おばちゃんの映画と本の備忘録 

いつ何を読み
何を観たかの記録
+雑記


天狗風 霊験お初捕物控 宮部みゆき

2010-09-15 10:18:07 | 
江戸の町
嫁に行くのが間近に迫っていた下駄屋の娘おあきが
かどわかしにあった

奉行所は犯人が
最後に娘を見て神隠しにあったと言っている父親の政吉であるとしたが
政吉はショックのあまり自害してしまう

奉行所の中の一人が
そんな事件に疑問を持ち
再調査をお初に頼んでくる

お初は岡っ引きの妹で
これまで他の人には見えないものが見えると言う
不思議な力を利用していくつかの事件を解決してきたのだった

この事件ももののけの仕業か??

お初と右京之介のコンビ
岡っ引きでお初の兄の六蔵
その妻で一膳飯屋「姉妹屋」を切り盛りするおよし
六蔵の下で働く文吉
「姉妹屋」の板前加吉
そして南町奉行所の奉行根岸肥前守
レギュラーはこんなところか?
そうそう右京之介の父 吟味方与力 古沢武左衛門もいた

美に執着するあまり
死んでからもなおこの世に災いを起こす
女って怖い!!

ユニークなのはしゃべる猫の鉄
いろんなものに化ける様が笑いを誘う・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰か 宮部みゆき

2010-09-09 19:36:26 | 
今多コンツェルン会長の運転手の事故死
自転車にぶつかられたための死

犯人はつかまらない

犯人が名乗り出てくれるよう
運転手の次女が父親の伝記本を出版したいと言い出す

それを手伝うのはこの本の主人公
コンツェルンの娘婿で
社内広報誌の編集を担当している杉村三郎

だが運転手の長女は大反対
彼女には幼いころの恐ろしい記憶があるからだった

大企業
その令嬢の自宅
夫婦と娘の仲のよい家族

そんな背景が飽きないで読んでいけた理由かも

結末は少しがっかり
最後まで悪い人が出てこなかったのに

男女のドロドロなど微塵も感じなかったストーリーなのに・・・

主人公が四歳の娘に読んであげていたスプーンおばさんを読んでみたくなった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星の塔 高橋克彦

2010-09-06 10:18:15 | 
昔から伝わる民話や言い伝えなどを基にしたホラー話が7話

「寝るなの座敷」
ザシキワラシ・・・

「花嫁」
愛し合っていた彼女にプロポーズしたら
突然行方不明に・・・
彼女を追って故郷を訪れたら
そこは特別な村だった!!

「子をとろ子とろ」
嬰児燻製が不老長寿の妙薬??

「蛍の女」
喫茶店に泥棒が入り
落書き帳が盗まれた
そこにはある暗号が記載されていた
ある呪われた村の隠された秘密・・・

「猫屋敷」
小説家の純一
彼の一族は猫だけは飼ってはいけないというしきたりがあった
それを知らずに猫を飼っていた純一は
自分の一族のことを調べるうちに恐ろしいことがわかってくる
そして危機に陥った彼を助けたのは??

「首継ぎ御寮」
千年前の祟りを恐れて守り通してきたのに
首継ぎ御寮を招いてしまった・・・
7話の中で一番恐ろしさを感じた
最後の方は映画でも観ているような~~

「星の塔」
村おこしに一役買った設計技師
今度は山奥のお屋敷の修理を依頼される
お迎えが来て連れて行かれたところは一面の霧
その中には八重の塔を中央にすばらしいお屋敷があった
そして屋敷の持ち主の絶世の美女!!
時の抜け道を潜って彼を迎えに来た??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加