映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

幸せの教室

2012-05-21 | 映画 さ行
予告編を見て「めぐり逢えたら」みたいなハートウォーミングコメディーを期待したのですが・・・。

私、トム・ハンクスのファンなんです。いや、ファンでした。
デビュー作の「スプラッシュ」以来、ほとんどの作品を見ています。
私にとってハンクスと言えば・・・
アカデミー主演男優賞を取った「フォレスト・ガンプ」や「フィラデルフィア」ではなくて
「スプラッシュ」と「ビッグ」なんです。
押しも押されもせぬ演技派ハンクスじゃなくて、
大人になっても少年のような心を持ち続けているハンクスが好きだったんです。
「ビッグ」はアカデミー賞ノミネートで受賞はなりませんでしたが、
「ビッグ」で取って欲しかった。彼にしかできない、彼のための映画でした。

まぁ、いつまでもそんなキャラじゃぁいかん!っと、イメージチェンジを図るために
社会派「フィラデルフィア」でエイズ患者の弁護士を演じ、見事に受賞
ハリウッドを代表する役者さんになったのはファンとしては嬉しいのですが・・・。


   *********************

        幸 せ の 教 室
            LARRY CROWNE

**********************


 < ストーリー >
大卒でないという理由で解雇された中年のラリー(トム・ハンクス)は、再就職のスキルを身に付けようと
コミュニティーカレッジに入学し、スピーチと経済学の受講を決めた。
スピーチの担当教師メルセデス・テイノー(ジュリア・ロバーツ)は結婚生活の破綻からアルコールに走り
やる気のない学生たちに仕事への情熱も失っていた。初めてのキャンパスで年齢も境遇も違う人々と
出会うことで充実した日々を送り始めるラリー。互いに惹かれあうラリーとメルセデスの今後は?

             

トム・ハンクスとジュリア・ロバーツの共演なのに・・・、
気の抜けた炭酸飲料か、塩を入れ忘れた卵料理みたいで、何とも凡庸。
トム・ハンクスが製作・脚本・監督・主演の4役を務めているんだけれど、
俳優業に専念した方がいいんじゃなかろうか。

再就職のスキルを身に付ける為に大学に行ったんじゃなかったっけ?
確かにラリーはいい人だけど、トムとジュリアが主演だからということしか
二人の関係が進展する理由がない。
何でそうなるの?
何でこの映画を作ったの?

ファンならいいじゃないかと思われるかもしれませんが、
ファンだからこそ「トム、しっかりしいや!」と 喝!を入れたい。



・隣に住むガレージセール屋さんのオヤジがいい味出してます。
・「スター・トレック」のMr.カトウ役ジョージ・タケイが経済学の教授役で出演していますが、
 笑い方がちと怖い。
・トム・ハンクスの妻リタ・ウィルソンのブロンド姿が新鮮です。
・漢字のタトゥーネタや携帯ネタなど、笑いもちょっとさみしいなぁ。

次回作はダン・ブラウン原作ラングドンシリーズ第3弾「ロスト・シンボル」なのかな?
頼むよ~、トム






にほんブログ村 映画ブログへ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロボット | トップ | 金環日食@横浜 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (sakurai)
2012-05-28 13:00:33
かつて、自分もこういう大学に行って、様ざまな人と出会えた貴重な経験だった・・・と言うのを伝えたい!というのが、作った動機らしいですが、それにしても、普通というか、平凡でしたね。
作りたいのなら、作り手に徹した方が・・とも思うのですが、そこは役者はナルシストですからねぇ。難しいとこだ。
私も「ビッグ」!好きです。
あのトムは最高でしたね。
ですが、あれ見に行ったとき、同時上映が(昔は二本立てだった・・)「グレート・ブルー」(グラン・ブルーの最初のバージョン)で、そのインパクトにすっかりやられました。
「グレート・ブルー」だけの上映だったら、見に行かなかったと思うのですが、「ビッグ」が目的で、それのおかげで見た映画ととしての記憶が鮮烈です。
今から何年まえだ???
Unknown (sakuraiさんへ(ryoko))
2012-06-01 22:23:15
コメントありがとうございます。
はい…平凡でした。
最初のリストラとのつながりが今一つ。とても再就職を目指して頑張るという雰囲気ではなかったですし・・・。
「スプラッシュ」と「ビッグ」のトムはサイコーでした。「ビッグ」と「グレート・ブルー」の2本立てって充実してますねぇ~。
今から・・・遙か昔ですねぇ。数えるのは止めておきましょう
こんな会社なら ぶっ潰してやりたい (zebra)
2013-06-17 10:22:20
>大卒でないという理由で解雇された中年のラリー(トム・ハンクス)は、再就職のスキルを身に付けようと
コミュニティーカレッジに入学し、スピーチと経済学の受講を決めた。
ひでえ 話だよ・・・学歴ないヤツは価値がなってか・・・
不当解雇で会社訴えてやる!!!

 ジュリアロバーツみたいな美人なら 勉強に身が入る?
会社に憎しみ消える?キャンパスライフを前向きに楽しもめそう?

 オレなら いずれもないね。
たとえ美人の先生に言い寄られて
「憎んでも 仕方ないから 前向きに一から勉強して 他の生徒と一緒にキャンパスライフで交流しましょうよ」
と、なだめられても 絶対 オレは会社を許さん!

訴訟を起こして 賠償金ぶんだくってやる、と意気込んで殺伐とした気分になってますよ。・・・これが現実・・・
映画のようには いきません。
Unknown (zebraさんへ(ryoko))
2013-06-26 00:24:42
コメントありがとうございます。
私事で返事が遅くなり申し訳ありません

まぁまぁ、確か映画の最後でラリーをクビにした大卒のマネージャーもクビになり、肉体労働していましたよ。
世の中、何が災いして、何が幸いするかはわかりません。
この作品自体が駄作ですから・・・ね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『幸せの教室』・・・アメリカにおけるリストラと再就学 (SOARのパストラーレ♪)
そもそも実力や結果が物を言うのがアメリカの社会だと思っていたのだが、卑劣な学歴至上主義があるところにはあるのだなとまずそのことに驚き、次いで思い立ったが吉日的に試験もなしに入れてしまう大学制度があることにもっと驚き・・・。
★幸せの教室(2011)★ (Cinema Collection 2)
LARRY CROWNE そこは、明日が好きになれる場所。 上映時間 98分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/05/11 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 G  【解説】  トム・ハンクスがジュリア・ロバーツを共演に迎え、自ら監督・脚本・主演...
~『幸せの教室』~ (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:アメリカ映画、トム・ハンクス監督&製作&脚本&主演、ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クランストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、タラジ・P・ヘンソン、ググ・バサ=ロー、ウィルマー・ヴァルデラマ、パム・グリアー出演。
劇場鑑賞「幸せの教室」 (日々“是”精進! ver.F)
人生は、やり直せる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205110003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご...
幸せの教室 (佐藤秀の徒然幻視録)
中年男の創造的破壊とイノベーション 公式サイト。原題:Larry Crowne。トム・ハンクス監督・主演。ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クラストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、 ...
『幸せの教室』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「幸せの教室」□監督 トム・ハンクス□脚本 トム・ハンクス、ニア・バルダロス□キャスト トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クランストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、タラジ・P・ヘンソン、ググ・バサ=ロー...
幸せの教室 (とりあえず、コメントです)
トム・ハンクス監督&脚本&主演で創られたハートフルなドラマです。 ジュリア・ロバーツと一緒のシーンを予告編で観て面白そうだなと気になっていました。 トム・ハンクスらしい優しさが伝わってくるような、ちょっと可愛らしい作品でした。
幸せの教室 (だらだら無気力ブログ!)
薄っぺらいロマンス物で、これはDVDレンタルで充分かな。
「幸せの教室」みた。 (たいむのひとりごと)
トム・ハンクスが、製作、監督、脚本、主演を務めたハートフル・ストーリー。そしてジュリア・ロバーツが相手役で共演となれば、必ず観ようと思うのが道理というもの。脚本としては、「災い転じて福となす」そのまん
映画:Larry Crowne 幸せの教室 彼の「ぬるさ」加減を楽しめる大人力があれば、そこそこ楽しめる。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
トム・ハンクスが監督、脚本、主演。 というだけで、悪寒が走る私(笑) というのは、若いうちの彼は大好きだったものの... 早くも1994年「フォレスト・ガンプ」の彼がなぜか?好きでなくなり... その後「キャスト・アウェイ」でなぜか決定的に嫌いになり... 続き、....
幸せの教室 (心のままに映画の風景)
大学を出ていないという理由から、長年勤めていたスーパーをリストラされてしまったラリー・クラウン(トム・ハンクス)は、再就職もままならず、思い切って短期大学に入学することにした。 大学での新生...
幸せの教室 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年5月13日(日) 19:10~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『幸せの教室』公式サイト 学歴不足という理由でリストラされ、大学に入学したオッサンにトム・ハンクス、やる気を無くした大学の講師にジュ...
幸せの教室 (迷宮映画館)
醤油は、勇気と精神!!・・・???でも、油はエネルギーってことですからあながち。。
幸せの教室 (ここなつ映画レビュー)
ほのぼのとした気持ちになりたくて、安心して観られる作品を選んで観に行きました。それが、この「幸せの教室」。 トム・ハンクス&ジュリア・ロバーツであれば、奇怪な展開になろうはずもないし、雰囲気もガヤついていなくて、演技やキャラは定番。何も思い煩うことな...
映画『幸せの教室』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-42.幸せの教室■原題:Larry Crowne■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:98分■字幕:栗原とみ子■観賞日:5月20日、TOHOシネマズ渋谷 □監督・脚本・製作:トム・ハンクス□脚本:ニア・ヴァルダロス□製作:ゲイリー・ゴーツマン◆トム・ハンクス(...
「幸せの教室」 生き方を学ぶ (はらやんの映画徒然草)
劇場公開時に見逃していた一作。 それにしても最近「幸せのなんたら」って邦題の作品