暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

賃金切り下げの自由化を

2013-03-30 22:47:35 | Weblog

 解雇の自由化をするよりも、先に必要なのは、賃金切り下げの自由化をすることではないかと思うのだが。

 ソニーの話が書かれていた。(インターネットで)。ソニーの平均賃金は年900万円だという。その人件費が、新たな投資が出来ない理由になっている、と。

 解雇の自由化は色々大変そうである。解雇されたら、次に仕事がない人が大勢いるであろうので。しかし、賃金引き下げの自由化は行わなければならないと思う。大体、今の制度、『賃金の引き上げは簡単に出来ても、賃金の引き下げはほぼ出来ない』制度は、経済成長前提、企業が成長することしかあり得ないということを前提とした制度である。でも、高度経済成長の頃なら、それがありえたが。今はそんなことが前提と出来る時代ではない。だから、企業の成長を前提とした制度を変えないといけないのに。それが、出来ていないのが、問題であると思う。

 

 高い離職率が問題になっている企業がたくさんある。しかし、企業人員の増加が見込める時代ではない以上、新しい人を雇うと思えば。古い人に辞めてもらうしかない。しかし、現在の法律で、合法的に、古い人を辞めさせる方法はない。唯一の古い人を辞めてもらう合法的方法は、離職率が高い職場にすることである。それしか、新しい人を雇う方法はないということで。

 

 介護の仕事は離職率が高い。しかし、そのおかげで、パートで採用された人が、正規職員になることが出来る。離職率がゼロの職場であれば。定年を迎えた人の分しか、新しく採用することが出来ない。そして、政府は、今まで60歳定年であったのを、65歳定年にしようとしている。それで、ますます、新しい人、すなわち、新卒の採用環境が悪化するという事態を招いている。

 

 滑り台社会であるといわれている。実際、会社を首になった、40代、50代の男性が仕事を見つけることは、ほぼ困難であるといわれている。しかし、会社の中にいる限り、40代、50代と年が行くに従って、給料が増えるというのが、実際の現実である。この矛盾はどうしたものだろうかと思う。しかし、実際の所、40代、50代の人が、20代の人に比べて、みんながみんな、それだけの給料をもらえるほど、素晴らしい能力があるとは思えない。これは日本社会特有の問題であると思う。

 

 年功序列の賃金制度が諸悪の根源であると思う。男女の賃金格差が、高い、すなわち、女性の平均賃金が、男性の7割であるといわれているのも。年功序列の賃金制度のせいだと思う。

 そして、アメリカでは、年齢で採用を差別するのは、差別であるが、能力で採用を差別するのは、差別ではないといわれているが。アメリカでは、30歳になるまでに平均3回転職すると言われ、世界の他の国でも転職が普通のことであるのは、年功序列の賃金制度体系が薄いからだと思う。

 過労死も、『この会社で働くのは、一生である』と考えるから起こるのであって。転職しても、不利にならないどころか、有利に働くのであれば。転職するのに、ためらいはなくなるであろう。長時間労働、サービス残業も同じである。結局、年功序列の賃金制度が諸悪の根源ではないのか。

 

 『年功序列の賃金制度を廃止すれば、子供を大学にやれない』という日本人がいるが。しかし、子供の養育は、社会、すなわち、国の役割ではないのか。結局、高校の授業料無償化が出来ていなかった、先進国は日本ぐらいなものだったようで。出生率を増やしたければ、大学無償化を実行するしかない。子供の養育を国や社会の責任ではなく、親の責任にすること。それが、少子化の原因ではないかと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変なの

2013-03-16 18:13:15 | Weblog

 アグネスチャンが、2ちゃんねるで、叩かれているけれども。アグネスチャンが、ユニセフに関わっているからという理由をもって、アグネスチャンが、豊かな消費生活をしてはいけないという理由にはならないと思う。でも、2ちゃんねるをしている普通の人達は、ユニセフに関わっているという理由をもって、アグネスチャンが、豊かな消費生活を送るのは、許せないことであると、考えているようなのだからして。

 

 日本では、NPO活動に関する、妙な幻想があるのだよね。

 ある人に、『NPOと、社会福祉法人と何が違うの?』と質問され、唖然とした。世間的認識というのは、その程度のものなのだろうなと思ったが。一応、「NPOは、ただで作れるが、社会福祉法人はお金がかかる」と答えたが。社会福祉法人は、何千万、1億というお金がいって、政府に認可されないと、下りないが。NPOはただの法人格で、NPO法案設立時に、『どこの組織に認めて、どこの組織に認めないか、政府が判断するのはおかしい』と主張した人がいたせいで。申請したら、誰でも下りる。ただで、できるし。会社法人を作る方が、ずっと大変なのに。なぜか、NPO法人と聞くと、素晴らしい団体のように感じてしまう、一般的日本人がとても多いということで。

 

 だからと言って、NPO活動がやりやすい社会かといえば、そうではなくて。NPO法人のする営利活動行為について、批判する記事を書いていた人がいた。「NPO活動をするのに、寄付金が自動的に集まるとでも、思っているのか」と思ったが。

 そして、なぜか日本人は、NPO団体に、募金することが嫌いである。

 2ちゃんねるで、『自動販売機で、10円のボタンがあるから、押してみたら、寄付だった』という文章を書いていた人がいたが。たった、10円の寄付に文句を書いていた人がいて、あきれた。たった、10円でさえ、募金するのが厭なのだろうかと思った。

 ユニセフについて。『日本法人が、3割、事務経費として取っている』ことを持って、『ユニセフはだめである』と書いていた人が大勢いたが。私が知る限り、他の国際的、NGO組織も、皆、3割ぐらい取っている。『私の団体は事務経費の割合が少ない』と主張している団体でも、2割は取っていると思う。現地を見ないで、支援活動は出来ないから、当然のことだと思うが。

 結局、日本人は、『NGO団体』に妙な幻想を抱いているが、寄付をしないという国民性なのだと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加