ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 昔懐かしクラシック・タイプ!!! 』

2014-12-29 21:21:46 | 日記

               


今月は、前半「イワチドリ」用の手捻り鉢造り、20日頃から、毎日、「イワチドリ」の植え替え作業をしている・・・
貧乏暇ナシ?と、言った所か ・・・ 
10日ほど、毎日、50鉢近い植え替えをして来た!!!
DSさんからの最新作が中心で約95パーセントの種は順調に増殖していた!
DSさんの最新作には目を見張るような固体が多く、ここ2~3年で株立ちが期待出来る!!!
優秀種は、1本立ちでも絵になるが、株立ちにすると、尚、見栄えがする!!!
「イワチドリ」の場合、株立ちを基本に考えて来た・・・
依って、ここ2~3年が勝負どころとなるだろう・・・

そして、昨日から、クラシックタイプ、言うなればエンシャントな種を植え替え始めた・・・
これは歴史がモノを言い、もう、何年も前から株立ちになっていて種に依っては鉢から溢れんばかりに増えている・・・
その昔、「伝一」鉢に憧れ、まとめて取り寄せた時期があった。
何となくこの鉢に植えると作が上がるような気がしていた・・・が、最大の欠点は、水耕栽培をするとやたらと苔が付き手に負えない!!!
毎年、植え替え時、鉢のブラシ掛け洗浄で苦労している・・・
真冬日、鼻水を垂らしながらワイヤーブラシを掛けながら水洗いするが手が凍て付いて痛い!!! と言うより、神経が麻痺し感覚が無くなるから恐れ入る!
今、この作業をしているが、大変だ!!!!!  
しかし、長年掛って集めた貴重品が多く、これらの株立ちを見ると購買者や店の思い出が湧きでて来た懐かしくなる!!! 
その多くは、紀州:新宮のDSさんや角さん、川島さん等の所、奈良県西吉野村サトー山草園、それに諏訪の中山植物園や白樺植物園かえらの物だった。
夫々に思い出があり、懐かしい!!!
今日は、川島さんの「紋」「山霧」、神崎さんの「笹の丸」、角さんの所から嫁入りして来た「極楽鳥」「三宝」「姫蛍」「糸菊」、宮本さんの「韋駄天」「火龍手裏剣」「大麒麟交配周」、永井さんの「宝龍漠」タイプ、それに鬼面児さんの「オオイワチドリ」の縞斑等々植え替えたがゴッツイ芋に仕上がっていた!!!  



中でも「紋」「極楽鳥」「糸菊」「宝龍漠」タイプ、それに「オオイワチドリ」の縞斑はデッケー芋だった。 縞斑等は6~7cmにもなっていた!!! このように馬鹿デカクなる芋は当然の事ながらその数も多い!!! 
正直の所余りデカ過ぎるとどう植え込んでいいか?迷ってしまう!!!

買ったり頂いたりした芋や苗を思い出しながら何年も何年も前の時代を思い出しながら植え替えをした・・・

まだまだ、この手は始まったばかりで、毎日やっても1月イッパイはかかるだろう・・・ 

これから「姫満月」や「糸菊」、「月輪」、「熊野獅子」「山霧」タイプ、「久美人」等のグループが出て来る・・・
よく枯れもせず20年近く生き永らえている・・・
夫々に思い出があるので芋の増殖を見たり芽出し~開花を見ると夫々に懐かしい!!!
こんな作業を30年近くも懲りずにしている・・・ 余程、この「イワチドリ」にノメリ込んでいるのだろう?


今年の作業は、今日で打ち止め!!!
また、正月明けから始める・・・
  

今年もクダラナイブログ書き込みにジョイント頂き有難う御座いました・・・ 
来年も、また、続けようかと思っています。 引き続きジョイントの程をお願いします。
どうか、皆さん、よいお年をお迎え下さい。。。  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

     『 義理 と 人情・・・ 』

2014-12-27 08:58:16 | 日記

               


昨夜は余りにものショックで感情剥き出しの戯言を書き立てた!!!  
松本山雅に関係した多くのサポーターなら少なからず愕然とした御仁が多かった!と、想像する・・・

yは、厳格な明治38年生まれの父、明治42年生まれの母の元で「義理と人情」を重んじ厳しく育てられた!!!
取り分け、母親は、「義理」を重んじ人が嫌がる事は極力嫌った!!!
そして、父親は、人が嫌がる事、悪事を極端に嫌い厳しい目が光っていた!!!
そしてそして、老い耄れ爺、戦中派育ちで物資・食料不足の時代で育ちどちらかと言うと保守的な思考を持ち合わせて来た。 底辺に厚く、権力や札束をふりかざす人間を嫌い無力ながら儚い抵抗を持ち続けていた・・・
こんな事が原因して昨夜のような思考回路が構築されてきたのかも知れない!!!
取り分け、母親の「義理人情」を重んじる教育、躾は、今日でも老い耄れ爺個性の根幹をなし続けている・・・

オマエ馬鹿か間抜けと言われれようが「義理人情」については、殊の外センシティブで礼を欠く御仁:人間には極力否定的行動を採る事にしている!!!!! 
幾ら大金を積まれようが、美味しい条件を翳されようが「義理」を欠くような行動には手を出ない!!! これがオイドンのモットウだ!!!
日曜日の張本さんの「カツ!!!」番組をよく見ているが張本さんもよく似た思想の持ち主だ!!!と、思っている。戦中派の人間にはこのような思想の持ち主が多いのだろう?
昨今、野球:メイジャーと言う銘々欲と大金に誘われてメージャーを目指すプロ野球選手が目立つが、張本はこれを極度に嫌っている!!! 「日本人は日本人らしく国内で強くなれ!!!」と・・・
Jリーグに例えるなら都会チームや資金力のあるチームは、札束を振り翳し、前年活躍したり潜在能力のありそうな選手を上位思想で誘う!!! そして多くの選手はこれを選ぶ!!!
yにして見れば、実に、仁義を重んじない汚い手法だと思っている!
「義理と人情」の躾を徹底的に受けてきたyには到底受け入れられない話だ!!! 
先日こんな話があった!!!
今年、沢村賞を取ったオリックスの金子がメイジャーを目指していた・・・ だが、残念ながらオファーは来なかった。
そこで動いたのが札束を振り回す阪神や楽天、ヤクルト等々・・・ 4年複数年契約で20億円と言う途方もない金をチラつかせた!!!
しかし、金子は、長い間育て上げてくれたオリックスに留まった!!! 「義理」を感じていたのだろう・・・
昨年、横浜DeNA の番長三浦も動かなかった!!! 阪神から大金を積まれたが横浜に恩を感じ居残ったのだった!!!
偶にこのような「恩義」を重んじる選手が居る!!! 
中にはこういう選手も数少ないが居るには居る!!! が多くは札束を振り翳されると動くのがこの世界!!!
新聞報道に依ると、オラガ船山は松本山雅と複数年契約をしていた。そして、まだ契約が残っていたが、振り切っての移籍となった!!! こういう所に人間性の何たるかを感じてしまう!!!
今、プロスポーツの世界は、皆、この手法で動いている!!! 余りにも欧米的論法で動く事に戦中派は抵抗を感じる…

今朝の新聞を見ると船山移籍話は、アッサリと表面的の事だけが書かれていた・・・ 
地元にして見ればして遣られたり!!! 
冷たい報道だった! 

地元サポーターにして見れば、また、yの言う「義理と人情」「恩義」主義論を採るならば少なくも後1年貢献し恩義を売った上での移籍だったらもっと大きな報道に出ただろう?
99パーセントのサポーター、フアァンは、ガックリきた上に折角の昇格を端から挫く行動に先を案じたに違いない!!!
昨夜、遅くまで「ブログ村」を見続けたが、余り見苦しい表現は無く表面上新天地での活躍を!!!と、だけ書き立てている御仁が儘居た・・・。

さてさて、早くも昨日からJ-1 の戦いが始まった!!!
苦しい戦いの一齣である・・・  
クラブ当事者の苦しみが判るような気がする・・・
地方クラブの先駆者「バンフォーレ甲府」の生き様が、段々に判って来た。 毎年のように草刈り場にされている!!!
これは昇格、即、降格を覚悟しなければならない道筋かも知れない・・・
余り、露骨なサッカー界なれば近い将来この分野からオサラバする事になるだろう・・・ こんな事で残り少ない人生を擦り減らすのは本意ではなく、情けない!!!
他に遣りたいことがシコタマある!!!
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

     『 動き出した J リーグ ストーブ戦!!! 』

2014-12-26 21:26:30 | 日記

             


来るものが来た!!!と言う感じだった!!!  
噂やネット等で松本山雅の得点王:船山貴之が川崎からオファーを受けている事は知っていた・・・
此処には大久保や中村賢悟等名だたるタレントが勢揃いしていて、仮に船山がコンバートされても出場機会は少なく潰されるだろう!!!と高を括っていた・・・
しかし、今日、クラブからの情報に依ると完全移籍が決まった!!!
残念でならない!!!
JFL時代栃木からレンタルで借り受けていたが、時々、出る位でそれ程の選手でもなかった!!!
しかし、反さんが監督になり鍛える事に依り走り回れるようになり、且つ、得点能力も徐々に高まって行った。
言うなれば反さんに育て上げて貰ったようなもので、松本山雅で個の技を身に付けたようなもんだ!!!
その君が山雅を蹴って川崎フロンターレへと・・・  
正直の所、今日は、少々、気分を害した!!! クラブ当事者にして見れば腹の虫が治まらなかったに違いない!!!   
しかし、プロの世界ではこんな事は日常茶飯事で幾らかでも条件のいいチームからオフアーがあれば触手を伸ばす!!!
北九州から池元を獲得した時点から、多分、危ないと睨んでの動きだったのだろう? 丁度似たタイプのFWだ。

確定したからには致し方ない!!!
船山には川崎で頑張って貰いたいが果たして出場機会はあるのだろうか? 補欠や2番手3番手だったりして?
貧乏クラブは、下位クラブからの補填と育成で、今後、選手補強で陣容を固めるしかない!!! 変な世界だ!!!  

世界中どこを見ても銭:お金のあるチームは札束にモノを言わせ、かなりアクドイ戦力補強をしている!!!
日本では浦和がよくやる手だ!!!
依って、浦和は日本中の多くのサポーターから嫌われている!!!
ガンバ大阪、名古屋、今回の川崎等似たようなもんだ!!!
ヨーロッパの名門チームは、数百億円の金をチラつかせ似た様な戦力補強をしている・・・
200億円、300億円のお金が飛び交うと言うから尋常ではない!!!

資金力に乏しい地方クラブは堪ったもんじゃァ~ない!!!
バンフォーレ甲府は、毎年、この憂き目に逢って来た!!!
鹿島に抜かれたダビ!!!、ガンバ大阪のパトリック等その典型と言えよう!!!
しかし、毎年、少ない予算でJ-1に踏み止まり健闘している!!!
こういう観点からしても折角J-1に昇格しても来年の降格候補はある程度見えていて・・・、松本、山形、甲府、仙台、清水等はその有力候補だと言う・・・
スタートする前から読めているから悲しい!!!
曰く、J-2でプレーオフ戦で上がったチームは、毎年、エレベーター候補一番で残留した試しが無い!!! 
大分然り、今年の徳島もそうだった!!!
しかし、こういう手を使わないと世界水準には合致しない!!!と、言う・・・  何とも不公平な話である!!! 

昨今、ACL に参加する日本のチームで勝ち残れるチームが無くなってしまった!!!
言うなれば汚い手を使ってでもライバルチームが育て上げたタレントを金で買い捲らないとこの世界で頂点に立つ事が出来なくなってしまった!!!
韓国や中国のクラブチームの補強振りを見れば一目瞭然だ!!!   

こんな中身が見え隠れしている!!!!!
その内に多くのサッカーフアァンが逃げ出す時が来るのでは?


レンタルと言う制度もオカシナ話だ!!!
折角育て上げても借り者は返さねばならなくなる・・・
松本山雅の犬養(清水)や山本(仙台)がイイ例だ!!!
今回、折角、育て上げたが返さねばならなくなった!!!
最も清水や仙台の今年の不振ぶりを見れば判らないでもない? 降格候補の真っただ中に居た!!! よって、形振り構わずのみっともない行動に出ている・・・

こうして、段々、中身が判り出すとこの世界からオサラバしたくなる!!! y丈だろうか? 
この世界、水面下での交渉事、知らない方がイイのかも知れない? かなり汚い、見苦しい手法が講じられているのだろう?  

さてさて・・・、来年は一体どうなるのだろう?   
松本山雅の社長が交代した遠因もこうした事が,多少,あるのかも知れない?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

     『 凄いぞ~~~、Nanaちゃん!!! 』

2014-12-26 00:02:55 | 日記

             


12月に入り追い込みを掛けていた陶芸教室も明日から冬の休館となる!
今日は、今年の最終日と言う事で、追い込みを掛けた「イワチドリ」の鉢の半分が焼き上がり作品を貰いに行って来た。
安曇野:穂高は北アルプス山系の麓にある為昨夜来の雪で辺りは真っ白だった!!! そして、常念岳を始めとする高い山並は吹雪で霞んでいた!
かなりの積雪になっているんだろう?

先生から手捻り品を貰い受け用意して来た段ボール箱に作品を一つ一つ丁寧に入れた。
弟子のおばちゃん達が3人程今日も手捻りしていた・・・
家では「イワチドリ」の植え替えが待っているので今日の所は貰い受けと今年最後の年末御挨拶でお暇した・・・
先生は、この休み中に何処ぞへ旅行を計画していると言う・・・
そして、先生の年賀状を楽しみにしている・・・
流石芸術家だけあって絵と言い字も上手で抜群の賀状を、毎年、頂いている。
先生と賀状の話をしながらお別れして家路に就いた・・・

流石午前中時間を割くと、「イワチドリ」の植え替えはノルマをコナセない!!! 
半分程残して帳を迎えた!!! 
凍みない手当てをして残りを明朝する事になり・・・

家に入ると電話がチリチリとなった。
婆が手を離せないので出ると3年生になる孫娘からだった!!!
クリスマスプレゼントのお礼電話かと思ったが、そうではなく、何時になく声が弾んでいた!!!
「爺ちゃん、約束した算盤4級を取ったよ~~~」
「爺と約束した4級年内に取れて良かった!!!」と・・・・以下にも嬉しそうだった!!!
「凄いじゃん、Nanaちゃん!!!」」「今度は3級だね!!!」と、言うと「ウン!!!」と、ヤル気満々だった!
「正月来た時、何処かで御馳走してやるね」と言うと「珈琲哲学!!!」と御強請りが飛んできた!!!
ここのパスタやピザが大好きで何時も最高級品を狙っている・・・ 

思えば算盤の3級と言えばyの悪餓鬼同級生KayouやShinji君達、諏訪実業高校へ進学し卒業した時やっと3級取得だった!!!
それでも当時は皆から羨ましがられ、彼等は鼻高々だった!!!
そして、一流の東京第一銀行、興行銀行へ就職し、かなりの役職まで上り詰めた!
また、現役時代yのブレーンでTakaoさんと言う君(きみ)が居た。
物凄く頭のイイ子で事業計画書等造る際P/LやB/Sを作る際、力を借りて悪戦苦闘したもんだった。
この時、かなりの予算計画を暗算でしていた!!!  
最初フザケテ数字を並べているとばかり思い込んでいたが、とんでもない話で計算機で叩くとドンピシャ!!!!!  
実は、高校時代、算盤1級を取得していた事が後で判った!!! 
算盤1級と言うのはこういう事か!!!と!!!!!!  
この時の出来事は生涯忘れる事がない驚きだった!!!

こんな経緯があって孫娘達の算盤取得には別格の関心があった!!! 

末孫娘の姉は、既に、算盤と暗算で初段位を取得していて、更に、上の段位に挑戦している・・・
これも凄い話で、今年、夏休み、ササヤカながらお祝いの食事会を持ってやった!!!
yは大の算盤嫌いで算盤を見ただけで寒気がして来る・・・
丈に、段位と言うと恐れ戦いてしまう!!! 
まだ小学生~中学生でこういう人達が居ると言う事に驚きと賛辞を送りたくなってしまう!!!

聞く所に依ると、こういう算盤塾の先生は、先ずは、親の教育から始めているらしい!!! 礼儀作法は、極めて、ウルサイという・・・
ボサボサしていると叩きのめされてしまう!!!と、この子達の父親が溢していた!!!

Nanaちゃん、春先には3級取得を狙っている!!! 
またまた、珈琲哲学のパスタに連れて行った遣らなくちゃァ~~~
頑張り続けている子供達である・・・
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

     『 コツコツ…こつこつ・・・・・!!! 』

2014-12-23 21:42:40 | 日記

             


毎日、早朝からサテアンに入り「イワチドリ」の植え替えをしている・・・
植替えは40~50鉢/日のペースだがまだまだ序の口で1カ月以上も掛るだろう・・・
12月は高級種を中心に植え替えを進めているが、作も上がっているのか?増球していて時間が掛る!!!
植替えそのものはたいした作業ではないが、苔がビッシリ生え付いた鉢を洗うのに難儀する!!! ワイヤーブラシでゴシゴシ擦らないと苔は落ちない!!!
寒い日のこの作業は手が凍る余程痛く、症が無くなる!!!

今の所 my 手捻り鉢を中心に植え替えしている釉薬が効いていて苔の生え方が少なくこの鉢は気にいっている・・・ 思うに、素焼き鉢は苔が生え易く当を得ていない!!!
出来るだけ手捻り鉢を多くしたい所だが、これとてそんなに簡単な話ではない!!!

さて、昨日は我が植替え友、百舌鳥野郎について述べたが、また、新たな発見をした!!!
サテアンで球根を鉢から取り出していると何処からともなくコツコツ…コツコツと何やら叩く音がする・・・ 
この音は数日前から気が付いていた!!!
今日はそれとなくサテアンの屋根を見ると黒い影!!!
やや羽を広げた小鳥がガラス屋根を突いている!!! 
何だろうと思いよくよく見ると百舌鳥野郎が屋根に張った寒冷紗とガラス屋根の間に居るヘボちゃんを突いて餌探しをしていた!!!!!
夏~秋にかけ天窓を開ける為サテアンに迷い込んだヘボちゃんが出られなくここで往生している姿を見て来た・・・
そして、交尾期、僅かな隙間から逃げ出したヘボちゃんが同じくこの間で逃げ出し切れず屯していた・・・
こういう死骸か?それとも、まだ、生き残っている女王蜂が居るのか?いずれにしてもこの手のヘボちゃんを突いて食している様子だった!  
こうして、毎日、コツコツやっているのでかなりの餌があるものと思われる・・・

画像に収めたい所だが、余りにもにも条件が悪過ぎ難しいかも知れない?

コイツ:百舌鳥野郎…、yが水道で蜂の水洗いをしていると近くの楓の木に来て様子覗いをしている・・・
実に人懐こい可愛い奴だ!!!
こうして、毎年、百舌鳥野郎と出会えるのが楽しい!!!
yやヘボちゃんの味を記憶していると見え、かなり人懐こく近寄って来て餌を探っているようだ・・・
こういう行動を見ているととうてい野鳥の百舌鳥とは思えないイジラシサを覚える…
思えば、こうした百舌鳥野郎との付き合い、30年も前から続いている。
過っては、晩秋、猫の額ほどの庭で畑を作っていた・・・
晩秋と春先、豆トラで振り回されながら土起こしをして来た・・・ そうすると土の中からミミズや昆虫、蛙等が飛び出して来た。
百舌鳥野郎はこれを狙ってyの直ぐ脇でyの土起こしをジロ~~~ッと覗き込んでいた。。。
何処かにこういう画像が残っている筈だが、今ではもっと簡単に食せるヘボちゃんを狙っている・・・

百舌鳥野郎、一体、何年生き永らえているのだろう?
そして、こうした餌取りを子孫にどのように伝えて来たのだろう?
そして、百舌鳥の寿命は何年くらいなのだろう?

一連のこうした行動を見ていて百舌鳥野郎の神秘の世界に引きずり込まれて行く・・・  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加