映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ジャッジ!

2014年01月23日 | 邦画(14年)
 『ジャッジ!』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)『ルームメイト』での演技がなかなか良かった北川景子が出演するというので、映画館に行ってきました(注1)。

 本作の冒頭は、「きつねうどんのCM」(注2)の撮影風景が描かれます。キツネの着ぐるみに広告代理店・現通の若手クリエーター太田喜一郎妻夫木聡)が入り、「腰の振りが甘い」などとダメを出されています。
 ただ、そのCMを巡っての会議で、スポンサーの方から、「すごく酷いCMだ。このネコをもっとネコらしくして」と要求されると、ベテランクリエーターの大滝一郎豊川悦司)は「大好評だ。ただ、簡単な直しがあった。明日まで、キツネをネコに直して」と喜一郎に伝えます。
 喜一郎は「そんなムチャな」と抵抗しますが、大滝が「ムチャはチャンスだ」と言って取り合おうとしません。仕方なく喜一郎は、猫の声を自分で入れたりして直しにとりかかります。
 そんなある日、喜一郎は、大滝から「自分の代わりに、サンタモニカ国際広告祭の審査員をやってきて欲しい」と言われ、さらに「(スポンサーの息子が制作した)「ちくわのCM」(注3)が入賞しないとクビだ」とも告げられてしまいます。



 やむなく喜一郎は、同僚の大田ひかり北川景子)(注4)に、同姓のよしみで一緒にサンタモニカに行ってもらいますが、さて広告祭における審査の結果はどうなることでしょうか、………?



 本作は、舞台設定を広告代理店とする着想が斬新で、そのCM作りの一端をかいま見させてくれるので興味深く、更に全体的にコメディとしてなかなかよくできており、笑いの場面がてんこ盛りであって、とても面白いと思いました。この映画を見た友人が言っていたのですが、「昔の三谷幸喜や宮藤官九郎の世界に入り込んだような感じ」となりました!

 主演の妻夫木聡は、このところ様々な役をこなしてきているところ、『清須会議』や本作のようなコメディでもなかなかの演技を披露していますし、ヒロインの北川景子も、『謎解きはディナーのあとで』と同様、持ち味を遺憾なく発揮しているなと思いました。

(2)本作においては、様々の固有名詞が架空のものとなっているにもかかわらず、どうして「トヨタ」は実名なのか(注5)、そしてCMクリエーター・木沢はるか鈴木京香)が所属する白鳳堂が制作した「トヨタ」のCMは、国際広告祭でグランプリを獲得できるほどクオリティが高いものなのか(随分とあからさまな擬人法を使っていて、気持ち悪いだけではないか)(注6)、などなど問題点が思い付きます。

 でも、こうした映画については、あれこれ詮索することなく、また下記の(3)で触れる前田有一氏のように教訓など汲み取る必要もなく、単純にお腹の底から面白がればいいのではと思いました。
 もとより、映画から何かしらの教訓を引き出すことは見る人の自由であり、他人がとやかく言うべき筋合いではないとはいえ、「中学生から見られる社会の仕組みムービー」と述べたり、「トヨエツをはじめとする幾多の悪人?たちが、魅力たっぷりに描かれているのもその主張と合致する。世の中は、善悪だけではない、絶妙なバランスで成り立っているのだと、この映画はその本質を伝えようとする」など前田氏は言うのですが、そんなつまらないことはこうした作品を見ずともわかりきった話なのではないでしょうか?

(3)渡まち子氏は、「思いがけない役で登場する豪華キャストが楽しい、笑いと驚きの娯楽作で、大いに楽しめる快作に仕上がっている」として70点をつけています。
 また、前田有一氏は、「ラブシーンや暴力シーンもなく、子供たちと一緒に楽しむ、ちょいと辛口のお仕事ムービーとして見事な出来映え。今週のイチオシとして推薦する」として85点をつけています。

 ですが、柳下毅一郎氏は、「ついに日本にもそれ(トム・クルーズ主演の『ザ・エージェント』という映画)に匹敵するお手盛り映画が誕生した!正義と真実の使徒、裏工作と嘘が嫌いな電通マン!」と批判します。
 でも、本作は、CMディレクターの永井聡氏が監督、CMプランナーの澤本嘉光氏が脚本でCM界を取り上げている作品なのですから、作品自体がCM界のCMになっていて「お手盛り映画」となってしまうのも(注7)、当然といえば当然のことなのではないでしょうか(注8)!



(注1)予告編は、このサイトで見ることが出来ます

(注2)このCMは、このサイトで見ることが出来ます。

(注3)このCMは、このサイトで見ることが出来ます。

(注4)大田ひかりという名前をつけたことについて、爆笑問題の太田光の妻の太田光代氏が不満を漏らしているようです(この記事を参照)。

(注5)そういえば、「きつねうどんCM」の「エースコック」も実名でした(このサイトの記事を参照)!
 ただ、「ちくわ堂」の方は架空で、「鈴廣かまぼこ」が特別に作ったもののようです(このサイトを参照)。

(注6)と思って見ていたところ、本作で映し出されるトヨタのCMは実際のCM(博報堂制作による「HUMANITY」)であり、なおかつ賞(2006年の第53回カンヌ国際広告祭フィルム部門で銀賞)も獲っているとのことで、驚きました(ラストのクレジットに「劇中CM協力」として記載されています。なお、このサイトの説明によれば、同CMでは、「車のシート、シートベルト、エアバックなど、さまざまなパーツを人間に置き換えることで、細部までいきとどいたサービスやホスピタリティをユーモアたっぷりに表現しました」とのこと)!

(注7)主演の妻夫木聡は、劇場用パンフレットに掲載されたインタビューにおいて、窓際族のリリー・フランキー)から教えてもらった「カマキリのポーズ」を演じた際に、永井監督から「もうちょっとちゃんとカマキリをやってください」と言われたと語っていますが、これって本作の冒頭で喜一郎が「腰の振りが甘い」と言われたこととダブってしまいます。



 また、ヒロインの北川景子も、劇場用パンフレットに掲載されたインタビューにおいて、「映画というよりも広告の現場に近い感じ」とか「広告の素材としての役割を任されているのであれば、それは大きな役割で後裔なことですし頑張ろうと思いました」などと述べています。

(注8)このエントリ自体も、本作のCMとなってしまうことでしょう!




★★★★☆☆



象のロケット:ジャッジ!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武士の献立 | トップ | もらとりあむタマ子 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (みぃみ)
2014-01-24 10:05:33
なるほど~。
はるかとはるかの会社にはそういう関係が、そしてトヨタのCMは…なのですね。
んふ♪大滝ちっくな事してるんですね~(喜)。

とはいえ、知らずに考えたトヨタCMの私的解釈が
正解してたのは嬉しかったです。
車って便利且つ命も預けるものなので、
メーカーさんにはそういう気持ちでずっといて欲しい☆です。
怪作 (iina)
2014-01-24 10:11:54
快作というより怪作です。
多くが駄作と思うようなCMが優勝するという点に比重を置くので、このようなストーリーになるのでしょうね。
駄作と思わせたCMが2006年の某部門で銀賞を取っているのですから。

Unknown (クマネズミ)
2014-01-24 22:28:59
「みぃみ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「みぃみ」さんは、ご自身のブログで「自動車で、実際に動いてるのは機械や金属なるも、そこには、「作った人の想い」があるんだ」と述べておられますが、クマネズミには気持ち悪く思えたCMも、そのように考えれば納得出来ないこともありませんね。
Unknown (クマネズミ)
2014-01-24 22:29:38
「iina」さん、コメントをありがとうございます。
確かに、「駄作」と思われるCMでも、それを提供する企業の力が強大だと高い評価を受けてしまうように思えるところ、それをあからさまに言ってしまうと、身も蓋もないことになってしまいますが。
楽しいものは良いですね (瀬織津姫)
2014-01-29 13:26:11
 あまり難しく考えないで、楽しく見れる映画は、それで価値があると思います。クマネズミさんは、そうした感覚だと理解します。
 世の中には、良い宣伝でもっとよく知って貰いたいことがありそうにも思われました。
Unknown (クマネズミ)
2014-01-29 20:26:24
「瀬織津姫」さん、コメントをありがとうございます。
本作は至極面白いのですから、『永遠の0』とか『ゼロ・グラビティ』のように、もっと観客が伸びてもいいように思えるのですが、なかなかそうも行かないようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジャッジ! 審査員を審査する (そーれりぽーと)
予告編のドタバタ感が面白そうだった『ジャッジ! 審査員を審査する』を観てきました。 ★★★★ ステレオタイプのキャラクター達でCM業界の裏側を茶化して描いたサクセス・コメディー。 監督と脚本家はふたりともCM業界出身なのだそうで、CM業界から中島哲也監督のよう...
ジャッジ! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(AF) 三谷監督がいう妻夫木くんのイメージはこういうことね(笑)
ジャッジ! (伊東良徳の映画な週末)
 広告業界ドタバタコメディ映画「ジャッジ!」を見てきました。 封切り2週目土曜日
ジャッジ!/妻夫木聡、北川景子 (カノンな日々)
CMディレクター出身で『いぬのえいが』にも参加している永井聡監督が妻夫木聡さんを主演に落ちこぼれの広告マンの奮闘する姿を描いた業界物バックステージ・コメディです。CMプラン ...
映画『ジャッジ!』観てきたよヾ(=^▽^=)ノ (よくばりアンテナ)
サンタモニカで開かれる世界一のTVCMを決める国際広告祭に 無理矢理参加させられる落ちこぼれ広告マンの太田喜一郎(妻夫木聡)が、 ちくわのCMを入賞させるべく、ドタバタ繰り広げるコメディ。 詳しくは公式HPへ。 笑ったわ~~(*´∀`*) ここ最近はダメ男を...
ジャッジ!~トヨタが落選する訳ない (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。永井聡監督、妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二、玄里、田中要次、風間杜夫、でんでん、浜野謙太、伊藤歩、加瀬亮、 ...
「ジャッジ!」:CMだったらクライアントNG? (大江戸時夫の東京温度)
映画『ジャッジ!』は、国際CMフェスティバルの裏側というか受賞のための裏工作の世
『ジャッジ!』 2013年12月19日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャッジ!』 をプレミア試写会で鑑賞しました。 上映前に舞台挨拶があり、妻夫木聡、北川景子、木村祐一澤本義光(脚本)、永井聡監督登壇して 面白いトークで盛り上がりました。 度重なる妻夫木君の突っ込みや北川景子のイメージと違う女王様キャラで無い所が聞けて...
『ジャッジ!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャッジ!」□監督 永井 聡 □脚本 澤本嘉光 □キャスト 妻夫木 聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、       荒川良々、玉山鉄二、田中要次、風間杜夫、でんでん、伊藤 歩、加瀬 亮 ■鑑賞日 1月11日(...
映画『ジャッジ!』★ズルは“穴”があったら入りたいコト(―_―)!! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/161911/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   この、そうそうたる顔ぶれに惹かれて、鑑賞しました。↑   CM コンテストで、お得意さんの CM ...
『ジャッジ!』 (beatitude)
テレビCMの世界一を決めるサンタモニカ国際広告祭。落ちこぼれの広告マン、太田喜一郎(妻夫木聡)は、社内一のクセモノ上司、大滝一郎(豊川悦司)に押し付けられ、広告祭の審査員として参加することになる。太田は毎夜開かれるパーティーに同伴者が必要と知り、仕事はで...
ジャッジ! (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
CM業界を舞台にしたドタバタコメディ「ジャッジ!」。バカバカしい設定の中にふと紛れ込む名セリフに拍手。落ちこぼれCMクリエーターの太田喜一郎は上司のムチャぶりによって国 ...
『ジャッジ!』 (時間の無駄と言わないで)
クソCMに賞を獲らせるためにあの手この手で奮闘する映画かと思ってたんだけど違った。 広告業界が舞台のお仕事コメディだった。 妻夫木聡を初めて見たのが「ウォーターボーイズ ...
「ジャッジ!」 (NAOのピアノレッスン日記)
~恋と仕事。人生最大の審査(ジャッジ)!~ 2013年  日本映画    (2014.1.11公開)配給:松竹    上映時間:105分監督:永井聡脚本:澤本嘉光美術:相馬直樹音楽:平沢敦士主題歌:サカナクション 「アイデンティティ」出演:妻夫木聡/北川景子/リ....
[映画まとめ語り 『ジャッジ!』『大脱走』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『ジャッジ!』 今年最初の傑作でした。 最近、視聴率的にジリ貧のフジテレビの制作だが、いい意味でのバラエティっぽさを底力で出し切った作品だろう。 気持ちよく笑い続けられた。 映画館でのチラシを見た限りでは、なんか内容が読めなかったのだが、夢を持...
「ジャッジ!」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・日本/フジテレビ=松竹 配給:松竹 監督:永井聡脚本:澤本嘉光撮影:野田直樹音楽:平沢敦士 数々のテレビCM演出を手掛けたディレクター・永井聡が長編監督デビューを飾った、CM業界の裏側で繰
ジャッジ! (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://judge-movie.com/ 予告編を観ても何も感じず、「観なくても良いや」と思っていたんだけど、嫁さんにせがまれて鑑賞してきた。 大手広告代理店に入社して間もない太田喜一郎(妻夫木聡)は、審査員として参加予定の世界一のテレビCMを決定する...
『ジャッジ!』が問う日本人のあり方 (映画のブログ)
 広告業界を舞台にした『ジャッジ!』は、ゆるい笑いに満ちたコメディだ。  しかもそれだけにとどまらず、なかなか教訓に富んでいる。  『ジャッジ!』の主人公は、広告代理店で働きながらも、モテない、仕事できない、うだつが上がらない青年・太田喜一郎だ。  ...
映画:「ジャッジ!」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年1月16日(木)。 映画:「ジャッジ!」。 監  督:永井聡 脚  本:澤本嘉光 キャスト: 妻夫木聡:太田喜一郎・北川景子:大田ひかり リリー・フランキー:鏡さん・鈴木京香:木沢はるか 豊川悦司:大滝一郎・荒川良々:カルロス 玉山鉄二:竜也・...
無欲の勝利。『ジャッジ!』 (水曜日のシネマ日記)
仕事の出来ない新人広告マンが世界的な広告祭で自社CMのグランプリ獲得を目指して奔走する物語です。
ジャッジ! ★★★★ (パピとママ映画のblog)
世界的にも有数の広告祭に参加することになった新人広告マンが、自社CMのグランプリ獲得を目指して奔走するさまを描くコメディー。名字の読みが同じことからニセ夫婦として広告祭に参加する会社の同僚を、妻夫木聡と北川景子が演じる。ソフトバンクモバイルの「ホワイト家...
ジャッジ! (映画と本の『たんぽぽ館』)
広告業界では“無茶”と書いて“チャンス”と読む!? * * * * * * * * * * 落ちこぼれ広告マンの太田喜一郎(妻夫木聡)が、 ひょんなことから世界一のテレビCMを決めるサンタモニカ国際広告祭の審査員を務めることになります。 パーティーの同...
今期一番の眼鏡っ娘さん…じゃなかった(いなり、こんこん、恋いろは。とか、ジャッジ!(映画)とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【東京レイヴンズ 第14話】学園を襲撃する道満さんの巻。1クール目の大物っぷりから、道満さんは今回逃げ延びると思ったんですけどね~。意外…というか、“芦屋道満”というビッ ...
『ジャッジ』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  熱意だけはある真面目な広告クリエイターの青年が 上司に代わって国際広告祭に行くことになる。 ひとりで行くのはまずい、と考えた彼は 仕事はできるがギャンブル好きの同僚で同じ苗字のひかりに頼み込み同行してもらう。  国際コンクールに参加した経験....
ジャッジ (Break Time)
今日も、寒い一日でした・・・
ジャッジ! (ダイターンクラッシュ!!)
2014年1月12日(日) 18:30~ 109シネマズ川崎2 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 無茶と書いてチャンスと読む。(無謀だったかな?) 『ジャッジ!』公式サイト 同じタイトルの「JUDGE/ジャッジ」と大違いだ。あちらはワーストを争うものであ...
映画『ジャッジ!』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
出張で帰省していた息子が寝込んでいました。 ノロウィルスに感染してしまったそうです。  お正月に帰省した時も、帰りの新幹
「ジャッジ!」 (ゆっくり歩こ。)
最初の配給会社のやつが出るところから作りこんでありました ここからすでに面白そう~!な予感  キツネが出てきて踊ってるシーンからずーーっとツボにはまりっぱなし  私はツボだらけでウケてましたが、 他のお客さんはあんまり・・・ 昨日はTOHOシネマズデイ...
『ジャッジ!』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『ジャッジ!』を観てきました。 広告業界の裏話的なことと、北川景子ちゃんが出ているということで12月から早く観たいなぁ~と思っていた作品です。 ジャッジ! - 映画.com もじってはいるけど、電通と博報堂ってのが一目でわかってすごくわかりやすかった。 妻夫木...
映画・ジャッジ! (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 広告代理店・現通に勤務する太田喜一郎(妻夫木聡)仕事を愛して止まないものの腕はイマイチの落ちこぼれクリエイター合コンでもドン引きされ、故郷・青森時代の彼女からもらったキーホルダーを手放せないでいる企画書を提出しても毎回のように先輩(加...
ジャッジ! (だらだら無気力ブログ!)
これは笑えたわ。
ジャッジ!  監督/永井 聡 (西京極 紫の館)
【出演】  妻夫木 聡  北川 景子  鈴木 京香  豊川 悦司 【ストーリー】 大手広告代理店に入社して間もない太田喜一郎は、審査員として参加予定の世界一のテレビCMを決定する広告祭に向かう。夜ごと開催されるパーティーには同伴者がいなければならないことから、同....
映画『ジャッジ!』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-6.ジャッジ!■配給:松竹■製作年、国:2013年、日本■上映時間:105分■料金:0円(1カ月FP12本目)■観賞日:1月13日、TOHOシネマズ府中(府中) □監督:永井聡◆妻夫木聡◆北川景子◆鈴木京香◆リリー・フランキー◆荒川良々◆豊川悦司◆加瀬亮...
ジャッジ! (銀幕大帝α)
2013年 日本 105分 コメディ 劇場公開(2014/01/11) 監督: 永井聡 主題歌: サカナクション『アイデンティティ』 出演: 妻夫木聡:太田喜一郎 北川景子:大田ひかり リリー・フランキー:鏡さん 鈴木京香:木沢はるか 豊川悦司:大滝一郎 荒川良々:カルロ....
ジャッジ! (いやいやえん)
「つまらなくて死ぬかと思った」CMをサンタモニカ広告祭で入賞させるという無茶なお話。 前半のキツネ(「コンコンコンコン♪こしこしこしこし♪」)が、アップで「ニャンニャン」と鳴いたのには、笑いました。これ
『 ジャッジ! 』これから大切なことを言います (映画@見取り八段)
ジャッジ!     監督: 永井聡    キャスト: 妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二、玄里、田中要次、風間杜夫、でんでん、浜野謙太、新井浩文、伊藤歩、加瀬亮、木村祐一、あがた森魚、松本伊代、志賀廣太郎、柄本...
映画 ジャッジ! (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     CM業界を巡るコメディー。   おかまやオタクが威力を発揮する?   きつねちゃんこと大田ひかり(役:北川景子)が   いい味出しています。   審査は汚...