Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

サキ  第2話  *感想*

2013-01-16 | 冬ドラマ(2013) 感想
* 「タブーの正体」 *

じわりじわりとターゲットを追い詰めていくサキ(仲間由紀恵)。
あんなもんに簡単に釣られるって どうよ・・などと 雑誌のクダリにゃあ突っ込みつつも
サキの術中に見事にハマりまくる野村(萩原聖人)の様子は観ていて楽しめる。
痛いトコロを突かれ 不愉快な想いも感じたのに 何だかサキのことが気になってしまう野村・・
再びサキと会ってみたいのに ちっとも連絡が取れなくて さらにさらにサキのことが気になってしまう野村・・
あれは違う これも違う 自分はそんな男じゃないんだと サキの言ったことを訂正してくる野村・・
・・・・・・サキの思うとおりに転がされてる~っっ。
何やら禁断の想いを抱えて悩みまくっている野村の様子も見ているものだから 
あの見事な転がされっぷりは チョッと気の毒にも思えてくるわねぇ。
それにしても 野村の抱える“タブーの正体”にゃあ やられた~っ。
ミスリードされてるだなんて思ってもいなかったもんだから 
ラストで見せられるタブーの正体にゃあ ホント驚いちゃったわぁ。お見事~っっ。
これでサキの前には二人の女性も登場してきたということねぇ。
ターゲットが男性ばかりなのも面白い・・と 初回の感想で書いたけれど
百合香(黒川芽以)が呟くサキの印象も やっぱり面白かったので 
このような同性ならではの視点も見せていってくれるといいな。
(中盤アタリからは直美(内田有紀)が動き出してきそうな気もするけど。)
野村を追い詰めていく過程で ちゃっかり しっかり隼人(三浦翔平)のコトも利用して彼の心も揺さぶってみせるわ
繁之(高嶋政伸)への自己アピールも怠らないわ 相変わらずの見事な手腕を見せるサキ・・。
ターゲットを陥れるために 次回はどんな手段に出てくるのか 気になるわねぇ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

サキ  第1話  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LAST HOPE   第1話  *... | トップ | 書店員ミチルの身の上話  ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワインは (あきんこ)
2013-01-16 21:42:21
ワインはターゲットの生年月日にちなんで選んでそうですねー。
相手を操る術を得るためあらゆる本を読みあさってましたねー。
隼人の写真を握り潰してたシーンや、
当たり前のようにベッドへ侵入するシーン
にゾッとしました。
来週はますますゾッとさせてくれそうで
すね。
またこんな感じで 
最後まで見てしまいそうです。

過去にどんな接点があるのか気になります。
あきんこ 様 (Lee)
2013-01-16 23:27:32
コメントありがとうございます♪

写真を握り潰すシーンは サキの中にある悪意を感じさせましたねぇ。
でも そこまで力を入れていなかったし まだまだ序の口・・ あくまでも控えめに・・といった感じでしょうか・・。
サキと男たちには一体どんな繋がりがあるんでしょうねぇ・・。私も気になる~っ。
配役が皆楽しい! (uumika)
2013-01-17 10:01:09
萩原聖人さんの堅くて汗かいている演技がとても良かった。笑
心理学解説満載の脚本セリフやり取りも満つでスゴイですね。

弟隼人(三浦)の幼くて控え目な喜びの表情とかも何か可笑しいし、
よくいるまあちょっとおバカだけど思ったことをそのまま言う彼女役(黒川)の普通さも、、とにかく配役陣それぞれの個性がとても良くて楽しめますね。
ちょいちょい出る院長との絡みはこれからだな。


新春ドラマ、沢山楽しんでます。
いつも大体2回目で観るのを辞めちゃうこと多いから、、よかった。
uumika さま (Lee)
2013-01-17 18:50:00
コメントありがとうございます♪

汗をかいている演技・・確かにそうだ~(笑)。 
うんうん あの感じ・・いいですよねぇ。 アレがあるからこそ サキの恐ろしさが際立って見えるのだろうし。
uumikaさんが書かれているように ターゲットの男達がそれぞれ個性的で 観ていて楽しめます。

今クール・・楽しめてますか。 好きなドラマがたくさん見つかると嬉しいですよねぇ。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL