I Love Music/cosmophantom

Jazzまっしぐら

Dusko Goykovich

2011-09-21 | Jazz 
・・・・・
Dusko Goykovich -5-
写真は「5ive Horns and Rhythm」
1-Bebop City 
タイトルどおり、ビバップを強く意識した94年レコーディング作。ニューヨークを舞台にしたケニー・バロンら腕の確かなプレイヤーとの共演だが、それでもなおユーゴスラビア出身のダスコの出す音は特異さを失わない。演奏:ダスコ・ゴイコヴィッチ(TP,FLH) ケニー・バロン(P) レイ・ドラモンド(B) アルヴィン・クィーン(DS) (1)(3)~(5)ラルフ・ムーア(TS) (2)(7)(9)エイブラハム・バートン(AS)/録音:94
2-5ive Horns and Rhythm  
ダスコ・ゴイコヴィッチの2009年作品。75歳を超えながらも、そのトランペットから放たれる音の剛健さは例えばEnja時代のそれと比べても遜色なし。小さなビッグバンドともいうべき10人でのアンサンブルが楽しめる。演奏:ダスコ・ゴイコヴィッチ(TP,FLH) マルコ・ドルジェヴィッチ(TP) エイドリアン・ミアーズ(TB) フルヴィオ・アルバーノ(TS) ザヴィエ・ルサージュエ(BRS) ウォルター・ラング(P) マーティン・ジャコノフスキー(B) ダグラス・サイズ(DS)/録音:2008.

      
      


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UFO | トップ | Miles Davis »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL