花ごよみ

映画、本、写真など・

プロデューサーズ 

2006-04-05 | 映画
     
                             
トニー賞12部門受賞のミュージカル作品。
そのミュージカル舞台を映画化したもの 

プロデューサー(ネイサン・レイン)と 
会計士(マシュー・ブロデリック)の二人が 
主役のミュージカル映画 。
二人の歌唱もハイレベル。
歌、踊り、笑い、盛りだくさん。

ユマ・サーマンはキルビルで見せた顔とは 
全く別の顔を見せています。 

ヒトラー、ナチ、ゲイなど 
ちょっといいんだろうかっていう 
シーンもあるけど…… 

ゲイの人も沢山出ていて…

特に顔の濃いゲイの人(ロジャー・バート)
画面では後ろの方で
小さく背景になっているのに 
おかしくってその人の方に 
どうしても目がいってしまいます。

ドタバタコメディタッチでテンポもよく 
楽しく明るいミュージカル。 
深く考えないで楽しめる映画。 

最後の最後まで面白い!(最後まで見ないとね) 
 
結構周りの人達も笑っていました。
 
ミュージカル映画は 
やっぱり大画面で☆

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浄瑠璃寺 | トップ | 哲学の道 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
早い! (よりりん)
2006-04-05 23:09:37
え~、もう?!って思ったら試写会でしたか・・・笑。

この映画は見に行こうと思ってはいるのですが、ユマ・サーマンがイマイチ好きじゃないので、どうしようかと悩み中。

でも、そんなにおもしろかったのなら行こうかな?!

やっぱり、歌は吹き替えでしたか?
早いでしょ!! (kazu)
2006-04-06 00:36:10
歌は本人が歌っているはずです。 

主役の男の二人は伸びやかに 

歌い上げていて素敵でしたよ。 



ユマ・サーマンの歌は普通でしたが…。 

ユマ・サーマン、主役の二人より

背が高かったです。
おおおw (ラウール)
2006-04-07 00:28:28
同じクロベースのブログ発見!

TBさせていただきます。

よかったら遊びに来てやってください!
こんにちは☆ (kazu)
2006-04-07 12:43:46
TB、コメントありがとうございました。

楽しい映画でしたね。 

遊びに行かせてもらいます♪
こんばんは♪ (charlotte)
2006-04-08 22:47:09
TBありがとうございました

深く考えなくてもいいのは、疲れた日常には都合がいいですよね♪

元気もらえましたわ。
こんばんは☆ (kazu)
2006-04-08 22:55:56
コメントありがとうございました。 

軽い気持ちで楽しめますね。

一人一人のキャラが面白すぎます。

行っていました! (よりりん)
2006-04-12 20:03:12
今日の朝一、10時前からの上映に行って来ました。

主役二人は舞台俳優でしたね!

しかも、オリジナルキャストだったんだ・・・そりゃうまいよね(笑)。

面白かったです!

笑えたし、拍手しそうでした~w



TBさせていただきますね!!
TBありがとうございました。 (kasu)
2006-04-12 23:34:09
主役二人、歌よかったですよね。 

おもしろい内容で

充分楽しめましたでしょ。

拍手しそうでしたか(笑)

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『プロデューサーズ』 (ラムの大通り)
----これってミュージカルの映画なんだって? 「うん。でもそのまた元をたどれば、 68年にメル・ブルックスが手がけた映画。 それがブルックス自身の脚本と作詞・作曲で ブロードウェイ・ミュージカルに。 2001年にトニー賞12部門受賞という 華々しい記録を作り、 そして今ま
「プロデューサーズ」 (時代を斬る!)
分析中の感想「アメリカのおバカパワーは侮れない!」 【STORY】運に見放された落ち目の舞台プロデューサー(ネイサン・レイン)と小心者の会計士(マシュー・ブロデリック)が手
「プロデューサーズ」 (てんびんthe LIFE)
「プロデューサーズ」よみうりホールで鑑賞 昨年夏、ブロードウェイのオリジナル版が日本初上陸、ほぼ同じ時期にジャニーズV6のイノッチと長野くんの演じる舞台があり私はこちらを鑑賞。半年ほど前のことなのでストーリーはわかっていました。始まると同時にそうそうこ
プロデューサーズ (シャーロットの涙)
ミュージカルのテンションの高さには、いつも拍手です・・・{/hakushu/} コメディなら尚更だと思うのだけど、このテンションがなければ観客を引き込めませぬ。 そこが、イマイチと思う方はなかなか入り込めないでしょうね。 歌いながら演技、というのは違和感を感じていた自
The Producers(2005,U.S.) (The Final Frontier)
1968年にも映画化されているアメリカの喜劇王Mel Brooksによる傑作コメディ・ミュージカルのリメイク版だそうです。1968年の作品を私は知りませんが…。 The Producers 落ち目の舞台プロデューサー(Nathan Lane)と小心者の会計士(Matthew Broderick)は,必要以上に資金.
プロデューサーズ (ネタバレ映画館)
 エンドロールが終わるまでじっくり楽しめます。最後に脚本のメル・ブルックスまでちゃっかり登場♪
プロデューサーズ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 極上のお祭り体感!  
プロデューサーズ (Akira\'s VOICE)
悪趣味で品が無い人達の,人生という名のショウ。 耳と体でノリノリ映画体験♪
プロデューサーズ / The Producers (我想一個人映画美的女人blog)
{/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} 1968年アカデミー賞脚本賞を受賞した、 メルブルックス脚本の映画「プロデューサーズ」 その後2001年にブロードウェイでミュージカル化、ト
映画館「プロデューサーズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
マシュー・ブロデリック、懐かしいなぁ~!青春アイドル、その後はサラ・ジェシカ・パーカーの旦那って感じだったけど、コレで完全復活かしら~!? まさに、エンターテイメント!という作品でしたねぇ! つい最近、ミュージカル版の「プロデューサーズ」も日本でやっ...
プロデューサーズ (関西おいしいもの♪)
◎プロデューサーズ 監督 スーザン・ストローマン 脚本 メル・ブルックス 、トーマス・ミーハン 出演 ネイサン・レイン 、マシュー・ブロデリック 、ユマ・サーマン 、ウィル・フ
『プロデューサーズ』  (映画館で観ましょ♪)
プロデューサー(ネイサン・レイン)と 会計士(マシュー・ブロデリック)の2人が主役の ミュージカル映画です。 大きなユマ・サーマンも可愛くて楽しくて、今までとは違う役柄を演
プロデューサーズ (俺の話を聴け~!)
面白かった。久々にずっと笑いながら観てた。楽しい134分だったな~。エンディング曲を聴きながらスタッフロールを眺めてたら、最後に御大メル・ブルックが出てきて、さらにお得感倍増。これから観に行く方はくれぐれも途中で席を立たないように!初めはちょっと大袈裟なコン
『プロデューサーズ』 (みみの部屋)
http://www.cinematopics.com/cinema/works
「プロデューサーズ」 (てんびんthe LIFE)
「プロデューサーズ」よみうりホールで鑑賞 昨年夏、ブロードウェイのオリジナル版が日本初上陸、ほぼ同じ時期にジャニーズV6のイノッチと長野くんの演じる舞台があり私はこちらを鑑賞。半年ほど前のことなのでストーリーはわかっていました。始まると同時にそうそうこ
プロデューサーズ(映画館) (ひるめし。)
のはずが、の傑作に―――  それはブロードウェイの神様のイタズラ。 CAST:ネイサン・レイン/マシュー・ブロデリック/ユマ・サーマン/ウィル・フェレル/ロジャー・バート 他 ■アメリカ産 134分 げっ!!・・・・ ウィル・フェレルが出てるのか~。この人苦手・・・
プロデューサーズ (とにかく、映画好きなもので。)
 1959年のニューヨーク。  落ちぶれたブロードウェイのプロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)の事務所に会計士のレオ(マシュー・ブロデリック)が帳簿を調べにやってくる。  会計帳簿を見たレオはショーをわざとこけさせ、粉飾決済で儲ける.
プロデューサーズぅ~ (ナイス旦那日記)
奥さんとプロデューサーズ観てきました。 おすぎと唐沢がCMしてるやつね~。 1968年アカデミー賞を受賞した映画『プロデューサーズ』→ 2001年ブロードウェイでミュージカルとして舞台化。 そして今回、ミュージカルをもとに再映画化。 という、変わった変遷をたど
★プロデューサーズ@品川プリンスシネマ:4/19 Wed. (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
映画鑑賞が趣味になってからまだ1年も経っていない私は、自分が見る映画はほとんどのジャンルが未だに新鮮に映る。 『ハリー・ポッター』を見てはCGが作り出したファンタジーの世界にウットリし、『プロミス』を見れば「こりゃすごいわ!」とワイヤーアクションに驚く。 .
プロデューサーズ、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
有楽町、よみうりホールでの開催。 1100席の8割は埋まっていた。 前の方に陣取り、前席はさほど気にならず。 ミュージカル・コメディ。 1968年の同名映画のリメイクで、 2001年以来のロングラン・ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。 マシュー・ブロデリック、
★「プロデューサーズ」 (ひらりん的映画ブログ)
ブロードウェイの大ヒットミュージカルを完全映画化。 でも、元は映画をミュージカル化したらしいけど。。。 だから、リメイクでもあるらしいね。
プロデューサーズ (映画をささえに生きる)
『ムトゥ 踊るマハラジャ』と『ムーランルージュ』。キャストがDVDで観て、映画館で観なかったことを激しく後悔した作品です。本作も最初は観に行こうかどうしようかと思ったんですが、やはり上記のことがあるのでやはり観ておくことにしました。良かった、観に行って。
【劇場映画】 プロデューサーズ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 最低のミュージカルをプロデュースせよ!?1959年のニューヨーク。落ちぶれた大物演劇プロデューサー、マックスの事務所に会計士のレオが訪れた。帳簿を調べたレオが、ショウがこけたほうがお金が儲かるという摩訶不思議な事実に気づいたことで、マックスの
ハッピー?拍手した?映画「プロデューサーズ」(画像変更) (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
※画像は上映中の撮影ではありません。 そんなんしたら「黒い涙」やで~ 「オペラ座の怪人」「シカゴ」を超えたと言われている 「プロデューサーズ」観られましたか? 本当に映画を観ていると言うよりも ミュージカルの舞台を生で見ている感覚になり 曲が終わるごとに 何
『プロデューサーズ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した 『プロデューサーズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★☆☆
プロデューサーズ (Alice in the Theater)
本日二本目そしてこの映画は2回目の鑑賞です。前回は睡眠不足のために面白さよりも怒りが先行したのですが、万全の体調で見るとやはり面白かったです。特にゲイのヒトラーにやられました。 アカデミー賞に輝くメル・ブルックス監督・脚本による1968年の傑作コ ...
プロデューサーズ (Pocket Warmer)
邦題:プロデューサーズ 原題:The Producers 監督:スーザン・スト
【洋画】プロデューサーズ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B (演技3/演出3/脚本3/撮影3/音響3/音楽4/美術3/衣装3/配役3/魅力1/テンポ1/合計30) 『評論』 個人的
プロデューサーズ (The Producers) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スーザン・ストローマン 主演 ネイサン・レイン 2005年 アメリカ映画 134分 ミュージカル 採点★★★ 野球や格闘技などのスポーツにしろ、コンサートにしろ、生で見るのが一番面白い。テレビにはテレビの面白さはあるし、確かに野球やプロレスを見に行くと「 ...
『プロデューサーズ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじショウがコケた方が儲かる事を発見した会計士のブルーム(マシュー・ブロデリック)とプロデューサーのビアリストック(ネイサン・レイン)は一晩で大コケするミュージカルを作り、その製作費を持ち逃げしようと企む。そのために「最低の脚本」「最低の演 ...
プロデューサーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『<最低>のはずが、<最高>の傑作に- それはブロードウェイの神様のイタズラ。』  4/8公開のコチラの映画を試写会で観て来ました♪いやぁ~最高に楽しませてもらっちゃいましたよぉ~♪1968年にメル・ブルックス監督のオリジナル版の映画があって、その後2001...