでこの暑さ何もする気がなかった母が作ろうと言い出したのです。


弟がみようみまねで簡単な道具(織機??)らしきものを作りました。

作品の素材は庭の木の剪定をした小枝です。

嬉々として作る母

あっと言う間に小さな飾り物完成です。


93歳のパワーは時には燃え、そして消えそうになりながらも

94歳到達は後六ヶ月となりました。



アンギン織りは母の中ではこも織りです


この記事をはてなブックマークに追加

楽しい手織り

2011-07-03 13:33:45 | 工房便り
暑い日が続いていますね。

庄兵衛は織りも染めも出来ない忙しい日々ですが

今日は小休止です。



近所に住む小学3年生の女の子が手織り初体験をしました

まもなくママの誕生日だそうです。

ランチョンマットをプレゼントに選びました。

どんな具合に仕上がるでしょうか。



緊張していましたが、いつの間にか夢中で織り進んでいます。

自分で色々な糸を選び楽しそうです。

想像もしない糸選びはみているこちらもうきうきです。

もうマットのサイズまで織り進みましたが

もっともっとと織ってとうとう最後まで織りあげました。

初めてとは思えない配色の良い素敵な布の完成です。



15センチ幅、長さ125センチの織り布は

居間に飾るタペストリーになりました。



この記事をはてなブックマークに追加