暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

比較

2017-10-21 14:54:42 | Weblog
 比較

 『日本オリジナリティ』でインターネットで調べていたら。
 『アメリカの会社では、ググれカスとは言われない。質問をしたら、教えてくれる』という話が載っていたが。
 ググれカスというのは、普通の言論で言えば、『ネットで検索したら』という事だけれども。
 まあ、自分が知っている事だったら、『ググれカス』『ネットで検索したら』とは言わないよね。自分が知らない、良く分かっていない事だから、『ググれカス』『ネットで検索したら』という訳で。

 日本は比較優位論に基づいた、会社経営をしていない。アメリカ、欧米は、比較優位論に基づいた会社経営をしている。だから、知らない人は、知っている人に質問をしたら、答えが返ってくる。日本は、比較優位論に基づいた会社経営をしていないから。つまり、みんな同質が前提だから。ある人がある疑問を持ったとしても、それに答えられる賢い人はいない、と。

 同質であったら、自分が、それを知っているという事が分からない。その人達にとっては、それは、当たり前の事だから。

 『神との対話』に載っている話として。
 『ある所に、光があった。その光は、光の中では小さいものであった。ある時、その光が自分を知りたがったので、神は、「闇の中に行きなさい」と言った。そして、その小さな光は闇の中に行った。その光は言った。「神よ。なぜ、私を見捨てたのですか」。神は言う。「あなた方が、神の恩寵を失った事など、一度もないよ」』と。

 知らない人がいる事によって、自分が知っている事が分かる訳で。
 同質であれば、自分が、何者であるかについて、定義出来ない。

(続き)
 企業内保育所というのは、一つの回答だよね。
 日本は、『みんな平等』を実現しようとするが。
 シンガポールでは、高学歴の女性が子供を産むと優遇される、と。
 実際は、高学歴の人、女性ほど、出生率は低いが。

 『日本の出生率は欧米に比べて低い』と言われているが。
 日系アメリカ人の、物理学者の説明によれば、『日本の出生率は低いと言われているが。アメリカの、アメリカ生まれの人の出生率は、日本並み』と。つまり、移民の人の出生率が高い為に、アメリカの出生率が、日本よりも高くなっているだけである、と。
 今は、貧乏人の子沢山が、真実だから。
 
 アメリカでは、移民の人が、アメリカ在住権を持つ為には、子供を産む必要があるから。
 医療保険も、『子供がいない無職の大人が入れる医療保険はない』と言われているから。
 移民の人達にとっては、子供を産む事は、自分の生活を向上させる事になるから。

 テレビで、赤ん坊を背負って、接客をする、レストランが、紹介されていた。
 『飛行機に、赤ん坊を乗せるな』と主張する男性がいる。
 だけど。自分も、泣く子供であったはずなのに。
 同質を実現しようとするのは、危険だよね、と思う。

 高齢者を施設に入れて、幼児を保育所に入れたら、安心と。
 で、障がい者を施設に入れたら、安心と。
 “普通の大人”でない人達を施設に入れて、普通の大人から、目に見えない所に入れて、隠したら、安心と。
 それは、違うのではないかと思う。

 弱さを認める事。
 がんを理由に、仕事を辞めないで済むような社会を作る事。
 病人でも働けるような世の中にすること。
 
 『男性は働いて、女性は家庭を守る』というのも。
 私の、幼稚園の時の、出席を見たら、いっぱい休んでいるのだけれども。
 会社を休まない人達だけで、会社を維持すれば良い、という考えなのだよね。
 今の日本の考えというのは。
 休む人を受け入れられない、と。

 『総合職、一般職』というよりも、「あまり会社を休まない人、いっぱい会社を休む人」という分類にした方が良いと思うのだけれども。
 で、今の日本の会社というのは、いっぱい会社を休む人を受け入れられない、と。
 
(続き)
 ええっと。
 『神との対話』の本の中で、神は、『自分で考えて、自分で判断するって。お前は何様のつもりなのだと言われるかも知れない。そう、何様だという質問に答える事になる』と言っているが。それは、そう簡単な問題ではない。自分が何を信じているかさえも(?)簡単には、分からないのだから。

 結局の所、自分が、何の話を書いているのかさえも(?)分からなくなってくる。
 で。
 他者に言う事を正しいと信じた方が簡単だ。自分が正しいと信じられるから。
 でも、自分で考えて自分で判断していると、自分の意見、考えが正しいのかについて、「分からない」ということで。

 女性の社会進出問題について、言われるが。
 マスコミ的に、正しいとされている考えが、正しいのかについて、判断が出来ない。疑っている訳だけれども。
 でも、その疑問は、ある訳で。
 社会的に私の疑問が、正しいと認められるかは、別として。

 『正しさ』『正しい、正しい』『正しさを追い求める事』が、果たして『正しい』事なのか。
 その疑問がある。
 障がい者を閉じ込め、介護が必要な高齢者を閉じ込め、乳幼児を閉じ込め、乳幼児を持つ母親を、家庭に閉じ込める。その事が、正しい事なのか。
 でも、それをやってきた、目指してきたのが、今までの社会のあり方な訳で。

 弱さを認められない。
 完全な人間だけしか認められない。
 それで良いの?と思う。

 正義が胡散臭いのは、正しい人しか認めないからで。
 本当は、過ちを含まないといけないのに。
 神は全てを含む集合だから、悪魔も含まないと神にはならないのに。
 「失敗を認める社会を」と思う。
 『成功しか受け入れらないのだ』というのではなくて、と。

(続き)
 良く分からないけれども。
 「世界の不完全さを愛せたら」と思う。
 『完全ではないから、愛せないのだ』というのではなくて。
 
(続き)
 『どこにでも存在するものは、存在を認識出来ない』と、物理学の研究でも言われているが。
 存在しないものがある事によって、存在する事が分かる、と。
 だから、否定的に見えるものを、歓迎しないと。
 出来ない人がいる事によって、自分にそれが出来る事が分かるのだから。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それが禅問答と

2017-10-21 14:53:28 | Weblog
 それが禅問答と分かっていれば

 2ちゃんねるのまとめサイトのまとめの記事で、『大学の先生に、水の温度を、温度計使わないで、測る方法を、考えろと言われた』という話が載っていた。
 「どうやってするのだろう」と思っていたら。
 『蒸発量で、分かるだろう。馬鹿』とか(コメントで)書いてあったが。
 「蒸発量は、どうやったら、分かるのだろう」と思っていたら。
 最終的な(コメントでの)意見は、『道具を使う事なしには、不可能でしょう』だった。
 私も、無理だと思う。考えたけれども、思いつかない。
 「理系の学部で、大学の先生が、禅問答を教えるのか」とか言ってはいけない。
 でも、これは、禅問答だと思う。答えがない質問なのだから。

 高野山で、修業するなんて、本当の修業ではないような気がするのだけれども。
 
 まあ、無駄な苦労をする必要はないよね。
 空腹に耐えた所で、あまり、霊的進化には、ならないと思う。
 必要な苦労をしないと。

 フリーランスの人に対する、悪口みたいなものはあるのだけれども。
 一人でする、苦労なんて、大した苦労ではないと思う。
 フリーランスの人達が、老後(もっと、若い場合もある)に苦労するのは、サラリーマンの人達が、している苦労をしていないからだ、と言えると思う。
 
(続き)
 『社会の中で、心身の健康を目指す』の話だけれども。
 比較優位論について、悪魔の理論かと思った。
 それによって、どんなに何でも出来る人でも、人と一緒に働かないといけない事が、証明されたということだから。
 比較優位論というのは、『アインシュタインは、論文を書く能力が80ありました。資料集めをする能力が60でした。別のある人は、論文を書く能力が10で、資料集めをする能力が20です。この時、アインシュタインが論文を書いて、別のある人が資料集めをすることが、最も、社会的利益がある方法です』という話なのだけれども。
 つまり、何でも出来る人でも、人と一緒に働かないといけない事が、証明された、ということで。
 だから、一人で家で働く、フリーランスの人達が、不幸な結果になるのは、比較優位論からして、当然である、ということで。
 自分だけで、何もかもしようとしても、上手くはいかないと。
 全ての人は、人それぞれの欠点があるのだからして。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感情

2017-10-21 14:52:32 | Weblog
 感情

 大勢の人達、ほとんど全ての人達は、嬉しくて喜ぶ所は、人に見られても良い、見せたがるが、辛くて、泣いている所は、人に見られたくない、隠そうとする、と。
 で、大勢の人達は、自分が辛くて、泣いた事は覚えていても、人が辛くて泣いている所は、覚えていない、知らない、と。

 警察官として、採用された人が、訓練期間中に、同僚にいじめを受けたか知らないが、で、採用されて3カ月で、自殺したら、ニュースになる。だけど、体育会系の訓練に嫌になって、採用されて、3カ月で、辞めた人の話は、ニュースにならない。
 だけど、本当は、自殺する人よりも、辞める人の方が、偉い人間のはずなのに。
 だけど、大勢の人は、採用されて3カ月で、辞める偉大さについては、語らない。で、採用されて3カ月で自殺する人の偉大さについて、語る、と。

 ノーベル賞を取った、統合失調症になった人で、(ノーベル賞は、統合失調症になる前の実績)その人に対する、解説文が、『病気になる前は、人を人と思わない所があったが、病気になって、丸くなり』と。
 ある漫画家の人の、『お嬢様』の定義は、『一生幸せな人』らしいが。多分、一生幸せな人は、いないと思う。
 全ての人の、人生には何か、不幸を感じる事が、起こるのだからして。

 成功だけだったら、多分、傲慢になると思う。
 泣く経験をするから、色んな人の見方を知る事が出来るのであり、と。

 スポーツを一生懸命頑張る価値は、負けて、泣く経験が出来るから、と言えるのであり、と。
 真剣にやっているから、泣けるのであり。適当にやっていては、泣けない。
 
 『社会の中で、心身の健康を目指す』と書いている人がいるが。
 スピリチャル系のセミナーで、霊的進化が望めないのは、自分の事を、偉い人間だと思うからで。
 本当は、辛い思いをすることによって、霊的進化が実現するであろうに。
 楽しいだけでは、霊的進化にはならないと。

 オリジナリティ(独自性)って何だろう。
 結局、他人から、『下らない事』と言われていた事に、価値があるのかも知れないのであり。
 世間的に素晴らしいと言われる事は、本当の道ではないような気がするのだけれども。
 大抵の場合、辛くて泣く経験から、本当の価値、自分の人生の目的があるのであり。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本が崩壊する

2017-10-21 14:50:10 | Weblog
 いつまで、『このままでは、日本は崩壊する』というのかな、と思う。

 今日(10月16日)のヤフーのトップページの記事で、『アメリカの電気自動車会社、テスラが、中間管理職など、約400人を解雇した』というのがあったが。
 みんなのコメントを見ている限りでは、この会社のせいで、『これから、車は電気自動車になるから、トヨタは、倒産する』という、話が出ていたらしい、ということで。
 まあ、元々、「何で、電気自動車になったら、トヨタがつぶれるのか。そのロジック(論理)が全然分からない。トヨタが、電気自動車を作れば良いだけではないか」と思っていたが。

 新しいもの好きも、大概にしないといけないと思う。
 一番良いのは、みんなが買ってから、買う事だと思う。
 そしたら、安いし。
 普及してから、買うのが、一番、安く、性能の良いものが手に入る、ということで。

 あるブログのコメント欄で、『プリウス(ハイブリッド車)を買う、爺婆(じじばば)』という文を見たが。
 まあ、金のある人が、プリウスを買うのは、良いと思うよ。消費も、一つの投票だから。
 でも、お金ない人が、プリウスを買うのは、間違っているのではないかと思う、ということで。
 普及してから、普及したものを、買っても良いはずなのに。

 日本人は、ずっと昔から、『このままでは日本はつぶれる』と言っているよね。
 トヨタがつぶれるなら、輸入車に対する関税を引き下げた時に、倒産していないとおかしいはずなのだが。
 
 普及は日本が、早い。
 生殖医療も、日本が一番多いし。iPhoneも日本が一番多い。
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やるときは

2017-10-21 14:47:47 | Weblog
 やるときは、世界を見なければならない。

 大艦巨砲主義で、『(自動運転技術に関して)国土交通省が、高速道路などを自動走行する際、ドライバーがハンドルから65秒以上手を話すと手動運転に切り替える仕込みを搭載することを義務付けた』という記事があったが。

 最初見た時、「反対じゃないのか」と思った。
 SFでは、運転者が意識なくなったら、路肩に止めるような技術が言われているよね。
 
 『これで、日本は、自動運転技術は出来なくなるよね』というのが、大勢の人のコメントだったけれども。
 何で、こんな事をするのだろうか。

 ガラパゴス携帯自体は、否定的なものではないと思うけれども。
 日本の携帯の規格を、世界の他の先進国と違ったものにした事については、批判されるべきであると思う。
 何で、日本が、競争に負ける事が、前提なのであろうか、と。
 
 小さく考える事を、正しい事だと言っている人達が大勢いる。
 本当は、大きく、遠くを見ないといけないのに。
 SF技術の実現が、目標にすべき事ではないのか、と。

(続き)
 日本って、変な弱者意識があって。『世界的競争に負けるに違いない』と思って言うよね。
 そんな事はないのに。

 で、『弱者が善だ』という。
 それは、「間違っている」と思うのに。
 本当は、日本が、日本人が世界を救えるはずなのに。それは、言わない、ということで。
 人を救える強者になる事が、善なのに。

 宮沢賢治の『雨にも負けず』の詩で、『あらゆる事に自分を勘定に入れずに』というのがあるが。
 自分を勘定に入れて良いと思う。自分が幸福でなかったら、人に迷惑が掛かるのだから。
 他者を救う為には、まず、自分が幸福でなければならない。
 
 まず、大きい目標を持とう。そしたら、小さな問題は解決するのだからして。
 色々考えても、全ての問題は解決しないかも知れない。でも、一つの問題が解決しないよりも、良い世界になっているであろう、ということで。
 自分に与える事によって、他者にも与える事が出来る。
 だからと言って、『私の持っているものを他者に渡してたまるか』という必要はないが。
 だけど。『自分の持っていないものを、他者に与える事は出来ない』から。
 自分に与える事を軽視してはならない、と。
 
 ある、NGO団体をやっている人の主張によれば。『100%の愛はいらない。1%の愛で十分です』と。
 収入の、全部を募金する必要はないが。収入の1%を募金するだけで、十分な愛情なのに。
 アメリカでは、『収入の1割』とかいうが。いずれにしても、収入の全てではない、ということで。
 自分が持っているものの、1%を与えるだけでも、完全な愛なのに。

 まず、自分が賢くなろう。そしたら、他者に知恵を与える事が出来るのだから。
 何で、自分の価値を過少評価するのだろう。自分には、そんな事出来ないというのだろうか、と思う。本当は、出来るのに。

 日本から、天国を発信する事。
 なぜ、それを否定するのだろう。
 私達の国は、天国を実現しています、と言わないのだろう。
 なぜ、自分達の能力を過少評価するのだろう。

 書きたい話はある。

 東南アジアの、発展途上国に、日本が、水道設備を作った。で、水道の供給会社は、フランス企業だ、と。
 
 別に、それは良いのです。だけど。

 ある、欧米のNGO団体の人達は、中南米のある国で、水道供給を、先進国の企業がやっている事を批判していた。
 でも、発展途上国の自治体に水道供給をさせると、設備の維持が出来なくて、雨が降ったら、水道が供給されなくなる、と。
 雨水(泥水)を、水道管が吸収してしまうかららしい。
 で、ちゃんと、水道設備の維持をしようと思ったら、高い値段が掛かる、先進国の企業に任せるしかない、と。

 日本のODAはある意味、作ったら終わりで、後の、維持管理の事を考えていない、とも言える。だけど、それは日本政府の問題ではなくて。普通の建物だって、新築に掛かる費用は大勢の人達が喜んで出すが。維持管理に掛かるお金は、ほとんどの人が、忘れている、ということで。

 水道の料金の値上げの事を言ったら、文句を言う人がいた、という話がある。
 細菌を発生させない、設備を作る為に、必要なコストなのに、と。
 大勢の人が、維持管理に掛かるコスト、費用は忘れているから、『設備は、日本が作ったのに、何で、水の供給だけで、こんなに高い値段が掛かるのだ』と大勢の発展途上国の人達は思ってしまう、と。で、高い水道料金を、受け入れられない、と。
 で、高い水道料金を受け入れさせる口実として、『フランス企業が供給している』というのが、必要である、と。つまり、憎まれ役が必要で。それは、発展途上国の自治体には、出来ない、と。

 日本人は、『出来て当たり前』という考えがある。
 だけど、『中国企業が作った橋が壊れた』とか、『韓国企業が作った橋が壊れた』という話を読むと。日本人とか、他の欧米の先進国の国の人達が、『当たり前』『出来て当たり前』と思っている、信じている事が、当たり前ではない事が分かる、ということで。

 水道水が飲めるのは、日本ぐらいと言われているしね。
 飲める水道水を作ろうと思ったら、維持管理費は掛かる、と。
 雨が降ったら、泥水が流れてくるような、水道で果たしていいのかどうか。
 そこが問題である、ということで。

 発展途上国だからと言って、安い値段で、供給出来る訳ではない。
 むしろ、高い値段が掛かる事も多い。
 自国で作れないものは、先進国の価格より、高くなる、と。輸入しないといけない訳だから。

 今、『発展途上国で、リタイア生活』が否定されてきている。
 食べ物は、日本の方がおいしい。
 住居費だって、日本の中堅都市と、発展途上国の、日本人が住みたいような場所とでは、家賃は、あまり変わらないかもしれない、と。
 日本の住居費が安くなっているから。

 『発展途上国で働く』のも、貧困呼ばわりされている、らしい。
 日本の中堅都市で、車が必要ではない、最低賃金の仕事についた方が、豊かな生活が送れる、と。
 親の葬式にも、出やすいしね。

(続き)
 世の中、あまり、客観的ではなくて。感情的問題が大きい。
 日本で、長い間、旅客機が作られなかったのは、飛行機が落ちた時に、責任追及されるのが、嫌だという理由だと思っているが。
 アメリカの企業が作った飛行機だったら、『アメリカの会社は、回答をしません』で済むけれども。日本の企業が作った旅客機だったら、その旅客機を作った人達が、責任を追及されるから、ということで。

 月への人類着陸を目指した、アポロ計画だって、死者いっぱい出ているのになあ、と思う。
 日本人にはそれが耐えられないから、人が死ぬかも知れない行為は出来ない、と。
 だから、日本の製薬会社は、世界的には、ダメで、新薬も欧米諸国よりも、後で、発売されると。死者が出たら、大騒ぎになるから。

(続き)
 私は、発展途上国の人達の事を、『心優しい人達である』というのを、否定しているけれども。「本当に心優しくて、働くのが好きな人達なのならば、豊かになれるはずである」ということで。
 それが、インチキマスコミの人達、インチキ左翼の文学者の人達と、意見が、全然一致しない所なのだけれども。
 本当に心優しい人達は、先進国の金持ちの人達である、ということで。

 『貧しかったら、善だ』というのがある。
 だけど。本当は、豊かさを感じている人達が、善なのである、と。
 豊かさを感じていないのであれば、それは、見るべきものがある、ということで。
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加