小説書いてます

小説を書くことで、自分と違う人間になれるのを楽しんでいます。

福岡城址の野鳥(3)

2017-09-22 | 

福岡城址で見かけた野鳥たちです。最近は外国の観光客が多くなりましたので、お城の整備が進んでいます。大きな木が何本も切られ下草も綺麗に刈り取られてしまいました。それに伴って野鳥や昆虫は種類も数も年々減ってきています。彼らにとって城址もだんだん住み難くい場所になってきてるようです。

シジュウガラ 久々の出会いでした。何羽もやって来ていましたが撮れたのはこれだけでした。

コゲラ

ハクセキレイ

アオサギの飛翔

アオサギの若鳥 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

リスアカネ、アジアイトトンボ、他トンボ

2017-09-21 | 蝶と昆虫

9月18日に行った福岡城址で、最後に出会ったのはいつだったか忘れるくらい久しぶりにリスアカネに会いました。4、5年振りかなあ。文句なしに懐かしかったです。

リスアカネ 懐かしくてぐるっとまわりながら撮りましたが微動だにせず、良いモデルさんでした。ありがとう! また会いたいよ。

アジアイトトンボ 水辺ではなく芝生の葉の上で繋がっていました。この目線こちらを見ているようです。愛情交換中を撮り続けるなんて、なんと無粋な婆さんだこと、と怒っていたのかも知れませんね。ゴメンナサ~イ。

アジアイトトンボ 別の睡蓮池でも繋がったのがいました。

アジアイトトンボ♂

ギンヤンマ 大好きなトンボですから気合を入れて撮りましたがこの程度。トホホな写真しか有りませんでした。

シオカラトンボ♂

オオシオカラトンボ♂  頭が黒いのでオオシオカラ君だろうと思っています。

今日の夕焼け 凄味のある夕焼けでした。18:44分撮影

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメアカタテハ、アオスジアゲハ、他チョウ

2017-09-20 | 蝶と昆虫

9月18日に福岡城址で出会った蝶です。翅が傷んだ痛々しい蝶もいましたが、おおむねまだ元気に飛び回っていました。

ヒメアカタテハ表翅 今季はあまり見かけませんでしたから、出会えてよかったです。

ヒメアカタテハ裏翅

アオスジアゲハ 2匹で楽しそうに飛んでいました。ずうっと後ろを付いていきながら、私も楽しい気分にさせてもらいました。

ヤマトシジミ

アゲハ

ツマグロヒョウモン

ツバメシジミ

ムラサキシジミ 久しぶりの出会いでしたが痛々しい翅でした。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ツクツクボウシ、ミツボシアブモドキ、他昆虫

2017-09-19 | 蝶と昆虫

今季はとうとうツクツクボウシは声だけ聞いて終わるのかなあと思っていましたら、昨日、福岡城址で姿も見ることが出来ました。写真を撮っていましたら、犬の散歩に来ていた男性が神様の通り道と言われている「額の枝」というのがあると、わざわざその場所まで連れて行ってくださいました。何年もこの場所に来ていますが初耳でした。信じている訳ではありませんが、男性の親切に対してUPしました。ご覧ください。

ツクツクボウシ 季節の終りに姿を見られて嬉しかったです。

ミツボシアブモドキ 9月9日に撮ったものです。名前の同定に時間が掛かりました。

オンブバッタ

オンブバッタ褐色型 工事中のために立てられた塀をゆっくり移動していました。このときは1匹だけでした。

イボバッタ 正面から撮ってみました。

ハンミョウ 東屋で休んでいましたら、足元にやってきてくれました。

アキナガミズアブ ↑のミツボシアブモドキに良く似ていますが、背中の模様が微妙に違っていました。

ツマグロイナゴ 福岡城址にも結構イナゴやバッタがいました。

シロテンハナムグリ 9月9日に撮ったものです。

「額の枝」散歩の途中だったのにわざわざ引き返して教えてくださいました。確かに木の枝は額に見えないこともありません。その方の話によると神様はこの額を通ってお城に向かわれていたそうです。城内ですからそんな話があっても面白いと思いました。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ネコハギ、オオニシキソウ、他野草

2017-09-18 | 花と野草

今日は久しぶりに福岡城址に行きました。秋の野草も少し咲いていました。

ヒガンバナ 白いのがお城の法面に咲いていました。

ネコハギ 期待して行きましたら咲いていてくれました。名前の由来は全体に毛が多いからです。何か虫が後ろ向きに止まっていました。マメ科

アレチヌスビトハギ 明るいところを好む萩だそうで、草むらの真ん中に咲いていました。マメ科

クサノオ ケシ科

オオニシキソウ 9月9日に撮ったものです。てっきり↓のヤハズソウだと思っていましたが葉が違いました。名前の同定に今まで掛かりました。とても小さな花で花径は5ミリ程しかありません。トウダイグサ科 北アメリカ原産の帰化植物

ヤハズソウ まだ時期が早かったようで花の咲いているのがありませんでした。やっと一輪見つけました。葉を引っ張ると矢筈のようになるのでこの名前が付いています。子どものころ良く遊びました。マメ科

コセンダングサ 綺麗な花ではありませんが秋を感じます。キク科

野良猫 木の根元でお昼寝です。元の飼い主のブルーシートのおじさんが食物を持ってきているようです。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加