映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

思い出のマーニー

2014年08月06日 | 邦画(14年)
 『思い出のマ―ニー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)『借りぐらしのアリエッティ』を制作した米林宏昌監督によるスタジオジブリ作品(注1)ということで、映画館に行ってきました。

 米林監督の前作は、メアリー・ノートン作『床下の小人たち』を日本の東京郊外に置き換えた作品でしたが、本作も、イギリスが舞台のジョーン・G・ロビンソン作『思い出のマーニー』(高見浩訳、新潮文庫)を日本の北海道に置き換えて作られています。

 本作の最初の方では、子供らが遊ぶ公園が映し出され、学校の絵画の時間なのでしょう、周囲では子どもたちが絵を描いていて、先生が「動きの一瞬を捉えるんだ」などと言っています。
 主人公の杏奈は、他の子とは離れて座って絵を描きながら、「みんなは、目に見えない魔法の輪の内側にいる人たち。私は外側の人間。でもそんなことはどうでもいい」と呟いたりします。
 先生が近づいて「絵を見せてみろ」と言うと、杏奈は「私ちょっと失敗」と言って隠そうとし、更に先生が絵を見ようとしたら、男の子の泣く声がしたために先生はその場を離れてしまいます。
 杏奈は「私は私が嫌い」と呟きます。

 その後に喘息の発作が起きて、家に医者が往診に来ます。
 杏奈は、「またお金がかかってしまった」と独り言を言ったり、医師が母親・頼子に「相変わらず心配症だね、お母さんは」と言うのを耳にすると、「お母さん?」と呟いたりします。
 更に、頼子が「あの子いつも普通の顔(注2)、感情を表に出さないの。やっぱり、血が繋がっていないからかしら」と言うのも聞いてしまいます。
 これに対して、医師は「12歳だし、大変な時。例の療養の件を考えた方がいいかもしれない」と応じます。

 それで杏奈は、一夏、住んでいる札幌を離れて、道東の海辺の村にいる大岩夫妻(頼子の親戚)のところで暮らすことに。



 日がな一日、海辺の風景をスケッチしたりして過ごす杏奈は、入江の向こう岸に見える洋館(「湿っち屋敷」)がひどく気にかかります。
 そして、杏奈の前に、その洋館に住むマーニーという少女が現れるようになります。



 このマーニーは一体どんな少女なのでしょう、杏奈との関係はどうなるのでしょう、………?

 本作の主人公は、両親を亡くし養母の元で暮らしていた12歳の少女。喘息の療養をも兼ねて一夏を過ごすことになった海辺の親戚の家で、忘れられない体験をするのですが、多感な少女の様々の思いが、素晴らしい道東の景色の中などで描かれていて、大層感動的なアニメです。

(2)本作の導入部は、上記(1)でラフに書いたことからも推測されるように、その後の展開につながる伏線が様々に張られていて、なかなか優れたものではないかと思います。

 杏奈は「私は輪の外側の人間」と呟きますが、そしてそういう見方をする「自分が嫌い」と言うのですが(注3)、こういう周囲に心を閉ざしてしまった杏奈が海辺でのマーニーとの交流によってどんなふうに成長するのか、ということが本作の見所となっています。

 さらに、「またお金がかかってしまった」と杏奈が言うのは、自分の養育についてお金がかかっていることについて、杏奈がかなり気にしていることを暗示しているでしょう(注4)。
 それと関係しますが、頼子が「血が繋がっていないからかしら」と言うのは、杏奈の両親がすでに交通事故で死んでいて、頼子が養母になっていることを表しています。

 そして、この導入部は随分と日本的な感じがし、言うまでもなく原作とは大層違っています(注5)。
 このように巧みに原作を日本に置き換えることができるのであれば、どうして本作は、原作を引きずってアンナやマーニーという名前をそのまま使ったり、マーニーを外国人の少女として描いたりするのでしょう(注6)?
 本作のように、物語のシチュエーションを日本に置き換えるのであれば、すべて丸ごと日本人の登場人物にしてみた方がずっとしっくりと来るのではないかと思えます(注7)。

 それに、本作は、男性の登場人物が殆ど活躍しないという昨今の流れに沿った作品(注8)のようにも思えます。なによりも、少女マーニーとの交流によって杏奈の成長が見られるのですから。

 とはいえ、そんなことに目をつぶれば、大層感動的な作品ではないかと思いました。
 特に、2階の窓に佇むマーニーに向かって、ボートの杏奈が「もちろん、許してあげる。決してあなたを忘れない」と叫ぶシーンは良く出来ていると思います。

 さらに、挿入曲として、クラシック・ギター曲の『アルハンブラの思い出』が使われているのですから(注9)、クマネズミにとってはそれだけでOKです!

(3)渡まち子氏は、「苦悩を抱えた少女が体験するひと夏の不思議な出来事を描く、スタジオ・ジブリの新作「思い出のマーニー」。脱・宮崎路線がスタートしたようだ」として65点をつけています。
 前田有一氏は、「それにしても、ジブリ作品にはもともと原作ものが多いとはいえ、今回はアニメが原作への誘い役にとどまっているのは残念な限り」などとして65点をつけています(注10)。
 相木悟氏は、「自分さがしの感動的なおとぎ話ではあるのだが、いまいちとらえどころが難しい一作であった」と述べています。



(注1)スタジオジブリでは、制作部門を一時解体することとしたそうです(例えばこの記事)。だとすると、この作品が、アニメ映画としてスタジオジブリの最後になるかもしれません。

(注2)推測になりますが、頼子が杏奈について「普通の顔」と言うのは、本作が松野正子訳の岩波少年文庫版に依拠しているためではないでしょうか?
 これに対し、原書で「'ordinary’ look」とされている語句について、高見浩訳の新潮文庫版においては「つまらなそうな顔」と訳されています。
 僭越ながらクマネズミは、アマゾンの同作についてのカスタマーレビューにおける「ウルル」さんの見解に対する「コメント」で「yasu」さんが言うように、「ordinaryを「つまらなさそうな」と翻訳できるところこそが、この翻訳家(高見浩氏)の素晴らしい感性」ではないかと思います(なにより、常識人のプレストン夫人が“wooden”と思ったアンナの顔が「普通の顔」というのはとても奇妙な感じがします)。 

 なお、“ordinary”がこれほど注目される一因として、岩波少年文庫の特装版の巻末に付けられている河合隼雄氏による解説「『思い出のマーニー』を読む」の第1節のタイトルが「ふつうの顔」とされて様々の議論がなされていることが挙げられるのではと思います〔「“ふつうの”顔つき」は「他の誰でもがアンナの内面に触れてくるのを拒む、アンナにとっては大切な防壁だったのである」(岩波現代文庫S254『子どもの本を読む』P.68)〕。

(注3)杏奈は、輪の外側にいるだけでなく、内側にいる人間が自分の方によって来て手を差し伸べてもそれを拒絶してしまうのです。地元の信子に「あんたの眼きれい、ちよっと青が入っていて」と言われると(下記「注6」参照)、「いい加減放っておいてよ、太っちょ豚!」と言ってしまいます〔原作でも、サンドラに対してアンナは「でぶっちょの豚むすめ!」と言います(新潮文庫版P.66)〕。

 なお、信子はまず、七夕祭りの短冊に杏奈が「普通に暮らせますように」と書いたことを見咎めますが(「普通ってどういうこと?」)、この「普通に」というのはもしかしたら上記「注2」で触れた「普通の顔」の「普通に」と通じているかもしれません。
 むろん、この場面に直接対応する原作部分はありませんからなんとも言えません。でも、輪の外側にいると自覚している杏奈が、輪の内側の人間と同じように「普通に」暮らしたいと願うことにも違和感を覚えます(輪の外にいる自分と考える自分が嫌いだとアンナは思ってもいるとはいえ)。
 本作の原作が岩波少年文庫版だとされていることによって、この場面が作られたのではと推測したくなります(と言っても、新潮文庫版の発行は本年の7月ですから、それに依拠してアニメを作ることは土台無理な話ですが!)。

(注4)原作でも、アンナはマーニーに「実はね、あの人たち、あたしの面倒を見ているのはお金のためなの」、「手紙を見つけたのよ。……なんとかの委員会はあたしへの手当を増額する、というようなことが書いてあって、小切手も一緒に入っていたの」と告白します(新潮文庫版P.152)。
 そのことがきっかけとなって、本作と同じように(「本当の子供だと思っていたらそんなお金をもらっているはずがない」と杏奈はマーニーに言います)、アンナと養母のプレストンさん夫婦との関係が微妙にぎくしゃくしたものとなります。

 ちなみに、日本でも里子に対して様々な援助がなされていて、このサイトの記事によれば、「里子1人に対して、総額で年間約2百万もの予算が出て」いるとのこと。

(注5)原作では、いきなり、ロンドンで暮らすアンナがノーフォーク(ロンドンの北東)のペグ夫妻の元へ出発する光景から始まります。

(注6)マーニーが外国人であることによって、杏奈の母親はハーフになり、杏奈にも外国人の血が流れていることになります(あるいはクォーターでしょうか)。そのことがもしかしたら、杏奈の性格形成に大きな影響を及ぼしているのかもしれません(周囲から特別視される要因が、孤児の他にもう一つ加わったことによって)。でも、本作の物語の展開には、そういった要素はむしろ余計なもののように思えるのですが。
 と言っても、マーニーが外国人だからこそ、彼女が歌う子守唄の旋律が『アルハンブラの思い出』となるのでしょうが(下記「注9」参照)!

(注7)『借りぐらしのアリエッティ』についても、全体が日本での話とされているのに、どうして小人たちの名前が原作のママになっているのか不思議に思いました。

(注8)ごく最近では、例えば、『アナと雪の女王』とか『マレフィセント』。
 また、NHK連続TV小説『花子とアン』も、花子や蓮子などの活躍ぶりに比べたら、男性陣の影は大層薄いものとなっています。

(注9)一度目は洋館でのパーティーの際に(「わたしたちも踊りましょう!」)、二度目は杏奈の幼いころに「老婦人」が歌ってくれた子守唄(「思い出のマーニー」)として〔映画の中では森山良子(「老婦人」の声を担当)によるハミングで歌われます。いずれも管弦楽が演奏されて、ギターによるトレモロ演奏はされません。両曲ともこのサイトで試聴できます〕。

(注10)前田氏は、本作は『アナと雪の女王』と同じように、「「でも、いつだって頑張ってるアタシ」──を肯定する話」を描いていると述べています。ですが、魔法の輪の外側にいて、その内側にいる人との交流を拒む本作の主人公・杏奈は、「いつだって頑張ってる」人間とは対極に位置する存在であることは明らかだと思われるます〔新潮文庫版の原作においても、例えば学年担当の教師から、「アンナ、あなたは頑張ろうともしないのね」と言われています(P.9)〕。



★★★★☆☆



象のロケット:思い出のマーニー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GODZILLA | トップ | 複製された男 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
説明 (まっつぁんこ)
2014-08-06 21:19:03
最後のところが説明過剰でした。
杏奈の瞳が青いんだからクドクド説明しなくても推定できる。
(原作はともかく)こども向け?アニメなら色々考えさせて終わっちゃえばいいのに。そうすればおっしゃるような不自然な設定も活きたと思います。
Unknown (クマネズミ)
2014-08-07 05:53:33
「まっつぁんこ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「クドクド説明しなくても」、「アニメなら色々考えさせて終わっちゃえばいい」のかもしれませんね。
ただ、クマネズミは、『アルハンブラの想い出』が出てくることもあって、最後の方の説明も違和感なく受け止めました。
ただ、マーニーを外国人にしなかったら、もっと全体がスッキリしたものになったのではと思いましたが。
Unknown (ふじき78)
2015-01-07 00:31:26
そう言えば、昔「マニトウ」っていうホラー映画があったな。腫瘍の正体が悪魔なの。アンナが思うマーニーこそがアンナの腫瘍って意味で「思い出のマニトウ」を連想させるマーニーという名前を変名できなかったのだろうか。いやいやいやいや、それはないってか、そもそも「マーニー」と「マニトウ」の時点で合ってないし。

というくらい、強い気持ちがこの映画に籠ってないのだろうなあ(滅多に強い気持ちが籠らないって言えば、まあ言えるのだけど)。
Unknown (クマネズミ)
2015-01-07 06:47:36
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
『マニトウ』は、「B級映画ファンにはカルト的人気を誇っている」映画とのことながら(wiki)、映画知識の乏しいクマネズミは耳にしたこともありません。さすがは「ふじき78」さんとはいえ、「アンナが思うマーニーこそがアンナの腫瘍」で、その「腫瘍の正体が悪魔」というのでは、「強い気持ち」が籠もり過ぎになってしまいます!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
思い出のマーニー (あーうぃ だにぇっと)
思い出のマーニー@よみうりホール
『思い出のマーニー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「思い出のマーニー」 □監督 米林宏昌□脚本 丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌□原作 ジョーン・G・ロビンソン□キャスト(声) 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島 進、根岸季衣、黒木 瞳■鑑賞日 7月27日(日)■劇場 TOH...
思い出のマーニー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
両親を亡くして孤独な12歳の少女が不思議な体験をして大人への一歩を踏み出す。その不思議な体験は同じくらいの年齢の金髪の少女との出会いで、それが夢のなかで進行しているようだ。現実と夢を区別しないで見ると美しい映像と巧みな物語に感動する。
試写会「思い出のマーニー」 (日々“是”精進! ver.F)
そして、少女はまた一歩成長する… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407080001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【A5サイズクリアファイル】思い出のマーニー サントラ音...価格:3,024円(税込、送料込) ...
『思い出のマーニー』 宮崎駿抜きでジブリは変わる? (映画のブログ)
 正直、『思い出のマーニー』には驚いた。  こんなやり方で来るとは思わなかった。  私は宮崎駿ファンである。高畑勲ファンでもある。宮崎駿、高畑勲両氏のかかわった作品なら観たいと思う。制作会社が東映動画だろうがAプロダクションだろうが日本アニメーション...
『思い出のマーニー』 2014年7月6日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『思い出のマーニー』 を試写会で観賞しました。 今日は、よみうりホールで4回試写を回すので延べ4,000人以上が鑑賞することになる。 朝一から盛況で満席であった。 今年の東宝は興収がよくない(と思われる)ので、本腰を入れてヒットを狙いに行くには この作品をはじ...
『思い出のマーニー』 (2014) (相木悟の映画評)
ジブリが送る、ひと夏の自己形成ファンタジー! 自分さがしの感動的なおとぎ話ではあるのだが、いまいちとらえどころが難しい一作であった。 本作は、『借りぐらしのアリエッティ』(10)で高評価をうけた米林宏昌監督による、皆大好きスタジオジブリ作。原作は、ジ....
思い出のマーニー (生まれてから今まで観てきた映画全部)
先日の話の続きですが、さて「ゴジラ」を観終わって帰ろうと思ったのですが、まだお昼であまりに暑く、外に出る気になれなかったので何かもう一本観ようかなーと思ったらこの「思い出のマーニー」がちょうど始まりそうだったので、観ることにしたのでした。 この「思い...
思い出のマーニー (映画好きパパの鑑賞日記)
ジブリ映画の新作で、宮崎駿監督の引退宣言のあと、有力後継者として目される米林宏昌監督の手腕が注目されているのですが、正直、いま一つ。登場人物に魅力を感じられず、感情移入できませんでした。  作品情報 2014年日本映画 監督:米林宏昌 声の出演:高月彩...
映画『思い出のマーニー』★絆:「あなたのことが好き」ならば…… (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164193/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     予告編で、小舟に乗った二人の少女が、 月の光に照らされた風景が美しかったのが、気になっていま...
思い出のマーニー/高月彩良、有村架純 (カノンな日々)
『借りぐらしのアリエッティ』の米林宏昌監督がイギリス人作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学を原案に北海道を舞台に移して苦悩を抱えて生きる主人公の12歳の少女・杏奈 ...
思い出のマーニー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Fine On The Outside「思い出のマーニー」主題歌 [CD]苦悩を抱えた少女が体験するひと夏の不思議な出来事を描く、スタジオ・ジブリの新作「思い出のマーニー」。脱・宮崎路線がスタートし ...
映画 思い出のマーニー (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    マーニーの正体は、想像通りのものでした。   しかしながら、原作では欧州の舞台なのに   映画は、北海道にして、主人公である佐々木杏奈の   眼の色を青くした...
思い出のマーニー〜アンナとスケッチの女王 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原作英題:When Marnie Was There。ジョーン・G・ロビンソン原作、スタジオジブリ作品、米林宏昌監督。(声)高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉 ...
『思い出のマーニー』 (こねたみっくす)
宮崎駿を意識していないがゆえに、中途半端で個性に欠ける。 宮崎駿・鈴木敏夫というスタジオジブリを支えた2本柱が引退して初めての作品となるこの映画。米林昌宏監督と西村義 ...
「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った (はらやんの映画徒然草)
「借りぐらしのアリエッティ」で監督デビューし、宮崎駿さんが引退した今、スタジオジ
思い出のマーニー (とりあえず、コメントです)
ジョーン・G・ロビンソン著の児童文学を米林宏昌監督が映画化したアニメです。 今度のジブリはどんな物語なのか予告編を観ても分からないなとちょっと気になっていました。 観終った時、こんなに純粋できれいな映画を観たのは久々だなあと感じるような作品でした。
思い出のマーニー(’14) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、有楽町朝日ホールで「思い出のマーニー」試写会、午前の部招待券が来ていて、母と行ってきました。 観客層は、女の子を連れた母子の親子連れや若〜中年層などの、女性が割と多かった印象。(→チラシ表) ジブリ新作、「借りぐらしのアリエッティ」の米林...
『思い出のマーニー』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.07.12 『思い出のマーニー』(試写会)@よみうりホール 試写状にCOCOと印が押されていたので、多分cocoで当選したのだと思う! いつもありがとうございます ジブリ作品の試写会は初めてかも? よろこんで行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「...
思い出のマーニー (そーれりぽーと)
ジブリ最新作は予告編を観る限り、LBGT系の香りがする以外全く得体の知れない『思い出のマーニー』を観てきました。 ★★★★ 心に深い闇を抱えて引っ込み思案な少女が、喘息の療養に出かけた田舎町で一人の少女と出会う不思議な話。 ジブリ流とかジブリ風とか言う概念...
【 思い出のマーニー 】大切な秘密 (映画@見取り八段)
思い出のマーニー      監督: 米林宏昌    キャスト: 高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳、杉咲花、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真 公開: 2014年7月19日 2014年7月8日。劇場観賞(試写会) この...
思い出のマーニー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:米林宏昌 声の出演:高月彩良(杏奈)、有村架純(マーニー)、松嶋菜々子(頼子)、寺島進(大岩清正)、根岸季衣(大岩セツ)、森山良子(老婦人)、吉行和子(ばあや)、黒木瞳(久子) 【解説】 『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジ....
思い出のマーニー (Akira's VOICE)
彼岸からのプレゼント。  
思い出のマーニー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。あんまり興味が無かったんですが、誘って頂いたので行きました。まるで自分のことを言われてるように思っちゃいましたよ。でも誰でも自分はダメだとか、愛されてないとか、自分だけ不幸だとか思ったことないですか?杏奈ちゃんは悲しい生い立ちからそれ...
思い出のマーニー (映画と本の『たんぽぽ館』)
ラストでやっと納得 * * * * * * * * * * ジブリアニメですが、実は本作見ないつもりでした。 予告編などを見る限りどうにも少女趣味っぽいようで、 食指が動かなかった・・・。 でも、この日、他にタイミングよく見たい作品がなかったので・・・ ...
『思い出のマーニー』 (キュートなバアサンになるために)
     公式サイト  自分のことが大嫌い、言い切る思春期の少女杏奈は喘息の発作を起こし、主治医から転地療養を勧められ、夏休みを利用して北海道の親戚の家に行く。 周囲になかなか馴染めず、人とうまくしゃべることもできない杏奈だったが 湖のそばにある『湿っ....
「思い出のマーニー」自分のルーツを知った先にみた想いを託した祖母の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「思い出のマーニー」は心を閉ざした少女が夏休みに自然の多い田舎で過ごす事で自分のルーツを知り自分の存在意義を取り戻していくストーリーである。誰もが生まれたルーツがあり ...
記憶の中のあなた〜『思い出のマーニー』 (真紅のthinkingdays)
 札幌に住む孤独な12歳の少女・杏奈は、喘息の療養のため、遠縁が暮らす 道東の田舎町でひと夏を過ごすことになる。入り江に面した旧い屋敷に惹かれ た杏奈は、マーニーと名乗る金髪の少女と出逢う。  宮崎駿引退後、初のスタジオジブリ作品。『借り暮らしのアリ...
思い出のマーニー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌が監督を務め、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ。北海道を舞台に、苦悩を抱えて生きる12歳の少女杏奈と彼女同様深い悲しみを心に宿すミステリアスな少女マーニーとの出会いを描写する。『ジ....
『思い出のマーニー』('14初鑑賞55・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 7月19日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 16:30の回を鑑賞。
映画「思い出のマーニー」 (FREE TIME)
注目の映画「思い出のマーニー」を鑑賞しました。
思い出のマーニー  監督/米林 宏昌 (西京極 紫の館)
【声の出演】  高月 彩良 (杏奈)  有村 架純 (マーニー)  松嶋 菜々子(頼子) 【ストーリー】 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、....
映画:思い出のマーニー 少女が一生忘れられない ひと夏のメモリー、そして成長。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
観賞直後の一言感想=「借りぐらしのアリエッティ」に似たトーンだな... で、さっそく調べてみると... 監督の米林氏が「アリエッティでやり残したことがある。もう1本、映画を作りたい」と話したことがきっかけだという。 その時点で米林監督は原作を決めていなかった...
「思い出のマーニー」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/スタジオジブリ配給:東宝 英題:When Marnie Was There監督:米林宏昌原作:ジョーン・G・ロビンソン脚本:丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌作画監督:安藤雅司美術監督:種
心の支え。『思い出のマーニー』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオジブリの最新作。ジョーン・G・ロビンソンの児童文学を映画化したファンタジーアニメ映画です。
思い出のマーニー (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月19日(土) 19:15〜 109シネマズ川崎6 料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認 ジャイ子に謝罪したので安心 『思い出のマーニー』公式サイト 予告編がつまらなそうで、観るかどうか躊躇したのだが、思いのほか良かったよ。 著名...
思い出のマーニー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
永遠の愛が、宿るところ。 「借りぐらしのアリエッティ」の、米林宏昌監督による長編第二作。 原作は英国の作家、ジョーン・G・ロビンソンの児童文学で、舞台を北海道の架空の街に変更し、心と体に傷を抱えた12歳の少女杏奈と、謎めいた少女マーニーとのひと夏の交流...
思い出のマーニー (単館系)
思い出のマーニー MOVIX川口 7/19公開 心を閉ざした少女杏奈は、ぜんそくの療養を目的に親戚が生活している海沿いの村にやって来た。 そんなある日、彼女の前に誰もいない屋敷の青い窓に閉じ込められた、きれいなブロンドの少女マーニーが 姿を見せる。 その出会い...
「思い出のマーニー」:小さな子はわかるのかなあ? (大江戸時夫の東京温度)
はい、ようやく今頃『思い出のマーニー』です。これは好き嫌いが分かれる作品かも知れ
思い出のマーニー (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
思い出のマーニー '14:日本 ◆監督:米林宏昌「借りぐらしのアリエッティ」 ◆主演:高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子、吉行和子、黒木瞳 ◆STORY◆北海道。12歳の杏奈(声:高月彩良)は、一見ごく普通の中学生だが実は大きな苦しみを...
「思い出のマーニー」(1回目) (或る日の出来事)
こういうのに弱いんよ! もーダメ。(泣)
『思い出のマーニー』をUCT10で観て、地味でいいけど歯痒いふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
初春のあまり記憶にない映画の感想をボコボコつぶしてく祭り(2014年の鑑賞作品を潰していくぞ)。 五つ星評価で【★★実直に作っているのは分かるが、それが魅力的かどうかは又、別 ...
マーニーは永遠に (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「思い出のマーニー」を鑑賞しました。 札幌に暮らす12歳の心を閉ざした少女 杏奈はぜんそくの療養を目的に親戚がいる海沿いの村にやって来た そんなある日、誰もいない屋敷の窓にきれいなブロンドの少女マーニーが姿を見せ、友達となるのだが・・...
思い出のマーニー (銀幕大帝α)
2014年 日本 103分 ファンタジー/青春/ファミリー 劇場公開(2014/07/19) 監督: 米林宏昌 『借りぐらしのアリエッティ』 製作: 鈴木敏夫 制作: スタジオジブリ 原作: ジョーン・G・ロビンソン『思い出のマーニー』 脚本: 米林宏昌 主題歌: プリシラ・...
思い出のマーニー (いやいやえん)
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。 アニメ ジブリなんだけど、あまりジブリを意識してみないほうがいいかも。 私は「外側の人間」と...