映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

127時間

2011年07月06日 | 洋画(11年)
 『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。

(1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。

 物語の主人公は、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたアーロン・ラルストンジェームズ・フランコ)。彼は、誤って谷底に落ちた際に、落下してきた岩と石の壁との間に右手が挟まってしまい、身動きが取れなくなってしまいます。様々な工夫をするものの、びくともしません。外部との連絡も取れず、食料も水も尽き、このままでは死を迎えるしかないと悟り、最後の力を振り絞って、そして、……。



 冒頭と末尾などで数人の人物が登場するものの、94分の上映時間のほとんどはジェームズ・フランコ一人が画面に登場します。その点で、砂漠に埋められた棺桶の中に閉じ込められた男(ライアン・レイノルズ)だけを描く『リミット』と同類の映画と言えるでしょう。
 また、死の淵からなんとか脱出しようとするのは、『リミット』もそうですが、あるいは極寒の中でリフトに取り残された3人のスキーヤーの脱出劇を描いている『フローズン』にも類似していると言えるでしょう。

 とはいえ、あくまでも遭難した本人が書いた原作に基づく作品であることから、そうしたフィクション物とは、雰囲気がだいぶ違っています。
 たとえば、
イ)『リミット』では、閉じ込められている棺桶のなかに大きなが入ってきてライアン・レイノルズの上で這いまわったりしますし、『フローズン』では、リフトの下にの群れが現れたりします。
 他方、本作品では、大きなワタリガラスが、毎朝一定の時刻になると、真上の空中を悠然と飛んでいる姿が描き出されますが、それはそれだけのことでしかありません。

ロ)『リミット』では登場人物はわずか一人にすぎませんが、手元にある携帯電話を通じて、誘拐犯など外部にいる人たちと、かなり煩雑に連絡を取ります。
 また、『フローズン』の場合には、携帯電話を持ってこなかったために外部との連絡の道は閉ざされているものの、リフトの上に取り残されるのは3人であって、ごく狭い範囲ながら一定のコミュニケーションは確保されています。

 これらに比べると、本作品は、映像の大部分は一人きりで、それも他人との間で全くコミュニケーションの手だてがないという点で際立っています(なお、『イントゥ・ザ・ワイルド』も最後の方は一人きりとなりますが、この場合、主人公の青年は一人きりになろうと自分の方から外部とのコミュニケーションを絶っていますから、本作品とは異なる性格のものだと言えるでしょう)。

 そうだからといって映画がダレることは少しもなく、どうやって脱出するのだろうか、と緊迫感は次第に高まり、自然を描き出す画像が随分と綺麗なことともあいまって、最後まで飽きさせません。

 とはいえ、劇映画なのですから、実話という原作の枠組みを、モット抜け出してもいいのではないのか、とも思いました。
 この点について、下記の前田有一氏は、「結論から言うが、ようするに脚本上の小細工が一切できない」し、「脚本に「意外性」を持たせられぬ」と述べています。
 つまりは、実話に基づく作品だから、ストーリーにフィクションを持ち込めないということなのでしょう。それに、原作者側は、当初、ドキュメンタリー作品なら映画化してもかまわないと考えていたらしいので、それもまた制約となるのでしょう。

 ですが、俳優を使って劇映画としてこの話を映画化することになったのであれば、それはもうフィクションへ大きな一歩を踏み出したことになり、そうであるなら、映画としてヨリ面白い作品を制作する方向にもっと舵を切ってみてもかまわないのでは、と思えるところです。
 たとえば、映画の前半に登場する2人の女性ハイカーを、後半のアーロン救出劇に使えないかといったようなことです。なにしろ、アーロンは、2人との別れ際にパーティに誘われたりするのですから(女性陣も、彼のことを憎からず思ったようです)!



 むろん、そんな風にフィクションを盛り込んでしまったら、現在の映画の持つリアルな切実さが失せてしまうのでは、と非難する向きもあるかもしれません。でも、それではリアルという点を、実際に起きたことというように余りに狭くとらえ過ぎているのでは、と思います。
 またラストで原作者が登場し、プールで泳いだりする映像も不要になるでしょうが、むしろクマネズミにとっては、こうした映像こそが余計なものに思えて仕方がないのですが(注1)。

(2)この映画の舞台となった峡谷は、どんなところなのでしょうか?
 劇場用パンフレットにも、舞台となったブルー・ジョン・キャニオンについて殆ど何も記述が見当たりません。
 そこで、同パンフレットの最後のページに掲載されている写真の中の案内板に、「HORSESHOE CANYON BLUE JOHN CANYON」とあるのを手掛かりに、ちょっと調べてみました。
 わかったことは、ユタ州東側にあるCanyonlans National Parkの西側に飛び地となっているHorseshoe Canyonのさらに西南方にBlue John Canyonは位置しています(注2)。

 すなわち、同国立公園内の3つの地区の中でも一番はずれのMaze地区からさらに飛び地となっている峡谷よりももっと遠いところにブルー・ジョン・キャニオンがあるというわけで、これではその谷底からコミュニケーションをとると言っても、全く話にならないことがよくわかります。

 なお、映画で数回映し出される岩絵は、Horseshoe CanyonのGreat Galleryです(この岩絵についての詳細は、たとえばこのサイトの記事をご覧ください)。



(3)渡まち子氏は、「ほぼ一人芝居のジェームズ・フランコが多彩な演技で熱演し、一瞬も飽きさせない。巨岩に右腕を挟まれた“127時間の人生”を見事に演じきった。絶望の底でたった一人で示した勇気は、大きな感動と共に語り継がれることだろう。ユニークな設定と巧みなストーリーテリングのこの秀作には、人生への前向きなメッセージがある。予測不可能な大自然というフィルターを通して、日常生活の中では見えにくい“生への渇望”を、鮮やかな筆致で教えてくれた」として85点をつけています。
 また、前田有一氏も、「比類のない演出技巧を味わえる映画作品だし、エンタテイメントとしても超一流。世界中の映画監督が嫉妬すること間違いない。それほどの傑作である」として85点をつけています。
 さらにまた、福本次郎氏も、「一転して自由の利かなくなったアーロンが味わうのは生の苦痛と死の恐怖。谷底から助けを呼ぶアーロンをとらえたカメラが上空高く舞い上がり大地の裂け目を俯瞰するショットは、人間の存在の小ささと命のかけがえのなさを同時に表現する素晴らしいシーンだった」として70点をつけています。


(注1)ブログ「映画感想 * FRAGILE」の記事により、原作者アーロン・ラルストン氏が撮っていたビデオの一部がYouTubeにアップされていることがわかりました。
 となると、余りに原作に忠実に映画を制作すれば、映像が競合してしまう恐れが出てくるのではないでしょうか?

(注2)このサイトには、映画と同じような魅惑的な同キャニオンの画像が掲載されています。
 たとえば、

 なおまた、このサイトによれば、峡谷の名称として、Blue John CanyonではなくBluejohn Canyonとする方がよさそうですが、前者が普通に使われているようなので、ここでも前者で表記しています。





★★★☆☆





象のロケット:127時間
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« X-MEN:ファースト・ジェネレー... | トップ | アリス・クリードの失踪 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-07-06 15:21:15
TB ありがとうございます。

やはり こういう1人閉じ込められ映画?は主演の頑張りが凄いですね。

そして、ダニー・ボイル監督の演出も
音楽、カメラショット含めセンスを感じました。
こんにちは♪。 (みぃみ)
2011-07-07 10:30:09
アーロンが動けなくなってからの、苦悩と快楽、願望と現実の対比映像の登場バランス、絶妙だと思いました。
色味も夢部分は妖しく、現実部分は鮮明なのも(^^)。

これ現実なんだよね〜と思うと痛そうで、倒れそうになりましたが、無事の生還、良かったなぁと思います。

ブルー・ジョン・キャニオン、奥まった場所にあるんですね。
人があまり来ないから、あの美しさを保っているのなら、ずっとあの景観を維持して欲しいな☆と思います。
峡谷は何処? (クマネズミ)
2011-07-07 22:36:21
「みぃみ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ブルー・ジョン・キャニオンに関しては、Googleの地図を見れば簡単に分かるだろう、多分グランド・キャニオンの近くだろうと予想していたところ、なかなか分からず、その場所に行き着くのに時間を食ってしまいました。
多分、車でもなかなか進入できない辺鄙なところなのでしょうが、映画では、脱出して暫く歩くとアーロンは何人かの人に遭遇するわけですから、同好の士が随分と入り込んでいるのかもしれません。
おっしゃるように、「ずっとあの景観を維持して欲しい」と思います。
ドキュメンタリー (ふじき78)
2011-10-03 21:05:35
外国の人にとって「再現ドラマ」はドキュメンタリーの範疇に含まれます。今回の映画も極端な誇張や幻想シーンを取り除けばドキュメンタリーになるんじゃないでしょうか。話としては驚くような展開がないので、「事実に基づく物語」として外側から補完したのはいいやり方だと思います。
再現ドラマ (クマネズミ)
2011-10-03 21:17:25
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
なるほど。
ただ、「再現ドラマ」としては、原作者ご本人が出演・撮影しているVTRがすでに存在し、YouTubeで見ることが出来るので、この映画の意味はどう考えたらいいのかしら、と思ってしまいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

74 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
127時間 (あーうぃ だにぇっと)
5月12日(木)@20世紀フォックス試写室。 TwitterとFacebookのユーザー限定のイベント。 さすがに若者が多かった。
劇場鑑賞「127時間」 (日々“是”精進! ver.A)
“生”への執着の凄まじさ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106210004/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.14 Interscope Records (2010-11-22) 売り上げランキング: 5724 Amazon.co...
『127時間』 (2010) / アメリカ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題: 127 Hours 監督: ダニー・ボイル 出演: ジェームズ・フランコ 、アンバー・タンブリン 、ケイト・マーラ 、リジー・キャプラン 、クレマンス・ポエジー 本年アカデミー賞作品賞ノミネート、最後の10本目の鑑賞です(日本でようやく最後に公開が決まっ....
127時間 (佐藤秀の徒然幻視録)
陽気さとタフネスが生んだ奇跡 公式サイト。原題:127 Hours。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、ケイト・バ ...
127時間 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://127movie.jp/ 登山中の思わぬアクシデントで究極の選択を迫られた若き登山家アーロン・ラルストンの実話を基に作られた作品。 アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェ....
127時間 (LOVE Cinemas 調布)
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
127時間 (シネマDVD・映画情報館)
127時間 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・フランコ 内容:ユタ州、ブルージョン・キャニオン。大自然を悠然と駆け抜ける登山家アーロン・ラルストンに、信じられないアクシデントが起こる。ロッククライミング中の落石事故で右腕を挟まれ、一切身動きが取れな...
127時間 えっ?これって実話っ? (労組書記長社労士のブログ)
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる〜~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げ...
127時間/ジェームズ・フランコ (カノンな日々)
これも一応は山岳映画ですよね?単独での登山の最中にアクシデントに見舞われ谷間で身動きがとれなくなってしまった若き登山家アーロン・ラルストンの実体験を綴った原作を『スラ ...
127時間 (本と映画、ときどき日常)
監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームス・フランコ     ケイト・マーラ     アンバー・ダンブリン これはなかなか奥が深い。 谷底も深かったけど(笑 渓谷に落ち、大きな石に片腕を挟まれ脱出することのできなくなった青年のお話。 その時間が127時間。 ...
試写会「127時間」  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/9、よみうりホール。 8割がたの入り。 上映中に地震があったのには驚いた。 震度は2ぐらいで気が付かない人もいたようですが、 長く揺れたので天井が落ちてこないか思わず見上げちゃいました。 ** ジェームズ・フランコのほぼ一人芝居。 ** アーロン・ラ...
127時間 (シネマ日記)
沢山の賞レースに登場した作品だったので、アメリカでの公開当時から気になっていました。「スラムドッグ$ミリオネア」で数々の賞をとったあとに、ダニーボイルが挑んだのは、トレッキング中の事故で岩に片腕を挟まれたまま動けなくなったアーロンラルストンジェームズフ...
127時間 (心のままに映画の風景)
自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫するアーロンだったが、ふ...
ダニー・ボイル監督『127時間』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。原作はアルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした「127時間」。監督は『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門に輝いたダニー・ボイル。主演
127時間 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【127 Hours】 2011/06/18公開 アメリカ 94分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミング...
映画レビュー「127時間」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
公式サイト◆プチレビュー◆“動かないアクション・ヒーロー”を技巧をこらした映像で活写。実話ならではの感動が沸き上がる。 【85点】 クライマーのアーロンは、思わぬアクシ ...
『127時間』 (こねたみっくす)
右腕を岩に挟まれ5日と7時間。感謝することに無頓着だった青年の心理的な密室脱出劇。そのラストに自然と涙が流れる。 若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化したこの ...
「127時間」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
気の弱い人や子供なんかと行くのは、余りお薦め出来ないかも 3つ★
身動き取れぬ 127時間 (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時間 この ある種の限定空間の中で話は進んでいくのですが 流石 オスカ....
127時間 / 127HOURS  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後…」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...
127時間 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月20日(月) 18:45〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『127時間』公式サイト 崖の隙間で岩に手を挟まれ動けなくなった男。 まるで「オープン・ウォーター」や「フローズン」のような設定だが、...
127時間 (悠雅的生活)
急転直下。暗中模索。自力更生。
127時間 (キノ2)
★ネタバレ注意★  2010年のアカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(ジェームズ・フランコ)、脚色賞、作曲賞、歌曲賞、編集賞にノミネートされた注目作です(いずれも受賞はならず)。  実在の登山家、アーロン・ラルストンが書いた『奇跡の6日間』が原作。実話...
127時間 (うろうろ日記)
試写会で見ました。127時間、誰も来ない所で片腕を石に挟まれ、何とか石をどかそう
127時間 (映画と本の『たんぽぽ館』)
生き抜くための究極の決断              * * * * * * * * 登山家アーロン・ラルストン氏が体験した実話です。 この「実話」というところが大変に重いのです。 フィクションだったら「嘘くさい」と思ってしまうでしょうね。 27歳のアー....
『127時間』('11初鑑賞84・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 6月18日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 15:45の回を鑑賞。
127時間 (迷宮映画館)
フランコ君に尽きます!
127時間 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞 ...
「127時間」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「127 Hours」 2010 USA/UK アーロン・ラルストンに「トリスタンとイゾルデ/2006」「告発のとき/2007」「最後の初恋/2008」「ミルク/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のジェームズ・フランコ。 ミーガンに「ダウト 〜偽りの代償/2009」のアンバー・タ...
127時間 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(14)(14) これは強烈だった!その瞬間、極限の痛みで顔がついつい歪んでしまった。
127時間(2010)◆◇127 Hours (銅版画制作の日々)
            自分のミスは自分で片付ける、、、、? でもこれって苛酷過ぎるなあ。 パソコン教室の食事会の後、東宝シネマズ二条へ・・・・。 公開を心待ちにしていた作品です。主演のジェームズ・フランコ君、私的には好きな俳優さんで、しかもアウトドア...
「127時間」みた。 (たいむのひとりごと)
予告編を見たとき、これが生還するには間違いなく”むちゃくちゃ痛い”ことになるだろうと想像していたが、まったくそのとおりだもんなぁ・・・[E:shock]痛いのが苦手なものだから、観るのをやめようか随分
「127時間」 127 Hours (2010 FOXサーチライト) (事務職員へのこの1冊)
トレッキング(というかケイビングに近い)の最中に岩の裂け目から落下し、同時に腕を
127時間(127 Hours)/岩に挟まれたまま5日間?! (映画感想 * FRAGILE)
127時間127 Hours/監督:ダニー・ボイル/2010年/アメリカ・イギリス 神経と日本刀は同じ音がします。 洋盤ブルーレイで鑑賞。実話で、テレビでも確か紹介されたことがあるので、最終的にどうなるかは知っていました。だからねーその決断のところをどう描くか、び...
『127時間』 (ラムの大通り)
※少しネタバレもあります。 でも、すでに知ってられる方もいるかも (原題:127 Hours) ----この映画、 今年のアカデミー賞に 何部門もノミネートされていたよね。 監督が『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル。 「うん。 最初、そのタイトルからして 『28...
127時間   監督/ダニー・ボイル (西京極 紫の館)
【出演】  ジェームズ・フランコ  アンバー・タンブリン  ケイト・マーラ 【ストーリー】 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げず、休日はクライマーとして人生を謳歌しているアーロン。今回の目的地はブルー・ジョン・キャニオン。土曜日の朝、車....
「127時間」:ポジティヴな生き地獄 (大江戸時夫の東京温度)
映画『127時間』、やはり思った通りの結末を持つ実話だったのですが、とにかく類例
『127時間』 (だらだら無気力ブログ)
アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない 絶体絶命の...
■『127時間』■ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:アメリカ+イギリス合作映画、ダニー・ボイル監督、ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー出演。
『127時間 』 (127 Hours) (Mooovingな日々)
実在の登山家アーロン・ラルストン氏の体験を描く。2003年にユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに登山した際、落下して岩に腕を挟まれぶら下がったまま5日間以上に及ぶ過酷な時間を過ごした。手持ちの水が尽き、自分の尿を飲んで水分補給をしながら、家族に別れのメッセ...
映画:「127時間」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月20日(月)/。 映画:「127時間」。 【監督・脚本】 ダニー・ボイル 【原   作】 アーロン・ラルストン 【脚   本】 サイモン・ボーフォイ 【撮   影】 アンソニー・トッド=マントル、エンリケ・シャディアック 【音   楽】 A...
『127時間』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
    127hours   監督:ダニー・ボイル   出演:ジェームズ・フランコ、他 今年上半期で楽しみにしてた3本のうちの最後、 やっと観た   ちなみに他2本は『ミスター・ノーバディ』と『ブラック・スワン』 ...
127時間 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
127時間'10:米、イギリス◆原題:127 Hours◆監督:ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」◆出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプ ...
127時間 (試写会) (風に吹かれて)
生きる事をあきらめない!公式サイト http://127movie.jp6月18日公開実話の映画化原作: 「奇跡の6日間」(アーロン・ラルストン著)監督: ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア
127時間・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一人旅に出るときは、行き先を誰かに告げておきましょう・・・。 今年のアカデミー賞戦線を賑わせた話題作の中で、実質最後発での日本公開となったのが、「スラムドッグ$ミリオネラ」のダニー・ボイル監督が...
127時間 (Memoirs_of_dai)
前に進むことの大切さ 【Story】 アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、右腕を断...
『127時間』・・・生きる、生き抜く、生き延びる (SOARのパストラーレ♪)
死に直面した青年が“生きる”ために究極の決断をする壮絶なドラマ。作り話としてなら案外ありふれたシチュエーションかもしれないが、これが実話だというから驚くばかりである。
映画「127時間」 (Andre's Review)
127 hours アメリカ・イギリス 2010 2011年6月公開 劇場鑑賞 このところ3カ月遅れのレビューが続いているのですが、新作映画を劇場で観たときには優先して感想を書くことにしました。すぐに感想を書きたいと思わせてくれる素晴らしい映画に出会えたのがきっかけ...
映画「127時間」 (FREE TIME)
映画「127時間」を鑑賞しました。
127時間 (rambling rose)
ある日、1人でブルー・ジョン・キャニオンへと向かった青年アーロンは、いつもの様に大自然を満喫していた。が、ふとした事から落石に腕を挟まれ、谷底で動けなくなってしまう・・。
127時間 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:127時間 制作:2010年・アメリカ/イギリス 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ あらすじ:アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・...
127時間 (Diarydiary! )
《127時間》 2010年 アメリカ/イギリス映画 − 原題 − 127 HOU
「127時間」  127 Hours (俺の明日はどっちだ)
渓谷で落下した際に右腕を岩によって挟まれ身動きが取れなくなり、生と死のはざまで127時間を過ごした登山家を襲う絶望と希望を描いたダニー・ボイル監督の最新作。 前作「スラムドック・ミリオネア」同様、疾走感溢れる映像と音楽で惹き込まれるオープニングのスピード...
127時間 127HOURS (まてぃの徒然映画+雑記)
冒険家の実話を『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が映画化! いつもアウトドアを楽しんでいるアーロン(ジェームズ・フランコ)は、金曜日の夜いつものようにMTBをSUVの屋根に乗せて、ブルー・ジョン・キャニオンを目指す。車...
127時間 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:127 HOURS) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第83回アカデミー賞、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・歌曲賞・編集賞の6部門ノミネート。 第68回ゴールデングローブ賞、男優賞・脚本賞・音楽賞の3部門ノミネート。 第64回英国ア...
「127hours」(邦題 127時間)精神力との戦い (ノルウェー暮らし・イン・London)
精神力との戦いである。 実際に体験したアーロン・ラルストンは当然ながら、主役のジェームス・フランコ、そして見ている観客がまず精神力を試される。 はたして最後まで見届けられるか・・・・?
127時間 (secret boots)
評価点:82点/2010年/アメリカ 監督:ダニー・ボイル 岩をも動かす、監督の手腕。 2003年、4月26日金曜日。 エンジニアで、休日クライマーのアーロン(ジェームズ・フランコ)はいつもの通り、週末にブルー・ジョン・キャニオンに出かけた。 車で数時間...
11.127時間 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 69オープニング土日動員: 2万8221人オープニング土日興
127時間 (りらの感想日記♪)
【127時間】 ★★★★ 映画(35)ストーリー ある日、27歳の青年アーロン(ジェームズ・フランコ)は一人でロッククライミングを楽しむため
■映画『127時間』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などという、海外の前評判を聞いていたので、どんな残酷な作品かと思っていたのです。 しかし...
生きることをあきらめない〜『127時間』 (真紅のthinkingdays)
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
「127時間」 (Con Gas, Sin Hielo)
今までの君は間違いじゃない。 究極の決断により奇跡の生還と聞けば、だいたい展開は分かろうもの。見どころは、主人公の感情の移り変わりとその演出だった。 落石に腕を挟まれるまでの元気が過ぎるほどのアーロンと、一転して表情や口調といった細かい部分に注目が集....
『127時間』 (試写会帰りに)
ダニー・ボイル監督独特の、ギラギラとした生命力に満ち、躍動感溢れる映像が、この映画のテーマにぴったり。人間の命と、大自然の営みとの戦いを鮮やかに映し出す。 アーロンが何を選択し、どう決断したか。生き抜く為に、彼が『127時間』の間にした事、感じた事、考えた...
127時間 (映画の話でコーヒーブレイク)
ジェームズ・フランコって整ったお顔立ちなのに、「スパイダーマン」のハリー以外で私が見たのは 変な役どころばかり  今回はほぼ一人芝居で、アカデミ―主演男優賞ノミネート 残念ながら賞は「英国王のスピーチ」のコリン・ファースに。 ノミネートに加え、今年のアカ...
「127時間」 自分と向きあった127時間 (はらやんの映画徒然草)
正直、観ようか観まいか迷った作品です。 「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボ
『127時間』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
127時間 (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞で話題になった、一人の青年の実話を基にしたドラマです。 孤独を好む登山家が事故に遭いながらも127時間後に生還するというストーリーを ダニー・ボイル監督と主演のジェームズ・フランコがどのように映画化したのか楽しみにしていました。 予想以上に美しく...
『127時間』をギンレイホールで観て、良くも悪くも予定調和ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆予告通り過ぎる】 大変よくできた予告である。 足りないのは結果だけ。 って事で結果を確認できた。思った通りだった。 【銭】 ギンレイホール、会員証 ...
【127時間】体験をバネに生き抜く! (映画@見取り八段)
127時間 〜 127HOURS 〜 監督: ダニー・ボイル    出演: ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン、リジー・キャプラン 公開: 2...
127時間 (銀幕大帝α)
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン...
ダニー・ボイル監督 「127時間」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、主演ジェームズ・フランコで映画化し、昨年2011年度アカデミー賞作品賞と主演男優賞にノミネートされた作品 ブルーレイで鑑賞 オフィシャルサイト⇒http://movies2.foxjapan.com/127hours/ 【あら...
127時間 (いやいやえん)
「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人でもホイホイ行けちゃうアウトドア好きな人はとくに要注意な本作...
127時間 (Akira's VOICE)
気合いだー!!!!!
【映画】127時間…蛇足を排除してヤッツケてみる(6)蛇足はイキ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月2日(日曜日)は、ブログ書いてる時間以外、寝っぱなしの一日でした で、本日二回目の投稿。 本当は「ダークナイト・ライジング」と「アベンジャーズ」の映画観賞記録をそろそろアップしたいのですが、全く纏まっていなかったりして ということで、本日は....