おばちゃんの映画と本の備忘録 

いつ何を読み
何を観たかの記録
+雑記


思い出のマーニー

2014-07-31 07:40:21 | 映画
不幸な生い立ちから
心を閉ざしてしまった12歳の杏奈

親身に面倒を見る養母にも反発
持病のぜんそくの治療もあり
夏休みに札幌から
田舎の海辺に住む親せきの家に
やってくる

そこで杏奈は誰も住んでいないと言われている洋館で
金髪のマーニーという少女と仲良くなる

マーニーは実在するのか?
幻影なのか?
杏奈の心の中にだけ棲むのか?

マーニーの世界とは対照的な
明るい親戚のおじちゃんとおばちゃん

近所の子も
心を開かない杏奈を
冷たく突き放すことはなく

悪人はいたか?

マーニーの所の
ねえやとばあやがそれっぽいか?

その洋館に越してきた
彩香なる眼鏡の少女も
いいキャラクターしてる
声優は
Cook doでおなじみの
杉咲花さん


松嶋菜々子さんや黒木瞳さん
森山良子さんの声優ぶりも
楽しみにしていた

こんなに素敵に声優を演ずると
本職の声優さんはたまらないだろうなあ…

作成秘話で
トマトの色や水の冷たさの表現を見た
なるほど・・・

マーニーと杏奈の関係は
思わずほろり
なんとなく想像はできたけどネ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とっぴんぱらりの風太郎 万城目学

2014-07-21 06:53:02 | 
図書館で予約して
受け取った時はびっくり
こんな厚い本だとは思っていなかったので・・・

二週間で読めるか?
おもしろくなかったら途中でやめようと思っていたのに
ついつい最後まで読んでしまいました

ふうたろうではなく
ぷうたろうと読む

本題からして
明るくひょうきんな風太郎を想像していたのに
これも裏切られました
「とっぴんぱらりのぷう」って
民話の終わりに使うめでたしめでたし
という意味らしいが
これも裏切られたかなあ

両親を知らない風太郎
忍びの修行をしたが
そこからも追い出され・・・

必死に生きているようで
マイペース

秀吉の馬印 ひょうたんに命を与える
それの持つ不思議な力
翻弄される風太郎

戦いのシーンは
腕や頭を
切り落とされたりと
おどろおどろしい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マレフィセント

2014-07-15 09:26:35 | 映画
マレフィセントという言葉が
なかなか覚えられず
何を観たか聞かれると
眠りの森の美女ディズニー版と答えるおばさんです

なぜオーロラ姫は呪いをかけられることになったか?
原作とは違う展開に・・・

人間に裏切られ
邪悪な妖精と化したマレフィセント
しかし彼女は
常にオーロラ姫を見守る

そして真実の愛だけが
姫の呪いをとく・・・

アナと雪を観た後だけに
真実の愛がなんなのか
想像はつく

大事な大事な呪いをかけられた姫を
子育てもろくにできない妖精に預けるか?

城に閉じ込めておいた方が自然
それだと原作と同じになるから?

マレフィセントが見守るためには
これしかないか

吹き替えが誰か
調べて行ってよかった!!

妖精の声
知らないで聞いていたら
全然わからなかったと思う
すごい!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1Q84 Book2 村上春樹

2014-07-09 06:52:11 | 
1984年とは別の
月が二つ存在する1Q84の世界

そこに入り込んでしまった天吾と青豆

ゴーストライターと暗殺者という
闇の世界の仕事

宗教観
親子観
男女観

ネコの町
作者は誰だ?
原作を読みたいと思ったら
村上春樹氏自らの作・・・

音楽

拳銃

本当に緻密に書かれている

天吾とふかえりの関係は
あまり
気持ちのいいものではない
無理に性的表現を入れなくてもいいのに

小学校時代の些細な関わり
それをずっと心に秘めるって
ありえるか?

そこは理解に苦しむ

天吾の生い立ちの秘密は明かされるのか

天吾と青豆
二人は出会えるのか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加