活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

修行の始まり1

2016-10-17 04:36:00 | 仏教

たとえば料理屋さんに行くと、お品書きが出て来ます。

それだけ見ても御馳走は食べられません。

口に入れなければならないわけですけども、「経典」 というのは、

お品書きに等しいものです。

 

それを自分で食してみるのが 「禅の修行」 ということです。

「処方箋」 でも同じです。

「処方箋」 を読んだだけでは、頭痛が治るわけでもありませんけれども

一応、「成る程、こういうものがあるんだ」 ということを知っておく必要があります。

 

しかし、初めから病気のない人には薬は要りません。

私たち衆生は本来迷っておりませんから、本当は薬というものは

不必要なわけです。

 

ですけれども、「迷っている」 と思われる人は、このような 「処方箋」 を

読んで実際にはその薬を飲んでみる必要があるということから

「修行が始まる」 ということなのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真の修行 | トップ | 修行の始まり2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL