錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

雲巌禅寺へ・・・

2017年09月19日 | 放浪雑記

河内町岳の『峠の茶屋』から河内方面へと少し下ると、小さな平山橋を挟んだ左手に岩戸の里公園と書かれた大きな看板が見えてくる。
※バス停-岩戸観音入口付近
そして、その平山橋を渡り岩戸の里公園へと向かうと、その先を下った所に1336年 ~ 392年にかけての南北朝時代に寧波より渡来した元の禅僧・東陵永璵により建立されたと伝えられる曹洞宗の雲巌禅寺がある。


そして、この脇から拝観料を支払い中へと進むと雲巌禅寺に縁のある品々が・・・
と、言うことで、剣聖・宮本武蔵が巌流島で使用た(?)と言われる四尺二寸の木剣や武蔵筆の掛け軸(写し?)が展示されている。
ちなみに左から枯木鳴鵙図・宮本武蔵肖像・蘆葉達磨図。


で、ここからはコンクリートで舗装されてはいるものの薄暗い道を進むと右手の斜面に五百羅漢が見えてくる。


この五百羅漢は今から200年ほど前に熊本の商人であった渕田屋儀平が24年の歳月をかけて奉納した羅漢像と云われています。


さて、ここから先が目的とする場所です。
自然の地形を削っただけの起伏の激しい狭い道となり、これを上り下りしながら先へと進むと、視界が開けて、その坂道を下ると右手上に霊巌洞の祠が見えてくる。


早速、霊巌洞へと向かう石段を登ると、そこには禅を組む石であろうか?大きな石があり、その前には馬頭観音が祀られている。
そして・・・
その昔、晩年の宮本武蔵は、この雲巌禅寺の霊巌洞に籠り世界的にも有名な兵法書「五輪書」を書き記している。

いやぁ・・・
先の記事でも触れていましたが、細かい事を全て書いていたら限がない。
だから、『その一部だけを・・・』だったんですぅ。
と、言うことで長々となりましたが、最後までお付き合いを頂きありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

秋を求めて一ノ岳(金峰山)へ・・・

2017年09月19日 | 放浪雑記
昨日は台風一過の青空が広がったことから、秋を求めて熊本市の西側に位置する一ノ岳(金峰山と言った方が通りが良いかな?)へと出かけてきました。
しかーし、〇〇へ行って・・・、〇〇をして・・・ なーんて、細かい事を全て書き込んでいたら限がないので、ここでは、その一部を・・・


では早速ですが、お昼頃に熊本県熊本市西区に位置する標高665mの金峰山山頂へと向かうも、下山する頃になと腹も減る。
そこで、草枕(夏目漱石著)の中で“お-い!と呼んだが 返事がない”で有名な河内町岳の“峠の茶屋”で腹ごしらえです。


で、Cherryが注文したのは熊本県民に親しまれている“だご汁“に焼き魚定食。
そして、この『峠の茶屋』は茶屋と言っても漱石が訪ねた茶屋とは全くの別物。


ならば、この茶屋の上にある資料館が、それかと言えば、これもまた別物。
良く、漱石が訪ねた茶屋を移設されたものと言うが、実際は夏目に縁のない建物を移設したもの・・・
とは言っいても、昔は、この峠付近には幾つかの茶屋があり道路の改修などでコースが変更されると、その度に茶屋も移転していたようで、現に、このCherryが子供の頃と比べると、今の峠付近は道路改修に伴い当時の面影が全く失われてしまった。
ならば、草枕の中で“お-い!と呼んだが 返事がない”という漱石が訪ねた茶屋は何処なのよ?と言われそうなので・・・


その茶屋はと言うと・・・
ここです。
ご覧のように、今では木々に枝葉に覆われた薄暗い茶屋の跡地となっています。


そして、この更地に当時から残るものと言えば、ここ写る井戸くらい。
と、言うことで・・・
ここを訪れた漱石は、この井戸の水を使った茶を飲んでいたのかもしれない。

まぁ、この茶屋の話は、これくらいにして・・・

次は、あの剣豪、宮本武蔵にゆかりの雲巌禅寺と続くのであった。

この記事をはてなブックマークに追加

分かってますけど・・・

2017年09月15日 | 放浪雑記

昨日は朝早くに目が覚めたのでホテル裏の海岸沿いを歩いてみると、ちょうど桜島の裾から日が昇りかけていました。
雲が無ければ綺麗な日の出が眺められたんだろうけど、台風接近で生憎の空模様・・・


そして、その散歩を終えてホテルに戻る。
で、ホテルの前で右を見ると・・・
車が通ってないだけでなく、人影もなし。


だから・・・
左を見ても同様の静かな朝の風景です。
って事で、ホテルの部屋で二度寝した。
だって何の目的もない一人旅ですから、これでイイのだ!


しかーし、その二度寝から目覚めると外は雨が降っていた。
あのぉ・・・
予報では雨は降らないはずだったのにぃ、何でぇ?


おまけに、うねりを伴った大きな波が打ち寄せている。
いやぁ・・・
非常に強い台風が接近しているのは分かてますよ、でも、ここまで祟りますか?
って事で今回の“鹿児島一人旅”は、これにて終了。
台風直撃の前にと帰路へとつきました。

この記事をはてなブックマークに追加

只今、お出かけ中

2017年09月13日 | 放浪雑記

今朝は考えた末に、やはりお出かけをすることにしましたぁ。
って言うか・・・
先週は、いろいろとあっので気晴らしです。
ただ、接近中の台風18号が気になるところではありますが・・・・


そして、夜明けを迎える頃には東の空は赤く染まってた。
昔から良く“夕焼けは晴れで朝焼けは雨の前兆”なんて言いまけど、今朝の朝焼けは、これからの天気を指示しているようでした。


で、Kyushu Expressway の長いトンネルを幾度となく通過しながら向かう先はと言うと・・・


はい!鹿児島でーーーす。


そして、宿泊先のホテルはと言うと、何時もの・・・・ じゃなくて、この近く。
って言うか、ほぼ隣。
何故かと言うと・・・
お察しの通りで部屋の空きが無かったら。
しっかし、接近している台風18号の影響でか天気が悪い。

この記事をはてなブックマークに追加

軍艦島(端島)

2017年08月29日 | 放浪雑記

明治から昭和にかけて海底炭鉱によって栄えた軍艦島(端島)だが、1974年(昭和49年)の閉山で、今では無人の島となっている。
そして、2015年に世界文化遺産に登録されたことは記憶に新しいだろう。
で、そんな軍艦島(端島)を昨日は椛島へと向かう国道499号から見る事ができました。


また、以下宿町の夫婦岩なんかも・・・
岩と岩の間は軍艦島(端島)の姿も写ってますよ。
この場所は夕日の絶景Pointなのですが、時には青空の下でみる海もイイでよ。

この記事をはてなブックマークに追加

聖地巡礼

2017年08月29日 | 放浪雑記

長崎市街を囲むように連なる七高山の一つ、秋葉山。
にわかには信じ難い話だろうが、この Cherry は若かりし頃に、ここに写る山の奥へ籠って滝行を行っていた。
って言うか・・・
やるべき事は、やっている。
だけど・・・
今でも解脱できずに煩悩満タンですけどね。
まぁ、そんな事もあって、昨日はお世話になった秋葉山の秋葉権現(秋葉神社)へと出かけてきました。
まぁ、今流行りの聖地巡礼ってやつですね。
そして、この聖地巡礼は更なる巡礼へと続くのであった・・・

この記事をはてなブックマークに追加

現実に戻る時

2017年08月15日 | 放浪雑記

長々となったけどCherryは石垣空港から福岡空港へと・・・


離陸して暫くすると機窓から、沖縄本島西方の渡名喜島と入砂島(出砂島)が見えた。


そして、鹿児島上空へと差しかかる頃になると雲の上に虹が・・・
これは吉兆なのか?
なーんてね。


で、熊本上空かなぁ?
発達した積乱雲が見えました。
そういえば、出発前に確認したたところ当日の九州は各地に大雨警報が出されてたもんなぁ・・・


その後、搭乗機は次第に高度を下げて玄界灘上空で旋回すると西の空には雲の切れ間から太陽を見る事ができました。


さぁ、いよいよ福岡空港の滑走路へとLanding。
この景色を見ると帰ってきたんだなぁ・・・って。
いやぁ・・・
今になって思えば長いようで短い、そして短いようで長い石垣渡航でした。

この記事をはてなブックマークに追加

条件付きの石垣渡航

2017年08月14日 | 放浪雑記
今回の石垣渡航は条件付き。
それは・・・・

このCherryの後を追うようにして元気いっぱいの娘たちがやってくるからでした。


だから、滞在中は普段であれば決して行かないような国立天文台のVERA観測局へ行ったり・・・


山の上から夜景を見たり・・・


ビーチで遊んだり・・・


そして、島をドライブして楽しんでました。


もちろん、せっかく南の島へと来たのですから海のレジャーや・・・・


この時期限定のサガリバナ、なーんて云うのも忘れてませんよ。

この記事をはてなブックマークに追加

ちょいと、お出かけしてました

2017年08月14日 | 放浪雑記
いやぁ・・・
時の流れって思ってたより早く、このブログにUPした最後の記事から2週間近くが経とうとしています。
だから・・・
その2週間近くも、何やってたんだよ!
と、言う事で・・・
今日は、その報告です。


今月2日のお昼にANAの福岡発石垣行き1869便のBoeing 737-500に乗り込み“南ぬ島 石垣空港”へ向けてTakeoff。


離陸した数分後に自宅上空を飛行。
まぁ、少し雲があったけど良く見えた方かなぁ?


で、島原半島から長崎市方面を撮影。
画像中央に雲仙普賢岳が・・・


そして、宮古島上空へと差しかかる頃になると機体は降下を始め、石垣島北部の平久保崎から東方海岸に添うように“南ぬ島 石垣空港”の滑走路へと向かう。

機窓から下を見ると、直ぐ下にはシアンの色をした海が広がる・・・
そう、間もなく“南ぬ島 石垣空港”へとLandingです。
と、言う事で・・・
今月2日から石垣島へと行ってましたぁ。

この記事をはてなブックマークに追加

梅雨の晴れ間だ、温泉だ!

2017年07月01日 | 放浪雑記

先日に沖縄近海で発生した熱帯低気圧が高気圧の縁を伝うように、現在、九州南部を通過中。
その影響で昨日は鹿児島県指宿市付近では1時間に120mmという猛烈な雨を記録したものの、ここ福岡南部では雲の間から月が見え星も輝いていました。
ならば、この機を逃さず・・・・


そう、この時とばかりに温泉へ Go!
いやぁ・・・
雨が降っていたら気も滅入りますが、その雨が上がれば気持ちも高揚するんですよね。
って言うか、この Cherry が単純なだけかもしれないけど・・・
そして、自宅へと帰り着いたのは日付が変わった午前1時過ぎ・・・・
だから帰りの道のりは睡魔との戦いでした。
やっぱ、“寄る年波には勝てぬ”とは正に、この事を指すようですね。
でも、まぁ・・・
無事に帰宅出来て良かった!

この記事をはてなブックマークに追加