暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

高次元の情報

2016-12-08 19:46:42 | Weblog
 多分、高次元からの、情報が、降りて来やすくなってきているのだと思う。

 『銀河鉄道の夜』プラネタリウムで放映していたものの、DVDを、今のパソコンで、昨日、初めてみたが。
 「こんなに、きれいな、映像のDVDだったのか」と思った。
 多分、今まで見ていた、テレビと、パソコンの画質が悪かったのだと思うが。

 それで、こんな映像を生み出す元となった、「宮沢賢治さんは、偉大である」と思ったのだけれども。

 でも、宮沢賢治さん自体は、貧乏だったと思う。
 教師の仕事をしていたというし。『雨にも負けず』の原稿も、亡くなった後に、残された手帳から、発見された人だから。おそらく、寡作で、作家としては、全然、儲かっていなかったのではないかと思う。
 あの頃は、教師は、全然お金もらえていなかったらしいし、と。
 『銀河鉄道の夜』も、最終原稿は、出来上がっていないはずである。つまり、何回も、何回も、原稿を書き直したりしたりしている、作品である、ということで。
 (ネットで調べた所によれば、『銀河鉄道の夜』の世間への発表は、宮沢賢治さんの死後であったと書いてある。)

 何の話を書いているのか。

 色々話はある。でも、高次元からの、情報を、現世の個人に、落としやすく(ダウンロード)しやすく、なっているような気がする。

 昔なら、一生懸命考えないと、思いつかなかった、アイデアが。簡単に、現世に引っ張って来ることが出来るように、なっている気がする。

 おそらく、科学の発展も、それが、原因で、起こっているような気がする。
 高次元からの情報を、簡単に、落とせる、ダウンロード出来るようになっているから、科学技術的発展が急速に起きてきているような気がするのだけれども。
 うーん。

 個人的、見解です。個人的、見解です。
 でも、そのうち、それが、正しい答えで、あった事が、分かるような、時代がすぐそこまで、後、10年ぐらいで、来そうな気がするのだよね。
 うーん。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何でも、かんでも

2016-12-07 19:50:25 | Weblog
 霊能者に、お金出して、会いに言って。『今の彼と結婚して良いか、教えてください』とかいう質問をする人達がいるらしいのだけれども。
 「何でも、かんでも、上手く行く方法はないよ」と言うしかないと思う。
 キリスト教の結婚式の言葉は、『病める時も、健やかなる時も、共にいることを誓いますか』なのである。
 相手の欠点も、含めて、受け入れる覚悟なしに、結婚は出来ない。
 結婚して、相手の欠点に、キーキー言うなら、「結婚なんて、止めろ」と言いたい。

 『年収1000万の男性と結婚したい』という馬鹿人間、じゃなかった、馬鹿女性がいる。
 誰にとっても、素晴らしい人間であれば、男性であれば、か、婚活で、結婚しようとは、思わないであろう、と。
 なんや、かんや言っても。婚活している時点で、売れ残りなのである。
 本当に、誰にとっても、素晴らしい人間であれば、婚活で、結婚しようと思わないであろう、と。
 『年収1000万の男性と結婚したい』とかいう、馬鹿人間、馬鹿女性は、その事について、全然、分かっていない、ということで。

 『今まで、恋愛はなかったのですけれども』と言いながら、婚活で、『良い男性を紹介してくれない』とか書いていた人がいたが。
 普通に、かわいかったら、本人が、恋愛が、好きな人間でなかったとしても、『つきあって』という人は、出てくるはずである。今まで、『恋愛イベントがない』事自体が、別に、かわいい人間な訳ではないことを、証明している、と思う、のだが。
 理解しない、理解したくない、という人達が、大勢いるみたいで、と。

 何で、そんなに、自信家なのだ? 理由は、私には、良く分かりません。

 みんな、『何でもかんでも上手く行く方法を教えてください』というのだよね。
 
 『安直に、馬鹿でも、投資で、儲ける方法を教えてください』という人達がいて。
 「そんな方法はない」。「ノーベル経済学賞を取った人を雇った事をうたい文句にした、投資会社でも、投資に失敗して、破綻した、と言われているのに、そんな話はない」というしかないのだけれども。
 『安直に、馬鹿でも、投資で、儲ける方法』を知りたがる人達が、大勢いる、ということで。

 新卒でも、ないし、高学歴でもない、ブランクのある女性が、『正社員の事務の仕事を希望』とか言っても、無理に決まっている。
 でも、『それは、無理です』とは、おそらく、金もらって、相談に乗っているとか称する、霊能者とやらは、言わないであろう、と。

 質問があるなら。Yahoo知恵袋か、教えてgooかは、知らないが。そこで、聞けば良い。でも、そこで聞かないで、金払った、霊能者のみならず、の人に質問する人達というのは、『自分にとって、都合の良いだけの意見』を聞きたいだけの人達なのだろう、と思う。

 これは、霊能者だけの話ではなくて。投資の話でも、聞いた事がある。『ラットレースから抜け出す、つまり、利息収入だけで、生活していけるような、資金を得られる方法を教えてください』という質問を、金払った個人に質問した、という話(ネットで)を読んだ事がある。
 Yahoo知恵袋や、教えてgooなら、間違いなく、『そんな方法はない。あったとしたら、ただの詐欺です』という回答がつくであろう。
 でも、お金払って、(個人的に)聞く人は、その不都合な意見を聞ききたくないと思っているから、そうするのである、ということで。

 自分にとって、都合の良い意見しか、聞きたくないのだ、という主張の人達は、結局、失敗する。でも、自分が、なぜ、失敗するのか、分かっていないみたい。で、『私は、不幸な人間なのである』と言う、ということで。
 「お前が悪いのだろう」と思うのだけれども。彼ら、彼女らは、理解しないということで。で、自分の不幸を他人のせいにし、自分の不幸を嘆く、ということで。

 「人に迷惑が掛かる馬鹿は嫌い」。

 無知は、全然、問題ないのだけれども。自分を『馬鹿である』と知らない、馬鹿は、嫌い、ということで。
 馬鹿なら、馬鹿で、『私は、馬鹿なのです』と笑っておけば良いのに、と思う。そしたら、世の中の役に立つであろうのに、と。

 なんか気に入らない。
 だから、質問があるなら、金払った人に聞くのではなくて。Yahoo知恵袋か、教えてgooとかで聞け、って。
 私は、そう思うのだれども。
 そうしたら、自分にとって、不都合な部分も含めた、真実について、知る事が出来るであろう、ということで。

 教えてgooは、好きです。回答に、ユーモアのセンスがあるような気がする。
 これ読んでいると、新聞の回答とかは、くだらなく思える。
 だって、『アホ、馬鹿』という回答は、新聞では、絶対に、載らないから、ということで。
 やっぱり、新聞社としての、遠慮があるのだよね。
 Yahoo知恵袋とか、教えてgooの回答者には、そういう遠慮がないから。多分、面白いのだと思う。複数の人達の意見が読めるしね。新聞だと、回答する人は、一人だけれども。
 この世は、相対性の世界なのだから。複数の回答がつく、yahoo知恵袋とか、教えてgooの回答の方が、回答者が一人しかいない、新聞の回答よりも、面白くて、ためになるのは、当然のことだと思う。

 唯一の人間に話を聞かないで。普通の一般人の大勢の人に、話を聞けば良いのに、と。
 唯一の人間に、『何でも、かんでも、上手く行く方法』を聞く方が、間違っている。
 自分にとって、不都合な意見も、受け入れなさい、と。
 私は、そう思うのだけれども。

 『人間が嫌い』。単に、『人間は批判するから嫌い』なのだと思う。
 「都合の良い意見だけを聞く事は出来ないよ」と思うのだけれども。
 それを、受けいれられない、受け入れたくない人達が、大勢いるみたいで、と。
 で、その人達は、『自分が悪いのだ』という真実を受け入れずに、自分の不幸を嘆き、自分の不幸を他人のせいにする、ということで。
 うんざりする。
 彼ら、彼女らが、お金をぼられ、不幸な目にあったとしても。自業自得だと思う。
 自分の罪は、自分で刈り取る事になるのだから、と。

 『自分にとって、不都合な意見を聞きたくない』というのは、大きな罪なのである。
 誰も言わなかったとしても。(現実として起こる)世界がそれを証明している、ということで。

 なんや、かんやいっても。「宇宙の法則には、誰も逆らう事が出来ない」。
 表面的、倫理観を口にする人達は多い。
 でも、浮気が本当に、大勢の人達から、非難されるほどの罪かについて、私は、分からないと答えるしかないと思う。
 でも、『自分にとって、都合の良い意見しか聞きたくないのだ』という考えは、宇宙の法則として、必ず、罰を受ける、ということで。
 それは、私には、分かっている事だから、ということで。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当の賢明さ

2016-12-07 19:49:01 | Weblog
 生命保険の問題で。『バブルの頃までに、契約した、保険は、お宝保険と呼ばれている。(予定利率が高い)。で、その事を知らないで、「新しい特約をつけませんか」という話に乗って、今気がついたら、前の保険は取り消され、新たな保険を契約した形になっていた。あの頃は、ネットがなかったから、調べる事が出来なかった』という文書を、最近読んだが。

 んー。ネットうんぬんの問題ではないと思う。
 だって、ネットがあったとして。『それは、調べるべき話である』というのが、思いつかなかったら、ネットがあっても、無意味だし、と。
 バブルが崩壊した以降に、バブル前に契約した生命保険を、解約させて、新たな(予定利率の低い)保険に加入させる事を、保険会社がやろうとしている、という話は、バブルが崩壊したあたりの頃に、新聞で(私は)読んだ。
 まあ、普通に考えて、「今更、その話?」とは思うよな。
 「もっと、早くに気がつけよ」と。

 プラットホームというのじゃなかったっけ。駅のホーム。
 個別知、つまり、ネット情報とかも、意味があるのかも知れないけれども。
 集合知、新聞とか、テレビとか、ネットで言えば、yahooのトップページの情報は無視出来ない。
 『ネットがあるから、本屋は不要だ』という訳ではなくて。本屋には、本屋の価値がある、ということで。
 

 本当に、価値のある情報って、何なのだろうか、と思う。

 ハローワーク行ったら、『事務の正社員の希望なのですか』と言われたという話を書いていた人がいたが。
 んー。普通、困惑するよね。30代(かは知らないが)の、何年も、無職だった、主婦が、『事務の正社員希望』とか言われたら。(ちなみに、学歴も低いらしい)。
 んー。「そんなのは、実現不可能だよ」って。

 「変えられる事と、変えられないことを区別出来る英知が必要である」と。
 変えられない事を、一生懸命、変えようとしても、無駄である。
 でも、変えられない事と、変えられる事の区別がついていない人が大勢いる、ということで。

 見かけだけ見て、『高収入の男性と結婚したい』とか。『高学歴の男性と結婚したい』という人達が大勢いるけれども。
 そういう問題ではないと思うのだが。

 「変えられる事と、変えられない事を、区別出来る、英知が必要である」と。
 変えられない事を、一生懸命、やろうとしても、無駄である、と。
 みんなが、ドアを叩けば、自分の希望が叶う訳ではない。
 ”需要と供給”の話があるから。
 駄目なら、駄目で、「これは、実現するのが、難しい事なのである」と判断する、能力が必要である、と。
 それが、難しい事に気がつかない、知らないで、ドアを叩き続けても、失敗する。そして、失望する。でも、初めから、「これは、困難な事なのである」と知っていたら、別の道を行こうと考えるかも知れないし。上手く行かなかったとしても、そんなに、傷つかないかも知れない、ということで。
 「これは、難しい事なのだ」という事を知る事は、重要な知恵、英知である、ということで。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由意志

2016-12-07 19:47:27 | Weblog
 『未来は決まっている』と主張する人(自称霊能者)がいるらしい、と。
 でも、人間には、自由意志があるから。
 そういう主張をする人達は、人間の自由意志が信じられないというよりも、『自分の自由意志』が信じていないのだと思う。自分の自由意志を信じていれば、自然に、人間の自由意志も信じるようになるであろうので、と。

 前回のコズミックフロントで、ハッブルの事をやっていた。
 努力と根性である。
 宇宙研究者って、もっと、スマート(頭脳を生かしてという意味)に仕事をしているのかと思っていた。
 でも、ハッブルは、努力と根性である。
 『天候が悪く、普通の研究者なら、あきらめるような天候でした』。
 ずーっと、望遠鏡を見ていたから、銀河の中にある、変光星に気づいたということで。
 ずっとみていない、(正当派の?)研究者には、気づかない事に、気づいたということで。

 『道あるところに道は通ず』とか、『複雑系』とか『バタフライ効果』とか。
 本当に、フィリピンあたりで、羽ばたいた、一匹の蝶の羽ばたきが、アメリカのハリケーンとなって、現れるのかは、分からないが。
 ほんのごくわずかな初期値の違いが、結果に大きな影響を与える、数式があることは、信じます。
 
 『投資』の問題について、考えていて。『投資』というのが、未来予測であることが、分かった。そりゃ、『ノーベル経済学賞を取った人を雇った事をうたい文句にした、投資会社が、投資に失敗し、破綻』するよ。
 だって、完全な未来予測なんて、不可能だもの。
 人間の自由意志があるから。
 努力と根性が、誰もが、『そんなの無理』と言うことを、覆す事が出来る。
 ハッブルの例で言えば。『銀河に変光星を発見する事によって、私達が望遠鏡で見る事が出来る、銀河が、この私達の銀河の外にあることが分かった』。
 でも、それを、事前に、予測可能かと言えば。予測不可能である、と。
 努力と根性を惜しまない人がいれば、予測を覆す事は、可能である、ということで。

 『未来は決まっている』という人達は、自分の意志というものを信じていない。
 で、上手く行かなかったら、『これは、運命で決まっていたことなのだ』と言う、思う、と。
 でも、努力と根性がある人は、意地でも、それを実現しようとする。
 そして、そういう人達が、世界を変えてきた、ということで。

 何でも、”意志”がなければ、始まらない。
 「好奇心って、生まれながらに、誰にでも備わっているものかと思っていたが」。
 どうも、そうではないらしい、と。

 意志が重要なのだ。意志こそが、世界の全てを変える、ということで。
 そして、完全な未来予知など不可能なのだ。
 なぜなら、人間には、努力と根性を惜しまない人達が、大勢いるからである、と。いうことで。

 あなただって、『努力と根性を惜しまなければ』世界を変える事が出来る。
 それだけの話だと思うのだけれども。

 結局の所、”意志”が重要なのだ。
 ”意志”こそが、世界の全てを変える、と。
 だから、完全な未来余地は、不可能。
 なぜなら、人間には、努力と根性を惜しまない人達が、大勢いるから、ということで。

 『自由意志を信じない』と言うことは。
 多分、他人の意志に、されるがままの“私”になっていると言うことを、信じているからだと思う。

 『愚痴を聞いて欲しい』という人達が、結局、駄目なのは。それには、『愚痴を聞いてくれる、他人』がいないと、成立しないからである、と。
 『愚痴を聞いてくれる』他人を望まず、自分の意志を信じたら、あなたの周りの世界も変わるであろうのに、と。
 それが出来ない人達が大勢いるのだよね、と。
 で、その人達は、『未来は決まっている』とかいう、自称霊能者の人達の言うことを信じるということで。まあ、自称霊能者の人達も、それを信じているから、そういうのだろうけれども。つまりそれは、『私には、自由意志などない』と宣言しているのと同じ事だけども。

(ここまで書いて)
 
 現実問題として。「反対されたぐらいで、止める、あきらめる事なんて、(あなたにとって)大して、やりたい事ではなかったのでしょう」と思う。
 反対されてでも、やりたい事が、やりたい事が、本当にやりたい事なのだ。
 「反対されたぐらいで、あきらめるなんて、それは別に、あなたにとって、本当にやりたいことではなかったということでしょう」と思う。

 声優学校に行く馬鹿がいる。馬鹿と言っても良いと思うのだけれども。マスコミの人達は、言わないが。
 でも、その人達は、多分、勉強が苦手で、その中で、一番、まだ、自分に出来そうな事が、声優になる事なのだと思う。

 『デザインの仕事をしたいのだ』と言っているのに、私から見て、全然、デザインの才能がないように見える人がいる。ちょっと思うのは、「私の方が、デザインの才能がありそうな、気がする」ということだが。
 他人から見て、『全然、デザインの才能があるように見えなくても』本人にとっては、自分にもっとも、得意に見える、思えるのは、『デザインの話』なのである、と。
 自分にとって、もっとも得意に見える話でも、他人にとっては、全然能力がないように見えるのは、悲しいねと思う。

 『未来は決まっている』という話は分からない、信じられない、信じないが。
 『自分の自由意志なんて、ないのだ』と信じている人達が、存在する事は分かる。
 その人達は、おそらく、自分の自由意志はあっても。その人達の、能力というものが、他人から見て、『全然あるように見えない』のだと思う。

 外側の人達によって、自分の人生や選択が決まっていると思って、信じている人達なのだと思う。
 で、彼らは、単に、『他人から見て、能力があるように見えない』人達なのだと思う。

 「悲しい話だな」と思う。
 「自分の自由意志が信じられないなんて」と。

追記
 ここまで、書き終わって。私には、『なぜ、(他)人が、そういう事を言うのかについて理解する』能力があることが、分かった。
 私にとっては、子供の頃から、その能力はあって。
 だから、小学校の時に、『将来弁護士になりたい。なぜなら、私なら、悪い人とされる人でも、正当化の意見を言うことが出来るから』と。
 (当然の事ながら、弁護士にはなっていないが)。
 『盗人にも五分の利』を、「盗人にも、五分の正しさがあるものである」と思っていた。かなり大きくなってから、『盗人も、5分の正しさを主張するものである』という意味であることを知ったが、と。

 私が、「神を『全てを含む集合である』と定義するなら、悪魔も含まないと神にはならない」という主張をするのも、その辺が、原因かと思う。
 ヒットラーを非難する気にはなれない。
 「そういう状況に追い込んだ、第一次世界大戦のヨーロッパの戦勝国が悪いのだろう」と普通に、思っていた。
 でも、そういう考えは、”普通の考え”ではないらしい、と。

 うーん。
 悪を悪と非難しても、しょうがないと思うのだよな。
 彼らには、そういう行為をする、理由があるのだからして、と。

 現実問題として、自分の利益でしか、物を言うことが出来ない人達は大勢いる。

 『130万超えたから、会社に、「労働時間を、1時間増やして、厚生年金に加入するようにしてください」というお願いを断られた』とかいって、文句を言う文章を読んだ。
 でも、「厚生年金は、会社も、あなたが払っている分と同じだけ、支払わないといけないのだから。会社が、『厚生年金に、安易に加入させたくない』と思うのは、当然の事でしょう」と思うのに。それを、理解出来ない、しない人達が、大勢いる、ということで。
 相手の立場に立って、考えないといけないのではないかと。
 自分の利益だけを、主張するのではなくて、と。
 私は、そう思うのだけれども。それを理解出来ない人達が、大勢いるみたいで、というお話なのでした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めっちゃ笑う

2016-12-04 16:40:29 | Weblog
 2型糖尿病のカテで、ブログ書いている人の、ツイッターの記事。

 『聖帝わしが聖帝青年だった頃「学校の勉強なんて世の中では役に立たない」と言うおっさんに「でも学校の勉強も出来ないおっさんなんて、もっと世の中で役に立たないよね」と言ったらカンカンになって怒られたのだけど、何を怒られたのかいまだに解らない。
 だからおっさんて嫌い(笑)』

 めっちゃ笑う。

 そう言えば、『女の子に、サインコサインなんて習わせても、意味がない。もっと、料理とか教えるべきだ』とか言う発言をして、批判されていた、政治家がいたが。
 
 まあ、この政治家は、数学が苦手なのは、分かるということで。
 数学得意な人は、こんな事言わないだろうから、ということで。

 『学校の勉強なんて世の中の役に立たない』という発言をする人は、「学校の勉強が出来ない」。
 だから、『学校の勉強なんて世の中の役に立たない』というのだろうけれども。
 『学校の勉強が出来たら』『学校の勉強なんて世の中の役に立たない』とは、言わないであろうので、と。
 まあ、図星言われたから、怒っているのだろうけれども。

 このブログ書いている人の、意見面白いねえ。

 『昔、家庭教師のバイトをしていた時、家庭教師の元締めのおっさんと息子を連れたおばはんと面談した。
 おばはんは「うちの息子はやればできるんですけどねー」と言うので、「要するに出来ないんですよね?」と言ったら、後から元締めのおっさんにカンカンになって怒られた。
 当然だと思う(笑)』

 前にも、この人がこんな意見を言うのを読んだ事があるが。
 多分、「その通り」なのでしょうね。
 みんな、言わないけど。
 『やれば出来る子』つまり、『やらない』。
 『やれば出来る子』と言ったって、『やらなければ』出来ないのと、一緒、ということだよね。

 世界というのは、『やれば出来る』と言ったって、『やらなければ』『出来ないのと同じ』なのだよね。
 多分、それが、世界の真実なのでしょう、ということで。

 だから、どんなささやかな事でも、実際に、『やっていくべきだ』ということで。
 それが、この世界において、大きな違いを作る、ということで。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗

2016-12-04 13:10:09 | Weblog
 失敗

 『韓国の理科の授業では、実験の授業がないから』と表面的には言う。
 でも、小学校の時の、理科の実験で、氷が溶けている最中の水温は、0℃のはずなのに、水温が上昇していったという結果になった事を思い出す。
 実験すると、失敗する事がある。その“失敗”が、韓国人には耐えられないのだろうと思う。

 上手く行かない事があったら、思い通りに行かない事があったら。『もう、駄目だ』と多くの人達はいう。
 でも、失敗経験というのは、『この方法では、上手く行かないのだよ』という事を、教えてくれる、チャンスである、ということで。

 ”失敗したら””上手く行かない事があったら”『もう、駄目だ、駄目だ』というのだけれども。そんなことないのではないかと思う。『この方法では上手く行かないのだよ』と言うことを、教えてくれているだけなのではない、かと。
 だから、人生に、”失敗”しても、全然問題はない、と。『この方法では上手く行かない』事を、人に対して、教えるという重要な仕事をしたのだからして、と。

 ふぐのキモを食べて死んでしまった人の経験なしに。ふぐのキモを食べたら、死ぬ事が分からないではないかと思う。
 それなのに。大勢の人達が、人生に失敗した人達の事を、批判、非難するのは、おかしいのではないかと思う。
 その人達は、『この方法では上手くいかないのだ』という事を人々に教える重要な仕事をしたのだからして、と。

 障がい者や、病人が、”チャレンジャー”(挑戦者)であるというのも、同じ事だと思う。
 順調に生きているだけの人には、分からない事を人々に教える仕事をしているのだからして、と。

 失敗経験は人生にとって、重要である。失敗を否定するのは、おかしい。それは、世界における重要な真実なのだからして、と。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全さと永遠

2016-12-04 13:08:44 | Weblog
 完全さと永遠

 バシャールは、『全てのものは、変化する』と言っているのだけれどもねえ。

 『正社員はリストラ禁止』という。そして、『離婚は悪である』という。
 『浮気は悪である』という人達が大勢いるのだけれども。
 ”浮気”というのは、『もう、あなたとは、一緒にいたくない』と言うことだから、離婚してあげれば良いのに、と思う。
 でも、それでは、女性は、『子供が育てられない』と言って、『それは、認められない事である』という。
 『正社員の人にリストラを認めないのは、おかしい』と言ったら。『リストラされたら、生活していけない』『だから、リストラは認められない』という人達が大勢いる、ということで。
 でも、永遠の結婚生活を、保証させる事は出来ないし。永遠にリストラされない事を、保証させる事も出来ない。
 世の中は変わっていくし、自分も変わっていくし、人も変わって行くからである、と。

 『この教え以外の教えしか認めない』と言っている、宗教が一杯ある。多数派かも知れない。
 スピリチュアリズムを主張する本にも、そういう本があって。シルバーチ教の連中とか。彼らは、『江原さんの言っている事は、シルバーチが言っていることである』と批判的に言う。
 でも、科学とは、同じ方法を使ったら、同じ結論が出る方法の事であると思う。”同じ結論”が出るのは、それが正解であることの証明なのに。『同じ結論である』と批判的に言うのは、どう考えても、おかしいと思う。

 イスラム教の国では、外国の本があまり売れないらしい。外国の本を読めば、『イスラム教は過ちである』という判断をする人達が出てくるかも知れないから、と。
 それは、イスラム教を信じる人達にとっては、不都合なのだよね。だから、イスラム教の国では、外国の本が、売れないという現象が起きているということで。

 韓国は、日本人よりも、学歴が重要だが。“学歴、学歴”と言っているのに、社会的実績を上げる事に成功していない、失敗しているのは、国定教科書だからだと思う。
 学校の教科書だけで、賢くなった人は、いないと思うのに。その考えは認められないらしい、と。
 暗記力だけ鍛えても、社会的実績を上げる事は、困難であろうと思う。
 韓国人には、それが、理解出来ないらしい、と。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

働くのが嫌いなのに

2016-12-03 16:57:03 | Weblog
 お金もないのに、高級車乗りたがったり(買いたがったりだと思うが)、タワーマンションに住みたがる人達がいる。

 『となりの億万長者』という本があるが。
 お金を貯めるには、『節約、節約』という話である。
 この教えを、実行するのが、難しい人達がいる。
 
 お金もないのに。フェラーリに乗りたがる人達がいる。
 フェラーリはともかく、お金もないのに、タワーマンションから引っ越せない人達がいる。

 自分が、『お金持ちである』事を、見せびらかしたいみたい。
 それが、その人達にとっての、プライドらしい。
 変なプライドだと思うが。本当のプライドというのは、そういう事じゃないと思うのだけれども。

 『働くのが嫌い』なのに、『消費するのは、大好き』な人達がいる。
 「お金がないなら、使わなければ良いのに」と思うのだけれども。
 出来ないみたい。

 考えてみたけれども。そういう人達は、本質的に、人間を嫌っているような気がするのだよね。
 自分にとって、親切な人とだけ、つきあいたい。自分にとって、都合の良い人とだけ、つきあいたい。そんな考えがあるように思う。
 人の過ちの部分を、受け入れる事が出来ない人達のような気がする。

 人間というのは、闇の部分も含めて、人間なのだよね。
 その人の、都合の良い部分だけを、捕まえて置くことは出来ないと思う。

 ペットの事を、『かわいい、かわいい』という人達がいるが。
 人間の事は、『嫌い』という。
 かわいいだけで済まないのが、人間だからねえ。
 ペットを愛すのを止めて、人間を愛すようになったら、霊的進歩であろう、と。

 お金もないのに、車の新車を買いたがる人達がいる。
 お金もないのに、ブランド物のバッグを買いたがる人達がいる。
 物は、あなたの事を批判しないが。人間は、あなたの事を批判する可能性があるからねえ。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節約、節約と

2016-12-03 16:55:10 | Weblog
『節約、節約』と言ったって、大きな問題から、手をつけないと、始まらないと思うのだが。

 『お金がない』とか言っている人達がいるが。
 大きな金額が掛かる事から、手をつけないと始まらないと思う。
 一番大きな問題は、家の問題。
 普通の、サラリーマンが、1億に家買ったって、破産するのは、当然である。
 バブルの頃で、生涯年収3億と言われていて。今なら、2億5000万だとして。
 手取りだと、生涯年収3億なら、2億。2億5000万なら、2億という所かな。
 普通のサラリーマンが、1億の家買ったって、金利も払わないといけないのに。そりゃ、破綻するのは、当然である、ということで。

 後は、車の問題。
 車の新車買わないで、安い中古車買えば、もっと、他に好きな事を出来るゆとりが出来るであろう、と。

 うーん。
 大きな問題から、手をつけないといけないのに。
 大きな問題については、『ここには、手をつけられないのだ』と言って。
 『節約、節約』と言っている人達が、大勢いるけれども。
 まず、金額の大きな問題から、手をつけないと始まらないと思う。
 大きな金額が掛かる問題について、『ここは、譲れないのだ』と言って、『節約、節約』というのは、あまり良い考えであるとは思えないのだが。
 大きな金額が掛かる問題について、安くあげる方法をとれば、もっと、『節約、節約』と言わないで、選択の自由が増え、豊かさを感じられるようになるであろうに、と。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加