Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 第4話  *感想*

2012-08-04 | 夏ドラマ(2012) 感想
* 「勝ち組最低男を倒せ恋の大逆転おこる!?」 *

「慰めてあげようか。」 「私は全然構わないけど、ほんとにいいの?」・・・
しほ(佐藤江梨子)の言葉に まんまと騙されちゃったわぁ。
髪をひとつにまとめるしほさんは 何だかとっても色っぽくていらっしゃるし
下ネタをガンガン飛ばしてくるドラマでもあるし (残念に思いつつも)てっきり そういう流れなのかと・・・。

それにしても 予想以上の見応えだったなぁ・・。
クライマックスに進むにしたがって どんどん重くなっていくストーリーは見応えタップリ。
「どうせ今まで、27年間、こんな感じで適当にやってきたんだろ。薄っぺらなんだよ、あんた。」
という 青山の言葉には かなりインパクトがあるわねぇ。
青山にだって そんなコトを言えるほどの深みは もちろん無いワケだけど
純粋で 真っ直ぐで 青山に対して劣等感を抱く田西(丸山隆平)にとっちゃ この上なく痛烈な言葉よねぇ。
田西の急所めがけて容赦の無い言葉を浴びせかける青山と 最後の最後に小さな反撃を見せる田西。
楽しみにしていた二人の対決で 予想以上に心に残る闘いを見せてくれたことに満足。
青山には効かなかったケド “サラリーマンアッパー” を見事に(でも頼りなげに)決める田西も見られたし。
それにしても ちはる(南明奈)って予想を上回る嫌な女だったのねぇ。
青山によって語られる彼女の情報は どこまで正確なのか分からないと思いながら観てたのだケド
見送りに来た田西を前にしての彼女の心無さにゃあ唖然。そして彼女のキャラクターはやっぱり興味深いのよね。
これまた予想を上回る痛手を ラストでさらに負ってしまった田西のほうも 
泣いてもがいて苦しむ様子は もちろんちはる以上に魅力的で 全体的に面白いストーリーだったわぁ。 

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ボーイズ・オン・ザ・ラン 第1話  *感想*
ボーイズ・オン・ザ・ラン 第2話  *感想*
ボーイズ・オン・ザ・ラン 第3話  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東野圭吾ミステリーズ  第5... | トップ | 黒の女教師  第3話  *... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL