映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ルームメイト

2013年11月29日 | 邦画(13年)
 『ルームメイト』を渋谷TOEIで見ました。

(1)北川景子深田恭子との競演の映画というので映画館に行ってきました。

 映画の冒頭では、雨の中、まず萩尾春海北川景子)と工藤謙介高良健吾)が救急車に急ぎ搬送される場面が描かれ、ついで、大きなシャンデリアのあるバーの暗闇を懐中電灯で照らしながら警察の男たちが進んでいくと、床にナイフが落ちていて大量の血痕があり、その先のソファーの上では男が惨殺されて横たわっています。
 「なんだこれは、酷えな」と男たちが言っていると、ドアの向こう側で赤いドレスを着た人物が通り過ぎます。「女だ!探せ!」との声。
 他方で、床に落ちているノートブックを刑事(螢雪次朗)が拾って目を通します。

 そして、場面はそれより3カ月前の病院へ。
 どうやら春海は、交通事故に遭ってこの病院に運ばれ、ようやく意識を取り戻したようです。尋ねられると「萩尾春海、23歳」と答え、記憶は回復しながらもどうしてベッドに横たわっているのか覚えていません。
 そこへ工藤ともう一人の男が現れ、事故のことを謝罪します。工藤が運転する車に春海は轢かれたとの話で、もう一人は保険会社の長谷川尾上寛之)。



 2人が帰ったあと、看護婦の西村麗子深田恭子)が現れ、「保険会社に言いくるめられてしまうよ」などと言い、そうこうするうちに2人は親密になります。

 しばらくして春海は退院しますが、派遣社員として勤めていた会社を解雇され今後のことを不安に思っていたところ、麗子が現れ、「私も病院を辞めることになった」、「2人でルームシェアすれば、家賃が半分になる」などと言うので、春海が暮らしていたやや古ぼけたマンションで一緒に生活をすることになります。



 こんな春海が、どうして映画の冒頭のような事態を迎えることになるのでしょうか、その現場にいない麗子はどうしたのでしょうか、………?

 本作は、かなり複雑に書かれている推理小説を原案としながら、それを実に手際よくまとめて2時間弱のホラー・サスペンス映画に仕立てあげているだけでなく、今が旬の女優、北川景子と深田恭子とが力一杯競演しているのですから、見応え充分といったところです(注1)。

(2)ここからはネタバレになってしまいます。本作を未見の方は、以下を読むことなく、急ぎ映画館に行かれることをお勧めいたします〔本作の原案とされている推理小説(注2)についても同様ですので、未読の方はまずは同書をお読みください〕。

 さて、本作の原案のミステリーは、かなり複雑に書かれています。
 ごくごくかいつまんで申し上げれば次のようです。

 不動産屋で偶然知り合った大学生1年生の春海と麗子は、ルームシェアをすることになるのですが、麗子が多重人格(解離性同一性障害)でした(注3)。
 麗子は、自分を多重人格にした殺人事件を引き起こした男を殺すよう“共犯者”に依頼します(注4)。
 “共犯者”は、麗子を愛していたために、依頼通り男を殺したところ、麗子に「愛していない」と言われ、怒って麗子を殺してしまいます。
 この事件を、春海は先輩の工藤謙介(注5)と2人で追跡します。
 ところが、事件の真相を追っていくと、春海自身が多重人格者であり、彼女のもう一つの人格である兄(既に病死)が“共犯者”として麗子を殺したことがわかってきます(注6)。

 この推理小説では、多重人格者が2人も登場しますし、複数の男がかなりの役割を持って活躍します(注7)。
 それを本作では、小説の春海と麗子という2人の多重人格者を1人だけに絞り込み、なおかつ工藤謙介も副次的な扱いとして、また昔のことはともかく(注8)、最近時点で殺されるのも男女1人ずつにしています(注9)。
 やや難点も見られる小説を原案としながら(注10)、全体をかなりスッキリした筋立てにしていると思います。

 ただ、本作では、原案のミステリーにはない人物、絵理が登場します。
 一見すると、彼女を巡る話は余計なエピソードのように思えるところ、そうすることで本作の謎はかなり深まることにもなりますから(注11)、それほどの問題はないでしょう。

 とはいえ、絵理の境遇は春海とかなり類似しています(注12)。
 この重なり合いの構造は、春海が3カ月という間を置いて病院のベッドに横たわるというところにも見受けられます。
 これは、人格の重なり合いがシチュエーションの重なり合いとも連動しているようにも思え、全体としてなかなか良く練られた作品という印象を持ちました。

(3)渡まち子氏は、「ルームシェアした女性が恐ろしい素顔を持つことを知るサスペンス・スリラー「ルームメイト」。美女二人の競演が華やか」として55点をつけています。
 前田有一氏は「二人の人気女優を全面にだしたプロモーションからお手軽なお気軽2時間サスペンスだと思っているミステリファンがいたら、ぜひそのなめた態度のままご鑑賞いただきたい。きっと、満足していただけるはずである」として75点をつけています。
 相木悟氏も、「なかなかに拾い物の一作であったのは確か。何より原作読者も存分に楽しめる娯楽作に仕上げたサービス精神は、大いに賞賛したい」と述べています。



(注1)最近では、北川景子は 『謎解きはディナーのあとで』で、深田恭子は『夜明けの街で』や『ステキな金縛り』で、それぞれ見ています。

(注2)今邑彩著『ルームメイト』(中公文庫)。

(注3)ホスト人格の青柳麻美、春海のルームメイトの麗子、銀座のバー・アリアドネに勤めているマリとカオリ(P.210)、人妻(ある男と内縁関係)の平田由紀、それに子供のサミー(6歳で成長が止まっているとのこと。麻美は幼いころ米国ミネソタ州に住んでいました)。

(注4)原案のミステリーでは、サミーが隣家の青年ボブに性的いたずらをされ、そのことを知ったサミーの両親をボブは殺してしまいます。それを知ったサミーは精神的な打撃を受け、多重う人格になります。そして、そのボブが、来日して英会話スクールの校長となっているのを知ったマリが、“共犯者”をそそのかして殺させます。

(注5)原案の推理小説では、工藤謙介は、「学部は違うが、春海が所属している写真部の部長」(P.66)。

(注6)原案のミステリーの「モノローグ4」(文庫版にする際、著者が掲載をためらったラスト)によれば、春海にはもう一人工藤謙介の別人格が生まれていたようです。

(注7)原案の小説では、工藤謙介は、春海と一緒に、京都や綾部まで麗子のことで調査に行ったりしますし、また工藤謙介の従兄弟でフリーライターの武原英治も本件の調査に乗り出します。

(注8)原案の推理小説で青柳麻美の幼い時分に起こったことは、本作では春海に起こります。すなわち、春海は、中学生の時に母親の愛人にレイプされ、そのことが世間に知られて愛人が自殺したことを母親になじられたために、マリという人格になって母親を殺してしまいます。

(注9)原案のミステリーでは、麗子のみならず、英会話スクールの校長とかフリーライターの武原英治も殺されます。

(注10)原案の小説においては、青柳麻美は42歳であり18歳の娘麗子もいることになっていますが、いくら若作りだといえ18歳の春海に、娘と同年齢と見なされるにはかなり無理があり、また、春海の別人格である兄・健介は、マリとベッド・インしますが(小説の冒頭の「モノローグ1」)、精神はともかく体まで男性になるわけではないでしょうから、マリにおかしいと疑われるのではないでしょうか?

(注11)例えば、このエントリの(1)の最初のほうで書いた「赤いドレスを着た人物」とは、いったい誰でしょう?

(注12)本作の絵理は中学生で、市長選での候補者となる山崎田口トモロヲ)に暴行されたことから、別人格の「マリ」を作り出し、山を殺害しようとします。



★★★★☆



象のロケット:ルームメイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四十九日のレシピ | トップ | 悪の法則 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~☆ (kira)
2013-11-29 18:57:24
TB,ありがとうございました♪

ホラーは苦手なのですが、仰るように、
複雑で、ともすると予測のできるサスペンスを、
上手くまとめて観る者に予断を与えたり、絵的にもギリギリの描写で、
美しいととかく辛口になるキャストのアツカイも予想外で良かったし、
恭子ちゃんファンとしては先ず満足の心理サスペンスだったと思い楽しめました♪
Unknown (クマネズミ)
2013-12-01 08:24:27
「kira」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「美しいととかく辛口になるキャストのアツカイも予想外で良かった」とのことですが、おっしゃるとおりで、ふたりとも監督の要請によく答えて頑張っていると思いました。
Unknown (ふじき78)
2013-12-02 21:47:22
> 」、「2人でルームシェアすれば、家賃が半分になる」などと言うので、春海が暮らしていたやや古ぼけたマンションで一緒に生活をすることになります。

成立しないじゃん。あれかな。Hな人格になった時Hなお金儲けをしたのかな。それならそれでちゃんとスクリーンで確認させてくれないと。
部屋代 (クマネズミ)
2013-12-03 06:05:11
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
確かに、病院から母親への電話で、母親から援助を受けているように春海は話していますが、実際には、母親はずっと前に殺されていました!さらに、春海は交通事故に遭い、勤務先を解雇され、それにまだ保険金も支払われていません。
ただ、事故前は派遣職員として働いていたということであり、またマリとしてバーのアリアドネのホステスをしていましたから(加えて、工藤のところで働くようにもなりましたし)、あの古ぼけたマンションの部屋代を当分の間支払えるくらいの貯金を持っているのではないでしょうか(それに、電話に出てくる「母親の援助」というのは、母親が蓄えていた預金のことではないでしょうか)?

コメントを投稿

関連するみんなの記事

19 トラックバック

劇場鑑賞「ルームメイト」 (日々“是”精進! ver.F)
4人目がいる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311120001/ 【送料無料】ルームメイト [ 今邑彩 ]価格:820円(税込、送料込) 【送料無料】ルームメイト(上) [ 武富健治 ]価格:580円(税込、送料込) 【...
ルームメイト/北川景子、深田恭子 (カノンな日々)
今邑彩さんの小説を原案に『今日、恋をはじめます』の古澤健さんがメガホンをとり、ルームメイトの恐ろしい本性を知り恐怖を体験するヒロインの姿を描いたサスペンス・ドラマです ...
ルームメイト (花ごよみ)
交通事故に遭い、 入院生活を送るようになった春海(北川景子)は、 病院で看護師の麗子(深田恭子)に出会う。 春海の退院後、春海と麗子は、 ルームシェアを始める。 最初は二人、楽しく暮らしていたが… ある日、春海は麗子の、 不思議な行動を 目にするようにな...
ルームメイト (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ルームメイト (中公文庫) [文庫]ルームシェアした女性が恐ろしい素顔を持つことを知るサスペンス・スリラー「ルームメイト」。美女二人の競演が華やか。派遣社員の春海は交通事故に ...
ルームメイト (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。今邑彩原案、古澤健監督。北川景子、深田恭子、高良健吾、尾上寛之、大塚千弘、筒井真理子、螢雪次朗、田口トモロヲ。原作を大急ぎで設定変更したためか、不自然なと ...
ルームメイト (to Heart)
女の素顔は 恐ろしい。 製作年度 2013年 上映時間 110分映倫 PG12 脚本:監督 古澤健 出演 北川景子/深田恭子/高良健吾/尾上寛之/大塚千弘/筒井真理子/螢雪次朗/田口トモロヲ 北川景子と深田恭子が初めて共演を果たし、今邑彩の小説を原案に描くサスペンスドラマ 派遣社....
ルームメイト (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月10日(日) 16:40~ 109シネマズ川崎5 料金:1000円(109シネマズデイ) パンフレット:未確認 美女二人の対決と思いきや 『ルームメイト』公式サイト 北川景子悪、深田恭子善というのが俺のイメージだが、予告編で逆を示していた。 体型を考える...
ルームメイト ★★★ (パピとママ映画のblog)
北川景子と深田恭子が初共演し、「オトシモノ」「Another アナザー」の古澤健監督が手がけたホラー。今邑彩の同名小説を原案に、ルームメイトの奇妙な行動をきっかけに奇怪な事件に巻き込まれていく女性の恐怖を描く。 あらすじ:派遣社員として働く23歳の萩尾春海は、交....
「ルームメイト」ルームシェアをした先にみた相手の素顔を知って自分の恐怖を作り出した忌まわしき過去を抹殺する多重人格殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「ルームメイト」は今邑彩原作の「ルームメイト」を原案にしたホラーストーリーである女性が交通事故で入院する事になりその入院先で知り合った看護士の女性とルームシェアをする ...
『ルームメイト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ルームメイト」□監督・脚本 古澤健□キャスト 北川景子、深田恭子、高良健吾、尾上寛之、大塚千弘、       筒井真理子、螢雪次朗、田口トモロヲ■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点...
『ルームメイト』を渋谷東映?で観て、綺麗な姉ちゃんを見れて眼福ふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★まあ、普通に雑でしょ】 原作未読。 あの人とあの人が「ああそうなんだな」と言うのは類推できるけど、 高良健吾が握った手首の感覚で、それを一気にひっく ...
「ルームメイト」大根でいい訳 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
並べるのが勿体無いくらい美しい二人。 そろそろいい年なのに、いつまでも陶器のお人形さんのような綺麗な肌の深キョンと、若手きっての美形の北川景子。 豪華な美形バトルというか、見事な大根バトルも実は訳があったのね。
ルームメイト (迷宮映画館)
尋常じゃない綺麗さだわな・・・。
[映画『ルームメイト』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この作品は、ツッコミどころ満載なれど、エンドクレジットで分かったことなのだが「本格(ミステリ)畑」の今邑彩(今年の三月急逝・・・、御冥福を祈る)が原作であるがゆえに、物語の途中からのどんでん返しの数々は、かなりの驚きが起ころう。  そして、事件の原初...
ルームメイト (2013日本 PG12) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
北川景子と深田恭子が初共演とか。「オトシモノ」「Another アナザー」の古澤健監督が手がけたホラーとか。今邑彩の同名小説を原案に、ルームメイトの奇妙な行動をきっかけに奇怪な事件に巻き込まれていく女性の恐怖とか。この映画のキー・センテンスは、あちこちで異口同...
ルームメイト (いやいやえん)
北川景子さんが深田恭子さんに翻弄される映画といってしまえばそうなのですが。どちらかといえば「可愛い」だった深田恭子さんほんと綺麗になりましたよねー。昔はぷくっと二の腕が魅力とかなんとか騒がれてた頃もありましたが、妖艶さも漂わせて、美しく。 どちら...
ルームメイト (銀幕大帝α)
2013年 日本 110分 サスペンス/ミステリー PG12 劇場公開(2013/11/09) 監督: 古澤健 『アナザー Another』 脚本: 古澤健 主題歌: androp『Missing』 出演: 北川景子:萩尾春海 深田恭子:西村麗子 高良健吾:工藤謙介 尾上寛之:長谷川伸一 <ストー....
映画「ルームメイト」レビュー(深田恭子と北川景子W主演のサスペンス映画) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ルームメイト」のDVDを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(今回
ルームメイト (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 PG12 110分監督:古澤健出演:北川景子、深田恭子、高良健吾、尾上寛之、田口トモロヲ 女の素顔は恐ろしい。 今邑彩原作の同名ベストセラーを原案とした北川景子と深田恭子の初共演のサイコ・スリラー。 23歳の萩尾春海がある日、交通事故にあい入...