群馬県議会議員 角倉邦良 ブログ

地方分権改革実現! 対話と現場主義 - すばやく実行  群馬県議会議員 角倉邦良の活動報告

2013.3.31 「反動」

2013-03-31 00:45:46 | インポート
安倍政権は政権運営で、かつての自民党の失敗と民主党の大失敗から学んでいる。

根本の政策で誤っているところは多々あっても、政権運営の安定と円安株高が自民党の高支持率を維持している一番の基本である。

民主党政権は混乱と閉塞感を政治経済に与えていたという強い印象が国民に定着しており、その反動がさらに自民党を後押ししていることも間違いない。

     

20日に、細野民主党幹事長を群馬に招き、反転攻勢に一歩踏み出した我が民主党群馬県連であるが、厳しい状況の中で県民の信頼を勝ち取るためにも、参院選群馬選挙区の候補を早期に決定し、闘いを挑んでいく決意である。

安倍政権は「反動」である。反動のしっぺ返しは、必ず国民に降りかかってくる。

「反動」を正すのが民主党の役割である。

昨日はあいさつまわり、吉井地区後援会。


この記事をはてなブックマークに追加

2013.3.30 春の大会が始まります。

2013-03-30 01:38:14 | インポート
春のセンバツ高校野球大会が始まって1週間。やっぱり甲子園はいい。わが母校も、いつか甲子園への思いが募ります。野球部OBとして後輩に何ができるのか考えています。

私が考えているOBがなすべきことは、中途半端な口出しではなく、選手の力を付けるための着実な施設整備だと思います。

今の時代、バッティング強化なくして勝利なしです。打撃の強化のための具体的な支援を考えています。

最近は様々な野球部OBのみなさんと野球部のことや、自分の選挙のことなどでお話する機会があります。

春季大会も始まります。組み合わせには比較的恵まれた感じはありますが、油断大敵です。

13日は大泉高と太田球場で初戦です。予定が入っているのだが、なんとか応援に行きたい。

ガンバレー後輩たち。

野球部のOBたちは、みなさん本当にいい人たちばかりです。そして、しっかりしている。

うちの野球部OBは、どこにいっても職場や地域で根付いている。身内的な発想ですが自慢できます。

昨日はあいさつまわり、ライオンズイベント、スペシャルオリンピック、その他もろもろ。夕方からは立て込みました。


この記事をはてなブックマークに追加

2013.3.29 桜より新緑

2013-03-29 02:08:45 | インポート
       

寒さ、暖かさ、雨、風を経て、急速に春の暖かさが拡大し、いつもより早く桜が咲きます。

パッと咲き、パッと散る。そんな桜に心を惹かれる人も多いのかもしれない。

私にとっては、桜より新緑こそが待ち遠しい。新緑目当てに行ってみたい所がいっぱいある。

4月の連休中に時間がとれたらいいなと思いつつ、たぶん無理だなと諦めている自分がいます。

桜より新緑、命の息吹を新緑からもらいたい日々です。

昨日はあいさつまわり、陳情処理。


この記事をはてなブックマークに追加

2013.3.28 思いつくままに

2013-03-28 00:20:44 | インポート
最近は、役得ならではの懇親会が続いています。

自分にとって意味のある飲み会なのですが、連日となると疲れます。体重も比例して、マズイ状況です。しかし、やめられません。

県議会産経土木委員会の委員長で私と同期である須藤和臣県議は、質疑、委員会運営など、若いのにしっかりしているし、筋道が通っていると感心させられます。

県議会での共産党の役割は大きいと考えています。伊藤酒井両県議は、非常に勉強していることが質疑を通して見てとれます。

何でも反対の共産党のイメージがありますが、決してそんなことはありません。是々非々対応となっています。

最近、ゴルフをやったらという声がかかります。止まっているボールを打つのは苦手と断ってきましたが、もう逃げられないかもしれません。

とりあえず思いつくままに。

昨日は思いつくままに動きました。


この記事をはてなブックマークに追加

2013.3.27 富高の後輩がひとり

2013-03-27 00:40:46 | インポート
       

旧藤岡市の最南端にある日野地区のイチバンの奥に赤久縄地区があります。その赤久縄のイチバン奥の家、そこが「赤久縄」の釣り堀になっています。

       

この赤久縄は甘楽町の秋畑地区と万場の交流点になっている所でもあります。

鮎川の最上流の清流を使っての釣り堀の若き主人が、わが母校富岡高校の後輩で32歳の方でした。

話してみて後輩だと聞いてビックリしたわけですが、家業である釣り堀も数年前より引き継いでいるそうです。

天然のイワナやヤマメを守っていく流域禁漁区は必要だという認識で一致しました。

中山間地域の再生、森林、河川保護など、なすべきことがたくさんあります。

たったひとりの後輩が頑張っている姿に感動です。そしてまた、ヤマメ、イワナ、マスを食べに行きますよ!

昨日はカラオケ教室、あいさつまわり。


この記事をはてなブックマークに追加