豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2017年04月29日 09時21分54秒 | 日記
 ( Vol 1594 ) 自民党 二階氏の 苛立ち発言は 失言して失脚する大臣たちとかわりはない

二階氏は 自民党議員を前に 最近の失言失態が多いことに いらいらが生じたのか そのはきどころとして 報道の実態に対する取り上げを批判ともとれるような発言をした

これは 失言に値する

もし 二階氏が相手の立場だったら 批判していることだろう

我は 別格ではない 我も同類である

このいらだち 失態は これから迎えるであろう 選挙戦略における 焦りではないか

他の議員にいっている場合ではない

自分自身が 腹を据えて 構えることではないか

このような 失態が立て続けて起きるのは 自民党全体に 驕った風が流れているからではないか

その風潮を 正していくのが 二階氏の役割ではないか

そのためには 二階氏自身が 真の議員の姿を示し 模範となることではないか

二階氏を含め 傲り高ぶりを改めて 出直してほしいものである



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊前善三つれづれ日記

2017年04月25日 22時45分24秒 | 日記
 ( Vol 1593 ) 今村復興大臣の辞任は 遅すぎた これは自民党の傲慢さが招いたもの

度重なる失言で 今村復興大臣は辞任することきなった

これは 遅きに失したことではないか

自民党は これくらいいいだろうという 国民軽視し 傲慢な体質が招いたもの

自民党は ここのところ 傲慢さが目立つ

国民の目線に立ち返って 物事を見て 発言してもらいたいものである






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊前善三つれづれ日記

2017年04月25日 05時37分44秒 | 日記
 ( Vol 1592 ) 北朝鮮の動きに対して 日本政府は緊張気味 その中で 気になるのが 原発の安全確保である


今 北朝鮮の動向が 緊張感を高めている

日本 アメリカの共同訓練が 海上で行われている

北朝鮮は 日本も標的に視野に入れるとまでいっているが 事が本当に起きたら 原発はどうなるのか

原発の安全基準は 自然災害に対する厳しい基準を設けてあるが 戦争 テロ ということに対しての 安全は計られているのだろうか

その点については 不明である

テレビ報道番組において 自民党議員はこのことに対して 安全である と話していたが 電源部に対するダメージを問われると 濁すという言動をした

これは 絶対的に安全とは 言えない ととれる

日本政府 自民党はどのように対策をとるのであろうか

安全とは何か もう一度 考える必要があるのではないか

原発の安全を もう一度考えてほしいものである


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊前善三つれづれ日記

2017年04月23日 16時43分29秒 | 日記
 ( Vol 1591 ) 森友学園に関連した手続き上の問題を 森本学園の破綻に追い込むことで終止符を打ってはならない

いま 国会の話題は 森友学園問題は薄れ テロ対策法の方になってきている

何故に 森友学園問題を国会の場に 持ち出したのか 疑問を抱く

国民としては 手続き上の問題を明らかにしてもらいたい

また 忖度ということについても 議論してもらいたいものである

話題にあがらなくなれば いっさい不問では困る

阿倍総理は 責任として 明らかにする必要があるのではないか

私の範囲ではない という態度はいかがなものか

もっと 日本のトップとして 責任ある 姿勢をとってもらいたい





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊前善三つれづれ日記

2017年04月20日 09時37分11秒 | 日記
 ( Vol 1590 ) テロ等準備罪の法律は 戦前戦中における特高警察の行動を 引き起こす可能性を秘めている

政府自民党は 特定の事例を挙げ 一般市民には及ばないと弁明しているが 信用できない

その訳は 今までの自民党の言動をみていれば 明らかである

どんなに言葉巧みに演説しても そこには そのまま受け入れることはできない

そこには絶対政権を持った 過去の政権から 推察できる

日本の政治家には 戦前戦中の政治手法が継続されている

どんなに 今の時代では 無謀なことは 拡大解釈することは できない と弁明しているが それはどうか 信用できない

忘れてはならないのは 人間は絶対的権力を持とうとしたとき 冷静を失ったら 暴走するということである

今 テロという見えない敵にたいして 脅威であるとして 自民党政府は訴えるが 本当だろうか

イランを攻撃したときを 思い浮かべてほしい

過度な反応こそ 大きな問題を引き起こすものである

その意味で 今回の テロ等準備罪の法律は 暴走する危険をはらんでいる


自民党政権は 公明党は 冷静さを取り戻してほしい






コメント
この記事をはてなブックマークに追加