中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

「若旅」のロゴマークを知っていますか??

2016年04月03日 04時54分21秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の100ページ「観光分野における地域食材の活用を促進する取組」を見ましたが、今日は120ページ「若者の旅行促進」を見ます。

下図は、若者旅行振興「若旅」のロゴマークです。

これについて白書は、若者旅行振興に取り組む機運を高めるため、「今しかできない旅がある」をキャッチフレーズに若者旅行を応援する取組を募集し、観光庁長官賞として表彰している。

平成26年度には、観光庁長官賞を含む10の取組を表彰し、あわせて優秀な取組を事例集として紹介した、とあります。

「観光地ビジネス創出の総合支援事業」の中、大学で観光等を専攻している学生に地域の現場を視察してもらい、観光を通じた地域活性化等を提案募集してもらう事業をメニューとして位置づけたともあります。

地域活性化を推進する際は、老若男女がバラバラに展開してしまいがちですが、若者を中核に展開することも、大人にはない斬新な発想が得られそうで良いように感じますね。

ということで、今日で、平成27年版観光白書は終了です。明日から「2015年版ものづくり白書」を見ていきます!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

「日本の食でおもてなし」ロゴマークを見たことありますか??

2016年04月02日 04時55分25秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の80ページ「日本政府観光局(JNTO)外国人観光案内所の認定区分及び主な基準」を見ましたが、今日は100ページ「観光分野における地域食材の活用を促進する取組」を見ます。

下図は、「日本の食でおもてなし」ロゴマークです。

これについて白書は、全国の宿泊施設等の観光関連事業者に対し、地域食材の活用推進を呼びかけ、計674の賛同事業者が「日本の食でおもてなしパートナー」として登録された(2015年(平成27年)3月末時点)。

また、これらの事業者の施設所在地や取扱食材を検索できる地図を専用ホームページに掲載するとともに、各施設において「日本の食でおもてなし」という統一キャッチフレーズとロゴマークが入ったのぼりやポスターを掲出し、地域食材の消費拡大を推進した、とあります。

非常に素晴らしいロゴマークですが、残念ながら、見た記憶はないですね。

その理由を考えると、特段、目新しい取り組みでもないのに、新たな取り組みであることをロゴマークで表現しようとしているからではないでしょうか。

ロゴマークは開発したら定着するまで、ひたすら周知に勤める、その粘り強さが必要なのでしょうね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

外国人観光案内所と通訳案内士

2016年04月01日 05時14分29秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の59ページ「手続委託型輸出物品販売場制度の創設」を見ましたが、今日は80ページ「日本政府観光局(JNTO)外国人観光案内所の認定区分及び主な基準」を見ます。

下表について白書は、訪日外国人旅行者の拠点となる観光案内所等に対して日本政府観光局(JNTO)の行う認定制度の取得・カテゴリー変更の働きかけ等を行った結果、「カテゴリー3」の外国人観光案内所は、昨年度の7件から18件へと増加した。

エリアについても、昨年度、首都圏と関西のみだったものが、中部、九州の各空港や駅等へ拡大した。カテゴリー1・2・3及びパートナー施設の全体数においても、昨年度の365件から528件(2015年(平成27年)3月31日現在)に大幅に増加した。

また、外国人観光案内所の質の向上を図るため、全国対象の総合的な研修会および地域研修会等を開催するとともに、外国人観光案内所専用サイトの開設及びメールマガジンを発信した、とあります。

このような場所で活躍されるのが通訳案内士なのかもしれませんが、白書は、通訳案内士制度の見直しに向けた取組を実施しているとあります。

外国で困っているときに日本語が通じた時の安心感を考えると、このような受入体制が充実しなければならないのでしょうね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

外国人で賑わう商店街!

2016年03月31日 04時56分04秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の58ページ「消費税免税制度の利用の有無による消費額の違い」を見ましたが、今日は59ページ「手続委託型輸出物品販売場制度の創設」を見ます。

下図について白書は、全ての免税販売手続を免税手続きカウンターを設置する他の事業者に代理させることを前提とした許可制度(手続委託型輸出物品販売場制度)が創設された。

免税手続カウンターでは、購入下限額について、各店舗の購入金額の合算による判定が可能となる(ただし、一般物品と消耗品は区
別)。

これにより、外国語対応への不安や免税手続の煩雑さが解消され、地方の商店街等において免税店が増えるとともに、訪日外国人旅行者の免税店での買い物がより利便性の高いものとなり、消費額の増加による地域の活性化が期待される、とあります。

寂れたシャッター通りに、日本人だけでなく外国人も来るような仕組みを作り、外国人による特産品の買い物が増えたので、空き店舗に免税手続きカウンターを設置した、というサクセスストーリーを見てみたいですね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

消費税免税による買い物効果

2016年03月30日 05時05分30秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の57ページ「国・地域別の消費税免税制度利用状況」を見ましたが、今日は58ページ「消費税免税制度の利用の有無による消費額の違い」を見ます。

下図から消費税免税制度の利用の有無による消費額の違いを見ると、いずれの品目においても、消費税免税制度を利用した旅行者の方が利用していない旅行者よりも多くの消費をしていることが分かります。

仔細を見ると、服(和服以外)・かばん・靴では、消費税免税制度を利用した場合は6.4万円で、利用していない場合よりも3.9万円も多く消費している。

また、カメラ・ビデオカメラ・時計では、消費税免税制度を利用した場合は8.6万円で、利用していない場合よりも3.2万円多く消費しています。

「tax free」や「duty free」という言葉は財布の紐を緩める効果があるということですね!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

アジア人は買い物がお好き!?

2016年03月29日 04時12分23秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の55ページ「免税店の店舗数の推移」を見ましたが、今日は57ページ「国・地域別の消費税免税制度利用状況」を見ます。

下図から国・地域別に消費税免税制度の利用割合を見ると、中国からの旅行者が60%、香港が55%、台湾が55%で50%超となっており、さらに、タイ、シンガポールも3割を超えており、アジアの国・地域からの旅行者の利用が多いことが分かります。

その一方で、欧米やオーストラリアからの旅行者の消費税免税制度の利用割合は2割を切っています。

この要因として白書は、欧米やオーストラリアからの旅行者は、日本においてアジアからの旅行者よりも買い物をしていないことが考えられる、としています。

日本人も含めアジア人は買い物をするのが好きなのかもしれませんね(笑)!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

急増する免税店の店舗数!!

2016年03月28日 05時22分08秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の54ページ「円・ドル及びアジアの現地通貨における為替レートの推移」を見ましたが、今日は55ページ「免税店の店舗数の推移」を見ます。

下図から免税店の店舗数の推移を見ると、訪日外国人旅行者の急増や消費税免税制度の改正により、2014年(平成26年)に入り免税店の店舗数が急増し、4月1日時点では5,777店であったが、2015年(平成27年)4月1日時点では約3倍の18,779店(対前年比225.1%増)となっていることが分かります。

この消費税免税制度の改正とは、平成26年度税制改正により、様式の弾力化及び手続の簡素化が行われ、「購入記録票」及び「購入者誓約書」は、特定の様式を定めず、記載すべき事項を記載していればよいこととなったことです。

こういう様式や手続きの見直しは他にも広まると良いですね!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

円安は米ドルよりも中国元!!

2016年03月27日 06時24分36秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の54ページ「訪日外国人旅行者による旅行消費額と為替レートの推移」を見ましたが、今日は54ページ「円・ドル及びアジアの現地通貨における為替レートの推移」を見ます。

下図から2011年(平成23年)から2014年(平成26年)おいて、円に対するアメリカドル及びアジアの5カ国・地域の現地通貨(中国元、韓国ウォン、台湾ドル、香港ドル、タイバーツ)の為替レートの四半期ごとの推移を見ると、ばらつきはあるものの全ての通貨に対し、円安方向へ推移していることが分かります。

円安と言えば米ドルを基準に考えがちですが、中国元がトップとは知らなかったですね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

円安と訪日客の関係は??

2016年03月26日 05時53分11秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の53ページ「訪日外国人旅行者が満足した商品の購入理由」を見ましたが、今日は54ページ「訪日外国人旅行者による旅行消費額と為替レートの推移」を見ます。

下図から訪日外国人旅行者による旅行消費額と為替レートの推移を見ると、円・ドルレートについては、2012年(平成24年)末以降は円安方向へ推移しており、同期間に、訪日外国人による旅行消費額は増加していることが分かります。

この結果について白書は、成長著しいアジア諸国などにおける訪日プロモーション、東南アジアをはじめとする国々におけるビザ緩和や消費税免税制度の拡充といった取組や円安方向への動きにより、訪日外国人旅行者数が増加したとともに、日本の消費において割安感が生じたことから、一人当たり旅行消費額が増加したことが背景にあると考えられる、とあります。

円安とともに訪日客が増加しているという話は聞いていますが、旅行消費額の増加がこういうデータで証明されるのは、非常に良いですね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

外国人も価格よりも品質を求めている!!

2016年03月25日 04時27分54秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の51ページ「国・地域による購入方法・決済手段の違い」を見ましたが、今日は53ページ「訪日外国人旅行者が満足した商品の購入理由」を見ます。

下図から訪日外国人旅行者が満足した商品の購入理由を見ると、品目別に理由は異なっているが、菓子類の「おいしいから」も品質の良さと考えると、多くの商品分野において「品質が良いから」という理由が1位となっていることが分かります。

また「日本製だから」という理由も、電気製品では26.9%、化粧品・香水では11.8%、医薬品・健康グッズ・トイレタリーでは6.9%、服・かばん・靴では4.7%となっています。

この結果について白書は、自国・地域における消費環境と比較すると、アジアを中心とした訪日外国人旅行者の間には、メイド・イン・ジャパンの製品への信頼感を背景として、日本では品質の良い商品を購入できるという認識があると考えられる、とあります。

高くても品質が良いものは愛されるというのは万国共通ということですね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

外国人観光客が電子マネーを使いこなす!?

2016年03月24日 04時55分20秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の50ページ「国・地域の買い物場所の違い」を見ましたが、今日は51ページ「国・地域による購入方法・決済手段の違い」を見ます。

下図から国・地域による購入方法・決済手段の違いを見ると、クレジットカードによる決済手段については、欧米からの訪日外国人旅行者は、クレジットカードの利用の割合が高く、多くの国・地域において過半数が利用しているが、これに対し、アジアでは5割を下回っている国・地域も存在することが分かります。

この結果について白書は、中国からの訪日外国人旅行者については、デビットカードの利用が多くなっているが、これは銀聯カードが普及しているためと考えられる、とあります。

最近、現金を使う機会がめっきり減ったと感じるのは私だけではないと思います。

外国人観光客がSuica等の電子マネーを使いこなし、便利な日本を楽しむ時代が、すぐそこに来ているってことかもしれませんね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

外国人は買い物をどこでしているのか??

2016年03月23日 04時51分31秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の47ページ「買物代、宿泊料金、飲食費等の費目別消費額」を見ましたが、今日は50ページ「国・地域の買い物場所の違い」を見ます。

下図から国・地域の買い物場所の違いを見ると、全体では、スーパー・ショッピングセンター、空港の免税店、コンビニエンスストア、百貨店・デパートが5割を超えていることが分かります。

この結果について白書は、

・観光地の土産店も34.4%が利用している。
・韓国は、百貨店・デパートの利用が29.2%と少ない。
・中国は、家電量販店(秋葉原など)も多く、39.5%が利用している。
・タイ、ベトナム、インドでは、100円ショップの利用も多い。
・欧米では、空港の免税店、コンビニエンスストア、百貨店・デパートの利用は少なく、5割未満である、とあります。

観光地の土産店は底堅い人気があることが分かりますね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

買い物は中国、宿泊はオーストラリア、飲食はベトナム人が多い!!

2016年03月22日 05時05分51秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の45ページ「国・地域別の消費状況」を見ましたが、今日は47ページ「買物代、宿泊料金、飲食費等の費目別消費額」を見ます。

下図から訪日外国人一人あたりの費目別消費額を比較すると、買物代では、中国が127,443円で、他の国・地域と比べ相当程度多額の消費を行っていることが分かります。

2位はベトナムで88,814円、3位はロシアで63,056円、4位以降には、タイ、香港、マレーシア、台湾、シンガポールが続いており、アジアの国・地域が上位を占めていることが分かります。

宿泊料金では、オーストラリアが 93,484 円で 1 位、英国が 81,094 円で 2 位、フランスが77,827円で3位、4位以降には、米国、カナダ、ロシア、ドイツが上位を占め、買物代とは対照的にアジア以外の国・地域が上位を占めていることが分かります。

飲食費では、ベトナムが 54,361 円で 1 位、オーストラリアが 52,308 円で 2 位、インドが47,536円で3位となっています。

交通費では、オーストラリアが33,755円で1位、フランスが33,052円で2位、英国が28,562円で3位となっています。

娯楽サービス費では、ロシアが8,884円で1位、オーストラリアが7,614円で2位、ベトナムが5,596円で3位となっていますが、他の費目よりは少なくすべての国・地域で1万円を下回っています。

なお、ベトナムが買物代、飲食費等で上位を占めている要因として白書は、企業の研修等の長期滞在(21日以上1年未満)の割合が34.7%と高いこと 10が影響していると考えられる、とあります。

買い物は中国、宿泊はオーストラリア、飲食はベトナムとは興味深いデータですね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

隣国から多くの観光客を呼ぶ!!

2016年03月21日 06時04分38秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の45ページ「国・地域別の訪日動機」を見ましたが、今日は45ページ「国・地域別の消費状況」を見ます。

下図から国・地域別の消費動向を見ると、1位は中国で5,583億円(全体の27.5%)、2位は台湾で3,544億円(全体の17.5%)、3位は韓
国で2,090億円(全体の10.3%)であり、この3ヶ国・地域で過半となっている。4位は米国で1,475
億円(全体の7.3%)、5位は香港で1,370億円(全体の6.8%)となっていることが分かります。

上位の5つの国・地域で1,000億円を超える消費額となっていると言うことです。

また、下図の通り、中国は、2010年(平成22年)以降、毎年1位となっています。

隣国である中国、韓国、台湾から多くの観光客に来て頂き、多くの買い物をして頂くことで、ますます日本を好きになって貰えると考えると、今の状況は良い流れに感じますね!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加

ショッピングを楽しむ外国人、日本の歴史・伝統文化体験

2016年03月20日 05時23分19秒 | 平成27年版観光白書
おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡力(ながおかつとむ)です。

昨日は平成27年版観光白書の44ページ「訪日の動機」を見ましたが、今日は45ページ「国・地域別の訪日動機」を見ます。

下図からショッピングを訪日動機として挙げる国・地域別の割合を見ると、タイ(74.1%)、香港(69.6%)、中国(68.0%)、台湾(66.9%)、シンガポール(59.1%)、ベトナム(58.2%)、マレーシア(57.5%)、フィリピン(51.9%)、インドネシア(50.0%)となっており、アジアの国・地域が上位を占めていることが分かります。

これに対し、「日本の歴史・伝統文化体験」を挙げた割合については、上位に欧米の国・地域がならんでおり、フランス(46.3%)、米国(43.7%)、カナダ(43.0%)、オーストラリア(41.0%)の4ヵ国では4割を超えていることが分かります。

このような訪日動機の違いが、国・地域別の消費行動の違いになって表れていると言うことですね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お役に立った記事には「いいね!」をお願いします!
ご質問やコメントはFACEBOOKまで!
↓応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事をはてなブックマークに追加