86歳・老大娘の日記

晩年を生きる

お墓参り

2017-03-20 18:06:13 | お出かけ

お彼岸のお中日、弟夫婦、妹たちと5人でお墓参りしました。

このお寺は桶狭間古戦場跡のまん真ん中に位置しています。

 「うつけ者」と言われた信長が、狭間ですからこのせまいところに目を付け奇襲の地と決めて

今川軍に大勝利を治め天下に名を轟かせました。「うつけ者」ではなかった。

義元公首実検跡

実は桶狭間合戦の進撃ルートや合戦跡地のことでここ地元(名古屋市緑区)とお隣の豊明市が

長年揉めているそうです。私から見れば何百年も昔のこと、もめなくてもと思うのですが?

↓ 最近建った永代供養塔

子孫がいなくなったり、遠くてお墓参りができなくなった人が多くなったからのようです。

これも時代を反映していると言えましょう。

お寺への道路は行楽客か?渋滞していましたが、お寺は閑散としていました。

これまた時代を反映していると言えるかも。

曇り日でしたが、暖かくて良い日でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 講演会 | トップ | 農業センター しだれ梅 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
立派なお寺ですね (nampoo)
2017-03-20 20:52:21
今晩は。
歴史のあるお寺さんなんですね。
そして建っている場所も歴史的な場所なんですね。
織田信長が今川義元に戦いを挑んだ桶狭間のくだりは、
何度読んでも興奮する場面です。
今は石塔が並ぶ静かなところのようですが。
≫nampooさん (Rei)
2017-03-20 22:07:34
こんばんは!
はい!本堂には数々の遺品なども並んでいます。
最近改築してぴかぴかになりましたが
以前は「古刹」らしい雰囲気がありました。
この桶狭間合戦の出陣のときも
「人生50年夢幻の・・・・」とかの有名な幸若舞を舞ったと言われています。
そうですね、丘陵地帯ですが、
大きな池もあり静かでよいところです。
少ない兵力で勝ったのですから
天候も味方したようです。運もあったのでしょう。
お彼岸参り (nko)
2017-03-20 22:21:59
暑くもなく寒くもない、良い日和のお墓まいりでしたね。
揃ってのお参りにご先祖もお喜びのことでしょう。
名高い古戦場の古刹なら、お参り以外でも行きたく
なりますね。
Unknown (のん子)
2017-03-20 23:11:02
今日は大阪も暖かでしたよ。

私は夫と二人で行って来ました。
車で、すぐの所です。

お地蔵さん?可愛いですね(^.^)
おはようございます (ふくちゃん)
2017-03-21 05:54:50
いつも拝見しますが 立派なお寺ですね。
掃除も行き届き気持ちが良いです。

信長は役者によっていろんな人物になります
まあどの歴史上の人も役者によって変わりますが
私は錦之助の信長がとても印象的でした  多分初めて見た信長かも?
秀吉は緒形拳の大河ドラマでした  もう5.60年も前でしょうか?
その時からずっとフアンで浮気はしません
まあどんどん好きな俳優さんは増えますが。
お墓 (ryo)
2017-03-21 08:23:49
お彼岸の中日に行かれたのですね。
でも賑やかな墓参で、羨ましいです。
私は今回は1人の墓参でした。

ご先祖さまは、いつも仲がよい、ご姉妹弟さんの
様子にきっと喜んでおられると
思います。
Unknown (ぴーこ)
2017-03-21 10:50:20
ご姉妹弟なかよくお墓参りできるとはお幸せですね。
ご先祖さまもお喜びでしょう。

お写真よく撮れていますね。
古戦場の真ん中に位置しているとは、なんて素晴らしいのでしょう。
わたしは歴史が大好きですから行ってみたいです。
どんなに感動することでしょう!
Unknown (hiro)
2017-03-21 10:53:21
Reiさん、おはようございます♪
先日、テレビで桶狭間古戦場跡が紹介されましたが、
Reiさんのブログでよく知っていたので、
ちょっと鼻高々の気分になりました。
そんな歴史的な地にある長福寺、お寺もなかなか立派ですね。
今回も御姉妹弟揃ってお墓参りされ、御両親もさぞお喜びでしょう。

桶狭間と言えば、織田信長を思い出しますが、
数ある戦国武将の中でも一番の人気があるそうですね。
昔は冷酷な人とのイメージが強くあまり好きではありませんでしたが、
いろいろなドラマを見たり、お話を聞いて、
正義感にあふれた慈悲深い一面もあることがわかり、
今は好きな武将の一人になりました。
「うつけ者」とは?
お揃いで (kei)
2017-03-21 11:42:00
温かなお彼岸の中日になりました。
古戦場、多くのいのちが弔われ供養されているのですね。
実家の墓を関東に移したいという弟の意向を聞いてはいますが、進展しません。
私には近くていいのですが。
≫nkoさん (Rei)
2017-03-22 10:43:16
返信コメント遅くなりごめんなさい!
そうなんですよ。
付近一帯は古戦場、「ここは物見が偵察に出た地点」等々歩けば随所に標識が立っています。
広いですから健脚でなければ、そして関心がなければ
いけませんが。
≫のん子さん (Rei)
2017-03-22 10:45:23
返信コメント遅くなりごめんなさい!
お墓参りは遠いと大変ですからお近くでいいですね。
ここはその気になれば歩くのにいいところです。
私たちはいつもお墓だけで済ませていますが。
≫ふくちゃん (Rei)
2017-03-22 10:49:31
返信コメント遅くなりごめんなさい!
ハイ!ありがとうございます。
由緒あるお寺で、歴史好きの人が時々訪れるようですよ。
私たちはNHKの大河ドラマの影響を大きく受けていますよね。
好きな俳優が演じれば、その人物が好きになります。
色々な見方がありますから歴史は面白いです。
≫ryoさん (Rei)
2017-03-22 10:53:41
返信コメント遅くなりごめんなさい!
4人姉弟で弟が実家の仏壇を守っていますが
持て余しているようです。
すごく大きくて、この先どうするか気の毒です。
母に遺言らしき中に「弟をはばにしないように!」がありました、
のけ者にしないようにの意味です。
女3人の中の男一人なので心配したのでしょう。
≫ぴーこさん (Rei)
2017-03-22 10:56:31
返信コメント遅くなりごめんなさい!
はい!ありがとうございます。
いつまで4人揃ってお参りできますやら?
私が真っ先に「落伍」しそうです。
桶狭間は天下知られた古戦場、その気になれば、
まだまだ探索できる面白いところです。
≫hiroさん (Rei)
2017-03-22 11:02:09
返信コメント遅くなりごめんなさい!
はい!ありがとうございます。
由緒あるお寺ですが、長年の付き合いの中では
色々ありました。
この墓地の中では「一等地」に実家のお墓はあるのですが
次第に維持管理も難しくなっていきそうです。
桶狭間と言えば日本中に知られていますから
一発でわかってもらえますが・・・
「うつけ者」この言葉を聞きますと
私の中では信長です。
他に連想することは何もありません。
愚か者、奇異な振る舞いをする人を言うようです。
≫Keiさん (Rei)
2017-03-22 11:13:44
返信コメント遅くなりごめんなさい!
そうですね。お墓は遠いのは困りますね。
ここ桶狭間、今は一応市内なので交通手段はありますが、
今は妹の車で行っています。、
私は次第に行きにくくなりました。
お墓の維持管理も問題になっています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む