おばちゃんの映画と本の備忘録 

いつ何を読み
何を観たかの記録
+雑記


メアリと魔女の花

2017-07-17 05:46:33 | 映画 2017年
大叔母シャーロットの住む
赤い館村に引っ越してきた11歳のメアリ

森で不思議な花「夜間飛行」を見つけ
花の力で一夜だけの魔女の力を手に入れる

そしてほうきに導かれ
黒猫のティブと一緒に
魔法の世界へ降り立つ

そこは魔法の世界の最高学府エンドア大学

いつもは何をやってもドジなメアリが
ここではなんでも褒められた

そして入学を許可されるが
魔法の花のことがばれて
持っているのは
同じ村に住むピーターという男の子だと
とっさに嘘をついてしまったため
ピーターに被害が及ぶ

ピーターを助け出そうと奔走するメアリ

不思議な花の秘密

落ちこぼれ的女の子が
何かがあって一歩踏み出す勇気の大切さを知り
変わっていく

この一歩踏み出す勇気が
この映画のテーマらしい

千と千尋
マーニーもそんな感じだった


吹替え俳優さんたちが素晴らしくて
それだけでも見ごたえありという感じでしょうか

メアリ          杉咲花

ピーター         神木隆之介

マダム・マンブルチューク 天海祐希(エンドア大学の校長)

ドクター・デイ      小日向文世(エンドア大学の魔法科学者)

赤毛の謎の魔女      満島ひかり

フラナガン        佐藤二郎(エンドア大学のほうき小屋の番人)

ゼベディ         遠藤憲一(赤い館の庭師)

バンクス         渡辺えり(赤い館のお手伝いさん)

シャーロット       大竹しのぶ(メアリの大叔母 赤い館の主人)

 
吹替えはゼベディ遠藤憲一さんの声が良すぎるのか品がありすぎるのか?
違和感

大竹さんは大竹しのぶさん感が出すぎ
シャーロットではなく大竹さんが演じているよう

他の人はその人だってわかっても気にならないけど
なぜか大竹さんだけが大竹さんに聞こえてしまう

アニメ的には
シャーロット大叔母とゼベディの貧弱さが好きじゃない
大叔母もっと素敵だったらいいのに

ゼベディだって
変装用の眼鏡・鼻・ひげをつけてるみたい

(アニメ的にも声もこの2人だなあ)

それから
魔法科学で変身させられた動物たち
まるでポケモン

風や水の動き そのスピード感
諸動作の細かさは
しっかりジブリを引き継いでると思います


ジブリというブランドの肩書がなくなり
スタジオポノックの最初の作品

作成秘話みたいな放送を観たけれど
ジブリにはあったお説教シーンがないんだそうな

なるほど
遅く帰っても大叔母も叱らない
すべてメアリが自分で決めて行動していたっけ

全体的に
物足りないのは
登場人物が少ないから?

村の人とか
魔法大学の生徒の
存在感がない
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこかでベートーヴェン 中... | トップ | 我らがパラダイス 林真理子 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
メアリと魔女の花  監督/米林 宏昌 (西京極 紫の館)
【声の出演】  杉咲 花  (メアリ)  神木 隆之介(ピーター)  天海 祐希 (マダム・マンブルチューク)  小日向 文世(ドクター・デイ) 【ストーリー】 無邪気で不器用な......