仏教を楽しむ

仏教ライフを考えるコラムです。浄土真宗本願寺派僧侶

抜けた髪を汚いと思う心理

2018年02月24日 | 苦しみは成長のとびら
一昨日の浮ケ谷幸代関連の本に『身体と境界の人類学』があります。

その本の中に

「目の前に自分の髪の毛が落ちていたら、なぜ汚いと思うのだろうか」「丁寧に手入れされている女性の爪は、ネイルアートを施していなくても、今日、美的鑑賞に堪える身体装飾の一つとなっている。ところが、切り落とされたその一部は鑑賞の対象とはならない。むしろ、一刻も早く目の前から除去すべきものとなる。それは、なぜなのだろうか。」
「唾液は口の中にあるとき、ほとんど意識されない。ところが、囗から吐かれた唾液は、たとえ自分の唾液であっても、大変汚いものに感じる」「耳垢は、鼻糞は、目やには、汗は、尿や便はどうだろうか。身体の中にあるうちは、自分の身体の一部であり、汚いとは感じない。それが身体の外部に出て、他人にそれを指摘されたり、自分でそれを意識したとき、汚く感じるのである。」

なぜかという問題を説いています。本に書かれた答えは次の通りです。

身体から離れたとき、それは微妙なものとなる。もはや自己の一部ではなく、かといって完全に「非自己」(集合非A)ということもできないような、あいまいな中間領域に位置することになる。あるべきところにないもの(集合Aと集合非Aとの境界に位置するもの)は、人に不安や落ち着きのなさを抱かせる。あるべきところ、あるべきものというように、それ以外の場所、それ以外のものとの区別は、私たちが「つつがなく(無病息災である、異状がない、無事である)」日常生活を送るうえで不可欠な認識の仕方なのである。けれども、身体から離れた身体の一部は、そうした「つつがない」日常を壊す(日常からはずれる)ものとして、あるべきところにないものとして、人々に認識される。だから、「汚い」「気持ち悪い」「居心地悪い」「不安」だと思われるのである。「つつがない」日常は、人やもの、概念の区別を前提とする「秩序」に支えられている。その秩序を壊すような人やものの存在は、私たちがふだん意識していない「境界」という観念を明るみに出す。


 秩序を乱すような事物のありように対する拒否感や嫌悪感は、社会を秩序化するための重要な要素となっている。見方をかえれば、私たちの穢れをめぐる行動とは、社会的な分類を混乱させたり、無効にしたりする観念、あるいは分類に当てはまらない「あいまいでどっちつかず」の人や事物、観念、状態を「拒否」「否定」「排除」しようとする反応に他ならないのである。(以上)

いかがしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正しい絶望のすすめ㉖

2018年02月23日 | 正しい絶望のすすめ
そののち念仏申すは、御たすけありたるありがたさありがたさと思ふこころをよろこびて、南無阿弥陀仏南無阿
陀仏と申すばかりなり。されば他力とは他のちからといふこころなり 『御一代聞書』蓮如上人

ありがといと思えるこころをよろこぶび、南無阿弥陀仏と称えられる今をよろこぶのです

「智度論」という論書の中に、次のような逸話があります。
ある出家者が托鉢して長者の家を訪ね、食を乞うた。
 長者は、口汚くののしって追い返した。しかし出家者は、その翌日も更にその翌日も、その長者の家を訪ねた。そのたびに悪態が続き、それから七年の時を経たという。

 ある朝、その日、たまたま長者が留守で、奥さんが顔を出した。「毎朝、わたしの家に托鉢して下さるご出家のあたたかい心を思うと、何か供養したいのですが、主人から堅く禁じられております。お恥ずかしゅうございますが、お引き取り下さい」と丁重に断った。
 僧が門を出たところで、帰宅してきた長者と顔を合わせた。僧は「今日は、たいへん尊いご供養を頂き、有り難うございました」と礼を言う。
 長者は「なに、供養を受けた。あれほど何も与えるなと言って置いたのに」と叫びながら家に入っていった。
 「何を与えたのだ」とただすと、何も供養していないとのこと。「出家者め、よくも嘘をついたな」と僧を追いかけ問いただすと、僧は「いえいえ、確かに頂きました」と静かに言う。「妻は何も与えていないと言っているぞ」「はい、品物ではございません。あたたかい尊い言葉を頂きました。今日まで七年間、わたしは毎日のようにあなたの家を訪ねました。そのたびに、いつも冷たい言葉で追い返されました。しかし今朝は、奥さまのあたたかい言葉にふれ、あまりに嬉しかったので、ついお礼を言ったのです。わたしがほしいものは品物ではなく、その尊い心です」。

 静かに聞いていた長者は「わかった」と言うと、家に帰り供養の品を持ってきた。「ご出家者よ、有り難う、冷たく追い返したわたしを、七年間も温かい心で見守ってくれて、おはずかしいことでした」と言って僧に供養した。
 この僧は、仏さまのはたらきをたとえたものです。ひとりの男のこころの中に、“尊い”という思いが起こった。その心を成就させるために、仏さまは、七年間の苦労を要したのです。 人ごとではありません。わたしたちが仏を礼拝し、仏さまのお言葉を喜ぶ身になるまでは、途方もない、仏さまのお育てと働きがあったと教典に説かれています。
 念仏を称え、合掌礼拝する。それは何かのためにではなく、それ自体として完結している行為です。そのことが思えるか思えないかが問題です。

 仏教では、分別の心を迷いの心だと説きます。ものごとを知ることは比較して知ることです。わたしはこの分別の領域から出ることはできません。ところが仏さまのお覚りの境地は、無分別です。ではわたしは、仏さまの無分別の世界や、その尊さをどのように知るのか。わたしには仏さまの尊崇な境地を知る智慧がないので知ることは不可能です。もし知ることが出きたとしたら、それは仏さまからの、はたらきかけがあったということです。無分別の境界である仏さまを尊いと思えることの中に、仏さまとの出遇いがあるのです。ありがといと思えるこころをよろこぶび、南無阿弥陀仏と称えられる今をよろこぶのです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サファリングの創造性

2018年02月22日 | 苦しみは成長のとびら
拙著に『苦しみは成長のとびら』という本があります。人は苦しみを通して、新しい価値観を手に入れるといったことを書いた本です。苦しみを通して成長するという概念をサファリングの創造というようです。サファリングとは、Sufferingと書き、〔精神・肉体的〕苦しみ、苦痛、悩みをいうようです。


県立の図書館から浮ヶ谷幸代さんの本を3冊借りてきました。その中に一冊に『苦悩とケアの人類学―サファリングは創造性の源泉になりうるか?』浮ヶ谷幸代編があります。

本の紹介には「生きる、老いる、病む、死ぬ――すべての人間の生に、サファリング(苦悩の経験)が伴っている。それを否定することなく、どう向き合い、生きぬくのか。国内外のフィールドから、苦悩の経験とケア実践のあり方を民族誌的に描き出す。」とあります。

その序章に次のようにあります。

本書では、サファリッグを抱えている人びともしくはコミュニティがサファリングに向き合うことで、サファリングに対処する術(生き方も含めて)が編み出され。またアイデンティティの組み直しがなされることを「ファリングの創造性」と位置づけている。(以上)

本の内容には、あまり関心が持てませんでしたが、私の「苦しみは成長にとびら」と「サファリングの創造性」は同じ概念のようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正しい絶望のすすめ㉕

2018年02月20日 | 正しい絶望のすすめ
三毒の煩悩はしばしばおこれども、まことの信心はかれにもさへられず『浄土真要鈔』存覚上人

*三毒―人の善心を害する貪欲(欲望)・瞋恚(いかり)・愚痴(おろかさ)の3種の煩悩。

阿弥陀仏の願いは、欲と怒りと愚痴に閉ざされている人を照らしだし、そのいのちに尊厳を見いだす力があります。

 芥川龍之介の『奉教人の死』という小説があります。まずはあらすじです。
 長崎の教会にある美少年がいた。彼は自身の素性を周囲に問われても、「故郷は天国、父は天主です」と笑って答えるのみだった。その信仰の固さは教会の長老も舌を巻くほどだった。ところが、彼をめぐって不義密通の噂が立つ。教会に通う傘屋の娘が、かの美少年に想いを寄せて色目を使うのみならず、彼と恋文を交わしているというのです。
 長老衆は苦々しげに美少年を問い詰めるが、彼は涙声で身の潔白を訴えるばかりだった。ほどなく、傘屋の娘が妊娠し、父親や長老の前で「腹の子の父親は、かの美少年だ」と告げる。かの美少年は姦淫の罪によって破門を宣告され、教会を追い出されてしまう。身寄りのない彼は乞食同然の姿で長崎の町を彷徨うことになったが、その境遇にあっても、他の信者から疎んじられようとも、教会へ足を運んで祈るのだった。
 一方、傘屋の娘は月満ちて、玉のような女の子を産む。
そんなある日、長崎の町が大火に見舞われる。傘屋の父親と娘は炎の中を辛くも逃げ出すが、一息ついたところで赤子を燃え上がる家に置きざりにしたことに気がつき半狂乱となる。そこにかの美少年が現れて、火の中に飛び込み赤子を救う。そして倒れて死ぬ。聴衆は、わが子ゆえといって同情する。しかし横たわる美少年の胸が放ていて、そこには乳房があった。(以上)
 いい話です。かの美少年は女であり、世間のあざけりを、あえて受けていたのです。神と共にあるという信仰は、災難がなくなることではなく、人からあざけりを受けようと、苦しみの中にわが身を置くことができる。自分を理解してくれている方がまします。それが自己を肯定する力となるのです。

 『奉教人の死』とそっくりな話が、白隠さんの逸話にあります。芥川龍之介は、白隠さんの逸話をモチーフにしたのかもしれません。
 白隠が住んでいた村の、ある娘が妊娠した。娘は聞かれても相手の名を明かさない。しかし娘の父親が執拗に聞き出そうとし、脅しつけたので、娘はそれから逃れようとして、それは白隠だと告げた。父親は子どもが生まれるとすぐに白隠の元へ連れて行って、「これはおまえの子供だ。」と言い、彼の禅師に渡す。そして悪口雑言を浴びせかけ、侮蔑とあざけりをまくし立てた。 黙って聞いていた白隠は、聞き終わるとただひと言、「おお、そうなのか?」とだけ言ってその子を腕に抱いた。白隠はその子を自分のボロボロの僧衣の袂にくるんで、どこへでも連れて歩いた。雨の日も嵐の夜も、雪の降る日も白隠は近所の家々を廻って、その子のための母乳を乞うて歩いた。 白隠には多くの弟子がいたが、その多くが「禅師は堕落してしまった」と思い、白隠の元を去った。しかし白隠はひと言も言わなかった。
 一方、母親である娘は、自分の子どもから離れている苦しみと悔恨の情から、とうとう子供の本当の父親の名を明かした。娘の父親は白隠の元へ駆けつけてひれ伏し、頭を地に擦りつけるようにして、繰り返し許しを乞うた。白隠は、「おお、そうなのか?」とだけ言って、娘の父親に子供を返した。(以上)
白隠さんの、人にあざけりを受けても動じない自己肯定感に開かれていたのでしょう。

 自分の思い通りになった中に、人は安心して自分を肯定できます。自分の思い通りにならない意に反する中で、自分を肯定していける道は、自分に立脚した依りどころではなく、どのような状況でも、見捨てることなく受け入れてくれる大きな存在が必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親鸞聖人のみあとを訪ねて 

2018年02月20日 | 都市開教
昨19日、築地本願寺で「恵信尼公750回忌記念行事・親鸞聖人のみあとを訪ねて 京都から居多ヶ浜、そして恵信尼の里へ
」実行委員会が開催されました。

■ 後   援 京都新聞社、福井新聞社、北國新聞社、北日本新聞社、仏教タイムス、
■ 期   間  2018(平成30年)4月14日(土)~5月27日(日)
■ 行   程 本山から居多ヶ浜、恵信尼の里まで、約406km・21区間

後   援 京都新聞社、福井新聞社、北國新聞社、北日本新聞社、仏教タイムス、

詳細は、下記ホームページにて

■ホームページ  http://miato.saiho-ji.org/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加