映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

トランス

2013年10月23日 | 洋画(13年)
 『トランス』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。

 本作のはじめの方では、競売人で主人公のサイモンジェームズ・マカヴォイ)の口から、彼が関与するオークション会場の警備の完璧さについて語られます。



 特にその日は、ゴヤの傑作『魔女たちの飛翔』がオークションに掛けられるのです。
 ところが、その作品に約40億円もの最高値が付けられた瞬間に、会場に強盗団によって催涙ガス弾が投げ込まれ、人々はパニックに陥ってしまいます。
 その隙にサイモンは、予め決められていたマニュアルに従って、ゴヤの絵を地下に運びます。
 するとそこには、強盗団のボスのフランクヴァンサン・カッセル)が待ち構えていて、彼によってサイモンは殴り倒されてしまいます。
 フランクたち強盗団は、意気揚々とその場を立ち去り、アジトに戻ってゴヤの絵が入っているはずの鞄を開けると、そこには額縁だけあり中身の絵はありませんでした!



 フランクは、サイモンが何か工作したに違いないと考え、彼を傷めつけるものの、フランクに殴られた際に記憶を喪失してしまったようなのです。
 そこで、フランクらは、催眠療法士のエリザベスロザリオ・ドーソン)を使って、サイモンの記憶を蘇らそうとしますが、果たしてうまくいくのでしょうか、………?



 本作は、中心的な3人の登場人物の位置関係がめまぐるしく変化し、おまけに現実と過去の映像とか想像の映像などが飛び交ったりするため、観る者を酷く混乱させます。でもそんな渦の中で色々考えたりすることがこの作品の面白さだといえるでしょう(注1)。

(2)これ以上はネタバレなしに進めません。でも、本作はサスペンス映画ですから、そんなことをすると面白さが消えてしまいます。本作をまだご覧になっていない方は、以下(特に下記の「注」)を読まれずに、まず映画館に行かれることをお勧めいたします。

 本作については、エリザベスが施す催眠療法の役割を誇大に取り扱いすぎているのが問題では、といえるかもしれません(注2)。
 いくらサイモンが、それに敏感に反応する稀有な人間だとしても(映画の中では、人口の5%がそうした人間だとされています)、エリザベスが自在にサイモンの記憶を操ったり、あるいは行動を指示したりできるというのは(注3)、リアルなことなのか随分と疑わしい感じがしてしまいます。
 とはいえ、これは娯楽映画であり、何であっても構わないといえば構わないわけで、本作はそれが可能であるという設定で作られたものなのですから、あまりその点にこだわっても無意味でしょう。

 としても、そのような強力な催眠療法という武器を使って、エリザベスは、果たして何を得たと言うのでしょう?結局彼女は、ベッドを共にした2人の男、サイモンとフランクとは一緒にはなりません。エリザベスは、どうやら、男の愛よりもゴヤの『魔女たちの飛翔』自体が欲しかったような映画の描きぶりです(注4)。
 でも、その絵の資産価値は莫大なものとしても、それを自分の部屋に飾っておく限りは、何らの価値も生み出しません。そして、それを第三者に売却しようとすれば、裏世界に通じたフランクにすぐに嗅ぎつかれてしまうのではないでしょうか?

 本作は、ラストで、エリザベスの笑っている顔がipadのディスプレイに映しだされている画像で終りますが、酷く虚しい感じを観る者に覚えさせてしまいます(注5)。

(3)渡まち子氏は、「記憶をテーマにしたスタイリッシュなクライム・サスペンス「トランス」。多彩な引き出しを持つダニー・ボイルらしい不思議な陶酔感が残る作品」として70点をつけています。
 また相木悟氏は、「現に、突っ込みどころ満載ではあるものの、一通りラストにはパズルがはまるようになっており、直線で語ればそれほど複雑な話ではない。一重にダニー・ボイルのエロティシズムやドロッとした変態&暴力性をスタイリッシュにみせきり、観る者を陶酔させる映像編集マジックの賜物といえよう」などと述べています。



(注1)主演のジェームズ・マカヴォイは、『声をかくす人』などで見ましたし、ヴァンサン・カッセルは『ブラック・スワン』で、ロザリオ・ドーソンは『アンストッパブル』で見ました。

(注2)本作について、劇場用パンフレット掲載の「Production Notes」の中で、ダニー・ボイル監督は、「人の心は、映画で探求するにはおもしろい題材だ。意識と無意識のどちらが人の心を支配するのかという大きな疑問を突き詰めたかった」云々と語っています。要すれば、本作のテーマは「潜在意識」ということになるでしょうが、実際には、催眠療法で弄ばれる人間が描かれているのであって、潜在意識そのものが取り上げられているわけではないのでは、と思われるところです〔本作で取り上げられているのは、どれも明確な意識であり、直ちには判別しがたい潜在意識(例えば、幼い時に被った性的トラウマ)ではないように思われます〕。

(注3)実は、サイモンは、以前エリザベスと恋人関係にあったのです。サイモンは、ギャンブル依存症を治療してもらいにエリザベスのクリニックに行き、それは治ったものの、治療の過程で彼女と愛人関係となります。
 ただ、サイモンの愛が度を越して、嫉妬の余りエリザベスに暴力を加えるようになったため、エリザベスは、自分についての記憶をサイモンの脳内から消去するとともに、以前のギャンブル依存症に戻してしまいます〔本作が監督の言うように潜在意識を問題にしているとしたら、エリザベスは、サイモンのギャンブル依存症とかDV(もっと言えば、彼の愛好する女性の特質)の原因こそをまずもって探るべきだったのではないでしょうか?〕。
 その結果、サイモンは借金がかさみますが、その借金を肩代わりしてくれたのがフランク。それでサイモンは強盗団に加わることとなり、事件の時も、彼は手にした鞄を直ちにフランクに渡す手はずになっていました。
 それをそうせずにサイモンがフランクに抵抗したのは、………?(下記の「注5」を参照)

 これで見ると、エリザベスは、サイモンの脳から自分の記憶を消去したり、ギャンブル依存症から彼を救い出したり再度そこに陥れたりするなど、自由自在に人間を操ることができるような極めて高度の催眠療法を身につけているようです。

(注4)エリザベスは、人を殺してまでも、とにかくその絵を自分の手元に置きたかったようなのですが、どうしてでしょう、本作ではうまく説明されていなかったように思います。
 エリザベスは、熱心な絵画のコレクターではなさそうですし、資産の運用先として絵画を考えているようなビッグな資産家でもなさそうです。
 ただ、劇場用パンフレット掲載の「Production Notes」の中で、ダニー・ボイル監督は「『魔女たちの飛翔』では、布を頭からかぶった男がいる。あれはサイモンというキャラクターそのものだと強く感じた」と述べているところからすると、あるいはエリザベスは、殺してしまったサイモンをまだ愛していて、彼を手元に置いておきたかったのだ、ということが考えられるかもしれません。
 でもそのくらいのことなら、複製画でも十分なのではとも思われますが(サイモンについて代用品で構わないわけですから)。

(注5)本作でよくわからない点の一つは、エリザベスのラストの説明で、サイモンに、ゴヤの絵を盗んだら自分のところに持ってくるように暗示をかけたとされていることを巡るものです。
 フランクに鞄を渡すときに抵抗したのは、サイモン自身としては、すぐに渡せば自分は事情を知るものとしてその場で撃ち殺されてしまうだろうと思ったからだと考えているようです。
 ですが、実はサイモンは、事件が起こった際にその絵を自分が着ているスーツの下に周到に隠しているのです。それはエリザベスの暗示に基づく行為だと考えられます。それで、鞄を開けようとするフランクに電気ショックで抵抗したものと思われます。
 現に、サイモンがオークション会場を出たら、エリザベスからメールが入り、そこには「brought it to me」と記されていました。
 でも、エリザベスは、一体いつの時点で、絵画強奪の計画を知り、そんな暗示を予めサイモンにかけることが可能だったのでしょう?
 というのも、エリザベスは、それ以前に、サイモンから自分の記憶を消去して、彼を賭博場に送り込んでいるわけで、その後絵画強奪計画の情報がサイモンからエリザベスのもとに入るとも思えないのです(フランクと通じたのも、強奪が行われてからのことではないでしょうか)。
 あるいは、先のメールは、サイモンの記憶違いで、事件後に送られてきたものなのでしょうか?



★★★☆☆



象のロケット:トランス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地獄でなぜ悪い | トップ | ムード・インディゴ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トランス〜魔女の宅配便 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Trance。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、タペンス・ミドルトン、ダニー・スパーニ。18世 ...
映画『トランス』★絵を見つけるうちに真実が!(>_<) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162717/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     絵画泥棒が、盗みの途中、仲間と暴力沙汰にもめた際に、失神し、 自分が、隠した絵画の...
トランス (あーうぃ だにぇっと)
トランス@スペースFS汐留
トランス (そーれりぽーと)
名画強奪をめぐるサスペンスをダニー・ボイルが撮ったなんて、面白いに違いない!と、前知識0で『トランス』を観てきました。 ★★★★★ これヤバい、すげーオモロイ。 何も知らずに観て正解。 何も知らずに観て下さい。 ダニー・ボイルの映画は、ずっと目が釘付けで...
トランス/ジェームズ・マカヴォイ (カノンな日々)
『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督と脚本家のジョン・ホッジが再タッグを組みジェームズ・マカヴォイを主演にギャングと競売人が盗み出した名画に関する記憶を巡っ ...
『トランス』 2013年10月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トランス』 を観賞しました。 本日の2本目なり〜 【ストーリー】  アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)はギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。しかし計画外の動きを見せた彼はギャングのリーダー(ヴァ...
トランス (テレビ徒然記)
ジェームズ・マカヴォイ好きなので、楽しみにしてました! しかし…『インセプション』より分かりにくかったかなあ 夢と催眠の違いでしょうけど、どこから現実なのか分からなくなって オイシイところを持って行ったのは、ヴァンサン・カッセルですね! 途中から可愛く見...
トランス / Trance (勝手に映画評)
絵画のオークション会場で強奪されたゴヤの名画。しかし、頭を強く打った事から、絵画を持ちだした強盗団の一味が、絵画を何処に隠したか忘れてしまう・・・。 どんでん返しの繰り返しです。しまいには、どれが本当の話なのかが、若干混乱してしまいます。それが、このト...
トランス (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
トランス(ダニー・ボイル監督) [DVD] [DVD]記憶をテーマにしたスタイリッシュなクライム・サスペンス「トランス」。多彩な引き出しを持つダニー・ボイルらしい不思議な陶酔感が残る作 ...
トランス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
催眠療法で盗み出した絵画の場所を思い出すという展開があるので途中から現実と潜在意識の差がなくなっていく。何が本当なのかわからなくなるさじ加減が絶妙でもう一度見直してみたくなった。映画の終わりが催眠の終わりという演出もうまい。
『トランス』 (時間の無駄と言わないで)
ダニー・ボイル監督作品のサスペンス。 ダニー・ボイルらしい画作りと音楽がとてもイイ。 いちいち格好イイ。 お話も面白いは面白いんだけど、それにしても催眠療法が便利過ぎ ...
トランス (だらだら無気力ブログ!)
観てるこっちもトランス状態に。
トランス (ルナのシネマ缶)
「スラムドッグ$ミリオネア」で オスカーを受賞し、 ロンドン・オリンピック開会式の 総監督として成功を果たした ダニー・ボイル監督の新作。 それにマカヴォイくんが 出演となれば、観ないわけには いかないでしょう!!! アート競売人のサイモン(ジェー...
トランス (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】オークション会場で絵画を盗んだが、行方不
トランス/TRANCE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね &larr;please click 「トレインスポッティング」「普通じゃない」 「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」などなど 様々なタイプの作品を撮り続ける、ダニー・ボイル監督最新作 記憶を失ってしまった男の潜在意識に入り....
トランス (to Heart)
原題 TRANCE 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/イギリス 上映時間 102分 映倫 R15+ 脚本 ジョー・アハーン/ジョン・ホッジ 監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・マカヴォイ/ヴァンサン・カッセル/ロザリオ・ドーソン/ダニー・スパーニ アート競売人のサイモン(...
劇場鑑賞「トランス」 (日々“是”精進! ver.F)
記憶の迷宮の中にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310110002/ 【送料無料選択可!】トランス [輸入盤] / O.S.T.価格:1,569円(税込、送料別) メール便180円♪宅配便350円♪SALE OFF!新品北米版B...
トランス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TRANCE】 2013/10/11公開 アメリカ 102分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ、タペンス・ミドルトン、サイモン・クンツ、マット・クロス ここは、誰も見たことのない<記憶のその先>――...
トランス ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
さまざまな作品を世に送り出したダニー・ボイル監督が、『つぐない』などのジェームズ・マカヴォイを主演に迎えたサスペンス。『トレインスポッティング』の脚本家ジョン・ホッジとボイル監督が再びタッグを組み、ギャングと名画を略奪した競売人が絵画の隠し場所の記憶を...
トランス (心のままに映画の風景)
白昼のオークション会場からゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」が盗まれ、競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャングのリーダー、フランク(ヴァンサン・カッセル)に暴行され気を失う。 強盗の協力者であったサイモンは、絵画を抜き取り隠していたが、頭に...
『トランス』 (My Pace, My Self)
この秋一番公開が待ち遠しかった『トランス』ついに観てきました〜!! もうマカヴォイ君主演というだけで観る気100% そして絵画が絡むお話ということで美術好きには更にワクワク しかも『Happy&amp;Glorious』以来1年2ヶ月ぶりのダニー・ボイル監督の新作(!...
トランス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 一見難解なストーリーに睡魔が襲うが映像の素晴らしさには
『トランス』 (ラムの大通り)
(原題:Prometheus) ----ダニー・ボイルって、 去年のロンドン・オリンピックで 開会式総監督を務めた人だよね。 北京オリンピックがチャン・イーモウだったし、 映画人のフィールドも広がってきたニャあ。 「そうだね。 それだけ現代のイベントは <映像>のウェイト....
[映画『トランス』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは、観てみるとわかると思うけど、ダニー・ボイル監督が、明らかにクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』を意識した作品だと思う。  私は、一部に評判の良かった『インセプション』を、あまり面白く感じなかったので、こちらの方が気に入ったのだが、...
『トランス』 (こねたみっくす)
忘れた記憶、知識が繰り出す言葉、豊かな経験。最後に笑うのは誰か。 やはりダニー・ボイル監督にはクライムサスペンスが似合います。デビュー作『シャロウ・グレイブ』を思い出 ...
トランス (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Trance 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・マカボイ, ロザリオ・ドーソン, バンサン・カッセル
トランス (ダイターンクラッシュ!!)
2013年10月14日(月) 14:40〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 混乱している。 『トランス』公式サイト 騙し系の映画。 人間の欲深な話がテーマだと思うのだが、マカヴォイがストーカーだったという物語をリセットす...
催眠療法〜『トランス』 (真紅のthinkingdays)
 TRANCE  ロンドンでオークションを手掛ける競売人・サイモン(ジェームズ・マカヴォイ) は、裏社会のギャング・フランク(ヴァンサン・カッセル)と共謀し、ゴヤの名画 を盗もうとする。しかし犯行途中のトラブルでサイモンは記憶を失くし、名画も ...
「トランス」 (ここなつ映画レビュー)
ゴヤの有名な絵画「魔女たちの飛翔」の盗難を巡って、息もつかせぬ心理戦。最後に勝利するのは誰なのか? 「何も知らずに観るのが幸せである」とか何とか、評論家のレビューにあったように、予備知識ゼロで観た方が幸せかも。なので、ここから先はほんの少しネタバレ...
「トランス」 (Con Gas, Sin Hielo)
圧巻のひねり技とでも言おうか。 D.ボイル監督の新作は、人の記憶をめぐる心理サスペンスとでも呼べばいいのだろうか。 記憶喪失になった主人公・サイモンと、彼が直感で自分の専門医にと選択した催眠療法士・エリザベス。 エリザベスの手によって、現実と深層心理、....
「トランス」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Trance」2013 UK サイモンに「つぐない/2007」「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」「ウォンテッド/2008」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「声をかくす人/2011」「ビトレイヤー/2013」のジェームズ・マカヴォイ。 フランクに「オーシャンズ...
トランス (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
トランス '13:米・イギリス ◆原題:Trance ◆監督:ダニー・ボイル「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」 ◆主演:ジェームズ・マカボイ、ロザリオ・ドーソン、バンサン・カッセル、ダニー・スパーニ、マット・クロス、ワハブ・シェイク、タペンス・ミドルトン ...
トランス (とりあえず、コメントです)
ダニー・ボイル監督&ジェームズ・マカヴォイ主演のダークなサスペンスです。 この二人でどんな物語を見せてくれるのだろうと楽しみにしていました。 現実と夢の間を彷徨うような展開と共に、ちょっとぞっとする物語が繰り広げられていました。
記憶を思い出せ (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「トランス」を鑑賞しました。 アート競売人のサイモンはギャング一味と協力し、名画を略奪したが 絵画の隠し場所の記憶を失い、ギャングらは催眠療法師を雇い 催眠療法で記憶を復活させようと画策するが・・・ これは面白かった&#8252;&...
トランス (銀幕大帝α)
TRANCE 2013年 アメリカ/イギリス 102分 犯罪/サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2013/10/11) 監督: ダニー・ボイル 『127時間』 出演: ジェームズ・マカヴォイ:サイモン ヴァンサン・カッセル:フランク ロザリオ・ドーソン:エリザベス <スト....
トランス (いやいやえん)
【概略】 オークション会場からゴヤの名画を奪った競売人・サイモンは、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失い…。 サスペンス 頭の中がトランス状態になるのかと思えば意外と単純なストーリーでした。無くなった絵画をめぐり 催眠状態が絡んで真実と虚...