豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三のつれづれ日記

2012年05月31日 07時44分49秒 | 日記
 ( Vol 253 ) 発言することが 生活環境を変える 
日本社会は 言わないことが 美徳 という風潮がある

黙していては 何も 伝わらない

権力者は 黙しているヒトの考えを 把握していると自負  

しかし 全く分かっていない


言わなければ 伝わらない 理解されない


国の政策に対しても 発言していく 姿勢が 求められる

国の政策に対して 議員 役人 に 託せばいいという 時代は 終わった

国民全体が 考え 発言することによって 政策の不備を 正す 時代に入った


国で考えた政策には 配慮できない 対応できない 部分がある

その部分を 補正するためには 国民一人一人の 発言が 必要

国 地方 の政策は 役人 議員 に任せればいい ではいい運用はできない

国民 住民が 参加してこそ いい運用ができる


いい運用ができるためには 国民 住民 が 自由に発言することが 大事である


発言を 渋っていては なにも変わらない

発言し 模索し 検討し いい運用ができる


一方向からだけの考えだけでなく 多方面からの考えも必要

役所の 考えは 絶対ではない 完璧ではない


特に 役所は 多面的検証 検討 を していない

ただ 上から言われたことを 執行

これではいい運用ができない


執行側からの 見方 考え方 

利用者側からの 見方 考え方

両方が うまくかみ合ってこそ いい運用ができる


そのためには 発言を すること


発言することによって 良い方向に持っていくことができる


最近では 原子力発電所の再開の問題 電力料金の値上げの問題


発言することによって 

情報を引き出すこともできる 

再考させることもできる


行政は 聞く耳を 持つ姿勢が これからは 必要

行政は 行政の立場で 物事を考え 住民側からの視点に 欠けている

住民のことが分かっているようで 分かっていないのが 行政



住民 と 行政 とが スクラムを組んで 良い環境が つくられ


発言は 報道機関だけではない

発言は 一人一人の 力 権利

自分たちの生活環境は 自分たちで守り 築く 意識が 必要


大いに発言 発信 して いい生活環境を つくっていってほしい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊前善三のつれづれ日記

2012年05月30日 19時07分49秒 | 日記
 ( Vol 252 ) 東京電力を 破綻処理し 整理清算を 考えても良いのではないか 
現状における 東京電力の 存在は 異常状態である

実質 破綻状態にある

破綻処理せず 存続させていくのには 無理があるのではないか

事故処理を考えたら 
まず 企業の売却を図り 賠償 事故処理資金の捻出

今回の事故は 東京電力の管理能力による 問題

しかし 政府に 原子力発電の推進をさせてきた 責任がある


今後は 事故処理 賠償保証処理に 重点を置いた 経営運営

電力の供給は 売却後の 経営企業に 委ねる


今の処置は 非常に 問題解決を 複雑にしている


単純にして 事故後の処理を すべきである


今回 東京電力は 電気料金の値上げを 申請

しかし その中身は 事故前の 経営ではなく

事故処理に関する費用まで 電力料金の値上げの 算出基礎にした


どこか おかしい


このような 考え方の 経営では 今後 すべて利用者に 転嫁される

これでは 利用者にとって 不合理


このような利用者に負担させる考え方は 妥当ではない

自浄能力が ない


適正な価格算出のためには 東京電力の 整理清算 が必要

東京電力の 自力回復を 期待するのは 無理がある

今後の 処理を考えると 

東京電力の破綻処理 が望ましいのではないか


日本航空の処置とは 大きく違うところは 事故処理 賠償保証処理があること

単なる 経営難ではない


清算した東京電力会社と国が協力して 事故処理 賠償保証処理を行う


健全なる 電力供給は

電力経営 と 事故処理 賠償保証 を 分けた 処置を 考える必要がある

過去の内容一覧 (以下のことに関しては最下段の「記事一覧」を参照ください
Vol 251 人間 ほど オモシロイ モノはない 
Vol 250 大義名分が 判断を 狂わせる 
Vol 249 国の危機管理意識の 強化と 範囲拡大を
Vol 248 報道の力は 両刃の剣
Vol 247 国を良くするためには 頻繁に政権交代を
Vol 246 なぜ 不正受給 が 横行するのか 
Vol 245 改革してこそ 前進がある 
Vol 244 挨拶が 仲直りの 入り口
Vol 243 国民不在の 国会では 困る 早急に 決定を 
Vol 242 電力会社の 企業用 家庭用の 電力利益割合に 思う
Vol 241 インターネットを 活用しよう 
Vol 240 「 注意する 」 環境をつくれ 
Vol 239 王族の存在の 廃止を考える 
VOL 238 なぜ ヒトは 好きになったり 嫌いになったりするのか 
Vol 237 家庭は 安らげる場所か
Vol 236 国を越えたすべての係争は 国連の機構 機能で 裁定を 提唱する
Vol 235 夫婦は 他人である 
Vol 234 電力会社の 独占的存在状態は 自由市場経済から ほど遠い
Vol 233 昨日 沖縄復帰 40年式典に 首相経験者が訪れ 釈明 
                それは 信用を得るには ほど遠い
Vol 232 東京電力の扱いは 国の管理下に置くべき 
Vol 231 企業は 若者の 雇用促進の 対策をとれ  
Vol 230 東京電力による 電気料金の 値上げは 日本の経済に 大きな影響を与える
Vol 229 長期展望の 目標を示してこそ 光が見える 
Vol 228 ごはんの 支度をするのが いや と思ったら それは 愛情が 薄れた兆し 
Vol 227 小沢氏の処遇において 民主党の 勇み足を感じる
Vol 232 今日 沖縄復帰 40年 報道に 思う
Vol 226 なぜ 「気を遣いたくない」 というのか 思うのか 
Vol 225 「自分さえ良ければ」 から 「みんなも」へ
Vol 224 気遣ってこそ うまくつきあえる 
Vol 223 すべての原子力発電所の 42年ぶりの停止 に思う
Vol 222 高齢者の 山岳遭難に 思う
Vol 221 現憲法を 廃止し 国民の手で 新たな憲法を 考えよ
Vol 220 コミュニケーション は 言うことからはじまる 
Vol 219 ヒトは 自分にとって 都合が悪いことを 隠す 見て見ぬふりをする 言わない 
Vol 218 便利さに 慣れ  潜んでいる危険を 忘れる
Vol 217 欲望が 生態系を 変えてきた 
Vol 216 「ご迷惑をお掛けします」 と菓子折を持って 挨拶したら そこから 相手へ     の 気遣いが はじまる
Vol 215 原子力発電所事故は 人々に 心的外傷後ストレス障害を 起こさせた 
Vol 214 高速バス事故は 労働者の処遇の 象徴 
Vol 213 時代 時代で 常識・教育が 変わる 
Vol 212 現代型うつは 社会が つくってきた 
Vol 211 産業の空洞化を 防ぐのは 大企業の動き 次第
Vol 210 オモシロがる 気持ちを 持ちたい
Vol 209 労働者の 処遇の 悪化が 生じている
Vol 208 相手へ 思いやることが 下手になった 社会
Vol 207「疑わしきは 罰せず」 という言葉の重さ
Vol 206 真実を 曲げることが なぜ横行するのか
Vol 205 欲が あるから 争いになる
Vol 204 失うことに 不安を覚える
Vol 203 訓練は 必要である 
Vol 202 なぜ ヒトを オトシいれるのか 
Vol 201 危機感が 現状を 打開する 
Vol 200 厚生年金の受給年齢の変更により 退職者の生活保障はどうなるのか
Vol 199 なぜ 軍備の増強が なされるのか 
Vol 198 原子力発電事故の 真相は闇の中に葬られるのか 
Vol 197 企業の経営理念に 変更の兆しが 見えてきた 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊前善三のつれづれ日記

2012年05月30日 09時27分51秒 | 日記
 ( Vol 251 )  人間 ほど オモシロイ モノはない 
人間は 他の生き物と違うと 差別化を図っている

その人間 ヒト

ヒトは 優性を 示そうとする

他の生き物に対して

他のヒトに対して

競争を する


それは 生きているもの すべてが持っている

ヒトも 同じ


しかし ヒトは 違う と言い張る

そこが オモシロイ


自分の 優位性を 示そうとする

すべての ヒトの中にある

しかし 優位性は なかなか 示せない 勝ち取れない


そこで ヒトは さまざまな 表現をとる


喜怒哀楽である

感情豊かに 表現する


ヒトは オモシロイ

こんな オモシロイ 生き物はいない


表現にも いろいろある


自分の優位性を 示すために

高尚な言葉を 使う

ヒトに伝えるのに 伝わればいい 言葉がある

平易な言葉で 伝える


しかし 平易な言葉では 自分の 優位性は 示せない

そこで 教養のある言葉を探し 表現する


本人の 自己満足に過ぎないのだが 使う


だが 相手に 真意が伝わるかというと なかなか伝わらない

それが現実

平易な言葉ほど 相手に 伝わる

平易な言葉は お互いの 共通語


自分の優位性の表現は 言葉だけに留まらない

社会的地位にも ある

自分を 優位に見せるには 社会的高い地位に いること


それ故に
ヒトは 見かけで ヒトを 判断する

社会的地位の低いときの 態度 と違って振る舞う

どんなに いいヒトでも

社会的地位が高くなると 横柄になる

自分の 優越性を 示そうとする


ヒトは 立場立場で ころころと 態度を変える


ヒトは オモシロイ

さまざまな すがたを 見せる


そこに ヒトの味がある


味がある 故に 問題も 生じる

悩む


優越性を 示さなければ 求めなければ 何も 問題は起きない


そこを ついているのが 宗教である

宗教は 人生哲学

ヒトの 弱点を知り そこを補おうと 説く


できないことを 説くのである

そこに 理想がある 故に ヒトは 惹かれる


だが 誰も 到達は できない

説く本人さえも 到達できない


ヒトは 矛盾と戦いながら もがき 表現する


こんな オモシロイ 人間 は いない

自己コントロールに 悩み

理性 と 欲望に 振り回され


悩む姿は 生きている姿 そのもの


なんと 人間は オモシロイのだろうか


それ故に 

争いも 起きる

自己主張もする

勝者を 渇望する


理想と現実の中で 葛藤


誰の中にも 良心は 存在する

誰の中にも 欲望は 存在する

誰の中にも 優位性を 求めようとするココロが 存在する


それらを コントロール するのは ムズカシイ


ムズカシイから こそ 

ヒトが オモシロイ

ヒトには 味がある


多いに葛藤し 悩み 生きていく

人間だからこそ できる
 
 

過去の内容一覧 (以下のことに関しては最下段の「記事一覧」を参照ください
Vol 250 大義名分が 判断を 狂わせる 
Vol 249 国の危機管理意識の 強化と 範囲拡大を
Vol 248 報道の力は 両刃の剣
Vol 247 国を良くするためには 頻繁に政権交代を
Vol 246 なぜ 不正受給 が 横行するのか 
Vol 245 改革してこそ 前進がある 
Vol 244 挨拶が 仲直りの 入り口
Vol 243 国民不在の 国会では 困る 早急に 決定を 
Vol 242 電力会社の 企業用 家庭用の 電力利益割合に 思う
Vol 241 インターネットを 活用しよう 
Vol 240 「 注意する 」 環境をつくれ 
Vol 239 王族の存在の 廃止を考える 
VOL 238 なぜ ヒトは 好きになったり 嫌いになったりするのか 
Vol 237 家庭は 安らげる場所か
Vol 236 国を越えたすべての係争は 国連の機構 機能で 裁定を 提唱する
Vol 235 夫婦は 他人である 
Vol 234 電力会社の 独占的存在状態は 自由市場経済から ほど遠い
Vol 233 昨日 沖縄復帰 40年式典に 首相経験者が訪れ 釈明 
                それは 信用を得るには ほど遠い
Vol 232 東京電力の扱いは 国の管理下に置くべき 
Vol 231 企業は 若者の 雇用促進の 対策をとれ  
Vol 230 東京電力による 電気料金の 値上げは 日本の経済に 大きな影響を与える
Vol 229 長期展望の 目標を示してこそ 光が見える 
Vol 228 ごはんの 支度をするのが いや と思ったら それは 愛情が 薄れた兆し 
Vol 227 小沢氏の処遇において 民主党の 勇み足を感じる
Vol 232 今日 沖縄復帰 40年 報道に 思う
Vol 226 なぜ 「気を遣いたくない」 というのか 思うのか 
Vol 225 「自分さえ良ければ」 から 「みんなも」へ
Vol 224 気遣ってこそ うまくつきあえる 
Vol 223 すべての原子力発電所の 42年ぶりの停止 に思う
Vol 222 高齢者の 山岳遭難に 思う
Vol 221 現憲法を 廃止し 国民の手で 新たな憲法を 考えよ
Vol 220 コミュニケーション は 言うことからはじまる 
Vol 219 ヒトは 自分にとって 都合が悪いことを 隠す 見て見ぬふりをする 言わない 
Vol 218 便利さに 慣れ  潜んでいる危険を 忘れる
Vol 217 欲望が 生態系を 変えてきた 
Vol 216 「ご迷惑をお掛けします」 と菓子折を持って 挨拶したら そこから 相手へ     の 気遣いが はじまる
Vol 215 原子力発電所事故は 人々に 心的外傷後ストレス障害を 起こさせた 
Vol 214 高速バス事故は 労働者の処遇の 象徴 
Vol 213 時代 時代で 常識・教育が 変わる 
Vol 212 現代型うつは 社会が つくってきた 
Vol 211 産業の空洞化を 防ぐのは 大企業の動き 次第
Vol 210 オモシロがる 気持ちを 持ちたい
Vol 209 労働者の 処遇の 悪化が 生じている
Vol 208 相手へ 思いやることが 下手になった 社会
Vol 207「疑わしきは 罰せず」 という言葉の重さ
Vol 206 真実を 曲げることが なぜ横行するのか
Vol 205 欲が あるから 争いになる
Vol 204 失うことに 不安を覚える
Vol 203 訓練は 必要である 
Vol 202 なぜ ヒトを オトシいれるのか 
Vol 201 危機感が 現状を 打開する 
Vol 200 厚生年金の受給年齢の変更により 退職者の生活保障はどうなるのか
Vol 199 なぜ 軍備の増強が なされるのか 
Vol 198 原子力発電事故の 真相は闇の中に葬られるのか 
Vol 197 企業の経営理念に 変更の兆しが 見えてきた 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊前善三のつれづれ日記

2012年05月29日 06時48分12秒 | 日記
 ( Vol 250 ) 大義名分が 判断を 狂わせる 
大義名分 によって 決定することが 多くある

しかし そのことで 問題を大きくするケースも 生じている

大義名分 それは 計画遂行のために 用いられる 手法

すべての案に対して 最優先


問題があったとしても 黙殺


過去にも 大義名分 を利用して 決定 執行してきた

その結果 成果も上げたが 反対に 問題も生じさせた


最近のその代表が 原子力発電所の事故

電力の安定供給 という 大義名分

原子力発電の持つ欠点 を 無視して 推進

さまざまな提言も 無視された

ここに 大義名分の 落とし穴がある

大義名分の 巨大な力が 働く


今回の原子力発電の 利用に関しても 
大義名分 によって 推進されるなら問題である

いまだ 事故の解明がなされていない

今後の 対応策も打ち出されていない

という 現状下において 原子力発電の 欠点を どう補うのか

その対応策は 不明


大義名分は 慎重に 行わなければならない


指導者は 決定を早めるために 大義名分を 使う

しかし これは 独裁につながる すべての意見の 排除


ほとんど大義名分は 成果への 焦りを 誘発


大義名分は あくまでも 目標に 置く という対応が必要


判断には 多面的な 情報を活用して 判断


ヒトは 聖人ではない

ヒトは 権力を持つと 独裁的なる

大義名分は この ヒトの特性に 呼応して 力を持つ


過去の 事故 戦争 などなど すべてが 大義名分によって 引き起こされている


安易に 大義名分という 伝家の宝刀を 持ち出すのは ふさわしくない

常に 効果 逆効果 を 検証し 判断することが 必要


それには 多面的な 情報の 収集が 必要


一面的な 情報 考え方 に頼るのは 危険


原子力発電所の事故後の 再稼働の判断は 慎重に判断する 必要がある


過去の内容一覧 (以下のことに関しては最下段の「記事一覧」を参照ください
Vol 249 国の危機管理意識の 強化と 範囲拡大を
Vol 248 報道の力は 両刃の剣
Vol 247 国を良くするためには 頻繁に政権交代を
Vol 246 なぜ 不正受給 が 横行するのか 
Vol 245 改革してこそ 前進がある 
Vol 244 挨拶が 仲直りの 入り口
Vol 243 国民不在の 国会では 困る 早急に 決定を 
Vol 242 電力会社の 企業用 家庭用の 電力利益割合に 思う
Vol 241 インターネットを 活用しよう 
Vol 240 「 注意する 」 環境をつくれ 
Vol 239 王族の存在の 廃止を考える 
VOL 238 なぜ ヒトは 好きになったり 嫌いになったりするのか 
Vol 237 家庭は 安らげる場所か
Vol 236 国を越えたすべての係争は 国連の機構 機能で 裁定を 提唱する
Vol 235 夫婦は 他人である 
Vol 234 電力会社の 独占的存在状態は 自由市場経済から ほど遠い
Vol 233 昨日 沖縄復帰 40年式典に 首相経験者が訪れ 釈明 
                それは 信用を得るには ほど遠い
Vol 232 東京電力の扱いは 国の管理下に置くべき 
Vol 231 企業は 若者の 雇用促進の 対策をとれ  
Vol 230 東京電力による 電気料金の 値上げは 日本の経済に 大きな影響を与える
Vol 229 長期展望の 目標を示してこそ 光が見える 
Vol 228 ごはんの 支度をするのが いや と思ったら それは 愛情が 薄れた兆し 
Vol 227 小沢氏の処遇において 民主党の 勇み足を感じる
Vol 232 今日 沖縄復帰 40年 報道に 思う
Vol 226 なぜ 「気を遣いたくない」 というのか 思うのか 
Vol 225 「自分さえ良ければ」 から 「みんなも」へ
Vol 224 気遣ってこそ うまくつきあえる 
Vol 223 すべての原子力発電所の 42年ぶりの停止 に思う
Vol 222 高齢者の 山岳遭難に 思う
Vol 221 現憲法を 廃止し 国民の手で 新たな憲法を 考えよ
Vol 220 コミュニケーション は 言うことからはじまる 
Vol 219 ヒトは 自分にとって 都合が悪いことを 隠す 見て見ぬふりをする 言わない 
Vol 218 便利さに 慣れ  潜んでいる危険を 忘れる
Vol 217 欲望が 生態系を 変えてきた 
Vol 216 「ご迷惑をお掛けします」 と菓子折を持って 挨拶したら そこから 相手へ     の 気遣いが はじまる
Vol 215 原子力発電所事故は 人々に 心的外傷後ストレス障害を 起こさせた 
Vol 214 高速バス事故は 労働者の処遇の 象徴 
Vol 213 時代 時代で 常識・教育が 変わる 
Vol 212 現代型うつは 社会が つくってきた 
Vol 211 産業の空洞化を 防ぐのは 大企業の動き 次第
Vol 210 オモシロがる 気持ちを 持ちたい
Vol 209 労働者の 処遇の 悪化が 生じている
Vol 208 相手へ 思いやることが 下手になった 社会
Vol 207「疑わしきは 罰せず」 という言葉の重さ
Vol 206 真実を 曲げることが なぜ横行するのか
Vol 205 欲が あるから 争いになる
Vol 204 失うことに 不安を覚える
Vol 203 訓練は 必要である 
Vol 202 なぜ ヒトを オトシいれるのか 
Vol 201 危機感が 現状を 打開する 
Vol 200 厚生年金の受給年齢の変更により 退職者の生活保障はどうなるのか
Vol 199 なぜ 軍備の増強が なされるのか 
Vol 198 原子力発電事故の 真相は闇の中に葬られるのか 
Vol 197 企業の経営理念に 変更の兆しが 見えてきた 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊前善三のつれづれ日記

2012年05月28日 21時10分43秒 | 日記
 ( Vol 249 )  国の危機管理意識の 強化と 範囲拡大を 
現代社会は 仮想の安泰の中にある

それを 示したのが 

福島の原子発電所の事故

東日本大震災


震災に対しての 危機管理意識は 最近 強化されてきている

しかし 企業の事故に対する 危機管理は まだ 意識が薄い

特に 現代社会は 技術革新により 化学物質の 応用が なされ

規模も 大規模化

一度 事故を起こすと 周囲に影響を及ぼす


事故の対応 事故解明調査 

などについては 国家主体による 対応


危機管理の 対象範囲を 広くすべきである


今回の 原子力発電所の 国家的な対応が できなかったのは 

国家主導による対応ができなかった事による


被害が 大きい場合は 国家主導による 対応


企業任せの 事故解明 事故対応では 被害は大きくなる


国家主体による 事故解明により 被害を抑える必要がある

今後の 被害に対する 対応策にも 応用することができる


危機管理意識の 強化と 適用範囲の拡大を 考える必要がある


技術革新による 解消は 完全にはできない

人為的な事故 技術的な事故 外的な要因による事故 は 無にはできない


過去の内容一覧 (以下のことに関しては最下段の「記事一覧」を参照ください
Vol 248 報道の力は 両刃の剣
Vol 247 国を良くするためには 頻繁に政権交代を
Vol 246 なぜ 不正受給 が 横行するのか 
Vol 245 改革してこそ 前進がある 
Vol 244 挨拶が 仲直りの 入り口
Vol 243 国民不在の 国会では 困る 早急に 決定を 
Vol 242 電力会社の 企業用 家庭用の 電力利益割合に 思う
Vol 241 インターネットを 活用しよう 
Vol 240 「 注意する 」 環境をつくれ 
Vol 239 王族の存在の 廃止を考える 
VOL 238 なぜ ヒトは 好きになったり 嫌いになったりするのか 
Vol 237 家庭は 安らげる場所か
Vol 236 国を越えたすべての係争は 国連の機構 機能で 裁定を 提唱する
Vol 235 夫婦は 他人である 
Vol 234 電力会社の 独占的存在状態は 自由市場経済から ほど遠い
Vol 233 昨日 沖縄復帰 40年式典に 首相経験者が訪れ 釈明 
                それは 信用を得るには ほど遠い
Vol 232 東京電力の扱いは 国の管理下に置くべき 
Vol 231 企業は 若者の 雇用促進の 対策をとれ  
Vol 230 東京電力による 電気料金の 値上げは 日本の経済に 大きな影響を与える
Vol 229 長期展望の 目標を示してこそ 光が見える 
Vol 228 ごはんの 支度をするのが いや と思ったら それは 愛情が 薄れた兆し 
Vol 227 小沢氏の処遇において 民主党の 勇み足を感じる
Vol 232 今日 沖縄復帰 40年 報道に 思う
Vol 226 なぜ 「気を遣いたくない」 というのか 思うのか 
Vol 225 「自分さえ良ければ」 から 「みんなも」へ
Vol 224 気遣ってこそ うまくつきあえる 
Vol 223 すべての原子力発電所の 42年ぶりの停止 に思う
Vol 222 高齢者の 山岳遭難に 思う
Vol 221 現憲法を 廃止し 国民の手で 新たな憲法を 考えよ
Vol 220 コミュニケーション は 言うことからはじまる 
Vol 219 ヒトは 自分にとって 都合が悪いことを 隠す 見て見ぬふりをする 言わない 
Vol 218 便利さに 慣れ  潜んでいる危険を 忘れる
Vol 217 欲望が 生態系を 変えてきた 
Vol 216 「ご迷惑をお掛けします」 と菓子折を持って 挨拶したら そこから 相手へ     の 気遣いが はじまる
Vol 215 原子力発電所事故は 人々に 心的外傷後ストレス障害を 起こさせた 
Vol 214 高速バス事故は 労働者の処遇の 象徴 
Vol 213 時代 時代で 常識・教育が 変わる 
Vol 212 現代型うつは 社会が つくってきた 
Vol 211 産業の空洞化を 防ぐのは 大企業の動き 次第
Vol 210 オモシロがる 気持ちを 持ちたい
Vol 209 労働者の 処遇の 悪化が 生じている
Vol 208 相手へ 思いやることが 下手になった 社会
Vol 207「疑わしきは 罰せず」 という言葉の重さ
Vol 206 真実を 曲げることが なぜ横行するのか
Vol 205 欲が あるから 争いになる
Vol 204 失うことに 不安を覚える
Vol 203 訓練は 必要である 
Vol 202 なぜ ヒトを オトシいれるのか 
Vol 201 危機感が 現状を 打開する 
Vol 200 厚生年金の受給年齢の変更により 退職者の生活保障はどうなるのか
Vol 199 なぜ 軍備の増強が なされるのか 
Vol 198 原子力発電事故の 真相は闇の中に葬られるのか 
Vol 197 企業の経営理念に 変更の兆しが 見えてきた 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加