我が家のウィリー王子

イングリッシュセッターとの、楽しい毎日。

病理診断

2017-06-21 01:04:37 | ウィリー

ウィリーの最後の眼科検診に行ってきました。

傷口も綺麗に治って、先生からOkを貰いました。

糸はウィリーだけVIP待遇(王子様なので・・では無く暴れようがハンパないので)で、

溶ける糸を使ってもらったので、抜糸も無くチェックだけでした。

そして、心配して頂いた皆さんに検査結果を早くお知らせしたくて

ブログを更新しました。

病名は予想通りメラノサイトーマ。

それが原因で緑内障、失明を引き起こしてしまったようです。

一番気になっていた、腫瘍は良性でした

転移も無く全て綺麗にとれたので、予後は良好で右目に転移する事も無いそうです。

普通の緑内障だと、片目を発症するともう一つの目も80%の確率で発症するそうです。

それが、一番心配だったけど、結果としては全て申し分のない位、最良の結果でした。

この結果が出るまでの今日まで、

毎晩毎晩PCで調べて悪性の場合や腫瘍で無かった場合、

今後の体の事や右目の事がとても不安で、まだまだ心配な事だらけで辛かった。

でも、今日の結果を聞いて、やっとやっと安心出来た。

お蔭で、今日からゆっくり寝られます。

心配して頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

 

あ~~、今日も一杯泣いた

長い長い戦いがやっと終わった。

今まで、こんなに悲しい気持ちで過ごした事は無かっただろう・・・。

ウィリーが辛くても頑張った分、これからは一緒に楽しく幸せに暮らしたい。

一日一日は神様からの贈り物。

ウィリーが居る貴重な毎日を大切に生きて行こう。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

元気です!

2017-06-19 22:28:02 | ウィリー

ウィリーは、あれから17日が経過して、

手術で剃られた目の周りの毛も大分はえてきました。

おかしいな~・・・?

1時、4時、7時

散歩が3回に増えてるんだけど・・・?

発病してから、ベッタリ一緒にいたせいで・・・

暇なら、散歩に行こうぜー!

と、ウィンク顔で訴えてくるので、仕方が無い。

甘くなってしまうなぁ~~。

でも、散歩に行きたくなるくらい元気になったって事だから、

喜ぶべきだね!

明日は、最後の検診です。

又、ダッシュで帰ろうとするのかな~?

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何時も会うおじさん

2017-06-12 22:26:36 | ウィリー

何時もの散歩コース、田園地帯も田植えが終わって一揆に景色が変わった。

ウィリーは、水の上を吹いてくる風が心地よいみたい。

ここは誰も来ない場所だけど、唯一たまに会うおじさんがいる。(60代くらい)

今日も、自転車でやってきて、自転車を置いて少し歩いたり体操をしたりしていた。

いつもウィリーはそのおじさんに挨拶に行く。

この建物の所にいつも来るので、Momが車を置いてる場所の通り道ではないので

ウィリーは毎回会ってるけど、Momは遠目で会釈をする程度で会った事は無かった。

でも、今日はウィリーが One eyeになってしまって 初めてだったので

「ウィリーを見たおじさんが、きっと驚いてしまうから説明しなくちゃ・・」と、

ウィリーの後を追いかけた。

オジサンはウィリーの頭を撫でてくれてた。

どんなリアクションになるのか? 顔が強張るんじゃないか?

ウィリーを見た人の表情がとても気になった

そして、少し心配そうにやってきた私を見て言った・・・・。

「この子、太ったな~!」

え? え? そっち?

私は、拍子抜けして田んぼのあぜ道で転びそうになった。

「今、何歳や?」

「11歳です・・・」

「ほな、ワシと同じくらいな年やな~。爺さんかーハッハッハッ」

その後、全く目の事には触れず、おじさんちの猫の話になって終わった。

何だか、ウィリーの目の事なんて何とも思わなかったオジサンに感謝。

今日の少し嬉しかった出来事でした

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エリザベスから解放

2017-06-10 18:57:28 | ウィリー

昨日、金曜日はウィリーの検診の日でした。

手術から一週間の経過検診です。

午後の散歩を済ませて・・・

予約制では無い為、午前中は混むので夕方にしました。

何処行くのか? かーしゃん!

いつもは一人で連れて行くけど、

今回だけは「もしウィリーが手術のトラウマで嫌がったら可愛そう・・」とDadについていって貰った。

病院について先生の顔を見たら、思った通り

扉の方行に一目散 

まだ、眼球の病理検査の結果は出ていなかったので、次回10日後。

 でも、術後の治りも順調で 先生が

「もう取っとこかー?」とエリザベスカラーを外してくれた。

あ~スッキリ!

後、一週間外せないと思っていたのに、早く外せて良かった。

でも、後ろ足で掻かないでね! ちょっと心配・・・。

これで、やっと普通の生活がおくれるよ。

ほんとに良かった!

ウィリーも嬉しそう

ウィリーは皆さんのお蔭で、今日で手術から8日が経過しました。

やっとエリザベスカラーも取れて普通の生活に戻りつつあります。

ありがとうございます。

結果次第では 今後課題が残る事もありますが、

とにかく今この時を大切に、幸せに暮らせたらと思います。

又、結果が出たらお知らせさせてもらいますね!

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

初めて気付いた

2017-06-08 00:35:36 | ウィリーの瞳

今日は朝から大雨・・、あの日から、もう6日も過ぎた。

先週の今頃は この世の終わりって思う程、心が悲鳴をあげていた

手術が近づいて・・

奇跡なんて起こらなかった!と絶望的になったり、何故だか分からず月を見続けたり・・・。

私のメンタルの弱さを初めて知った。

今でも、急にフラッシュバックして怖くなる時があるけど、

でも、もう悪夢は終わった。

大雨でも外に出て走り回ったり、何かにぶつかってもエリカラを振り回し

平気な顔で生活しているウィリーに救われる。

ウィリーは強いな・・・偉いな・・・と感心する。

そう言えば、今までずっとMomがウィリーを支えてきたような気がしてたけど、

これまでだって、本当はMomがずっとウィリーに支えられてきてたんだね。

いつもいつも心を癒してくれてた、どんな時もセラピーしてくれてた。

今回の事で、ウィリーの存在の大きさを再確認できたよ!

そして、いつまでも一緒に元気で過ごそうね!

ありがとう、ウィリー。

そして、これからも宜しく!

ご心配かけた皆さんへ。

お蔭様でウィリーは本当に元気になりました。

傷口も、燕の赤ちゃんみたいに毛が生えてきて、少しは見易くなりました。

一番下に少し見易くなった(私が慣れてきただけかも?)ウィリーの写真をしています。

もし、良かったらウィンクウィリーを見てやって下さいね!

I CAN'T STOP LOVING WILLIE 

 

 

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

4日目

2017-06-06 01:20:42 | ウィリー

今年はウィリーの手術の成功を祝うように、バラが満開です。

多分、牡蠣の殻肥料の効果ですが・・。

玄関を出ると、自然のバラの香りに包まれます。

今日、新しいエリザベスカラーが届きました。

実は、手術の日。

先生曰く「意識が戻ってから、一度吐いたんですけど麻酔のせいかと思います」

と言われて、朝から絶食してたのにどうしたんだろう?と思ったら、

エリカラが首に食い込む程キツくて、直ぐに一番広いボタンに留め直して貰った。

手術もキツかったのに首まで苦しくて辛かったね・・・と、

ウィリーの気持ちを考えると、余計に可愛そうで泣きそうになった。

ブルーのエリカラは「太陽の塔」みたいに開いてるから、足長のセターには短くて、

夜中に耳のあたりを掻きそうになって、飛び起きて止めた。

でも、これなら長さがあるから大丈夫。

やっと安心できた。

部屋中使って、大きな態度で寝ています。

暫くは、これで行こう!

話が変わりますが、ウィリーの緑内障の原因が目の腫瘍だと分かってから、

とにかく病気に打ち勝つ抵抗力や免疫をあげたいと思って、色々調べつくしてたどり着いた

動物の漢方薬の病院。

そこで処方して貰って、飲み始めた漢方の先生からメールが来ました。

ハルベッツクリニックhttp://www.harupets-tokyo.com/

この病院は、自然の生薬により動物本来の持つ生命力を呼び覚ます

漢方・東洋医学動物病院です。

こちらの先生には本当に親身になって、相談にのって頂きました。

漢方って、効果が良く分からない場合もあると思いますが、

ウィリーにはとても効果があったと思います。 今日、有る事があって確信しました。

ウィが飲んでいたのは、

免疫力をあげる為の滋補肝腎薬・炎症をおとす為の清熱剤です。

「ウィリー、手術どうでしたか?無事終わりましたか?

もし分からない事があったら何でも聞いてくださいね!」と。

有り難い事ですね。

大勢の患者の中のたった一頭のウィリーの手術の日をしっかり覚えて頂いて、

メールまで頂いて・・・。

最近、少し獣医さんに対して、思いやりや配慮が足りないんじゃないかな・・?と

不信感を持っていたので、思わず「こんな獣医さんもいるんだ!よかった・・」と思えました。

最近。サイトで良いと書かれている物は買いまくっていますが、

ウィリーの右目は絶対に守ってあげないといけないので、ローズヒップパウダーを買いました。

サプリメント的な感覚です。

私も少し貰って、姉に教えて貰ったハーブティなど作って混ぜて飲んでます。

人間も飲んでOKだったかな??

ま、いいや。

これから先も、目の事・体の事、もっともっとウィリーの健康を意識して

元気でいてくれるように、かーしゃんは頑張るからね!

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

3日経過

2017-06-05 01:16:05 | ウィリー

手術から3日が過ぎました。

今も、ウィリーを置いて帰る時の恐怖感、喪失感・・・

お迎えに行った時のウィリーの悲しそうな表情がふと頭をよぎり、

ぐっと心が苦しくなって、どうしようもない悲しい気持ちが蘇ります。

多分、迎えに行った時のウィリーの表情は一生忘れられないと思う

本当に心細くて辛い思いをさせてしまってごめんね・・・。

 

でも、昨日と今日のウィリーの回復は素晴らしく、流石野生の血は素晴らしいと感心してます。

朝から庭で走り、3時ごろ散歩の催促、夕方再び散歩。

術後なのに、そんなに動いて大丈夫なんだろうか・・と、こちらが心配になるくらい・・。

取り合えず、先生はOK出してくれてるのでお供はさせていただくけど・・・

ウィリーは、体もメンタルも強いね!

人生初のパラボナアンテナも、ぶつかるとストップしてしまってどうなる事かと思っていたけど、

昨日は、狭いローカも全くぶつからずにスイスイあるけるようになった。

今日は、エリカラをバンバンぶつけながら色んな障害物を除けていた。

ソファーにもジャンプで飛び乗り、こんな寝相まで復活

元に戻って元気になってよかった

エリカラはレンタルしてくれてるけど、長さが短くて後ろ足で顔を描きそうになったから、

今日慌てて大きいサイズを注文した。(サイズはXLにしました)

新しいエリカラは半透明なので、今より少し行動しやすくなるとおもうんだけどな~?

心配して頂いた皆さん、ウィリーはお蔭様でとても元気になりました。

今は皆さんの祈りをエネルギーに変えてます。

有難うございました。

又、様子をアップします。

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

手術が終わりました。

2017-06-03 01:28:36 | ウィリー

今日、ウィリーの手術が無事に終わりました。

12時頃病院へ連れて行き、2時45分頃「無事終了しました」と電話が入りました。

ウィリーは、本当に頑張ってくれました。

ウィリーの為に祈って頂いた皆さん・エールを送って頂いた皆さんに感謝してもしきれません。

手術の日が近づくにつれて、壊れてしまいそうな心を奮い立たせて貰いました。

 今日の朝のウィリー

この手術さえ終われば、何も心配は無い!と、思っていても・・

ふと振り向いたら、いつものように、真っすぐMomを見ているウィリーを見ると

「あ~・・明日から、もうこの顔を見れないんだ・・

小さい時からいつもいつもMomを見つめ続けてくれていた 大好きな綺麗な瞳・・・」って

メソメソしていました。

病院には11時までに連れてきて下さいと言われていたけど、早く着き過ぎて

少しでも手術まで一緒に居たくて、近くの神社で一緒に時間を潰しました。

病院で検査とレントゲンを撮って「ウィリー、ガンバレッ!」と、やせ我慢の笑顔で見送って、

ウィリーはケージに連れていかれた

ウィリー、ずっと大泣きで可愛そうだった。

ウィリーの箱入り息子?の性格が分かったのか、

大きくて力が強いウィリーに手を焼くのが予想できたのか、

それはどっちか分からないけど・・・明日のお迎えだったはずが

先生が「今日、迎えに来ますか?」と聞いてくれた。

そして、No1の仕事が終わるのを待って6時半にお迎えに行ってきた。

迎えに行った時は、まだ麻酔のせいか後ろ足がしっかり立てなくて、

腰が抜けたような状態だった。

ボ~~としたウィリーに、「よく頑張ったね!強かったね!偉かったよ」と大ハグした。

傷は、やっぱりまだ痛々しい・・。

片目になっちゃったけど・・傷が完治するまで辛いけど、今は良かったと思える。

これからは楽しい事しか待っていないはず!

ウィリーが、長生きして生きてくれてればMomは幸せだ!

少し辛いのが家が小さくて狭いせいで、エリザベスカラーが歩く度に引っかかる

でも、家に帰ってきて安心して寝てくれています。

まだ、ご飯はたべてくれないけど、さっき1時半頃庭に出てPeeとPUPUはしてくれました。

これが、病院のケージの中だったら一人ぼっちで、どうやってトイレをしてたんだろう?

我慢して出来なかったんじゃないかな?と思うと、本当に帰って来てくれて良かった。

歩くのも、大分しっかりしてきた感じです。

たまにこっちを睨んで「この邪魔な大きな物、取ってくんない?」と言ってきますが、

「後2週間くらいは我慢してね!」と、説得してます。

今は爆睡中だけど何と言っても術後だから、ちゃんと息して生きてるか見守ってます。

左目は、少し見易くなるまで待っててくださいね。

代わりに、カッチョイイこちらをどうぞ!

One Eye Wolf

又、ウィリーの様子をアップしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

後3日

2017-05-30 11:52:39 | ウィリー

皆様、ウィリーの事を心配していただいて、ありがとうございます。

ウィリーは、幸せ者だな・・とつくづく感じています。

 

いよいよ手術まで後3日になってしまいました。

瞳は眼圧のせいで少し大きくなって、赤く炎症を起こしていて痛々しい感じなっています。

発病した頃は、右目と比べても殆ど変わらず手術を決意するのが辛かった。

だけど、ウィリーが身をもって教えてくれてる気がする。

「それでいいんだよ・・」って。

ウィリーのお蔭で、私も後悔しないと思います。

こんなに、痛々しい瞳になるなら手術をしてあげたい。そう思えるようになりました。

後は、手術が成功する事、それだけが今の望みです。

元気で生きてくれてれば、それだけで全然いい。

一日に3回、3種類の目薬。

朝、昼、晩です。

この一か月と少し、私はずっとウィリーと一緒に居ます。

漢方のお蔭か、体が元気になって一日3回も散歩に連れ出されてます。

本当は、とっても怖くて怖くて仕方がないけど・・・

この手術さえ終われば、全てが上手く行く!

何も心配無い! と、ウィリーと自分に言い聞かせてます。

 

大丈夫、皆の祈りがきっと手術を成功させてくれるから。

頑張れ! 

Everything's gonna be all right!

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

時間よ止まれ

2017-05-20 22:31:08 | ウィリー

朝目が覚めると、必ず直ぐにウィリーの左目を見る。

昨日と変わらなければホッとする、そんな毎日です。

前回報告したように、少し大きくなってきてるけど、それ以上の変化はあまり無く、

目薬を入れてるせいか、痛みもない様子なので本当に助かります。

こんな風に何気ない日を過ごしていると、緑内障の事もまるで嘘のように感じます。

時間が止まってしまえばいいのに・・・。

でも、現実は手術でしか病を治せない。

どんなに辛くても避けては通れない。

 

ウィリーの手術の日が決まりました。

6月2日 金曜日の午後

 

手術が決まった日、ウィリーを抱きしめて過呼吸になる程泣きました。

でも、これからは元気を出さないと!

手術の時にウィリーが不安にならないように

笑顔で送り出そう。

甘えん坊のウィリーがMomから離れて、独りぼっちで手術を頑張るんだから。

どうか手術が成功しますように・・・。

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ウィリーの為に・・

2017-05-13 00:42:07 | ウィリー

緑内障と診断されてかから、3週間が過ぎました。

あの日から、涙も鼻水も体中の水分が無くなる程泣きました。

心の格闘を繰り返し、ここだけ時間が止まってしまってるようです。

ウィリーの左目は眼圧のせいか、少し大きくなってきた感じがします。

これは1日、大阪の帰り。

最近の目

右目と比べて少しだけ大きくなったウィリーの左目を見ると、

「もう手術を決断するしかないのかも・・」

最近、少しづつそう思うようになってきました。

今月1日に大阪の眼科で血液検査を(当日結果が出る)して貰った時、

獣医さんが

「ウィリーちゃん、体の方は良くケアしてあげてますね!11歳でも問題は無いですよ!手術にも耐えられます!」

と言っていた。

その言葉を聞いて、ワケも分からず余計に空しくなった。

多分、その時は体が元気でも手術なんてしたくない・・と思っていたからだろう。

そして、今日3週間前の血液検査の結果が郵送で届いた。

結果は知っていたけど、

改めて毎年異常が無く、今まで何も心配を掛けなかった元気なウィリーに感謝した。

緑内障だけなら、まだ良かったんだと、今なら思える。

 

No1は仕事中、涙が止まらない程心配して毎日仕事帰りに顔を見に来た、

No2は、子供達を預けて病院に付いてきてくれた、

No3は遠い国で、病気について色々調べて資料を送ってくれた・・・。

家族が、一杯心配して一杯悩んだ・・・ウィリーにとって一番ベストな方法を考えよう・・・。

昨日、No1が、

「ウィリー、目が痛くなっていくなら、・・・取ってもらおうな・・・」と言った。

私も 「そうだね・・・」 と呟いた。

私には大きすぎて辛すぎる決断だけど、ウィリーには家族全員が付いているから、

きっと大丈夫。

片目になっても、イケメンのウィリーには変わりはないよ!

次に病院に行く時、手術の申し込みをする事になると思う・・・。

連絡頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

なるべくブログで様子をお知らせしたいと思います。

ウィリーは頑張ってくれると思いますのでパワーを送ってやってくださいね。

 

 

 

 

 

<script type="text/javascript" language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3332382&pid=884672997"></script> <noscript></noscript>
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ウィリーの左目

2017-05-09 01:56:41 | ウィリー

5月1日。大阪の病院に再検査に行ってきました。

現実がまだ受け止められず、結果を書こうとする度に心が折れてしまい遅くなりました。

検査の結果、ウィリーの左目は失明しており、

慢性続発性緑内縁 と言う病名でした。

緑内障の原因として考えられるのは、腫瘍か炎症。

治療方法としては、3つあり、

1、眼球摘出  2、義眼  3.点眼薬

1・・一番ベストな方法は、眼球摘出。摘出してしまえば痛みも転移の心配も無い。

2・・義眼、美観は保てるが、もし摘出した眼球の腫瘍が悪性の場合、直ぐに再手術で

眼球を全て摘出しなければならない。短期間に2度の全身麻酔は負担がかかる。

3・・点眼薬で痛みや炎症を少しは押さえられるが、その後、眼圧が上がってきて痛くなる。

そうなった時に、やはり摘出手術になるかもしれない。

ある程度、覚悟はしていたけれど、前回と同じ結果に言葉を失った。

聞きたい事も一杯あったのに、泣くのを我慢して声が詰まって言葉が出なかったので

質問を箇条書きにしていた紙をNo2に渡して聞いてもらった。

その中には、手術の内容も書いていた。

もしウィリーにとって、一番最良の方法が摘出なら、辛いけど受け入れるしか無い・・。

Momが一番大好きなウィリーの瞳。

光が当たると、透き通る綺麗なブラウンのウィリーの左目はもう見えていない。

でも、摘出してしまうのは可愛そうで辛すぎる。

出来る事なら、このまま治ってくれたら・・と思う。

今日、初回に行った眼科の検診だったので、目薬を貰いに行った。

以前に貰った目薬が2つ。

眼圧が前は22、大阪で29、今回35。

眼圧が、高くなっているから、一つ増えた。

今日、先生に「どうしようと思ってますか?」と聞かれた。

「ある程度は覚悟しています。でも、もう少しだけ考えさせて貰っていいですか・・?」

そう答えるのがやっとだった・・・。

無駄かもしれないけど、免疫をあげる為に3日から漢方を飲ませ始めた。

何でもいい、どんな事でもいい、最後まで諦めたくないから。

神様、もう少しだけもう少しだけ時間を下さい・・・。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

経過

2017-04-29 00:39:18 | ウィリー

あれからコメントを入れて頂いたりアドバイスを頂いた方、本当にありがとうございます。

こんな時は、優しい言葉が身にしみます。

ウィリーの目は、目薬の効果か、見た目はかなり良くなってきました。

普通にしていると、病気の事が嘘のような気がします。

散歩も食欲も普段と何も変わらないのに、

悪夢だと思いたい忘れてしまいたい、毎日そう思います。

Momは、毎日PCに齧り付いて、細かく情報を探してます。

少しでも手が止まり時間があくと、ふと現実に引き戻されて

どしようもない悲しく辛い気持ちが襲ってくるので・・・。

 

最初の頃は、同じ病状の子達を調べていました。

読めば読むほど、大変な病だと思い知らされ、怖くて怖くて辛かった。

でも、今は 「泣いてばかりいられない!ウィリーはMomが助ける!」 と、

次の検診までにしてあげられる事を色々調べて、何軒も問い合わせをしながら

準備を始めました。

獣医眼科の先生や、獣医漢方の先生・・・問い合わせの番号に電話をすると、

有り難い事に、直接 院長先生本人が親身になって話しを聞いて下さいます。

私が一生懸命に気持ちを伝えると、無理だと分かっていた事でも

何とか無理して了承して貰えたりで、嬉しい限りです。

自分の事だとここまで出来ないのに、ウィリーの為ならどんな事でも出来ます。

今日の朝はOLMomに教えて貰った、レイキヒーリングもして貰いました。

嬉しい言葉が聞けて、心がとても楽になりました。

ウィリーは、あんなに嫌いだった目薬も我慢して上手に入れさせてくれるようになりました。

来週は大阪の大きな眼科に行ってみます。

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ウィリーの目

2017-04-27 00:54:01 | ウィリー

心配して頂いた皆さん、ありがとうごさいます。

早く報告しなければ・・・と思いながらも、予想もしていない深刻な結果を受け止めるのに

とても、とても時間がかかってしまいました。

 

金曜日、いつも行っている大きな病院で目薬だけを処方され、

あまり回復が見られず、日曜日、何か嫌な予感がして名医と言われる個人病院へ

セカンドオピニオンに行きました。

少し、黒目が見えた時、黒目が急に白っぽく白内障のようになったので、

それも相談をしようと思っていました。

この病院で見てもらった結果、左目は見えていない。

そして、この病院では手に負えないから、紹介状を書くから眼科へ行け!と言われました。

月曜日、眼科でウィリーの目を診察してもらいました。

左目は失明していて、

眼球の中に腫瘍が出来ている、その腫瘍のせいで左目の眼圧が22もある。

腫瘍が転移する可能性は5%とかなり低いけれど、悪性か良性かも分からない。

左目はもう見えていないし、眼球摘出が一番の方法です、と言われました。

 

この後も、少し説明が続いていたけど、ショックで涙が溢れてきて、

先生の言葉が全く頭の中に入ってきませんでした。

泣きながら、やっと質問出来たのは

「眼球を摘出しないで、治して行く方法はないのですか?」

答えは、摘出がベストだと言う内容だった様な気がします・・・。

「年も11歳なので、家族とよく相談して決めてください」と言われました。

帰宅する車の中で涙が止まらず、車を停めて大きな声を出して泣きました。

泣き過ぎて、頭が痛くなる程・・。

こんなに一緒に傍にいたのに、どうしてこんな事になったんだろう・・。

何でもっと早く気が付いてあげられなかったんだろう・・

出来るならMomの眼をあげたい。 ウィリーごめんね。

 

今でも、まだ決心はついていません。

考えられないんです・・・。

左目は見えないと言われたけど、ちゃんと物を追って見えてる気がするし

体も元気だし・・・。

少しの望みでもあれば、どんな事でもしてあげたい。

眼球摘出は最終手段だと思いたい。

毎日、毎日、泣き過ぎて目が痛い中、PCを開いて色々調べています。

もっと他の病院で見てもらうべきか、漢方ならどうだろう?

ウィリーの眼球を摘出しなくても、きっと何か良い方法があるんじゃないか?

2週間後に、目薬も切れるし又病院に行きます。

その時、もう一度質問する事を纏めて聞いてくるつもりです。

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

病院へ😢

2017-04-22 22:30:37 | ウィリー

昨日のお昼、寝起きのウィリーの目を見て驚いた。

左の目の瞬膜が出たままになっていて、黒目が殆ど見えない状態 

赤くて痛々しい・・・。

瞬きをしても、瞼の中に入らない・・・。

この症状・・・何か大変な病気になったかも・・・と、泣きそうになりながら、

急遽、病院へ行った。

病院に行った時には少し黒目が見えてきてた・・・。

先生は「色んな原因が考えられるので、先ずは血液検査と点眼液で様子を見ましょう!」と、

点眼液を出してくれた。(検査結果は1か月後、遅い~)

病院で先生が点眼してくれて、帰宅後再び寝て・・

起きると再び前と同じ状態

取り敢えず、食欲もある!

元気が無いわけじゃないので散歩は出来るけど、

目が見えにくいと、階段は危ないので暫く一緒にリビングで寝る事にした。

夜、ウイリーが寝てからインターネットで調べて調べて・・・。

目だけならまだいいけど、体調やストレス、脳神経から来る事もあると書いてある・・・。

最近、ドテッとコケタリする事がタマにある・・脳神経だったらどうしよう・・。

Momが先日泊まった時、ストレスだったのかな・・・?とか、色々考えたら

怖くなってくる

もし、ウィリーに何かあったらどうしよう・・・。

そして、

今日、朝起きたら今度は両目の瞬膜が開いてない状態になってた・・・

悪化してる・・・

心臓がドキドキしてきた。祈るような気持ちで再び病院に電話をした。

「内服薬か何か出して貰えないか」とお願いしたら、

「もう一度、診察しないと出せないので、来てもらえますか?

ただ今は予防接種の時期なので、かなり待ってもらう事になります。」と言われた。

大きい病院だから、予約が無いとドンドン後回しにされるし、

薬が出てくるのに1時間弱待たなければいけない・・・。

体調から来るものなら、ウィリーに負担がかかり過ぎる・・・。

電話を切って、考えていると症状が少しマシになってきた。

そして、明日

ロッキーの兄から聞いていた、

優秀な信頼できる先生の病院にセカンドオピニオンに行って見る事にした。

どうか早く治りますように・・・神様・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加