花ごよみ

映画、本、写真など・

告白 (湊かなえ)

2009-08-19 | 本 ま、や行(作家)
第一章 聖職者
終業式、退職を控えた、
中学の女性教師が
クラスの生徒を前にしての一人語り。

愛する一人娘を失った原因となる
教え子を告発。

その少年に対する復讐。

衝撃的な第一章の幕開け、
最初から、引き込まれます。

感情を交えないで語る、
女性教師がこわい。

第一章聖職者は驚きのラスト。
さらっとした書き方も、
よけいに不気味さを感じます。

第二章後は、登場人物が順々に、
真実を語るという構成。

感情移入は出来ない人達。
あまりに陰鬱で救いがないです。

事件を本人、級友、
家族から語らせ真相に導く。

どの章にもある悪意というベース。
それはラストまで続きます。

心の恐ろしさが伝わってきて、
気分が悪くなりそうな暗い話。

普通に生きてきた人達、
そんな人々が心に歪みが生じ、
傷つけ、憎み合う怖さ。

人間的な暖かさの
感じられない登場人物は
救いがないです。

それが不気味さを増大させます。

読書中の不快さはあっても
それでも止められない、

もっと先を読み進めたくなる小説です。

本を読み進めていくにつれ、
繋がりをみせるストーリー。

絡み合う伏線、すぐれた構成。

本作がデビュー。

「熱血やんちゃ先生」という名前、
なんか妙に浮いていて
この小説の薄暗い雰囲気に、
そぐわない感じ。
それが不思議と強い印象をもたらして
忘れられない名前になりました。


第29回小説推理新人賞受賞
2009年本屋大賞受賞
『このミステリーがすごい!2009年版』 国内第4位
『週間文春ミステリーベスト10』第1位

評価高いんですね!
図書館でもなかなか順番が
まわってきませんでした。











『小説』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葡萄の絵 | トップ | 我が家の夏の花達 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ()
2009-08-19 22:09:29
不気味な印象で感情移入はできませんでしたが、伏線が見事に張られ、構成がうまく、引き込まれるストーリーでした。
花さんへ☆ (kazu)
2009-08-20 00:45:40
こんばんは〜!

薄暗い雰囲気が漂う
小説でしたね。
でも知らず知らず引き込まれ、最後まで読み切ってしまいます。
うまい構成でしたね。
Unknown (kino)
2009-11-18 01:29:35
コメントありがとうございました。
一方的に、述べてる章の構成なので、
読んでて、かなり、陰湿な感じを受けますね。
でも、気になって、一気に読んでしまいました。
kinoさんへ☆ (kazu)
2009-11-18 21:29:30
こんばんは〜!

こちらこそコメント
ありがとうございます。
そうですね〜。
とても暗くて重いのに
夢中になってしまう
小説でしたね。
映画化の話、知ることができて
うれしいです。
ありがとうございました。

Unknown (苗坊)
2010-06-05 21:51:45
こんばんわ。
TBさせていただきました。
噂どおりの衝撃作でした。
重たくて暗くて救いようがないんですけど、それでも読む手は止まりませんでした。
映画、公開されましたね。
見てみたい気がします。
苗坊さんへ☆ (kazu)
2010-06-05 22:10:49
こんばんは〜!

TBありがとうございました。
すごくショッキングな
物語でしたね〜。
暗すぎますね。
でも次のページに
進みたくなりますよね。
映画、私も見たいです。
こんにちは〜♪ (由香)
2010-09-01 17:41:55
お邪魔します〜♪

私は、映画→原作の順番でこの物語に触れましたが、個人的にはそれで正解だった気がします。

>心の恐ろしさが伝わってきて、
気分が悪くなりそうな暗い話。
そうなんですよね・・・だからきっと小説が先だと、「この話を映像で観るのか・・・」と思って躊躇しちゃっていたと思うんです(笑)

でも、嫌な話―と思いながらも先をどんどん読ませる、凄いパワーのある作品ですよね!
由香さんへ☆ (kazu)
2010-09-01 23:15:22
こんばんは〜!

私は映画化は知らない時に
読みました。
映画化を知ってうれしかったです。
どんな映画になるのかと
楽しみでした。
心がふさがっていく話でしたが
ほんと強いパワーを感じましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「告白」湊かなえ (ナナメモ)
告白 湊 かなえ JUGEMテーマ:読書 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 『「愛美は事故で死んだのではありません。この...
本「告白」 (<花>の本と映画の感想)
告白 湊かなえ 双葉社 2008年8月
告白  湊かなえ (読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版))
告白/湊 かなえ 湊かなえ 双葉社 2008 STORY: 事故死と処理された愛娘の死。しかし、実際は2人の生徒に殺されていたということを知った女教師は、教員生活最後の日にクラス全員に事実を告げる。そのことと女教師が行ったある復讐が思わぬ悲劇を生み出し...
告白【本】 (つれづれ帳)
湊 かなえ(著)
「告白」湊かなえ (日々のつぶやき)
あちこちで目にするこの「告白」ですが、読後感がよくないというのも耳にしていたので覚悟して読みました。 「幼い娘を亡くした女性教師が終業式で語った言葉。愛美はこのクラスの生徒に殺された。 そしてその衝撃よりも大きな告白、犯人二人を裁いた方法とは・・」
湊かなえ『告白』 (itchy1976の日記)
告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」以降どうなるのかなと思いながら読むことがで...
◎「告白」 湊かなえ 双葉社 1470円 2008/8 (「本のことども」by聖月)
 間違いなく今年のこのミスにランクインしてくる作品。そして、巷の噂に違わず、新人デビュー作品としては、相当に完成されたミステリーである。  ただ、難をあげれば、全部で6章の告白からなる作品なのだが、第1章の完成度が群を抜いて高く、章が進むにつれて、緊...
湊かなえ 『告白』 (映画な日々。読書な日々。)
告白 湊かなえ 双葉社 1470円 Amazonで購入 書評 /ミステリ・サスペンス 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相...
◎「告白」 湊かなえ 双葉社 1470円 2008/8 (「本のことども」by聖月)
 間違いなく今年のこのミスにランクインしてくる作品。そして、巷の噂に違わず、新人デビュー作品としては、相当に完成されたミステリーである。  ただ、難をあげれば、全部で6章の告白からなる作品なのだが、第1章の完成度が群を抜いて高く、章が進むにつれて、緊...
「告白」湊かなえ (気まぐれな猫の日常)
−愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。 衝撃の「告白」から始まる、第29回小説推理新人賞受賞作品−。 2日で2回読みました 事件の主要関係者それぞれを軸とした章に分かれており、 読み進めていく程ぐ...
本:告白/湊かなえ (映画通信みるみる)
告白湊 かなえ商品詳細を見る2009年本屋大賞受賞。我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ダークな...
告白 (Akira's VOICE)
湊かなえ 著 
「告白」/湊かなえ (京の昼寝〜♪)
「告白」/湊かなえ(双葉文庫刊)       今までにないタッチの文体と進行。ただただ一人称の世界が、“娘”というキーワードの下にあまりに淡々と語らせて、どんどん深みに落ち込んでいく。嫌がおうにも次のページを捲っている自分に気付く・・・。文...
告白・湊かなえ (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。 GWの間に読んだ本がコレ。(若干病んでます?) まずは公式サイトから。 http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html 担当ジャンルのダントツ1位。 去年本屋大賞を取ったばかりの文芸書が たった1年で、文庫化。まさかの映画化。...
告白 湊かなえ (苗坊の徒然日記)
告白クチコミを見る 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められ...
『告白』 湊かなえ (【徒然なるままに・・・】)
「私の娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 終業式のホームルーム、退職するという女性教師の告白から始まる、章ごとに語り手が変わるモノローグで構成されるドラマ。犯人、犯人の家族、クラスメートと様々な視点から事件が綴られ...
それぞれの事情と言い訳『告白』【小説】 (やっほっほ〜)
告白 湊かなえさんの作品 第29回小説推理新人賞受賞 「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 わが子を亡くした女性教師が、終...
【本】告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
         『告白』            湊かなえ            双葉社【comment】2009年本屋大賞第1位の本作は、中島哲也監督、松たか子主演により映画化され、かなり話題を呼んで大ヒットした。  映画『告白』の感想はコチラ私は、この映画に物...
本 「告白」 (はらやんの映画徒然草)
中島哲也監督の映画版もすごいと思いましたが、原作本もさすが本屋大賞をとるだけのこ
告白 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 第6回(2009年) 本屋大賞の受賞作で、松たか子主演で映画化もされた「告白」( 湊かなえ:双葉社)。読み終ったらイヤな気持になるミステリーを指す「イヤミス」としても評判の ...
告白 湊かなえ著 (まてぃの徒然映画+雑記)
松たか子の演技が昨年注目を集めた映画の原作で、本屋大賞受賞作です。文庫本特典として、映画化した中島哲也監督のインタビューがついています。 各章が登場人物の一人称独白という不思議なスタイルで進行していきます。その語り口に吸い込まれるように、一気に読ませ....