暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

母子家庭

2008-08-27 13:11:10 | Weblog

 ちなみに。母子家庭に生活保護を受けさせないためには。

 最低賃金を上げるのは、もちろんのこととして。

 母子家庭に支給される、児童扶養手当を、生活保護の、児童分以上にする必要があると思います。

 ちなみに。生活保護の児童分は、

 最高額の15~17歳で4万7830円です。

 で、第2類が、一人から2人になると、プラス4690円で。2人から3人になると5280円で。3人から4人になると4740円です。

 http://www.seiho110.org/seido/frame3.htm

 これに対し、児童扶養手当は、

 1人、月額4万1720円、2人4万6720円、3人49,720円、4人目以降は3000円ずつ加算されます。

 と書いているので。

 http://www.city.ushiku.ibaraki.jp/section/jidou/jihute.htm

 つまり、一人当たり、この値段ということでは、ないということです。

 せめて、一人、あたり、この値段が加算されるようにしないと。

 で、「人口の下の1割の世帯が、生活保護以下の世帯収入しかない」という結果になってしまうのですね。

 つまり。「生活保護を受けている母子家庭の方が、生活保護を受けていない、母子家庭より、所得が多い」という結果になってしまうのですね。

 公務員の給料を削って、母子家庭に対する、児童扶養手当を増額させるべきだと思うのですけれどもね。

 実際は、反対になっている、のでした。

 ちなみに。父子家庭の収入状況は年間320万円、母子家庭は162万円。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8D%E5%AD%90%E5%AE%B6%E5%BA%AD

 手当を入れた場合では、

 父子家庭422万円、母子家庭229万円、です。

 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/03/h0312-4b.html

 ちなみに。15~17歳(一番値段が高い)の子ども二人、母親41~59歳の生活保護費の生活扶助費は、18万8040円

 http://www.seiho110.org/seido/frame3.htm

 手当を入れた場合の、母子家庭の収入を月で割ると、 19万833円。

 家賃を入れると。

 やはり、生活保護の方が、高くなります。

 まあ、15~17歳じゃ、「子どもにアルバイトしてもらえ」ということなのでしょうか。

 しかし、子どもが小さい(0歳児とか)の方が、生活扶助費は低いのは、なぜ?

 子どもが小さい方が、仕事が見つかりにくいのです、がね。

 (考え中)

 本当の所、実際問題としては、児童扶養手当は、子どもが小さい時の方が必要なはずなのです。

 0歳児を抱えている、母子家庭の母親なんて、働けるはずが、ないからね。

 つまり、0歳児一人当たり、4万円、15~17歳 一人当たり、2万円みたいな?

 0~6歳 一人あたり、4万円、7歳~13歳 一人あたり3万円、14歳~20歳一人あたり2万円、みたいな?

 よく分からないけれども。

 うーん。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最低賃金を上げろ

2008-08-27 12:45:47 | Weblog

 ちなみに。「最低賃金を上げると、企業は、海外生産して、雇用が、海外に逃げていく」

 と主張する人がいますが。これは、間違いです。

 平成17年度の産業に占める、第3次産業の割合は、67.3%です。

 (ちなみに。第1次産業が5.1%で、第2次産業が25.9%)

 http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2005/sokuhou/03.htm

 これは、最低賃金を高くした所で、海外には、逃げません。

 海外に、逃げるのは、第2次産業と、第1次産業、いわゆる、物を作る作業だけでしょう。

 実際、我々が感じる所の、「パート労働者をこき使っていそうな職場」の大体は、サービス業、第3次産業でしょう。

 イタリアで、レストランの値段の高さに驚きましたが。本来、日本でも、それぐらいの値段であってしかるべきなのでしょう。

 一番、最低賃金で、働いているのは、マクドナルドのアルバイトの人とか、フード産業、外食産業で、働いている感じがするので。

 これらの、業種は、最低賃金を高くした所で、海外には、逃げません。

 せいぜい、料金が高くなるか、店が、なくなるか、でしょう。

 しかし、料金が高くなるのは、社会全体で、負担すべき、ことではないでしょうか。

 やっぱり、公務員だけ、高給取りの世の中は、おかしいと思います。

 我々は、高い、外食費用を負担すべきでは、ないでしょうか。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最低賃金を上げろよな

2008-08-27 12:35:53 | Weblog

 『貧困襲来』という本を読みましたが。肝心なことが、書かれていません。

 「最低賃金をあげろよな」という問題です。

 大体、いわゆる、生活保護受給世帯、高齢者、障害者、母子家庭、ではなく。

 働ける世帯が、生活保護を受けるはめに、なるのは、最低賃金が低いせいだとおもいます。

 東京都の最低賃金は、今現在、739円とのことだから。

 http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/minimum/minimum-02.htm

  739(円)×7(時間)×5(日)×4(週間)=10万3460円

 これに対して、25歳一人暮らしの人が、生活保護をもらうとした場合、生活保護の給付費は、

 http://www.seiho110.org/seido/frame3.htm

 第1類 4万410円+第2類4万3910円=8万4320円

 これに対し、東京の家賃の相場は、練馬区(よく分からないので適当)で、

 http://www.cuore-s.jp/chiiki/nerima.html

 ワンルームマンション6万7千円。

 これから、1万円引くと(平均よりも、安い所に住むとして)5万7千円。

 合計すると、14万1320円 (8万4320円+5万7千円)

 という訳で。『貧困来襲』に出てくるような、一人ぐらしの、ネットカフェ住民の人達が、普通に生活を送れるような、世の中にするためには、

 最低賃金が 14万1320円÷20(日)÷7(時間)=1009円

 にならないと、だめだということが分かります。

 今の東京都の最低賃金は、739円だから。

 1009(円)÷739(円)=1.37(倍)

 にしないといけないことが分かります。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公務員の給料

2008-08-26 22:11:35 | Weblog

 公務員の給料について。

 http://nensyu-labo.com/2nd_koumu.htm

 引用すると。

 「公務員の平均年収と民間比較

 公務員

 国家公務員 平均年収:662.7万円 地方公務員 平均年収:728.8万円 独立行政法人 平均年収:732.6万円

 民間

 上場企業平均 平均年収 589.3万円 民間平均 平均年収:434.9万円」

 これって、経済的には、おかしいと思います。

 まずもって、国家公務員の平均よりも、地方公務員の平均の方が、高いのはおかしいと思いますが。国家公務員の人達の、方が、成績が良い人達がなっている、はずなので。

 2番目に。これが一番大事ですが。

 「民間よりも、公務員の方が、高いのは、おかしい」と。

 経済学論的主張によれば、「国の景気を良くするのは、民間である」はずなので。

 公務員よりも、民間の方の給料の方が、高くないと、おかしいのですが。

 大体、地方公務員の給料を、民間平均で、割ると、1.68倍になります。

 つまり、地方で、成績の良い人は、都会に出るか、公務員になるか、ということになってしまう訳で。

 これでは、地方は活性化しません。

 大体、上場企業平均よりも、公務員(国、地方を含む)よりも、高くて、どうするのでしょうか。

 これで、成績の良い人は、公務員になってしまって、大企業で働こうという人が、いなくなってしまいます。

 本来ならば、リスクを取って働く、民間の給料の方が、高くないと、いけないはずなのに。

 で、アメリカは、そうしたのですね。

 で、そしたら、中産階級の仕事が、なくなってきた、とたたかれたり(日本人の人に)するのですね。

 それでも、やはり、民間の人の給料よりも、公務員の人の給料が高いのは、おかしなことだと思います。

にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加