ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 糞~~~!!! 』

2014-03-31 00:39:00 | 日記

               


J2も開幕しいよいよ佳境に入って来た!
今日は初版戦の頂上決戦ともいうべき1位、2位の対決が地元アルウィンであった。
前半の最高決戦とも考えられ、多くの観客動員が期待された。
もう1週間も前から混むだろうなァ~と・・・
所が、数日前辺りから土曜~日曜日辺り雲行きが怪しい!という予報が流れ出した。
そして日を追う毎に強い雨になる!!!という予報へとシフトして行った。 
正直、雨の観戦は大に苦手で、写真撮影等とてもじゃァ~ないけど覚束ない!!!

昨夜から降り出した雨は、音を起てて降り続いた!
そして、今日は朝から強い雨に!!!!!  
座席指定席という事もあって、遅い出立。 1時間前席に付ければ!!!と・・・

会場に着くまでに降り掛かる雨でかなり濡れてしまった。
屋根のある場所で山雅合羽を着る。
座席シートは、屋根からやや外れていて、おまけに風で吹き込む雨の為シートはビショ濡れ!!!
こんな天気だから入場者数は開幕戦程の入りはない!!! ザックリ8000~9000人位かな?
そんな事を考えながらボンヤリ!
その内に選手の練習が始まった・・・ そして、靖ちゃんがやって来た。
「生憎の天気だねェ~~~」と、通り一片の挨拶を・・・
サッカー談議をしている内に試合開始の1時になる。
相棒:湘南からは、凡そ1000人位のサポーターが詰めかけていた・・・
当然の事ながらサポーターの数では、ウチ等の方が上!!!!!!

笛と同時にボールは蹴って落とされた。
前半から巧い具合にこちらペースで試合は展開する・・・
圧倒的なシュートとコーナーキック!!! それに、湘南から移籍の岩上のロングスローが絡む!
技術力が低いのか?決定的な場面にならない!
奏功する何時に、タッタ一発のクロスボールを叩き込まれ先制を許す・・・

こうして前半は、山雅ペースで進むものの、先行され苦しい戦い。

後半、湘南は力を盛り返し、湘南ぺースに入る・・・
しかし、サッカーは変なモノ! 切り込んだ田中隼磨のクロスボールを飯田がヘッドで合わせ、同点に追い付き会場は盛り上がる!

そして、混戦からゴールラインを割ったのか?よく判らない儘、またまた、先行される。
そして、猛然と追い付きに入るが、中々ゴールは割れない!!!
点を取りに掛ると前掛りとなる。 ここに空きが出て時間終了間際に2点追加され万事休す!!!!! 14の完敗だった!!!    
雨で気持ちが悪い上にこんな負け様!!! 
腸が煮えくり帰る思いだった!
靖ちゃんはブツブツ言いながら早々と帰ってしまった!

思うに、3勝1分けと、一寸、イイ気になり過ぎていたきらいがあったのでは?
前線からのプレスは弱く、何時もの圧倒感が感じられなかった。 そして、致命的な決定力不足!!! おまけにパスミスが目立ち、ここから綻びは生まれていた。
そこえ行くと、J1から落ちて来た湘南には1日に長があった。 それは、スキルが1枚も2枚も上という事だった!!!
この衝撃は立て直せるか?
これから札幌、京都とJ1崩れのツワモノ戦が続く・・・ 

毎度の事だが、ホーム戦で負ける! ゴウが開いて、悔しい思いが!!! そして、気分が悪いから観戦も楽じゃぁ~ない!!! 
それでも家に帰ると可愛い孫娘達が慰めてくれたので気分は徐々に回復しつつある・・・ 
「Japanese only!」騒動以来、新聞等でJ1の動きや浦和の報道に気を付けているが、浦和に対するお灸は、一寸、酷過ぎた!!!
10幾つかあるサポーターリーダー会は解散し、鳴りモノ、旗、垂れ幕は御法度!!! あの熱烈なサポーターの姿が消え去ってしまった事に一抹の不安を感じる。
それが、何となく、この所の観戦に少なからず影響しているから恐ろしい!!! 唯でさえ観客動員に陰りが見え始め、下剋上の様相を呈しているJ1、上からの目線で試合が監視されているように思えてならない! 
暫く、日本サッカー協会、苦戦を強いられるのでは?
物事の匙加減、実に、難しいモノだ!!! 閉塞感に向かわなければイイが? お客様あってのサッカーだ!!!
 
昨日のJ3戦で観客500人という試合があったぜ~~~!!!   
ウウ~~~ン!
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

     『 木曽路・・・ 』

2014-03-30 09:27:52 | 日記

             


孫娘達が来てもう4日にもなる!!!
親元を離れ、羽を伸ばしたように束縛されない日々を送っている。 
爺婆には甘い所がある!!!
日頃五月蠅い事を言われ続けている子供達にとってこれ以上の解放感はない!!!
色々な事を経験させよう!と、毎日連れ出している・・・
昨日は、「木曽路」体験。
30分も車を走らせれば木曽路が始まる・・・
その昔、木曽路は、大好きでよく出掛けた!!!
木曽路の最南端は、馬籠という事になるが、嬬恋で我慢して引き返してくる。
寝覚ノ床もイイし、木曽福島の旅籠街道もイイ!!!
昨日は省略して、奈良井宿で誤魔化した。。。。
19号線の日陰脇には先日の大雪の残雪が、まだ、大量に残っていて、何となく寒寒しい! 雪深い街道筋だ!!!

入口の芸術館で木曽の伝統:漆器や木工品を見る・・・
孫娘達は、此処の木琴を叩いてでハシャイでいた!
爺の目的は、陶芸教室の先生が展示即売している作品を拝見する事だった。
余程手を出そうかと思ったが、我家の食器棚は入れる余地が無いと言われ、残念だが諦めた!
洗馬焼きでお気に入り品があった! 何とも言えない釉薬を使っている!!!
木工品も見出すと手を出したくなるが、余命幾ばくもない爺には家のゴミを増やす事となりそうなのでこれも制止られる!

子供達には、木曽路の言い伝えや旅籠の説明をしながら学を広げてやる!
古い旅籠の軒並みも目に焼き付いた事だろう・・・


木曽の御箸や小物品を買い集めていた・・・ これぞ!木曽のシンボル!!!!!
木曽は何時来てもイイ!!!
五月休頃になると名物五葉の餅饅頭が売り出される!!! これは香りがあり実に美味しい! 木曽名物の一つだ!
野菜館で木曽の野菜を買う。 山菜も名物の一つで、これからタラの芽、ウド、ワラビ等ドッサリ出てくる・・・

未だ過って見た事も無い古びた街道筋を見た孫娘達にはどんな印象が植え付けられただろうか?

喜んでくれたのがセメテモノ慰めだった!!! 
伸び盛りの子供達は、新しい刺激をドンドンと吸収してお行く・・・ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

     『 とんでもない?蜂狂さん!!! 』

2014-03-28 22:12:51 | 日記

             


先日からHirayamaさんと名乗る蜂狂さんから何回となくメールが入っていた!!!  
今井さんの「タカ研」で知ったようで、或いは今井さんに紹介されたのかも知れない!!!
要旨は、「タカ研」に連載した「ヘボ、ヘボ・・・ヘボ」をどうしても読みたい!!!という内容だった。
「ヘボ、ヘボ・・・ヘボ」は、冬の道楽仕事で書いていたモノで、大分、時間も経ち、陳腐化はイガメナイ!!!
「ヘボ、ヘボ・・・ヘボ」より大改訂と内容の充実、画像の挿入に一歩も二歩も充実した「 shy…、the Vespula 」及び「(同)続編 」を奨めた・・・
Hirayamaさんは、二つ返事で「読みたいから、どうしても!!!」と、コンタクトして来た。
そして、「今は外国に居るが、近々、日本に帰るので手に入れたい!!!」と・・・
  
「ヘボ」の本となるとyの周りに20~30人、直様、飛び付いて来る蜂狂さん達が居るが、同人種のようだった!
幸い、昨年、増刷した残部が2セットあったので、紹介してやると、27~29日の間取りに行きたい!!!と、いう・・・
ツイツイ、2~3日前のメールだった。

その日が、今日に決まった。
メールの主は女性らしく、旦那様も同行したい!と、いうコメントがあった。

今朝、1時半、近くの駅まで出迎えに出掛けたが、それらしき人は降りて来なかった。
そして、念の為、2列車待ったが、ついぞ来なかった。

家にメモ書きを残して、14~5分の用事に出掛けていると、Hirayamaさん御一行が家に来ていた・・・
まだまだ、20代の若者で、ニコニコしている・・・
上がって貰って放し出すと、旦那様は韓国籍らしい!!!
奥さま:Hirayamaさんは日本語、ハングル、それに英語やスペイン語がペラペラで、才女!!!才女!!!  
オマケに「スズメバチ」が大好きで、一寸したそこいらの蜂狂より知識がある!!!!!  
名刺は貰えなかったが、インターネット関連の業務に就いているらしい?
駄洒落本を開いていて、「アッ!!!、コレ、栄養交換だ!!!!!」等の言葉が出て来た・・・
相当勉強しているらしい!!!

2時間近くヘボ談議をして帰られて行った・・・

韓国でもこの「ヘボのアルバム」は、極々、普通に見る事が出来、読んでいる!!!と・・・
この人達の話では、「タカ研」が情報源だったと言う・・・
携帯電話に「ヘボ」ちゃんの画像や「オオスズメバチ」がトンボを齧っている動画が入っていて、「朝鮮オオスズメバチ」だ!等と冗談交じりに話してくれた!
今度来る時は、「スガレ追ひ」に連れて行った遣るから!!!
メールか電話を頂戴よ!!!と、言うと、喜んでいた!!!
思うに、態々、韓国からこの駄洒落本を取りに来て、ヘボ談議をしたかったと言うからそん所そこい等の蜂狂とは訳が違う!!! 
若者の外国人蜂狂強敵現る!!!  
そんな何とも言えない快感を味わった!!!

3人で、「スガレ追ひ」もインターナショナルになるねェ~~~と・・・笑いながら話した! 
今年の夏は、本当に国際マッチが実現するかも知れない? 
お二人の写真を載せようか迷っているが、何かあると拙いので、辞めておこう・・・

Hirayamaさん、御苦労さまでした。。。
また、来てねェ~~~  

帰りの電車や、飛行機の中で駄洒落本を食い入るように見て居る事でしょう!!!日本に来ると、「蜂」の文献を漁って買って帰ると言う・・・ 
それ程文献に興味があるという!!!話だった。 偉い!!!!!!! 

これが縁で、韓国のヘボ事情が判り出すかも知れない? 取敢えずは、仲間が、一人居ると言っていた・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

     『 やって来た孫娘達・・・ 』

2014-03-26 22:43:03 | 日記

             


何時の間にか孫娘二人は知恵が付き、進化しつつある・・・  
この2~3年、新宿発の「あずさ」に乗せてもうと二人して田舎に来られるようになった!!!
過っては、婆が迎えに行き、田舎暮らしをした後、また、婆に連れられて東京に帰る!という図式を採って来たが、年を追うごとに幾分の独り立ちモドキが出来つつある・・・

今日は、新宿発8時の「あずさ」に乗せて貰い、昨年同様松本まで来た!
姉御は、昨日小学校を卒業し、妹は、4月、3年生になる!
段々に手が掛らなくなりつつあり、子等の成長振りが伺える!!!
手荷物のリュックサックも重く、何やら彼女等のお宝をドッサリ積め込んでいる!!!!!
昼時になったので、近くの珈琲哲学で昼ご飯を御馳走してやった。
何せ、ご飯:パスタが出て来るまで時間が大分掛る!
横で覗き込んで居ると、yの殆ど使わない携帯電話を弄り出した。
老い耄れ爺は、殆ど常用して居ないので、使い方が全く分からない!!!
年間1度か2度しか使わない!!! 依って、使用時苦戦の連続で先日等音声が小さ過ぎて苦戦した!
見ていると姉御は何の苦も無くバタバタと操作している・・・  
そして、写真を撮り出した!!!  
この携帯で写真が撮れる等とは思っても見なかったので、驚きソノモノだった。
そして、何処をどう操作したのか音声に小さい一件まで修正してくれた!  
この携帯電話、かなりの機能を持ち合わせている・・・
その内に妹と取り合いになり、妹までバタバタ操作している!!!
 
コチトラ使わないという事もあるが、使いコナセテいなかっただけに呆気に取られていた!!!!!

そして、家に帰ると重たいリュックサックから子供用のモバイルパネルを取り出しこちらもバタバタ動かし出した!!!  
理屈ではない!!!
彼女等はキーを叩いていて使い勝手を覚えてしまう!!! 
これには参った!!! 
一事が万事、何事もこの調子で、今時の子等の新兵器グッズの扱い方には恐れ入った!!!
老い耄れ爺の悪餓鬼時代とは雲泥の違いで、この子等の進化振りには恐れ入る!!!!!   

軆も正月に比べ一回りも二回りも大きくなった!
知恵と軆の大きさは比例しているようだ! 
明日からこの子等を連れ回さなければならないが、点いて行けるだろうか?
下の子は、「明日、トーシューズが来るから見せてあげる!!!」と、成長振りの一端を披露してくれた!!!
デザイナーになり、ポルシェを買って上げる!!!と、話してくれたチビちゃんである! 御絵描には余念がないという!!!
小さい時から夢を抱いて突き進んで居るから恐れ入った!!!
僅か2ヶ月足らずに食の方も太くなり軆も逞しくなりつつある!!!

こんな若者と1週間付き合うが、こちトラお子守し切れるだろうか? 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

     『 ドクちゃん追想・・・④ : 着想の驚き!!! 』

2014-03-25 22:50:03 | 日記

             


何かにつけ想像力豊かなドクちゃんだった!  
この豊かな想像力は想像を絶する読書からの知識量なのだろう・・・
この世の中にある書物は総て読破しているという感じだった。

「スガレ追ひ」をしていても何かに付け飛んでもない事を言い出す!!!
ウィットに富み、これがホンマ!!!とさえ思える結び付けをするから恐れ入った!
行き合い出した当時はそれ程凄い蜂狂とは思えなかったが、多くの先人蜂狂と付き合っている内に多くの事を学び、吸収していく・・・ このすぴーだは並の蜂狂ではなかった。
そして、学問的な分野を付加して行くから嫌が負うにも「ヘボ学」は物凄い進化をしていく・・・
この源が大阪大学で博士論文を取るというパワーになって行ったのだろう!!!

或る時、山中でヘボちゃんの音に対する習性を学っていたらしい!!!
拡声器をガンガン鳴らしてヘボちゃんが如何様に反応するかという調査研究だったらしい。 これを丸二日続けていた・・・
その時、詳しい経緯はよく判らない(恥ずかしい為語らなかった)が、伐採した木の下敷きになり生死を行き来する重傷を負ったという・・・
山中故、丸1日生死を彷徨い、一日後家に辿り着いたらしい・・・
こんな事が原因して、長期の病院生活を送ることとなる・・・
病院生活は大阪大学病院だったと言う・・・
此処で、ドクちゃんのあの人懐っこさな話振りで大学の教授先生と懇意になって行く・・・
「軍(シダクロスズメバチ)」の中の「軍」!!!、超巨大巣にする「軍」数匹を家に帰った折捕まえ大学の教授にDNA鑑定を頼んだと言う・・・
それが、後にドクちゃん命名の「コバクロ」発言へと展開して行くのだった!
依頼した「軍」の中の「軍」のDNAは並の「軍」とは違った遺伝子を持っていたと言う・・・
新種登録には、もっと多くのサンプルが要され、その鑑定には数百万円も掛るという事で、最終的には日の目を見なかったが、「極爺さん、「軍」と言われている中に別種が混在して居るぜ~~~!」とかなり興奮して捲し立てていたのを記憶している。
そして、数百万円貯め込んで、DNA鑑定まで漕ぎ着けたい!!!と・・・何度となく効いて来た。

老い耄れ爺も駄洒落本:「 shy・・・、the Vespula 」の中で、「軍」の中にも2タイプ存在し、「軍」の中の「軍」は超巨大巣にする!!!と、書き立てているが、ドクちゃんは、当に、その裏付けを取るべく僅かなサンプルでDNA鑑定に挑戦してくれたと言う訳だった。
これ以降、ドクちゃんは、「軍」の中の「軍」を「コバクロ」と呼ぶようになっていった。
「コバ」とは、老い耄れ爺の名、「コバヤシ」の一部を採って捻り命名ををしたのだった!!! 
「コバクロ」かァ~~~!、上手い命名をしたもんだ!!!

それから、一部ではあるが、ドクちゃんが絡むヘボ群団仲間では「コバクロ」が通用するようになっていく・・・
そう言えば、愛知県には、「コバクロ」というヘボの会が存在していて、地元の新聞でも取り上げられていたのを読んだ事がある!!! 何処に入れ忘れたか?yも新聞を貰った事があるが、大々的に1ページを使って色々な事を発信していた・・・
実にウィットに富むドクちゃん流発想は色々な場面で頭角を現すようになっていく・・・

こんなハプニングがあり、暫くして、体調も良くなり、ドクちゃんは、遂に、大阪大学で博士号を取った!!!と、言う知らせが届いた!!!   

こんな話が蜂仲間で広がり、大御所:今井会長さんは、安藤さんの事をドク(博士)ちゃんと呼ぼうという事になった!
これ以降、我々、ヘボ仲間は安藤さんの事をドクちゃんと呼ぶようになる・・・
そして、ドクちゃんンの「ヘボ」学は、留まる所知らず!!!、金と時間があれば、家に閉じ籠り執筆活動の時間が増えて行く・・・ yの所には、ドクちゃんの日の眼を見て居ない草稿が何十枚、何百枚とある!!!
初期の頃は手書きをしていた!!!
蜂狂にしては達筆で上手な字を書き、それも丁寧だった!!!
万年筆が大好きだったので、使わないモンブランをプレゼントした事があったが、これを大事に使い、それ以降万年筆を使うようになる。
しかし、近年は、パソコンで入力しているようだった。
今年の正月明け、2000ページに及ぶ大論文を書き上げた!という手紙を貰った。 
部分的に欲しい校があれば、連絡くれれば送ってやる!と、書かれていた矢先、1月に手紙依頼したばかりのの事だった。
この依頼に対し届いたのは、先に紹介した捕獲した「ハチクマ」の幼鳥と「狸」親子だった。 
先日、告別式の折、「狸」親子を見たかったが、放したばかりだったようだ・・・
留守番のおばちゃんがそう話してくれた。

思えば、ウィットを解せる発想豊なドクちゃんだった!!!  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加