中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

誰がチェックすると成果が出るのか??

2017年04月19日 05時18分18秒 | 中小企業白書(2016年版)
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は中小企業白書(2016年版)439ページ「第 2-6-27 図 企業分類別に見たモニタリングの実施頻度」をみましたが、今日は440ページ「第 2-6-28 図 企業分類別に見たモニタリングの実施者」をみます。

下図から企業分類別に投資行動に係るモニタリングの実施者について見ると、モニタリング実施企業の全体的な傾向として、「経営層と現場」で行う割合が高く、現場と経営層の情報共有を重要視する姿勢がうかがえます。

白書は、「経常利益率の高い企業(②)」では、「現場と外部機関」や「経営層と外部機関」という回答割合も合計で10.2%となっており、社内の人材だけでなく外部の人材も活用することで、投資の成功率を高めていることが示唆される、とあります。

経営者と現場に、我々のような外部機関が加わると、緊張感が伴うのかもしれませんね。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日でもチェックしたくなる... | トップ | 投資にはモニタリングが重要... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む