ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 我が家の秋の風物植物・・・ 』

2017-10-19 09:24:58 | 日記

             


長い秋雨と急激に訪れた寒さで我が家のシンボル達が「我此処に有り!!!」と誇らしげを競っている・・・
何と言っても晩秋色付く木々の実や楚々と咲く花々は可憐で美しい!!!
急に寒さが増し「ホトトギス」や「ツワブキ」が咲き出した・・・ 赤く色付いた「ウメモドキ」や「夏櫨」の黒い実も晩秋の風物詩だ!!!
そして「ザクロ」も笑み出した!!! この紅葉は実に鮮やかで「ツリバナ」の紅葉と対照的目立つ存在だ!!!
此処にドウダンが加わる!!!
ドウダンは夏の猛暑と深く因果関係があり暑かった年晩秋に寒波が来ると実に鮮やかな紅葉を呈す!!!
これ等の草花植物が愈々競い出した!!!


この斑入りは実に美しい!!!


こんな子まで玄関先で・・・


これ等、婆が旅行先や実家から集めて来たもので年々その勢いを増している・・・

垣根の菊も可愛らしい!!!

夏は可哀そうだったが

ホトトギスは賑やかだ!!!

何故上を向いて咲くのだろう?

終焉を迎えた襲名菊

ウメモドキは血気盛んだ!!!


夏櫨もこんなに実をタワワニ付け健在だ!!!


極めつけは「ザクロ」!!! 漸く笑み出した・・・

当に秋本番の庭先だ!!!
紅葉も始まり赤松、一位、そして高野槇・常緑樹とコントラスを成し彩りを競い出した・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

     『 終えんを迎えたヘボちゃんコロニー! 』

2017-10-19 00:04:38 | 日記

             


昨日の「犬も歩けば棒に当る!!!」的透かし、燻し、ハタ!!!と、感じるモノがあった!!!
昨今のように晩秋の長雨続きは、間違いなくヘボちゃんコロ二ーは餌不足を来し饐(す)えるだろう!!!!!と・・・・確信を新たにした!
この老い耄れ、まだまだ幼い頃、今年のような秋の長雨が続いた年があった。
晩秋スガレ追いに明け暮れていた親父さんも長雨を恨めしそうに「こう降っちゃァ~饐(す)えてしまう!!!」と、如何にも悲しげな顔して嘆いていたのを鮮明に覚えている!!!
こう言う長雨を経験した年は、錚々、多くは無いが過って何回かある!!!
しかし、今年の様な年は無かった!!! 長雨とは言っても精々4~5日位だった。
今年の場合は異常とも言える来る週も来る週も雨!雨!!!雨!!!!!  !
世界中、今年ほど集中豪雨の災害で苦しめられた年は余り記憶していない!!!
日本はもとより、アメリカ・フロリダ、テキサス、カロライナ等そしてカリブ海湾岸諸国、ヨーロッパでも東南アジアでもあった!!! 
学者先生によると温暖化の影響だと言う・・・  
今回の秋の長雨はもう2週間も続いている・・・
そして、長期天気予報に依ると来週もまだまだ続くと言う・・・
これを、昨日、目の当りにした!!! 
燻したコロニーがスッカラカン!!!  
この1週間でこうなってしまったのだ!!! 
終日降る雨で働き蜂は外役が困難になる!!! 雨中の中だと餌探しもトドコウッテいるんだろう? 晩秋特に求められる花や樹液、甘露蜜等が思うように確保できない!!!  
これは何を意味するか?
餌不足を迎えた幼虫は痩せ細り、その上ドンドン剥け出す新女王蜂や雄蜂、絶対条件の生殖活動を促す為に十分な栄養を取らねばならない!!!が、しかし、働き蜂からは栄養源:甘露類を貰えない!!!
栄養交換と言うより寧ろ強引なまでの幼虫からの唾液、体液サックが行われ出す!!! 
幼虫は益々痩せ細り、最終的にそこには幼虫の死が待っている!!!
「子捨て現象!!!」これは余りにも無残であるが、来たるべく子孫を残さんが為のスズメバチ類にDNA:遺伝子遺伝子として教え込まれた生活の知恵でもある!!!!!
観察は十分ではないが、多分、間違いなく燻した巣盤を見てこの幼虫サック現象が始まっていると見た!!! 

そこで、今日は、これまで見付けてある巣を燻して見よう!と、久し振りの秋の長雨の合間出掛けた・・・
時計を見ると12時近かった・・・
車を飛ばしながら手ムスビを齧る・・・ 道中、農協出前売り場・ファーマーズがーディんに寄り大好きなキュウリと珍しくなったモロコシを買う! 岐阜産の富裕柿が箱で売られていたのでこれも買った!!!
現場に着くと1時近かった。。。。。
先ずは道端に近い急坂の巣から燻そう・・・
超超急坂を40mほど登る・・・
ズボンは防護ズボンに着換えてあるのできつけは楽チンだ。
巣穴を覗きに行くとポッカリと大きな穴が!!!  
誰かに遣られていた!!!  
yの場合、8月、9月見付けた巣は絶対取らない事にしている・・・
しかし、毎年こうした被害に逢い愕然とさせられる!!!がそれでも思想は変えない!!!
山のモノは見付けた時が自分のモノ? この鉄則に従うしかない!!! 
しかし、8月、9月の巣を燻す気には到底なれない!!!    考えるだけで人間の傍若無人振りに嫌気が射す!
これはyのヘボちゃんに対する愛情の現れで死ぬまで変える事は無いだろう!!!

仕方なく、2番目の巣に向かう・・・
更なる急坂を30分ほど歩く・・・
老い発った老骨の脚には非常に堪える!!! フゥ~ふぅ~~~~言いながらの行軍だ!  

燻し後、幾分、遊ぼう!!!かと餌も持参・・・、これを撒きながらの登りだ!!!
これを1つ付けた所で一休み・・・。
背面斜度40~50°とキツイ!近い急坂!!! 腰を伸ばしたその瞬間、目の前でヘボちゃんを1匹見た!!!   この辺は長年の経験で抜け目ない!!!
白内障が酷いので或いは幻だったのかも知れない?
昨日と同じ透かしである・・・・・・・
少々自信は無いが眼を凝らすとそこには通いがあった!!! 




よくよく覗き込むとボコボコの通い!!! 労せずして巣の発見!!! 
9月初め、思い起こせば、この方角に飛行していたヘボちゃんが数多くいた事を思い出す!!!
そうだったのか!!!! 
先の取られがあり燻す事を決意!!!
最近、宮ちゃんに購入して貰った花火、発火不良が多く途中で火が消えてしまう!!! 今日も、また、起きた!!!
幾分焦りが走る・・・ そして、昨日買い立てのターボライター!!!!!、これも、機能不良が多い!!!
益々焦ってしまう!!!

この偶然見つけた巣は大きかった!!! が、何となく軽い!!!  
女王、蜂雄蜂が仰山剥けていた!!! 残留ヘボ数半端ではない!!!
終焉迎えていた!!!   
今日は、まだ、10/18だぜ~~~~~!!! 普段、例年だと最盛期の筈だ!!! 
30cm近い盤面が14~5枚あった!!! 上段3~4枚はスッカラカン!!! そして下に行く程パラパラと児が入っている・・・
1週間目だと恐らく3~4kgはあるコバクロだった!!! 王台だけで6枚も!!!
燻す事は出来たが、カラカラで意気消沈!!! 
それでも拾いモノだった!!! 
思うにこの巣から既に多くの交尾蜂が発していて子孫はかなりの数出ていると確信した!!!!!!   
実は、こう言う方法もあり、三宅名人が推奨していたのを思い出す!!!  

そこから20m程の所に、9/初、見付けて置いた巣がある・・・
これも取られてはいなかった!!!
巣穴はボカ~~~ンと大きくアングリ!!! 巨大巣を表現していた!!!




しかし、その時の通いが今一。 雨の影響か?と思った・・・
これも勉強用に燻した。 この時も煙幕さん、ご機嫌な難で導火線に火が付いて消えてしまう!!!  
なんだいこの不良花火!!! 安かろう?悪かろう!!! 如何にも中国花火だと思った!!! 
これで、今日、3本目だぜ~~~~!!!
この巣も土目がよく超超巨大巣に発展していた!!!
超超奥ばった処に巣があり、掻き出しに困難を伴う!!!
そして上から剥がしながらの掻き出し!!!
これも軽い!!! が、先の巣よりさらに巨大化していたコバクロ!!!だった 正式には数えなかったが14~5枚!!! 大きい盤面は30cmもあった!!!
下方のほんの数枚に児が入っているだけで矢張り軽い!!!
惜しまれるがこれはこれでこの地に子孫を残す!!!という意味では自然界の流れに即している!!!!!
少々、ガッカリした半面来年の楽しみも、また、あるのだ!!! 
この地は、30年間に亘りyが種蒔きとして箱付け飼育して来た飼育場の延長路線に当り今日に至り難解な難場にも助けられ、ヘボちゃんの生息数が異常多い!!!!!
Oさんが持論にしている拡散理論にピシャリ合っていて何となく長年イイ事をして来た!!!と、幾分、ルンルン気分になる・・・
思うに、1週間~10日前満タン時には4~5kgはあったと思われる・・・ 
この巣から来年の子孫が多数産出された事だろう・・・  

  今日の空巣はガッカリした半面多くの子孫を産出した!!!という点では理に適っていた?と言えるのかも知れない!!!   

最近、この所蜂の子を抜くのが大変になり億劫に!!!   婆の助けが期待出来ないと言う事もある・・・
少々軽いがこれ等の巣、Pensan と哲ちゃん家へ遣る事にした。
3時半に帰宅し配ったり来て貰いこの日の内に処分が済んだ!!!  

明日も雨だ!!!と言う・・・多分、山の飼育場の巣、その後見ていないが、同様、空状態が予測される・・・
1~2巣燻して今年の生育状態をみたい。 長かったヘボちゃんとの御遊び生活が終焉を迎える事になりそうだ・・・
人間様、どう逆立ちしても自然界の激動には竿挿せない!!!!!!
まだ、山には見付けてある巣も儘あるがどうやら燻しが出来ないまま年を送る事になりそうだ!!! 
不出来だった飼い蜂!!!、これはどう対応しよう?
数は少なくても今年もガラ温に入れると言う事か? この算段も考えなくてはならない!!! 

遣る事がイッパイあり過ぎ未処分事項、先送りが多い!!!  
マァ~~~、こんな事で脳味噌を十分使っているので呆け防止には役立っているのだろう? 


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

     『 遣ったぜベイビィ~~~ 』

2017-10-17 23:03:27 | 日記

             


今年は一体どういう年なんだろう?  天候異変続き!、昨今は雨ばかり降っている・・・
夜もかなり寒く庭の木々が一気に色付き出した!!! 紅葉の秋だ!!!
この1週間は雨の日が多くシーズン真っ最中のヘボハンティングが届こうっている!!!
正直、フラストレーションが溜まり「ああ!、今年も終わりか!!!!!」と、ついつい嘆いてしまう!!!

昨日の雨はキツカッタ!!! 終日降り続き、そのうえ寒いときている!!!
早く上がらないか?と空ばかり眺める・・・

そうした今日、雨が上がり、幾分日射しが!!!   
洗濯も担当している爺、溜まって居た洗濯物を慌てて洗濯気に掛けた!
先日来の洗濯物はまだ湿り気がある!!!
洗濯物をハンガーに掛けながらウグイを針金に刺す!!! 序にこの所購入した高価な刺身烏賊も寸断する! 凡そ20日文の飛ばし用烏賊が出来た!!!

さてさて、雨が上がったので先日宮ちゃんと遊んだ続きを!!!と、一人急坂を下る!!!
台風の被害による風倒木が酷く足場を眩ませる!!!
一昨日250m追い降ろした急坂、この所の雨で泥濘足を掬う!!! 茸鎌を突きながら急坂を下る事300m。 この地点まで老い耄れ爺の眼でも追従出来ていた。
ここを拠点にしよう!とリュックを降ろす。
12時半を既に回っていた・・・
そして、餌付けをし出す・・・ 風倒木は酷いが視界は思っていたよりイイ!!! 
透かしも効かないか?と、少々、欲張る。
半分、5個ほど撒いた所で足元にヘボちゃんが!!! 餌取りか?と思っていたが様子がオカシイ!!!
何と何と、そこが巣だった!!! ギョロ眼使いの透かし? 

よくよく見ると何の動物か判らないが辺りの土を開墾している! それは、鬼シダのカブタで止まっていた!!!
どうやら巣までは達していない!!!
方向、距離からして、先日追い降ろしたヘボちゃんの巣に違いない!!!と!!! 見失った地点から50m程下だった。

雨上がりの所為か?通いはいまいちで巣の入り口も特定できない!!!
一寸茸鎌で草を切り取ると騒然としだした!!! まだまだ、安泰の巣だった!!! 
燻す事にする!

先日の飛び方からすると物凄い巣だろうと想定していた・・・が、煙幕をくれ鎌を入れると、巣の在り処はもうそこだった!!!
動物、どうしてハンティング出来なかったんだろう?
コロニーは小物で巣盤が5枚程出て来ただけだった!!! 
一昨日の飛びからは到底想像も出来ない!!! 他にも?と撒いた餌を見回ったが付きは無い!!! 
まだまだ、この所の雨の影響か?雫や濡れが酷く餌の匂いも発っていないんだろう?
方向と距離から先のヘボちゃんはこの巣と断定してこの急坂を上り出す・・・ 物凄い急坂だった!!! 背面斜度50℃は超えているだろう?

息絶え絶えで登り上がった時は足が諤々していた!!!
時計を見ると2時!!!
帰ろうか?それともこの近隣の新たな場所へ?
迷ったが後者を選んだ。
面白い事に時間は掛かるがまたまた急坂を下るヘボちゃんが付いた! もう体力、気力が失われていたので方向だけを確認して今日の終焉とした。
どうも、この地は餌不足の所為か?コロニーが小さい!!! その上、ヘボちゃんの数が少ない!!!
今日のトライは種蜂にして新天地を求める方が無難だろう・・・

それにしてもドンピシャ透かしでゲット出来たのには幾ら巣が小さかったとはいえ痛快だった!!!
そう言えばPensan、まだ、今年の蜂の子を嗜んでいない!!! 電話して取りに来て貰う事にした。 小さな巣だったので気の毒だが秋の味覚がご賞味が出来るだけでご勘弁を・・・・・・・  その内に大きな巣も収穫できるでしょう?
今日は凡そ4時間の工程作業だった・・・   さて、明日はどうしようか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

     『 高騰を続ける“スルメ烏賊” 』

2017-10-16 10:27:23 | 日記

             


yの場合、使用量からすると大した量でもないので錚々大騒ぎする事でもないが、『スルメ烏賊』が高騰を続けている!!!  
この流れは春先からで何でも日本海側で“スルメ烏賊”が全く獲れなくなってしまったと言う!!!
その昔は1匹@100円位で幾らでも買えた!!!
それが昨年辺りから不漁続きで海から烏賊が消え去った!!!!と言う・・・


毎年、ヘボ追いの飛ばし用餌に箱で購入して来たがこういう芸当が出来なくなってしまった!!!
箱買いして来たのが嘘のよう!!!!! 
鮮魚店に入荷した時を狙って1匹、2匹と極々限られた数しか手に入らない!!!
yの場合、釣り餌としては「ウグイ」を使うので早々困る程ではないが、「ウグイ」が手に入らない多くの蜂狂にとっては痛手と言うより困っているだろう?
どういう手段を講じているのだろう?
それでも山を歩くとビロリンと真白な烏賊がブラ下がっているので何とかなっているんのだろう?

yの場合、飛ばしに使うだけなので使用量は錚々大した量ではないので困る事は無いが一般的な蜂狂にとっては痛手であろう!!!
夏場購入したその烏賊も底をついて来たので一昨日その烏賊を購入した!!!
何と@380円/匹もした!!!!!{/cat_5/}  一頃の4倍もする超高値だ!!!
御存じのように一口に烏賊と言ってもその品質はバラバラでバラツキは大きい!!!
鮮度の悪い烏賊は幾ら安くても使用に絶えられない!!! ヘボちゃんの付きが悪いばかりでなくあの臭みは耐えられない・・・
yの使用量は大したことは無いので必ず刺身用を買う!!! そして、厚手の大きな烏賊を買う!!!
刺身用でないと紙縒りにした時餌持ちが超悪い!!!
1匹で飛ばし用切り身を7~8個作る! 毎日遣っても1週間は持つ!!!

烏賊同様、鶏の鮮度の良いハツ:心臓も飛ばし用には固くて具合がイイ!!! が、少々気味悪いのでyは使わない!!!
先に、ヘボ追い大会をした時連合会長の高橋会長さんが使っていた!!!
会長は「烏賊」よりイイ!!と言っていた!!!   
選り好みの激しいy:老い耄れ爺、正直、レバーやハツのあの色を見ただけで寒気が発ち生指で触れない恐怖症に陥る!!! 依ってハツがイイのは判ってはいるが使えない!!!
専ら烏賊を使って来たが、過っては今時分になるとヘボちゃんの蜂の子を使った事が多かった!!! 
これは抜群の飛ばし餌でこの右に出る餌は無い!!! 
晩秋になると此方の方がイイだろう!!! ギュッと捻り内臓と汁を捨て皮のみにしてこれを縒り糸に縛る!!!
  思い出せば親父さんは専らこの手法だった!!! 
餌も変形せず張りつかず実に具合がイイ!!! 最高の飛ばし餌と言えるだろう!!!
その昔、蜻蛉の飛翔筋や蝉の飛翔筋肉を使った事もあったがこれ等を常時入手することは困難で諦めざるを得なかった!

それにしても烏賊がこれ程高騰するとは思っても見なかった!!! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

     『 今日の出来事!!! 』

2017-10-14 21:11:01 | 日記

               


今日は朝から色々な事が計画予定されていた!

先ずは、お抱えの庭木屋さんがyの刈り残し?丁髷(ちょんまげ)を刈り落とすのに来てくれるという・・・ 
真夏、朝晩の刈り込みで刈り残してある上部丁髷!!!!!、長い事気になっていたが来て刈り込んでくれる・・・ 2カ月振りだ!
8時にはもう呼び鈴が鳴り作業に掛かり出した・・・
残り丁髷は一位7本と高野槇の暴れ枝打ちを遣って貰いたかった。
遣り出すとプロだからどうこう言う程の作業でもないのだろう!!! スイスイと作業は進んで行く・・・

向う側のアパート群が見苦しいが丁髷を落とした一位や高野槇は俄然光り出した!!! 丁髷を落とすと庭木を一際ひきたたせる!!!


高野槇はこれ!この通り綺麗に仕上がった!!! 木丈凡そ10m程で老い耄れには手に負えない木丈となってしまった!!! 高野槇は大好きな庭木の一つだ! 

こういう中で一位の赤い実が燦然と輝いている!!! 遅くなったが10/16朝撮影した・・・ 遅くなって御免チャン!!! 


庭師は白木屋さんと言い庭師のプロ級のプロ!!! 実に腕が発つ!!!
もっと早く来る積りだったが脚立の2段から足を滑られ骨折!!! 1ヶ月の休みを取っていたので遅れに遅れたという・・・
プロの庭師さんでもこう言う事故があるんだ!!!とつくづく油断大敵だと思った!!!
何時も何時も縄梯子を掛けアクロバットのような作業をしていて素人のyには冷や冷やものだ!!!と思っていたが、事故は脚立のたった2段目からの落下だったという・・・ 
ツリバナを始めとする闊葉樹も色付き出した!!! イイ季節を迎える!!!

今日は、アルウィンでパブリックビューイングが開催されるので午前中の仕事として来てくれた!!! 

yはと言うと、今日は一昨日見付けた岩組のヘボちゃんを燻して宮ちゃんに遣ろうと計画していた。
実行は昨日の予定だったが、大雨で中止!!! 今日になった。
その間時間もあり燻しの戦略は十分過ぎる程練り上げていたので後は現地に出向くだけだった!
先ずは、小型シャベルの歯先を研ぐ!!! そして、岩組の抉じ開けとしてバールを用意!!! 更に、帰り蜂困惑用に大きな傘を用意!!!
10時、白木屋さんに午前中のお茶を出し出立・・・

現地では一昨日見付け掛けの巣を決めようと餌を撒き岩組の現場に向かう!!!
見付けた時ボロボロの通いだったが、今日はそれ程でも無かった!!!
巣穴はこの岩の奥の奥!!!!! 掘れるかなァ~~~?




画像にするとこうだが、魚眼レンズで撮ると迫力がある!!! 惜しむらくは一昨日の通いを撮りたかった! この左下の穴から噴き上がっていた・・・

帰り蜂対策として用意した雨傘、そして木の枝は使う術もなかった!!! 
掘り上げの作戦術を宮ちゃんに説明!!!
そして、煙幕に火を放つ!!!
昨日の雨の所為だろう!!! 通いが少なかったので助かった!!!
穴の下側にシャベルを入れるとそこは岩で全く歯が発たない!!! 正直ダメかと思った!!!
が、そこは蜂プロ!!! 上側から掘り下げる作戦に出た!!! 
土は柔らかく、20cmも掘るとガサッとワヤの音がした!!!  
これでイケル!!!と直感!!! 
後は時間の問題だった・・・
昨日の通いにしては小振りで上側の穴から曳き吊り出し完璧に掘り出せた!!! 
王台が3枚程度の中判でyにしてみれば2日間もアレコレ按問画いて馬鹿馬鹿しかったように思えた!!!
寝床で考え出したら興奮状態になり寝付けなかったのがバカバカしく思え、一寸、衝撃が強かった!!!


これで蜂の子好きのカッちゃんのお土産が出来た!!! 

先程仕掛けた餌には何も付いて居なくヒョッとすると更に遠いのか?それとも2銭銅貨の巣か? 遊ぶには値しない餌撒きだった!

餌を撤収、一昨日豪く付いた場所へ移動・・・
ここは一昨日程ではなかったが、間もなく2匹が来て餌を運び出す!!!
 多分、一昨日の多くは先程燻した巣から来ていたヘボちゃんだったんだろう・・・ 

此処のヘボちゃんをカラカウとイイ方向に真っ直に飛ぶ!!! そして、直ぐに来るので巣は近い!!!と読んだ!!!
それからyの尺取り虫が始まる!!!
物凄く良いヘボちゃんでyの手から離れると一気飛び!!! 高台から今度は急坂を一気に下る!!! これが一気飛びだから凄い蜂だ!!!
紙縒りは12~3cm!!! 長い!!!!! そして、肉団子を大きくしてもナンノソノ!!!!! 
最後の時は肉団子を大きくし、紙縒りを15cmにした!それでも一気飛びで急坂を直滑降!!!  
150mは下っていたか?
餌元からすると300mは優に飛んでいる!!! コバクロ級のヘボちゃんだった。
凄い凄い!!!!! 
そしてこの急坂は先の嵐の風倒木?ボロボロ倒れていて行く手を阻んだ!!!

時計を見ると1時半を回っている・・・
今日はサッカー千葉戦DAZNで放映される・・・
帰り時間となり後日のお楽しみに!!!
yの直感では巣の在り処はもう直ぐ其処で少々時間を掛ければ蜂追いか透かしで仕留められると見た!!!

家に帰ると白木屋さんはアルウィンへ・・・
丁髷は綺麗に刈り込まれていた・・・  有難いことである!!! 
遣り掛けの刈り込みを仕上げて貰える・・・ しかも完璧に!!!
一流の庭師さんに頼めば安心して居られる・・・  

午後3時、千葉戦の笛が鳴り松本山雅優勢の内に試合は進んで行く!!!
完全に主導権を取っていた!!!が、田中ハユマのバックパスがズレこれを船山に拾われアッサリ1点を献上!!!  
今年は田中のこう言う弱い面が度々出ていた!!!   
超一流選手田中ハユマ、最近の働きは目を覆わんばかりの凡プレーが目立つし、これが元で敗戦を呼び込んでいる!!! 限界点だろうか?
この1点を境に優勢は千葉側へ・・・・・
前半、01で折り返し、後半へ・・・
後半開始間もなく工藤が巧いループシュートで同点に追いつくがそれからは惨め!!!!!ボロ糞にやっつけられた!!!  
シュートは遅い、そして相手に簡単に渡す!!!! 脚は遅い!!!
イイ所が無かった!!!   
結果は惨憺たるもんで15の完敗!!!   
この大失点が終了間際の得失点差に影響しなければイイが!!!   
この大敗で流石の爺も意気消沈!!!、夕飯が実に不味かった!!! この失望感長引きそうだ!!!
この戦いで完全に自動昇格の夢は断たれた!!!  
何時も賑わう超掲示板も冴えなく、松本中が意気消沈してしまったようだ!!!
此処に来て個の技の差がモロに出てチーム力の差を痛感した!!! 
今日はもうこれ以上書かない事にしよう!!! 言えるのは残り5試合を全力で遣って結果がどうか?だ!!!
アウェー戦に駆け付けた2500人を超える熱烈なサポーターの心中余りある!!!と同情に絶えなかった!!! 御苦労さま、お疲れ様でした!!! 

する日となってしまった・・・・・・ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加