映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

清須会議

2013年11月22日 | 邦画(13年)
 『清須会議』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作を制作した三谷幸喜監督の前作『ステキな金縛り』がまずまず面白かったこともあり、映画館に足を運んでみました。

 本作で専ら描かれるのは1582年6月の清須会議で、それは織田信長が本能寺の変で急死した後、織田家の継嗣問題と領地再分配問題を解決するために開催されたものです。
 でも、その帰趨については皆がよく知るところでしょうから(注1)、本作に対する関心は、むしろどの俳優がどんなメイクや衣装、それにどんな演技で主な登場人物である4人(柴田勝家丹羽長秀羽柴秀吉池田恒興)を演じるのかとなるでしょう。



 そうなると、やはり柴田勝家の役所広司が抜きん出ていて、佐藤浩市の池田恒興、小日向文世の丹羽秀長はまずまずといったところ、大泉洋の羽柴秀吉については意見が別れるところではないかと思います(注2)。
 確かに、大泉洋の秀吉もありとは思えるところ、なんだかこれまでのイメージも被ってきて、随分と軽っぽい感じがしてしまうのが問題であり、例えば、元々耳がとびきり大きい瑛太ならどうかなと思ったりしました。



 ただ、総じていえば、華々しいチャンバラ・シーンのない至極真面目な時代劇ながらも、要所要所に笑いの要素を散りばめ、さらには中谷美紀とか鈴木京香剛力彩芽といった女優陣も張り切っていて(注3)、なかなか見応えのある作品になっていると思いました。



(2)本作では、三谷幸喜監督が様々な工夫を凝らしています。
 例えば、
イ)日の進み具合については、「一日目」「二日目」……という具合に字幕が入るものの、肝心の武将たちの名前については、他の時代劇のような字幕は入りません。
 とはいえ、信孝信雄については、その発音が近いために(「ノブタカ」「ノブカツ」)音声だけでは紛らわしく、字幕の必要性が高いでしょうし、また信孝・信雄・信包・秀信(三法師)らの関係についても系図的な説明がある方が、観客にとって随分とわかりやすくなるものと思います。
 でも、三谷監督は、この映画を見に来るほどの観客ならばそんなことは予めよくわかっていることだろうとして、敢えて煩わしい字幕を挿入しなかったのでしょうし、それは一つの見識だと思います。

ロ)本作に登場する人物は、大体が現代語でしゃべっていますが(注4)、これは本作の原作である小説『清須会議』(三谷幸喜作、幻冬舎文庫)が、当時使われた言葉で作られたであろう文書の「現代語訳」として作られていることからくるものと思います(注5)。
 他方、三谷監督は、インタビュー記事では、「ビジュアルには相当こだわり」、例えば「頭頂部の髪を剃った部分「月代」」について、「肖像画で見ると、髪の生え際はかなり後ろな」ので、「既製の鬘ではなく、特殊メイクで作ってもら」ったんだ、と述べています(注6)。
 そこまでビジュアルにこだわるのであれば、話す言葉についても、当時を再現する方向でやってもらったらどうか、という気もしてきます。
 としても、そんなことをしたら、現代の観客は到底理解できなくなってしまうでしょう。
 逆に、ビジュアルも喋り方に合わせて現代風のものにするといったことも考えられるかもしれません。例えば、ジーパンを履いた羽柴秀吉という具合に。
 でも、そんなことをしたら、浮ついた現代の新劇でも見ている感じになってしまい、おそらく受け入れられないことでしょう。
 様々の選択肢があるとはいえ、本作のやりかたは、三谷監督の歴史に対するこだわりと理解ノシやすさ・面白さをミックスさせたものとして、適切なものと思います。

ハ)上で触れたインタビュー記事において、秀吉には「指が6本あったという伝説」があり、本作では「その再現にも挑戦し」、「劇中で秀吉は常に手袋をしてい」るが、「ワンシーンだけ、手袋を外しているシーンがあ」る、と三谷監督は述べています(注7)。
 見終わってからこのインタビュー記事を知り、予告編を見直したりしてみると、大泉洋の秀吉は確かに右手に手袋をしています。



 ですが、クマネズミは、映画を見ている最中はそんなことに露ほども気が付きませんでしたから、手袋を外している「ワンシーン」がどこにあったのか気付くわけもありません!

 それはともかく、昨年出版された『河原ノ者・非人・秀吉』(服部英雄著、山川出版社)(注8)を見ると、その著『日本史』において「フロイスは秀吉には一つの手に六本の指がある(注9)と書いた」と述べられています(P.571)。
 さらに、同書では、「前田利家の伝記である「国祖遺言」に、秀吉は六本指であると記述されていた」と述べられ、該当部分(「太閤様は右之手おやゆひ一ツ多、六御座候」云々)が引用されています(P.571〜572)。
 その上で、服部氏は、多指症についての情報もあり、「同時代人による証言が複数揃った以上、もはや疑ってはならない。六本指だった秀吉は、大道芸でそれを活用したのかもしれない」と結論づけています(P.573)。

 おそらく、三谷監督は、こうしたことも背景にして秀吉のビジュアルを作り上げているのではないかと思われます。

(3)渡まち子氏は、「有名な会議とはいえ、派手なアクションや情熱的なロマンスがあるわけでもない、本作の清須会議は、映画としてはすこぶる地味な題材。それを日本映画が誇る豪華キャストを集めて、抱腹絶倒の歴史エンタテインメントに仕上げてみせた」として70点をつけています。
 また、前田有一氏も、「時代劇ファンが求める「本格」とは、ルックスではなくそこで描くテーマにこそある。それをこの、おバカしたての時代劇は実証して見せた。この時代と武将についての予備知識はある程度必要で、かつ思い入れが強い人ほど楽しめる。三谷監督らしい、年末年始にぴったりな良質な時代劇である」として85点をつけています。
 さらに、相木悟氏は、「何をおいても、138分間じっくり歴史喜劇を堪能させてもらった。結構でござんした」と述べています。



(注1)尤も、信長や信忠、明智光秀がどこを所領していてそれが誰のものになったかまで詳しく知っている人は少ないと思いますが、映画でもその点は余り突っ込みません(ただ、原作小説では、「四日目」の「十六 前田玄以による本会議議事録二(現代語訳)」において、P.229以下17ページにわたって詳しく記述されています)。

(注2)最近では、役所広司は『わが母の記』、佐藤浩市は『人類資金』、小日向文世は『アウトレイジ ビヨンド』、大泉洋は 『探偵はBARにいる2』で、それぞれ見ました。

(注3)最近では、中谷美紀は『リアル〜完全なる首長竜の日〜』、鈴木京香は『セカンドバージン』で、それぞれ見ています。
 なお、剛力彩芽は、テレビドラマでは見ているものの、映画としては『カルテット!』以来です。

(注4)例えば、「五日目」のお市様と秀吉との会話は、概略次のようです。
 お市様「私は、柴田と祝言をあげます。お祝いの言葉は?」、秀吉「おめでとうございます」、お市様「私にできることはこれしかない」、秀吉「そこまでして私を苦しめたいのですか?」、お市様「私は生涯あなたを許せない。夫を殺し、息子を殺したお前を。あなたが嫌がる相手に嫁ぐのです」、秀吉「そこまで嫌われたら私も本望です」。
 (原作小説のP.281に同じシチュエーションが描かれていますが、映画ではずっと簡略化された会話になっています)

(注5)同小説は、冒頭の「燃え盛る本能寺本堂における、織田信長断末魔のモノローグ(現代語訳)」の節から始まり、末尾の「秀吉の妻、寧の日記。六月二十八日分抜粋(現代語訳)」の節で終わります。

(注6)さらに、例えば、鈴木京香のお市様と剛力彩芽の松姫(三法師の母)は、眉毛がなくお歯黒をしています。

(注7)原作小説では、「二日目」の「二十一 秀吉の妻、寧の日記。続き(現代語訳)」において、「夫は本来暗い人間である。生まれながらに右手に障害を持っていたこともあり」云々と述べられているくらいです(P.120)。

(注8)本書は、昨年の毎日出版文化賞(人文・社会部門)を受けていて、選考委員の白石太一郎氏は、「中世史料に多くみられる河原ノ者、非人、声聞師などについてその実相を明らかにするとともに、秀吉を被差別民から天下人にまで上りつめた脱賤の具体的な事例として取り上げている。さらに秀頼誕生の謎についても、大胆だが説得力のある推論を提起する」などと述べています。
 また、法政大学教授の田中優子氏も、「本書では、被差別民が多くの分野での職人として社会を支えてきたことが見えて来る。ヨーロッパ人宣教師を始めとする当時の人々の記録を重要視することで、見事に人間を浮かび上がらせた」などとして高く評価しています。
 他に、東大の五味文彦氏は、「大胆な論と丁寧な史料の検討がなされており、読み応えがあるとともに、今後に大きなインパクトをあたえる本となるであろう」と述べています。

 ですが、歴史に驚くほど該博な知識を持つクマネズミの友人は、服部英雄氏について、「的確な史料批判ができない人」であり、本書で「ルイス・フロイスの『日本史』を同時代史料として信頼しすぎるのも、同書が伝聞書きのものであるだけにどうかと思う」などと言っているところです。
 〔前者の点については、例えば本書のP.42に「(佐々木哲氏の著書によれば、近江の六角氏には)系図には記されないけれど、義久―義秀という当主がいた」との記載があるが、まともに認める歴史学者や系図研究者のいない沢田源内の『江源武鑑』が主張するところに従う佐々木哲氏の見解を無批判的に受け入れるものであり、これでは服部氏は史料批判ができないと判断されても仕方がない、と友人は言っています。〕
 「若き日の豊臣秀吉、すなわち木下藤吉郎は賤の環境にあった」(P.561)とか「秀頼の父親が秀吉である確率は、医学的にいえば限りなくゼロである」(P.600)といった服部氏が本書で提起する仮説は、単なる一つの考え方と受け止めておいた方がいいのかもしれません。

(注9)原文のポルトガル語では、「Tinha seis dedos em uma mão」。



★★★★☆



象のロケット:清須会議
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の秘密 | トップ | 四十九日のレシピ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-11-22 09:21:26
こんちは。
歴史は疎い私ですが、ちゃんと楽しめました。名前なども混同しやすいけど、それぞれの立場で話しているセリフの中で出て来るので、役者がよっぽどヘッポコじゃない限り、誰の事を言っているのか分からないという事態は起きないんじゃないかと思います。

後、貼られてる鈴木京香の写真を見て、髪質がメチャクチャミッキーマウスっぽいと思いました。

基本的に
こんにちは。 (みぃみ)
2013-11-22 10:52:49
「秀吉の手」にもこだわりがあったのですね。
三谷さん、テレビで話している様子を見ているとそうとうのこだわり屋さんのようですので、実は他にも色々あったりするのかもですね〜。

合戦場面が無い分、冒頭の信長の殺陣や利家と秀吉あわやっ!な場所はドキドキしました。
原作、これから読むつもりです。
監督のこだわり (KGR)
2013-11-22 15:03:22
信雄と信孝については、妻夫木聡と坂東巳之助を見違えることはなかったですが、
発音は紛らわしかったかもしれませんね。

監督はある番組で、「名前の字幕は入れたくなかった」と言っておられました。

そのためにも、良く知られている肖像画に近づけようとし、例えば信長の一族の男性には付け鼻をしてもらったとのことでした。

キャスティングはいろいろご意見があるかもしれませんが、瑛太はちょっと若すぎませんか。

(注7)の説明文、障害が生涯になっています。
Unknown (クマネズミ)
2013-11-22 21:44:00
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
お市様は「鬢付け油」をコテコテにつけていたがために、あのような感じになってしまったのかもしれません。いずれにせよ、当時の室内は、映画で見るよりもずっと暗いはずで、一体どこまで勝家に見えたのでしょうか?あるいは、勝家は、「鬢付け油」が発するいい匂いに生涯を狂わせてしまったのかもしれません。
Unknown (クマネズミ)
2013-11-22 21:44:30
「みぃみ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
クマネズミは、フジTVの「笑っていいとも」(録画で見ました)に出演した大泉洋が大きな耳になっているのを見て、三谷監督が色々やっているなと分かりました。
また、原作小説を読むと、三谷監督が映画というものをどう考えているのか、その一端が分かる感じがします。

Unknown (クマネズミ)
2013-11-22 21:45:20
「KGR」さん、TB&コメントをありがとうございます。
また、入力ミスのご指摘も心から感謝申し上げます。

確かに、信長の一族の男性は、皆、異様に鼻が高い感じがしました。
それに、清須会議の時に秀吉は45歳でしたから、40歳の大泉洋でも若い上に、30歳の瑛太ではおっしゃるように若すぎるかもしれません!
ミッタニー(→三谷幸喜)の 食えなやつらの味付けぇぇ〜 (zebra)
2014-12-07 11:36:54
きのう 土曜プレミアでみました。 いやぁ〜 食えない面々なやつらを 見事に ミッタニーは 演出で味付けしとったわ〜

本能寺の変 ボッパぁ〜ツゥゥ〜〜

英ちゃん(→篠井英介)演じた ”御屋形様”信長 死んじゃった〜

千歳一隅の チャァァ〜ンスッだぜぇい!!! 浅野っち(→浅野和之) 光秀 打ち取ったりぃ〜 っと 大手柄のイズミン(大泉洋) ご満悦!!!

さぁって こんどは御屋形様の跡目争いじゃ〜(まるで 仁義なき戦いじゃな!)

今度のライバルは役所ン(→役所広司)勝家!
 
妹君えんじた お京姐さん(→鈴木京香) ビックリ人間も真っ青の お歯黒顔!!! マジ キモ〜イ(゜▽゜) 役者魂こもっとるわ〜 (ホメてます)


お京姐さんのご機嫌取りにらっきょうですよ!らっきょう!!!

くっせえだろ!くっせえ〜 と お京姐さんが ブーイング 役所ん 何を考えたのか お香が好きとかで らっきょうが 酢につけると美味になるとか ワケわからん理屈つけて 的外れプレゼント・・・(汗) 

一方 イズミンは イセヤン(→伊勢谷友介)演じた 三十郎信包にアンティックをプレゼント。 こっちはイセヤンのハートをゲットЪ(゜〜^)

しかも、秘密兵器といわんばかりに、 体を張って ミッキー(→中谷美紀)も踊りを披露・・・

東京出身なのに 尾張訛りも板につきまくりのミッキー、さすがЪ(゜〜^)

”ど・ち・ら・に・し・よ・う・か・な・ て・ん・の・か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り” の 優柔不断ぶりを演じきった 恒池田興役のコーイチ(→佐藤浩市)も 役所んとイズミン 両方からに引っ張られてやんの!

ここでも失敗ぽしゃったのは役所ん・・・越前のカニを毎年贈るって・・・オイオイ(汗;)

それに反して イズミンは 尼崎を任せると領地配分! カニと国持の座・・・ そりゃ 明暗わかれるってぇ〜


極めつけは バカ殿信雄を見事に演じきった ブッキー(妻夫木聡)!

なんじゃ〜こりゃあ〜な ダメダメぶりをいかんなく発揮し過ぎ(>Δ<)!!!

女中に見とれてつまずくわ 旗取りなのに 走るだけで肝心の旗取りを忘れるわ あげく 内密な話なのに 「オレは聞かれても平気」と 席外しの意味を考えないKYぶり!!!

イズミンもハラハラ・・・天下を自分が握るには織田家の人間は傀儡でなければ困るのだが ここまで ろくでなしぶりを見せつけられると傀儡にも使えないじゃ〜ん(やべえよ やべえ!!)

コヒさん(→小日向文世)長秀も 役所んにアドバイスしまくってたに 途中からイズミンに 乗り換えて 悩む悩む(自分の人生も将来に影響するからね!!)

が、決め手の 本能寺で討ち死にした 信忠を演じた6代目勘ちゃん(→6代目中村勘九郎 )の幼い三法師坊ちゃんのあやし術を ケン坊(→松山ケンイチ)から習得した イズミンが ふさわしいと みんなナットク(やはり 大義が立つもんが強い!)

 が、イズミンの悔いは 妹君お市の方をゲットできなかった・・・(TДT) (も〜い〜じゃん! アンタには 後継者になれたし、ミッキーがいるんだし・・)

会議が終わっても 役所んに 「筆頭家老としてご指南おねがいいます」としたてにでてたイズミン。
けど、腹では「近いうち役所ん 討つぞと」決心

役所んも イズミンの腹の内を 見抜いてたけどね!

さっすがなのは ミッタニー 食えない面々を見事に 演出で 味付けしまくっとッたわ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『清須会議』観てきた(=^▽^=) (よくばりアンテナ)
三谷幸喜原作・脚本・監督作品。 織田信長の死後、後継者を誰にするかを決める会議。 笑ったわ〜〜ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ さすが、三谷作品。 歴史に忠実なのにここまで笑える作品にしちゃうなんてすごい。 やっぱりこだわり抜いたキャスティングがすごい...
劇場鑑賞「清須会議」 (日々“是”精進! ver.F)
評定という名の戦、勃発… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311090001/ 【送料無料】「清須会議」オリジナル・サウンドトラック [ 萩野清子(音楽) ]価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】清須会議 [ 三谷...
『清須会議』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番...
清須会議/役所広司、大泉洋 (カノンな日々)
三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
清須会議〜中谷美紀@アッキー (佐藤秀の徒然幻視録)
剛力彩芽の能面メイクがある意味凄い 公式サイト。三谷幸喜原作・監督。役所広司、大泉洋、中谷美紀、剛力彩芽、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、 ...
清須会議 (真・天文台)
監督:三谷幸喜 脚本:三谷幸喜
『清須会議』を109シネマズ木場1で観て、ゴーちゃんの大逆襲ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ダメ出しする人もいるけど俺っちは充分面白かった。この差はどこからやって来たんだろう】 三谷がドバドバ、有名キャストを使い切った時代劇。 ともか ...
清須会議 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
清須会議 (幻冬舎文庫) [文庫]織田信長亡き後の継嗣問題と領地配分を決めた会議の心理戦を描く群像劇「清須会議」。勝家VS秀吉の根回し合戦に抱腹絶倒。天正10年(1582年)。本能寺の ...
清須会議 (Akira's VOICE)
虎視眈眈の駆け引き合戦。  
清須会議 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めるために、柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。役所広司演じる勝家と大...
映画:「清須会議」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年11月21日(木)。 映画:「清須会議」。 監督・脚本・原作:三谷幸喜 製  作:石原隆・市川南 撮  影:山本英夫 美  術:種田陽平・黒瀧きみえ 装  飾:佐藤孝之 音  楽:荻野清子 キャスト: 柴田勝家:役所広司・羽柴秀吉:大泉...
三谷幸喜監督『清須会議』とにかく"鼻"です、鼻!役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・(おそらく重要なポイント)内容に触れています。三谷幸喜監督書き下ろしの小説を自ら映画化した群像喜劇『清須会議』 物語・本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉
歴史をある程度知っていると…(アウトブレイク・カンパニーとか清須会議(映画)とか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
【境界の彼方 第7話】恩人の妹さんとのお話決着編の巻。妹さんがこんなに早く退場しちゃうとは思いませんでしたよ。“妖夢を倒すごとに力を増す武器”という、いかにも厨二病が好 ...
清須会議 (花ごよみ)
監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須会議。 秀吉の天下取りの基礎となり、 日本の歴史が動いたこの会議....
[映画『清須会議』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、堅実に作り過ぎていて、いまいち面白くなかったなぁ。  史実との整合性を追うのにいっぱいいっぱいで、物語自体に笑える部分が少なく、  豪華キャストの会話のやり取りのみが面白かった。  個々の役者の演技は見事で、それぞれに唸らせられたが、舞台が限定...
心理戦。『清須会議』 (水曜日のシネマ日記)
本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決める清須会議の全容を描いた作品です。
清須会議 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://kiyosukaigi.com/ 三谷作品は全作鑑賞済みで、本作も公開前から楽しみにしていた。 原作は未読。 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東...
清須会議 (2013) 138分 (極私的映画論+α)
 役所広司が三船敏郎に見えました(笑)
清須会議 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭....
映画「清須会議」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/11/11、109シネマズ木場、2番スクリーン。 2番スクリーンはIMAXシアターだが、映画は通常版。 プレミアムシート(ポイント会員は通常料金)のL列中央を選択した。 * 役所浩治、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世、中谷美紀、鈴木京香、浅野忠信、....
清須会議 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 本能寺の変で織田信長が亡くなり、織田家
清洲会議 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この物語は、男同士の勢力争いでもあるのだけど、子供を産むことができる女性の戦いでもあるのだ。男の権力争いはわかりやすくて単純なのだけど、女の戦いは何が目的なのかわかりにくくて方法も普通では思いつかないものだ。それらの物語を笑いを伴って映画化した、三谷幸...
『清須会議』 2013年10月15日 東京国際フォーラム (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『清須会議』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 豪華登壇者で楽しめましたよ  <登壇者>    役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、寺島進、伊勢谷友介、    鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、三谷幸喜監督 【ストーリー】  本能寺の...
映画『清須会議』★秀吉にしてやられる“会議“のテンマツwith雑談 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160163/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     本能寺の変で、織田信長が、明智光秀に討たれたあとの 織田家の屋台骨を、どうするかの会議...
「清須会議」 日本のクレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
清須会議 (そーれりぽーと)
三谷幸喜最新作、『清須会議』を観てきました。 ★★★★ これまでの三谷幸喜作と比べると、だいぶ毛色の違う映画になっていました。 大前提として、清州会議に登場する歴史上の人物達について詳しくないと深くは感情移入が出来ない、知っていて当然的な視点で作られてい...
清須会議 (はるみのひとり言)
☆公開日: 2013年11月9日☆上映時間: 138分☆監督・脚本:三谷幸喜☆キャスト: 役所広司 / 大泉洋 / 小日向文世 / 佐藤浩市 / 妻夫木聡 / 浅野忠信☆試写会にて鑑賞 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。 ...
『清須会議』 (時間の無駄と言わないで)
だいぶ長い。 138分だそうで。 あっという間の2時間ではなく、身を以て実感させられる2時間です。 そろそろ終わりかなと思ってからが長い。 「清須会議」っつうくらいだから丁 ...
清須会議 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) これは非常に面白い歴史授業といえるだろう(笑)
清須会議  監督/三谷幸喜 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市....
「清須会議」会議直前の駆け引きの末に見た秀吉の勝家を翻弄した天下一の巧みな人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州 ...
清須会議 (ただの映画好き日記)
天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉。
映画「清須会議」 (しづのをだまき)
2013 日本 147分
清須会議 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2013年 日本 上映時間:138分 監督:三谷幸喜  三谷監督自身が書き下ろした小説を、自ら映像化した群像喜劇である。タイトルの「清須」は本来の「清洲」をもじったものであろうか。まずこの映画を観るには、織田信長から豊臣秀吉へ政権が移った成
清須会議 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めるために、柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。役所広司演じる勝家と大...
映画・清須会議 (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 久々、映画館に活気がありました 日頃、自分が足を運ぶ映画、映画館が地味なので、その差に驚いたというだけのことでしょうケド 信長亡きあと、織田家の行末を決定する会議が開かれた 清洲城を舞台に5日間にわたり繰り広げられた心理戦やいか....
清須会議 (勝手に映画評)
本能寺の変での織田信長亡き後の、織田家の跡目を決める“きよすかいぎ”の模様をコメディ仕立てで描いた作品。“きよすかいぎ”は、清州会議と言う表記もありますが、映画は清須会議になっています。 原作も読んだんですが、原作は、各章が、登場人物それぞのれモノロー...
清須会議 (とりあえず、コメントです)
三谷幸喜監督が原作&脚本も担当したコミカルな時代劇です。 これだけ俳優陣が豪華な上に、これだけ宣伝を頑張っていたら、やっぱり観なくてはと思いました(^^ゞ 日本の運命を大きく変えた会議の裏側は、欲望と騙し合いのドロドロな世界でした〜
清須会議 (だらだら無気力ブログ!)
笑えて見応えあって面白かった。
■清須会議 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第327回「史実に縛られるとらしさは半減する?」 このブログをはじめてからすでに8年ほどが経過し、ブログの中でも三谷幸喜が好きだと公言してきた私ですが、彼の作品の何もかもが好きなわけではありません。「みんなのいえ」はあまり面白くなかったし、「マジックア....
「清須会議」:三谷さんは満足なのでしょうけど・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『清須会議』は、歴史マニアの三谷幸喜が作りたくてしょうがなかったんだろうなー
清須会議 (ハリウッド映画 LOVE)
監督:三谷幸喜 出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、松山ケンイチ、でんでん、中谷美紀、戸田恵子、天海祐樹希、西田敏行・・・
映画『清須会議』 (健康への長い道)
 三谷幸喜さんの監督・脚本最新作『清須会議』を新宿ピカデリーにて。天気予報では寒いのは木曜日までということでしたが、今日も寒いですね。 Story 天正10年(1582年)。本能寺の変で、一代の英雄・織田信長(篠井英介)が明智光秀(浅野和之)に討たれた。跡を継ぐ...
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
【清須会議】雑な登場人物解説つき (映画@見取り八段)
清須会議     監督: 三谷幸喜    出演: 役所広司、大泉洋、佐藤浩市、小日向文世、篠井英介、鈴木京香、妻夫木聡、伊勢谷友介、坂東巳之助、剛力彩芽、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、阿南健治、松山ケンイチ、でんでん、市川しんぺー、浅野和之、染谷将太、瀬戸...
清須会議 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
清須会議 '13:日本 ◆監督:三谷幸喜「ステキな金縛り」「ザ・マジックアワー」 ◆主演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しん...
清洲会議 監督の迷いか観る方の思い込みか… (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【64うち今年の試写会8】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お...
清州会議 (単館系)
清州会議 11/9公開 池袋シネマ・ロサ 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と 羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。 勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の 後継者として指名し、...
『清須会議』『ペコロスの母に会いに行く』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
『人類資金』を観に地元のシネコンに出掛けた時 「三谷幸喜映画の人気投票」が行われていました。 私は、迷わず『ラジヲの時間
運命の会議のために (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「清須会議」を鑑賞しました。 本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めることになり 候補となった柴田勝家と羽柴秀吉、彼らの票集めとそれを決める清須会議の全貌とは・・・ 三谷幸喜の新作、前作が法廷モノでしたが ...
「清須会議」 (ここなつ映画レビュー)
とにかくもう、観たくて観たくて。予告編の頃から心待ちにしていました。 東京国際映画祭のクロージングで抽選チケットに応募するも二回外れ、正規販売日には秒殺でSoldOut。息子よごめん、公開まで待て、と、なんだかんだで今になってしまった。 織田信長の死後の後...
清須会議 (いやいやえん)
清洲会議(清須会議)とは、安土桃山時代の天正10年6月27日(1582年7月16日)に開かれた、織田氏の継嗣問題及び領地再分配に関する会議である。 天正10年に本能寺と二条城でそれぞれ亡くなった織田信長と嫡男・織田信忠。明智光秀は山崎の戦いで羽柴秀吉に討たれ、織...