仏教を楽しむ

仏教ライフを考えるコラムです。浄土真宗本願寺派僧侶

寄付金の開示の是非

2017年07月01日 | セレモニー
『中外日報』(29.6.)に“性的少数者の戒名は?”という記事が掲載されていました。


記事は、臨済宗妙心寺派で「本派人権擁護推進委員・教区人権擁護推進員合同研究会」を開かれ、その分科会で、“年忌法要の繰り出し表や寄付者・寄付金の開示の是非”“性的少数者の戒名に関し、戒名に性の区別が必要か”が協議されたという。

本願寺派では、法名の男女共通化はクリアーしているので問題ないが、“年忌法要の繰り出し表や寄付者・寄付金の開示の是非”の問題は、一部問題意識を持って協議さてれいる地区もありますが、これから問題となって行くことでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縁側カフェ | トップ | 寄付金の公表 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。