映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

アンストッパブル

2011年02月11日 | 洋画(11年)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。

(1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込んで積載物が爆発し大惨事になるという設定ですから、映画が終わるまでハラハラドキドキのし通しといった具合になります。

 この映画ではペアの組合せが随分と出てきて、それぞれその内部に鋭い対立を抱えています。
 まず何と言っても、市街地スタントンの方に向かって驀進する無人の機関車777号と、それを後ろから追いかけてドッキングしようとする旧式機関車1206号という組合せ〔2つの機関車はいずれも電気式ディーゼル機関車(ディーゼルエンジンで発電し、電気モーターを回す方式を採用)〕。
 これを十分に描き出すことがこの映画のメインなのでしょうから、他に映画に登場するものがどれもペアの組合せになろうというものです!
 例えば、暴走する機関車777号には、見学の児童が多数乗っている列車というもう一つのペアがあります。列車は777号と正面衝突しそうになりますが、間一髪のところで待避線に滑り込んだため惨事は免れます。
 また、機関車1206号は、ペアを組んでいた長大な貨物車両を切り離して、身軽になって777号を追いかけます。

 列車がメインとはいえ、映画にはやはりヒーローが必要になります。すなわち、旧式の1206号の機関室に乗り合わせたベテラン機関士のフランクデンゼル・ワシントン)と新米車掌ウィルクリス・パイン)との組合せ(注)。
 この組合せは、単なるペアではなく、その中に、黒人と白人、機関士と車掌、ベテラン(勤続28年のフランク)と新米(4ヶ月のウィル)、解雇通知を受けた者と新規採用の者、といった一層深い対立関係を含んでいます。



 さらに、フランクには娘二人がいますし、ウィルも妻と幼児がいますが、それぞれフランクやウィルとの関係がかなりぎくしゃくしています。
 また、会社側をみると、列車指令室には操車場長コニーロザリオ・ドーソン)が、会社の会議室には運行部長がいます。コニーはフランクの言い分を受け入れますが、運行部長は、会社上層部の意向を慮ってフランクの言い分を受け入れようとはせず、二人は激しく言い合います。
 加えて、元々777号の暴走を引き起こした操作ミス(ブレーキをかけ損なった)に絡むのが男性2人組みなのです。

 こうした様々な二項的な組合せ、対立関係を描き出すことで、単なる機関車の暴走という次元を越えて、物語に厚みが出てきていると思われます(暴走する機関車をストップさせることに皆が必死になる中で、いくつかの対立は解消に向かっていきます)。

 ですが問題点もあると思われます(以下は完全にネタバレになります)。
イ)1206号が暴走する777号に追い付いても、ブレーキの役割が果たせなかったわけですから、連邦の職員が理論的には大丈夫だと請け合った方法は役に立たなかったことになるのではないでしょうか?にしては、その職員の態度が格好良過ぎる印象を受けました。

ロ)最後の手段として、フランクは、個々の車両についている手動ブレーキを使うことにしますが、その際貨車の天井やタンク車の上部を駆け抜けます。ただ、そんな危険なことが可能であれば、777号のスピードはそれなりに落ちてきているはずですから、ヘリコプターを使って、もっと何人もの関係者を貨車に送り込めるのではないでしょうか?



ハ)最後の方で、ウィルが、機関車に伴走している車に一度飛び降り、それから777号に飛び乗りますが、彼は足を酷く負傷しているはずですから、何も彼でなくともよかったのではないでしょうか?
 むしろ元気な機関士を車に乗せて、777号に飛び移らせた方が現実的ではないかと考えられます(それに、飛び移れるくらいなら、ヘリコプターで空中から飛び乗れるのでは、などと思ってしまいますが)。

 とはいえ、あくまでも、生き物のように暴走する機関車と、フランクとウィルの英雄的行為をクローズアップするのがこの娯楽映画の大きな狙いでしょうから、そんなつまらないことに拘らないで、ハラハラドキドキすれば十分ではないでしょうか。

(2)暴走する列車という点に関しては、さすがに、ブログ「映画のブログ」においてナドレックさんが、実際には企画だけで流れてしまった黒澤明監督の『暴走機関車』に触れておられますが(注)、暴走するものを何とかしてストップさせるということに関してなら、『スピード』(1994年)があるかもしれませんし、また執念深く追いかけてくるトレーラーを描いた『激突!』(1973年)も、最後の最後まで手に汗握る暴走物と言えるのではないでしょうか?


(注)参考文献としては、「映画のブログ」の注で挙げられているものの他に、田草川弘著『黒澤明vs.ハリウッド』(文藝春秋.2006年)P.48〜P.62があります。

(3)渡まち子氏は、「物語はさまざまな方法で列車を止めようと試みるフランクとウィルの八面六臂の活躍を活写。そこまでするか?!の無謀な作戦も含めて、手に汗握る展開だ。残念なのは、フランクとウィルの家庭のトラブルがチラリと描かれるが、これがあまり効果的ではなく、かえってスピード感を削いでしまったこと。しかし、2人をサポートする操車場長コニーを演じるロザリオ・ドーソンと、デンゼルたち2人の場面の切り替えが、アクション映画に人間性をプラスする効果を与えていた。それにしても、こんな恐ろしいことが実際にあったとは。乗客がいたらどれほどの惨事だったかと思うとゾッとする」として60点を与えています。



★★★☆☆





象のロケット:アンストッパブル
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (98)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤコブへの手紙 | トップ | ソウル・キッチン »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメント&TBありがとうございます (ナドレック)
2011-02-12 09:11:41
 こんにちは。
 拙ブログをご紹介いただき恐縮です。
 本作に限らず、突っ走る乗り物は映画向きの題材ですね。『スピード』しかり『激突!』しかり。
 ただ、『スピード』のバスや『激突!』のトレーラーは人間によって走らされますが、本作の列車は人間の手を離れてしまっているのが、相違でしょうか。
 『暴走機関車』に関して白井佳夫氏が『機械文明のシンボルである蒸気機関車が人間のコントロールを失って暴走する。これは原水爆のテーマにもつながってくる』と語っていたのが印象的です。

P.S.
 フランクの勤続年数28年のところが8年になってますよー。
トラバありがとうございます! (愛知女子)
2011-02-12 09:26:14
クマネズミさん、こんにちは。こちらの映画に対するクマネズミさんの突っ込みが笑えました。観ている時は、はらはらドキドキ夢中です。見終わってホッとした後に、あのハプニングは有り得ないのでは…。と可笑しくなりますね。それがまた、話の種になり、大いに盛り上がります。なかなか迫力がありました。こちらからもトラバ送らせていただきます。ブログ同士の機能の問題なのか、こちらからはいつも返信しか使えず申し訳ないです。
ではでは

Unknown (リバー)
2011-02-12 10:08:00
TB ありがとうございます

シンプルな面白さで
約2時間 ハラハラして楽しめました

「サブウェイ」が私的に残念な出来だっただけに
今作は 良かったですね
お礼 (クマネズミ)
2011-02-12 11:18:01
ナドレックさん、こちらのつまらないコメントにわざわざ返信していただいたばかりか、ブログ本文を子細にお読みいただき、重要なミスを見つけて下さり、誠にありがとうございます。
Unknown (hychk126)
2011-02-12 14:05:58
TBいただき、はじめておじゃまします。hychk126です。

『アンストッパブル』はクマネズミさんもご指摘のような突っ込みどころが少なくありませんが、年明け早々爽快に「アメリカ映画はやっぱり信用できる」と思わせてくれた貴重な一本です。

こちらの記事で触れておられる『暴走機関車』と無理矢理比較すると、A.コンチャロフスキーよりもトニー・スコットの方が遥かに優れた映像作家だと思いますが、巨大な列車をパノラミックに見せてくれた点ではコンチャロフスキーのほうがよりサービス精神があったかもしれません。
Unknown (ほし★ママ)
2011-02-12 18:31:03
こんにちは〜。
スピードと止め方には一緒に観た夫も大いに突っ込んでいました。
でも、鑑賞後スッキリ爽快!!楽しめました。
組み合わせを対比させていくクマネズミさんのレビュー、さすがです。
コニーの「困った事」発言にも、つながって行きますね。
私からもトラバを送らせて下さい。
映画擁護 (ふじき78)
2011-02-12 21:25:53
※※※このコメントもネタバレです。※※※

二つばかし。想像力で擁護します。

最後、ヘリでもう一回TRYに関しては、脱線器で止まってる筈だったので、煩雑な手続きが必要なヘリの用意が急ぎではできなかったのでは。後、一度失敗をマスコミに撮影されてるから逃げ腰だったからかも。

ウィルじゃなくても、は単に現場にいた機関士が彼しかいなかったからでは。
チョット拍子抜け (クマネズミ)
2011-02-12 22:11:22
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
クマネズミの拙い突っ込みに対する擁護論をいただきましたが、ヘリの件については、こういう緊急時には、アメリカのことですから手続きは簡略化されるのではと思いますし(それにしても、マスコミのヘリがうるさく飛び回っていましたから、それを交通整理する事が先決でしょうが)、また会社の溜まり場で暴走列車の模様をテレビで見ている機関士ばかりでなく、ウィル以外にもモウ一人くらいは正義感の持ち主がいて、車で列車を追いかけているのではないでしょうか(また、そういうようにコニーが手配するのでは)?〔単なる想像に過ぎませんが!〕
ヘリと機関士 (ふじき78)
2011-02-14 23:47:14
ヘリは重役がGOサインを出さないと発進できないから。みんな嫌でしょ。あんな注目されてる中、GOサイン出すの(一回失敗してるから成功の保証はない)。

ラスト近くになって「えっ、あの人まだ」ってざわつきました。他の路線区の人とバトンタッチもせず、人材不足だなあ。リストラがかかってるから正義感の持ち主は難しいかも。
現地対策本部 (クマネズミ)
2011-02-15 05:41:04
常識的にはこんな非常時には、公的な機関(警察、軍隊など)が、周辺住民の避難のみならず、列車運行まで指揮すべく「対策本部」が現地に設置され(機関車の暴走に関する情報は、当然に運輸当局等に通報されているはずですから)、様々な非常手段が採られることとなり、ヘリなどもドンドン許可され、さらにはウィルに代わって飛び乗ろうとする英雄志願者(当該会社の職員以外にも)が何人も名乗りをあげるのではないでしょうか?
なお、ヘリの失敗は、機関車のスピードがもっとある時でしたから、かなり減速されている状況下では、ヘリからの飛び乗りはそれほど困難ではないとも考えられますが?
最終解決策 (ふじき78)
2011-02-15 23:19:08
そうだ、現地対策委員会は確かにそうだ。ただ、あまりゆっくりやってると列車が危険地点に到達しちゃうから、警察・消防の連絡ラインを一本化して避難に集中するくらいで、ゆっくり対策を練る時間は取れないかもしれない。列車に対する対策その物に公的機関の指示がオブザーバーという位置以上ずっと入ってこなかったみたいだし。
ウィルの代わりはみんなリストラされて・・・。

とりあえず一番いい解決方法はAチームを呼ぶ事じゃないかなあ。
特攻RED野郎 (クマネズミ)
2011-02-16 05:04:52
「Aチーム」を呼ぶくらいなら、いっそのことフランク、ジョー、マーヴィン、ヴィクトリアの四人組に声をかけてみては?尤も、フランクとマーヴィンは、どこかの戦場を逃げ回っているのかも知れませんが!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

98 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アンストッパブル ()
一言で言うと、暴走列車を停めろ! そういう物語 実話をもとに着想したというこの映画 とにかく手に汗握る 顔の筋肉の運動によい ラストまで一気にひっぱる迫力の映像と緊迫感 終わったあと、やったぜ!という気分になる映画 実話をもとにした暴走列車を...
アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
劇場鑑賞「アンストッパブル」 (日々“是”精進!)
「アンストッパブル」を鑑賞してきました2011年1作目!無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・サスペンス・アクション。ベテラン機...
アンストッパブル (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://movies.foxjapan.com/unstoppable/ ジャンルは、パニックムービーかな? 実話を基に作られた映画だそうで、危険物を積んだ無人の貨物列車が暴走する話だ。 脱線すれば大惨事を招くということでパニックムービーとして成立するんだけど、暴走す....
アンストッパブル (あーうぃ だにぇっと)
12月21日(火)@一ツ橋ホール。 空席がかなりある。 既に観てしまったようでマニア達の姿無し。(笑)
アンストッパブル/Unstoppable (いい加減社長の映画日記)
またも更新が遅いけど^^; 去年の予告編を観てから、楽しみにしていた作品。 公開日に、「アンストッパブル」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かな。 「アンストッパブル」は、中くらいのスクリーンで、3〜4割程度。 【ストーリー】 ペンシルバニア州のとある操車...
映画「アンストッパブル」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『アンストッパブル(デジタル上映)』(公式)を、本日(1/7)鑑賞。初日の上映で、観客は20名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点。 ざっくりストーリー ペンシルバニア州の操車場に停車中の最新式貨物列車777号が...
「アンストッパブル」愛する人たちを守るため暴走列車に立ち向かった勇敢な2人の機関士 (オールマイティにコメンテート)
1月7日公開の映画「アンストッパブル」を鑑賞した。 この映画は人為的ミスから暴走した貨物列車を止めようと 立ち上がった機関士2人が暴走する列車を止めるために 奮闘する姿 ...
映画「アンストッパブル」 (After the Pleistocene)
 列車や船が暴走する話はもう何べんも見たような気がする。地下鉄が悪い奴に乗っ取られて、同じデンゼル・ワシントンが解決した物語をみたのは、まだつい最近のことだ。(監督も同じトニー・スコットの「サブウェー123 激突」) でもこの映画には悪人らしい人物は出...
『アンストッパブル』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足...
アンストッパブル / Unstoppable (勝手に映画評)
2001年、オハイオ州で発生したCSX8888号暴走事故が下敷きになっている映画です。ですが、発生した場所がペンシルバニア州になるなどの変更が加えられていますので、冒頭のキャプションは「事実に基づいた」ではなく、「事実に着想を得た」となっています。 デンゼル・ワ....
アンストッパブル (佐藤秀の徒然幻視録)
後半はプロレス的ノリ 公式サイト。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー。2001年にアメリカのオハイオ州で起き ...
アンストッパブル (Art-Millー2)
これぞ、シンプル・アメリカン・ヒーロー! アメリカのヒーローは、とてもシンプルで格好いい。 彼らは、ただただ最愛の家族を守るために命を賭けて戦う。 理屈では語れない無償の戦い。 その姿は果てしなく力強い、そして限りなく美しい。 アメリカ人が求める理想の...
映画鑑賞『アンストッバブルUNSTOPPABLE』99分アメリカ映画(まさにGowww!Gowwww!でした(*_*;)) (愛知女子気侭日記)
《ネタバレのコメントにつきご注意を》 まず、 鉄道名JR東海・西日本新幹線700系の大きさですが。 軌間1435 mm 編成12M4T 車体幅3380 mm 車体高3650 mm 先頭車全長27350 mm 中間車全長25000 mm 編...
「アンストッパブル」は清涼飲料水的娯楽映... (映画と出会う・世界が変わる)
この作品、娯楽映画としては実に巧妙な出来である。物語は、危険物を満載して暴走した列車をいかに止めるか、ただそれだけである。冒頭から事故の発生、登場人物たちと彼らが置かれ...
『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! (映画のブログ)
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
アンストッパブル/デンゼル・ワシントン、クリス・パイン (カノンな日々)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故をモチーフに『サブウェイ123 激突』のトニー・スコット監督が映画化した大作サスペンス・アクション映画です。トニー・スコット監督とデ ...
アンストッパブル (シネマDVD・映画情報館)
アンストッパブル スタッフ 監督・製作: トニー・スコット キャスト デンゼル・ワシントン クリス・パイン ロザリオ・ドーソン 劇場公開日:2011-1-7
アンストッパブル (とりあえず、コメントです)
トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン主演のアクションです。 予告編を観て、トニー・スコット監督らしい面白そうな作品だなあと期待していました。 最後まで手に汗握るような迫力のストーリー展開に最後までドキドキでした〜
暴走列車を止めよ (笑う学生の生活)
9日のことだが、映画「アンストッパブル」を鑑賞しました。 無人列車が暴走 それを止めようとする機関士2人の奮闘 ストーリーはシンプル 暴走列車を止める パニックアクション なんか ありがちというか 一昔前の作品ぽいですが・・・ 単純明快な面白さ ハラハラドキ....
アンストッパブル(2010)●UNSTOPPABLE (銅版画制作の日々)
 生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。 全米が固唾をのんで成り行きを見守ったその大事件は、2001年5月15日にアメリカ北東部で起こったもの。それをもとに映画化となった。 MOVX京都にて鑑賞。 トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンがまたタッグを組んだ....
アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
映画「アンストッパブル」の感想です。 (MOVIE レビュー)
今年1本目の映画「アンストッパブル」を観ました。 ストーリーは実にシンプルで、運転士の軽はずみなミスから、走る破壊兵器と化した無人機関車を追いかけて停止させるというもの。これが、単純な話なのに面白かったです。この映画は2001年にアメリカ・ペンシルバニア州で...
映画 「アンストッパブル」 (ようこそMr.G)
映画 「アンストッパブル」
『アンストッパブル』 (Matthewの映画日記?)
今年初の洋画鑑賞は、『アンストッパブル』になりました。 『ソーシャル・ネットワーク』と悩んだのですが、デンゼル・ワシントンが見たくて、『アンストッパブル』になりました。 あらすじは ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整...
トニー・スコット監督 『アンストッパブル』 --- あえて不満点を中心に (L'ATALANTE)
現在劇場公開中の『アンストッパブル』(Unstoppable 2010)を観てきました。 作品ごとの出来のムラが小さくないトニー・スコット監督ですが、同時に、すでにブランドとしての安定感のようなものが確実に感じられます。 安定感というと無難な感じであまり良い意味に響か...
『アンストッパブル』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『クリムゾン・タイド』『マイ・ボディガード』『デジャヴ』『サブウェイ123 激突』と、これまで4度コンビを組んできたトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが再びタッグを組んだ『アンストッパブル』。
「アンストッパブル」スリルが止まらない (再出発日記)
話は至極単純、暴走を始めた無人機関車を二人の機関士が後ろから引っ張ってスピードを落とし、飛び乗って止めた。話を聞けば簡単だけれども、実際にやると、とっても危険だというこ...
アンストッパブル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテ ...
Unstoppable(アンストッパブル) (Junk In The Box: ELO Fan Blog)
[画像]娯楽作品としては充分に面白い  現在公開中のアメリカ映画で、主演はデンゼル・ワシントンとクリス・バイン。無人で暴走する列車から街を救うべく、ふたりの男が死力を尽くすというアクション映画。実話を下敷きにしているとのことです。  ストーリーです。リ...
アンストッパブル (迷宮映画館)
たっぷり手に汗握らせていただきました!!
「アンストッパブル」 (It's a wonderful cinema)
 2010年/アメリカ  監督/トニー・スコット  出演/デンゼル・ワシントン     クリス・パイン  面白かった!ブラボー!やっぱりこういう”画面にのめりこむ”ぐらいの作品って必要だと思うのよね。TVドラマじゃできない、映画だからこそできるアクション大...
「アンストッパブル」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Unstoppable )楽しんで観ることが出来た。2001年にオハイオ州で発生した機関車暴走事故を下敷きにした本作(映画ではペンシルバニア州に変更)、何より上映時間が1時間39分というコンパクト・サイズなのが良い。  昔のパニック映画みたいに、グラン....
「アンストッパブル」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 トニー・スコット×デンゼル・ワシントンの名コンビ最新作は、2001年5月、オハイオ州で起きた貨物列車暴走事故を元にしたアクション大作。  毎回、この手の映画やニュース...
映画:アンストッパブル Unstoppable エンディングまで一気通貫!のアクション大作。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
確かに、タイトル通り。 重さ190トンの鉄のカダマリ、超重量の貨物列車777号が 無人の状態のまま4461馬力で駆け抜け、誰も停められない。 しかも、この貨物列車777号には危険物な化学物質が満載されていたのだ! これがバッタバッタと車から何からぶっ飛ばして暴走。 た....
「アンストッパブル」みた。 (たいむのひとりごと)
今年の一本目はコレ[E:shine]事故というものは概ね人間が引き起こすもので、その内で大惨事に発展するのは人的な迂闊やミスが引き金となり、更に人間が作り管理している機器等の動作不良が幾つも重なりあい
アンストッパブル (試写会) (風に吹かれて)
28年の経験をなめるなよ 公式サイト http://movies.foxjapan.com/unstoppable1月7日公開監督: トニー・スコット2001年5月、オハイオ州で実際にあった事件をヒン
映画「アンストッパブル」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はラジオNIKKEIさんと東京建物さんだ。映画上映前に篠崎菜穂子さんの司会で前説と、宿泊券、ウォークマン、クオカード、プレスシートが当たる抽選会が行われた...
[Review] アンストッパブル (Diary of Cyber)
事の発端は、整備不良と操作ミスからなる人的行為。『それ』単体から見れば、実に取るに足らないこと。けれど、その『取るに足らないこと』が、その後、思わぬ事態を招くことになる。「まぁ、こんなもんでいいかな」という安易な考えが、大災害に発展することだってある。...
『アンストッパブル』・・・今年の1本目!こいつはおもしろいゾ (SOARのパストラーレ♪)
制御不能に陥った乗り物を主人公たちが必死で止めようとするノンストップアクションの典型でありながら、壊れかけた父娘や夫婦の再生ドラマをしつこくならないぎりぎりのさじ加減で盛り込んでいるので、マンネリ感が全く感じられなかった。わずか100分足らずにして迫力の...
アンストッパブル (voy's room)
  操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)...
アンストッパブル (小部屋日記)
Unstoppable(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン 生きて帰れたら、いいたいことがあるんだ。 通算5回目となるトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコラボレーション。 20...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
「アンストップバブル」 最後には止まるの... (ももたろうサブライ)
監督 トニー・スコット少しあらすじ操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、運転士らの複合的なミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるため...
「アンストッパブル」Unstoppable (2010 FOX) (事務職員へのこの1冊)
 前作「サブウェイ123 激突」で、やはりデンゼル・ワシントンを使って“地下鉄ハ
映画『アンストッパブル』 (闘争と逃走の道程)
 新年一発目の映画観賞。気がつくと外国映画を長いこと観ていなかったので、久しぶりに。  ペンシルバニア州のフラー操車場。大量の可燃性化学物質を積んだ39両編成の大型貨物列車777号が、ブレーキ操作...
映画『アンストッパブル』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
年明けから、ネッ友さん[E:pc]の「ひとこと」が飛び交っておりまして 気になって仕方なかった『アンストッパブル』(公式
アンストッパブル (Diarydiary! )
《アンストッパブル》 2010年 アメリカ映画 − 原題 − UNSTOPPAB
アンストッパブル (キノ2)
★ネタバレ注意★  トニー・スコット監督最新作、デンゼル・ワシントン主演。  トニーはデンゼルとよく組みますね。これで5作目かな。相性がいいのだね。  スコット兄弟は、お兄ちゃんの方がエモーショナルで、弟くんの方がドライという印象があるですが(な...
アンストッパブル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全長800メートル、有毒物質を満載し巨大なミサイルと化した暴走列車を止めろ――! トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンの5度目のコンビ作は、前作「サブウェイ123 激突」に続いてまたも列車物。 未曾有...
アンストッパブル (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
2001年5月にオハイオ州で起きた事件をモデルにして、暴走した列車を止めることに命をかけた鉄道マンの執念と、彼らの家族の再生の物語を平行して描くことで娯楽作品の傑作が誕生した。
『アンストッパブル』 (ラムの大通り)
(原題:Unstoppable) ----トニー・スコット監督で列車が暴走。 しかも、主演がデンゼル・ワシントン。 これって、最近ほかにもなかった? 「『サブウェイ123 激突』のことだね。 ただ、個人的にはあの映画よりも こちらの方が格段に楽しめたね。 物語は、これ以上な...
『アンストッパブル』('11初鑑賞5・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 1月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:35の回を鑑賞。
映画「アンストッパブル」 (FREE TIME)
映画「アンストッパブル」を鑑賞。
[映画『アンストッパブル』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆トニー・スコット監督は、先にもトレイン・パニック物『サブウェイ123/激突』を撮っているが、それは残念ながら、駄作だった。  しかし、今回の作品は、私、公開前から設定に胸を踊らせていた。  やっぱり、機関車にしても特急にしても、暴走したものを停める、...
『アンストッパブル』を109シネマズ木場で観て、満足満足もう覚えてないけどふじき☆☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆こういう人生に何の爪跡も残さない映画が大好き】    いいなあ。 やっぱりトニー・スコットに物を考えさせちゃダメだよ。 よく分かんないけど。ずっと ...
アンストッパブル (こんな映画見ました〜)
『アンストッパブル』---UNSTOPPABLE---2010年(アメリカ)監督:トニー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン 、 クリス・パイン 、 ロザリオ・ドーソン    無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未...
アンストッパブル (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】トニー・スコット 【出演】デンゼル・ワシントン/クリス・パイン/ロザリオ・ドーソン/ケヴィン・ダン/ジェシー・シュラム/ジェフ・ウィンコット/リュー・テンプル/他 【公開日】2011/1.7...
「アンストッパブル」:パワフルで骨太な傑作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『アンストッパブル』、いやーメチャクチャ面白い!! 最初から最後まで一気呵成
アンストッパブル (映画鑑賞★日記・・・)
【UNSTOPPABLE】 2011/01/07公開 アメリカ 99分監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン生きて帰れ ...
アンストッパブル (Recommend Movies)
列車を止める使命を託された、二人の男の物語 予告編を観てテンションが上がったので勇んで劇場へ♪ デンゼル・ワシントンって運行司令部勤務じゃなかったっけー ペンシルベニア州にある操車場で最...
アンストッパブル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Ost: Unstoppable無人列車の大暴走という、思わずアドレナリンが全開しそうな展開は、何と実話がもとだというから驚く。物語はパニック・アクションだが、主人公が長年真面目に働いてき ...
アンストッパブル (そーれりぽーと)
なかなかメジャー路線を行かないのは演技の幅を広げる下積みなのか他に何か弊害があるのか、ポストブラピと言われながらちっともパッとしないクリス・パインを見ていると、全然浮上しないライアン・フィリップを思い出す。 今回は、デンゼル・ワシントンと共演やし、監督....
★「アンストッパブル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ファーストデーの平日休みの2本目。 列車暴走ものって、あんまり興味なかったんだけど、 実話系ということで、1本1000円で観れる日だし、 観てみました。
「アンストッパブル」 手に汗握ります (はらやんの映画徒然草)
デンゼル・ワシントンとトニー・スコットの黄金コンビによる新作「アンストッパブル」
アンストッパブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(14) 鉄道映画に外れなし!
「アンストッパブル」 (古今東西座)
ボンクラの尻拭いに命懸けで挑む鉄道員!まぁ、物語の概要をかいつまんで書いたらこんなカンジ。監督がトニー・スコットなだけに派手な割には淡白な印象の娯楽映画になってるんじゃないかという読みは当たり、主人公の鉄道員二人(デイゼル・ワシントン、クリス・パイン)...
アンストッパブル【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アンストッパブル 制作:2010年・アメリカ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン あらすじ:操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃...
「アンストッパブル」 UNSTOPPABLE (俺の明日はどっちだ)
・ 最近再び始めてしまったツイッターで「余計な物を限りなく削ぎ落とした見事なハラハラ・ドキドキムーヴィー。トニー・スコット監督、兄貴にも劣らぬ好演出で思わず拍手!」と思わずつぶやいてしまった良い意味で70年代パニック映画を想起させるタイムリミット・サスペ....
失うモノがない男、取り戻したいモノがある男。『アンストッパブル』 (水曜日のシネマ日記)
実際に起こった列車暴走事故をモデルに作られた映画です。
アンストッパブル (うろうろ日記)
試写会で見ました。無人で走る暴走列車を年寄り&ヤングの2人組でなんとか止めちゃお
「アンストッパブル」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
走り出した貨物列車が止まらなくなる話かと思ったら、映画自体が走り出したら止まらなくなる面白さだった。 「アンストッパブル」って、映画自体のことを言ってたのね。 暴走するのが貨物列車っていうところがミソで、これが客車だったら乗っている人たちの阿鼻叫喚を描....
アンストッパブル (りらの感想日記♪)
【アンストッパブル】 ★★★★ 映画(1)ストーリー ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ操車場。この日、初めてコンビを組むことになった
アンストッパブル (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
大惨事が発生する前に暴走列車を止めろ!19日の109シネマズ会員¥1000の日に観賞。この日はじめてコンビを組むことになったベテラン機関士のフランクと、新米車掌のウイル...
「アンストッパブル」燃えるぜ〜! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アンストッパブル] ブログ村キーワード  デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。  その日、職務...
『アンストッパブル』とかじゃなくバーガーキングがサイコーだよ。 (かろうじてインターネット)
 今回は『アンストッパブル』の感想。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。公開して間もなかったので割と混んでいました。4割くらい埋まっていたかな。会社帰りのサラリーマンっぽい人...
アンストッパブル (ともやの映画大好きっ!)
(原題:UNSTOPPABLE) 【2010年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 化学物質を大量に積んだまま暴走した無人列車を停止させるために、ベテラン機関士と新米車掌の2人が奮闘するサスペンス・アクション。 ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ操車場。そこへ...
アンストッパブル (食はすべての源なり。)
アンストッパブル ★★★★☆(★4つ) 小さな人為的ミスが重なり、化学薬品とディーゼル燃料を搭載したまま列車が暴走。それを鉄道員たちが命懸けで止めようとする姿を描くサスペンス・アクション。 いや〜〜。面白かったです。 「電車を止めるだけでしょ?」と言わ...
アンストッパブル (eclipse的な独り言)
今年初めての大ヒットでした。ねえ、まったり男さん。
アンストッパブル やっべぇぇぇ!すっげぇぇぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 予告編を初めて見た瞬間に「絶対に観るt!!」って思ったこの映画、ようやく封切りを迎えたよ!o(@^◇^@)oワクワク  ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって無人のまま走り出してしまった。積荷...
アンストッパブル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年1月15日(土) 21:40〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『アンストッパブル』公式サイト 硬質な映像を見せることでカッコいいと勘違いしているようなトニー・スコットだが、「サブウェイ123 激突」に続き、デンゼ...
アンストッパブル (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「アンストッパブル」監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン(『ザ・ウォーカー』『サブウェイ123 激突』)クリス・パイン(『スター・トレック』『フェーズ6』)ロザリ...
映画「アンストッパブル」 ()
アンストッパブル  映画館にて鑑賞 監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン、クリス・パイン ロザリオ・ドーソン 2010年
アンストッパブル (心のままに映画の風景)
ペンシルヴェニア州フラー操車場。 危険性の高い化学物質を大量に積んだ最新鋭の貨物列車が、運転士のミスで無人のまま走り出してしまう。 その頃、同州にあるミンゴ操車場では、ベテラン機関士フランク(...
アンストッパブル (シネマ日記)
トニースコット監督とデンゼルワシントンが組むのはこれで5本目?随分デンゼルワシントンがお気に入りのようです。しかも、前作の「サブウェイ123激突」に引き続き列車もの。まぁ、全然題材としては関係ないんだけど、あまりにも似たようなものが主役の作品を連続で撮る....
2011-01『アンストッパブル』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2011-01『アンストッパブル』(更新:2011/01/08) 評価:★★★★☆(★★★★★との間) 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の2本目。 南大沢のTOHOシネマズで鑑賞です。 これは素直な物語だけど面...
アンストッパブル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年1月15日(土) 21:40〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『アンストッパブル』公式サイト 硬質な映像を見せることでカッコいいと勘違いしているようなトニー・スコットだが、「サブウェイ123 激突」に続き、デンゼ...
「アンストッパブル」 (Con Gas, Sin Hielo)
過ちを犯すのも人間なら、命懸けで救うのも人間。 T.スコットと聴くと、観てハズレはないなと思う。 すごく心に残るというほどではないものの、ほぼ間違いなく楽しめる上質な娯楽作品を作る。そんな印象だ。 リストを見るとそれが改めて分かる。前回は・・・、あれ、...
アンストッパブル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2011年1月7日公開の『アンストッパブル』一足お先に試写会に同行させていただいて鑑賞できました。アメリカのオハイオ州で2時間無人の列車が暴走した事件があったそうで、その実話を元に製作された作品だそうです。予告も結構ドキドキしちゃうけど、列車が暴走始めてから...
アンストッパブル ()
生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。 この映画は、<事実>から産まれた。 突然暴走を始めた<無人貨物列車> 全長:800メートル 時速:160キロ 積荷:ミサイル級の発火燃料19万リッ...
アンストッパブル (ぷち てんてん)
今年の映画館初めは、この映画よ。☆アンストッパブル☆(2010)トニー・スコット監督デンゼル・ワシントンクリス・パインストーリー ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ操...
【アンストッパブル】 (日々のつぶやき)
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン  生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。 「貨物列車777が整備員のミスにより無人で走り出してしまった。加速して走り続ける列車、会社の上層部は何とか最小限の損失...
アンストッパブル <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いや〜 予想以上に面白かった〜 迫力満点やし ハラハラドキドキさせられるしほっとんど 電車で走ってるシーンばっかしやねんけど ひき込まれるで〜コネで入ってきたウィルと ...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
アンストッパブル (銀幕大帝α)
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開 監督:トニー・スコット 製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー <ストーリー> 整備員のミスが原因で大量...
『アンストッパブル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アンストッパブル 』 (2010)  監  督 :トニー・スコットキャスト :デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィン・ダン、イーサン・サプリー、ケヴィン・チャップマン...
「アンストッパブル」(UNSTPPABLE) (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「デジャヴ」「サブウェイ123激突」などの作品で知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコットがメガホンを執ったデンゼル・ワシントン主演のパニック・アクション・ムービー「アンストッパブル」(2010年、米、99分。FOX映画配給)。...
アンストッパブル (RISING STEEL)
アンストッパブル / UNSTOPPABLE 2010年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:トニー・スコット 脚本:マーク・ボンバック 撮影:ベン・セレシン プロダクションデザイン:クリス・...